台風15号 茨城県。 茨城)台風19号から一夜 河川氾濫し被害拡大:朝日新聞デジタル

平成23年台風第15号

台風15号 茨城県

保証制度 目的別【台風19号等の災害に係る保証】 茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例) 保証制度 目的・メリット・特徴 パンフレット 保証限度額 対象資金 保証期間 茨城県災害対策融資 (令和元年台風15号・19号災害特例) ・令和元年台風15号・19号に伴う災害により、被害を受けられた中小企業者の皆様の事業再建に必要な資金の供給の円滑化を図ることを目的とした制度です。 ・茨城県の補助金の自己負担分についても、事業資金であれば、本融資制度をご利用いただけます。 ・県および市町村から信用保証料の補助と利息の補助が受けられます。 (注1) 8,000万円 (申込金額が1,000万円超となる場合には、申込金額1,000万円と1,000万円を超える分の2口に分けて保証申し込みを行ってください) <対象者1. 4> 経営の安定に必要な事業資金 (事業の再建に必要な資金を含む) <対象者3> 事業の再建に必要な資金 運転資金10年以内 (据置2年以内) 設備資金13年以内 (据置3年以内) 運転設備併用10年以内 (据置2年以内) (注1)市町村により取扱いが異なります。 茨城県災害対策融資(令和元年台風15号・19号災害特例) ・令和元年台風15号・19号に伴う災害により、被害を受けられた中小企業者の皆様の事業再建に必要な資金の供給の円滑化を図ることを目的とした制度です。 ・茨城県の補助金の自己負担分についても、事業資金であれば、本融資制度をご利用いただけます。 ・県および市町村から信用保証料の補助と利息の補助が受けられます。 (注1) 対象者 <対象者1_県台風15一般> 令和元年台風15号に伴う災害により被害を受けられた中小企業者で、市町村長から罹災証明等を受けた方 (県台風15一般) <対象者2_県台風19一般> 令和元年台風19号に伴う災害により被害を受けられた中小企業者で、市町村長から罹災証明等を受けた方 (県台風19一般) <対象者3_県台風19激甚> 令和元年台風19号に伴う災害により被害を受けられた中小企業者で、激甚法による被災区域内(注2)に事業所を有し、市町村長から罹災証明等を受けた方 (県台風19激甚) <対象者4_県台風19経安> 令和元年台風19号に伴う災害により被害を受けられた中小企業者で、中小企業信用保険法第2条第5項第4号にかかる市町村長(注3)の認定を受けた方(注4) (県台風19経安) 保証限度額 8,000万円 (申込金額が1,000万円超となる場合には、申込金額1,000万円と1,000万円を超える分の2口に分けて保証申し込みを行ってください) 対象資金 <対象者1. 4> 経営の安定に必要な事業資金(事業の再建に必要な資金を含む) <対象者3> 事業の再建に必要な資金 保証期間 運転資金 10年以内(据置2年以内) 設備資金 13年以内(据置3年以内) 運転設備併用 10年以内(据置2年以内) 連帯保証人 原則法人代表者のみ(個人事業主の方は原則不要) 担保 必要に応じて 融資利率 3年以内 年1. 3% 5年超7年以内 年1. 4% 7年超10年以内 年1. 5% 10年超 年1. 6% 融資金額が1,000万円以下の場合は年0. 6%(3年間) <対象者1. 3> 県及び市町村が3年間の利息の全額を補助(注5) <対象者4> 県及び市町村が3年間の利息の50%を補助(注5、6) 信用保証料率 <対象者1. 2> 年0. 25~1. 70%(基準保証料率より0. 70%(注7) <対象者3. 4> 年0. 70% <対象者1. 3> 県及び市町村が信用保証料の全額を補助(注8) <対象者4> 県及び市町村が信用保証料の50%を補助(注8) 責任共有 <対象者1. 2> 責任共有対象 特別小口保険の場合は対象外(注7) <対象者3. 4> 責任共有対象外 添付資料 <対象者1. 3> 市町村長が発行する「罹災証明書等」(注9) <対象者4> 市町村長が発行する「中小企業信用保険法第2条第5項第4号にかかる認定書」 取扱期間 令和元年11月19日~令和3年3月31日(融資実行分まで) (注1)市町村により取扱いが異なります。 (注5)利息の補助について、一部の市町村では補助が受けられない場合があります。 (注6)融資金額が1,000万円までの部分は、年0. 6%の利率が適用され、3年間の利息が全額補助されます。 融資金額が1,000万円を超える部分は、融資期間に応じた利率が適用され、3年間の利息の50%が補助されます。 (注7)特定非営利活動法人の保証料率及び責任共有制度は以下のとおりとなります。 70%、責任共有対象外となります。 (注8)信用保証料の補助について、一部の市町村では補助割合が異なります。 (注9)事業用資産にかかる罹災証明書等の写しを添付してください。 保証制度• ご利用案内•

次の

【茨城新聞】台風15号が茨城県直撃 12人負傷 建物損壊、停電相次ぐ

台風15号 茨城県

はじめに 台風15号は2019年9月9日5時前に千葉市付近に上陸し、関東各地で記録的な暴風となりました。 アメダス千葉では、最大瞬間風速57. 風にあおられるなどして、首都圏および静岡県で少なくとも死者1名、重軽傷者90名以上の人的被害が発生しました(9月12日時点、総務省調べ)。 千葉県市原市ではゴルフ練習場のポールが倒壊して民家に直撃したほか、君津市では鉄塔2基が倒壊するなど、各地で倒木や建物損壊などの被害がみられました。 また、大規模な停電や断水も発生し、現在も懸命の復旧作業が続いています。 鉄道では、東海道新幹線やJR在来線、一部の私鉄で8日夜から順次運転を取りやめました。 9日始発からは首都圏すべての在来線や多くの私鉄で計画運休が実施されましたが、一部の路線では倒木や飛来物などの影響で運行再開が予定より遅れ、通勤や通学に影響が出ました。 空の便では、8~9日の2日間で300便以上が欠航し、高速道路では首都高速道路や東京湾アクアラインなど、首都圏各地で通行止めが相次ぎました。 成田空港では、都心部につながる交通機関が一斉に運休したことで、10日にかけて1万人以上が施設内で夜を明かしました。 1-1.被害状況:停電被害の報告 9月9日は静岡県や関東南部などで、一時93万戸を超える大規模な停電が発生しました。 当社では停電の状況を詳しく調べるため、9日1時から10日11時にかけて、全国のウェザーリポーターに停電の様子について質問し、「停電していない」「完全に停電している」「一瞬停電した」の3択から回答していただきました。 13,473件の報告をマッピングしたところ、台風が通過した大島や三浦半島、千葉県、茨城県南部の地域で被害が多く見られました(図1)。 9日の通勤時間帯には、電柱の転倒や倒木によって道路が塞がれている様子や、電車の運休や入場規制による駅の混乱の報告が相次ぎました(図3)。 大きな木が倒れてしまっており、職員の方がチェーンソーで撤去作業をしています。 下に見えているのは京浜東北線です。 こういった障害物が片付くまでは運転再開は難しそうです。 その後、海水温の高い海域を北西に進みながら発達し、7日6時に強い勢力となり、8日18時頃から北北東に進路を変え、一時非常に強い勢力まで発達しました。 台風は上陸後も勢力を保ったまま北東へ進み、8時頃に茨城県沖へ抜け、10日15時に日本の東の海上で温帯低気圧に変わりました(図4)。 図4:台風15号の経路と海面水温 (経路上の丸は3時間ごとの最大風速、海面水温は9月8日のデータ) 今回の台風が非常に強い勢力で関東地方へ接近した要因として、第一に海水温の高い海域を通過したことが挙げられます。 台風が通過した日本の南の海上では、海水温が平年よりも1〜2度高くなっていました(図5)。 台風が海水温の高い海域を通過し、その際に大量の水蒸気が供給されたことで発達したと考えられます。 図5:9月8日の海面水温の平年偏差(気象庁) 図6:9月8日3時の700hPa(上空約3000m)の相対湿度 (赤が湿度の低い部分、青が高い部分。 黒実線:停滞前線、黒点線:潜在的な前線) 第二に、先行して北上した台風13号や前線も影響したと言えそうです。 台風が本州付近まで北上すると、大陸の乾燥した空気の流入により、勢力が弱まることがあります。 しかし、今回は中国大陸で温帯低気圧に変わった台風13号やその南側に形成された前線にブロックされ、乾燥した空気が台風15号周辺へ流れ込みにくくなっていました(図6)。 これらの要因により、台風15号は非常に強い勢力で接近したと考えられます。 3-1.強風の状況 図7:日最大瞬間風速の記録を更新した地点(気象庁HPより) 8~9日は台風が上陸・通過した首都圏を中心に、記録的な暴風となりました。 アメダスによると、千葉で最大瞬間風速57. 台風の進行方向の右側は危険半円とも呼ばれ、台風の回転による風向きと進行方向が一致し、台風本来の風に移動速度が加わるため、左側よりも強い風が吹きます。 1 9月8日 21:03 2009年 千葉県 千葉市中央区 千葉(ちば) 57. 5 9月9日 4:28 1966年 東京都 新島村 新島(にいじま) 52. 0 9月8日 23:38 2009年 千葉県 木更津市 木更津(きさらづ) 49. 0 9月9日 2:48 2008年 東京都 三宅村 三宅坪田(みやけつぼた) 48. 4 9月8日 22:12 2009年 静岡県 賀茂郡東伊豆町 稲取(いなとり) 48. 3 9月8日 23:17 2008年 千葉県 成田市 成田(なりた) 45. 8 9月9日 5:36 2009年 東京都 大田区 羽田(はねだ) 43. 2 9月9日 3:27 2009年 神奈川県 三浦市 三浦(みうら) 41. 7 9月9日 1:33 2008年 千葉県 山武郡横芝光町 横芝光(よこしばひかり) 37. 5 9月9日 5:23 2008年 千葉県 香取市 香取(かとり) 37. 0 9月9日 6:19 2008年 茨城県 龍ケ崎市 龍ケ崎(りゅうがさき) 36. 9 9月9日 5:16 2008年 茨城県 鹿嶋市 鹿嶋(かしま) 36. 6 9月9日 6:55 2008年 千葉県 鴨川市 鴨川(かもがわ) 35. 6 9月9日 3:32 2008年 千葉県 茂原市 茂原(もばら) 34. 3 9月9日 4:43 2008年 千葉県 市原市 牛久(うしく) 33. 9 9月9日 4:23 2008年 千葉県 佐倉市 佐倉(さくら) 33. 9 9月9日 5:01 2008年 千葉県 君津市 坂畑(さかはた) 33. 6 9月9日 3:17 2008年 茨城県 鉾田市 鉾田(ほこた) 29. 7 9月9日 6:24 2008年 台風通過後の10日11時から11日24時にかけて、ウェザーリポーターに振り返りのアンケート調査を実施しました。 7,757件の報告をみると、眠れなかった人の割合は、千葉県が最も多く86. 関東南部と茨城県では、7割以上の方が眠れない夜を過ごしていたことが明らかになりました。 0 栃木県 154 29 115 298 48. 3 群馬県 179 10 80 269 33. 5 埼玉県 354 188 526 1068 66. 9 千葉県 181 563 545 1289 86. 0 東京都 717 527 1169 2413 70. 3 神奈川県 322 502 671 1495 78. 5 静岡県 270 34 99 403 33. この時、レーダーの降水強度では台風の目がはっきりと見られ、台風の目が千葉に接近していました(図9)。 最大瞬間風速が観測された4時30分頃には「壁雲(アイウォール)」と呼ばれる台風の目を囲む降水強度の強い部分が千葉にかかってきていました。 一般に、目を持つ台風の風速は壁雲付近で最大になることが知られています。 また、その約20分後の4時47〜48分には気圧が最も低い965. これは千葉が台風の目に入ったためと考えられます。 この大きな気圧傾度が今回の台風の中心付近で記録的な強風になった要因と推察されます。 図11:WITHセンサーの海面気圧 まとめ 9月9日、台風15号は千葉市付近に上陸し、首都圏に記録的な暴風をもたらしました。 この強風により、倒木や建物の破損、大規模な停電などの被害が発生しました。 また、多くの鉄道会社が計画運休を実施するなど、交通機関にも大きな影響を及ぼしました。 台風15号は上陸時も強い勢力を保ち、暴風域を伴っていました。 これは、台風15号の通過した海域の海水温が平年よりも高かったこと、先行して北上した台風13号や潜在的な前線の形成により大陸からの乾燥した空気が流れこみにくくなっていたことが要因として考えられます。 台風が上陸・通過した関東南部では観測史上1位となる暴風となった地点が多く、アメダスの千葉では最大瞬間風速57. さらに、WITHセンサーの海面気圧分布を見ると、台風の中心から半径20km程度の範囲で気圧傾度が非常に大きく、その値は大阪で大規模な停電が発生した平成30年台風21号の時よりも大きくなっていました。 台風シーズンはまだこれからも続きます。 秋に日本へ接近・上陸する台風は移動速度が速く、雨だけでなく風による被害も大きくなることが多いため注意が必要です。 ウェザーニューズは、台風による雨風や高波、交通への影響を予測し、一人ひとりの減災・防災につながる情報をいち早く発信していきます。

次の

平成23年台風第15号

台風15号 茨城県

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 記録的大雨を記録した台風19号の通過から一夜明けた13日、茨城県内でも河川の氾濫(はんらん)など被害が広がった。 那珂川が氾濫し、水戸市では取り残された住民の救出が終日続いた。 浸水した住宅数や被害の全体像も把握できず、避難所には多くの人が身を寄せている。 大子町のJR水郡線では久慈川が氾濫して鉄橋が崩落。 土砂崩れが起きた幹線道路なども復旧には時間がかかりそうだ。 北茨城市での24時間雨量は13日午前0時40分までに457ミリを記録し、観測史上最大となった。 土砂崩れや河川氾濫の危険が高まり、大雨特別警報(土砂災害)が18市町、大雨特別警報(浸水害)は7市町で発令。 水沼ダム(北茨城市)と竜神ダム(常陸太田市)で緊急放流した。 大子町では一人暮らしとみられる女性(91)が水死し、常陸大宮市で行方不明者1人、桜川市で重傷1人。 中等症や軽傷は計13人という。 避難所は44市町村で526カ所設置され、最大で約2万人が避難した。 国管理の久慈川(常陸大宮市)と那珂川(同市)の計4カ所で堤防が決壊。 那珂川支流の田野川(水戸市)や大北川(北茨城市)など、少なくとも県管理の18河川で水が堤防や河岸を越えた。 水戸市や常陸大宮市、大子町で住宅への浸水被害が出ているが、詳細は分かっていない。 自衛隊は大子町、水戸市、常陸太田市など6市町に出動した。 停電は県内で最大5万3600世帯で発生。 13日午後7時半現在、水戸市など約800軒の停電が解消されていない。 高速道路では、那珂川本流近くにある常磐道水戸北スマートインターチェンジ(IC)周辺が浸水し、封鎖。 それ以外の通行止めは13日に解除された。 JR東日本によると、13日は常磐線の特急「ひたち」「ときわ」が終日運休。 普通列車は一部区間で同日夜から運転を再開した。 つくばエクスプレス(TX)は全線復旧した。 (佐藤仁彦、片田貴也).

次の