オナニーメリット。 オナニー効果は?女性のメリット・デメリット13個!毎日しすぎるのは?

【オナニー】毎日するのは正しい?おかしい?オナニーの適正回数とメリット・デメリット!!

オナニーメリット

オナニーをやりすぎると色々と体に悪影響を及ぼすと思っている方もいると思いますが、実はそんなことはないというのをご存じでしょうか。 悪影響はない!というのは最新の研究からわかった事実なので、まだ色んな迷信を信じている方も多いと思います。 男性に限らず、女性もオナニーをやりすぎて体に悪影響を及ぼすことはありません。 しかし、間違ったオナニーの方法でオナニーをやりすぎてしまうと色々な デメリットが発生してしまいます。 今回は、最新の研究から判明したオナニーのやりすぎによるメリットやデメリットを丁寧に解説していきます。 デメリットのない 安心・安全なオナニーの方法も解説するので、ぜひ最後までお付き合いください。 以下の内容となります• オナニー何回するとやりすぎ? 年齢に応じたオナニーの適正回数というのがありますが、適正回数以上にオナニーをしたからといってやりすぎとは言えません。 ですので、1日に5回でも10回でもやりすぎということにはならないのです。 しかし、長時間チンコやマンコを触っていると痛みを感じるようになってきます。 痛みを感じるということはチンコやマンコが摩擦によりダメージを負っているということになるので、それはやりすぎと言えるでしょう。 ちなみに、自分に合ったオナニーの 適正回数を算出できる計算式というのがありますので、自分の年齢を当てはめて計算してみてください。 ちなみに、この計算式は男性に限ったもので女性はこのように難しく考える必要はなく、1週間に10回でも20回でもオナニーをしたところでやりすぎとはならないので、安心して行ってください。 とはいえ、膣やクリトリスなどの痛みには注意してオナニーしてくださいねw 男性のオナニー平均頻度 年齢に応じたオナニーの適正回数を知ることができたと思うのですが、世間の男性は適正回数通りにオナニーをしているのでしょうか。 それともやりすぎの傾向が強いのか気になりませんか? 気になったので、ツイッターでオナニー頻度のアンケート調査している方はいないか調べてみました。 国勢オナニー調査その2 次は男性の方に質問です。 ご協力宜しくお願い致します。 しかも、13,000人以上の方が参加している結果なので日本人男性のオナニーの平均値と言っても過言ではないと思います。 結果を見てみると一番多かったのが「週2~3回」という意見でしたね。 次に多かったのが毎日となっています。 女性のオナニー平均頻度 女性のオナニーの平均は週に1回と言われていますが、本当にそうなのでしょうか。 与沢翼さんが女性限定で調べたアンケート調査があります。 国勢オナニー調査 まずは女性の方に質問です。 セクハラとか言われても困ります。 メンズは押すなよ。 オカマも女性に入りなさい。 ご協力宜しくお願い致します。 このアンケートには 13,000人以上の方が参加しているので、約4700人くらいの女性が「ほぼ毎日」オナニーをしているということになります。 これらの調査結果を基に、平均以上にオナニーをやっているのかどうなのか把握してみてください。 オナニーしないとイライラしてしまう• オナニーが仕事や学業に支障をきたす• オナニー後に罪悪感を抱いてしまう• 性欲と関係なくオナニーしてしまう• 場所など問わずにオナニーしてしまう オナニーの頻度が多いか少ないかを決めるのはあくまでも自分自身ですが、上記のことに当てはまるのであればもう少し深く考える必要があり「 生活環境を見直す」など心のケアが必要になる可能性もあります。 オナニーのデメリット 結論からお伝えするとオナニーのやりすぎによるデメリットは「 亜鉛不足」になる可能性があることです。 亜鉛(Zn)は 必須ミネラルの1つなので、体内で不足すると色んなことが起きてしまいます。 では、亜鉛が不足すると身体や精神にどういったことがおきるのか解説していきます。 やりすぎると亜鉛不足に陥る あまりにオナニーをやりすぎてしまうと亜鉛不足に陥るのですが、亜鉛不足になってしまうと以下のような症状が出るので注意が必要です。 ED(勃起障害)• 食欲不振• 皮膚炎• 慢性下痢• 味覚障害• 脱毛症• 皮膚炎• 免疫力の低下• 成長障害• 精神神経症• 聴力低下 などなど…結構色んな症状が出るので、亜鉛とはそれほどに大事な栄養素の1つなのです。 1回の射精で3mgの亜鉛が消費されると言われており、極度に亜鉛を摂取しない食生活をしている人が1日に何度もオナニーをやってしまうと「 亜鉛不足」になるので注意しましょう。 ちなみに、亜鉛の1日の摂取の推奨量は18~69歳の男性で10mgとなっているので、オナニーをやりすぎてしまいがちの方は推奨量を摂取するようにしてください。 亜鉛の多い食品は牡蠣やうなぎなど、世間一般的に言う「 精のつく食べ物」に多く含まれています。 手軽に亜鉛を摂取したい方はサプリがおすすめですが、過剰摂取すると逆に健康を害するので適度に摂取してください。 それにしても昔の人は「精のつく食べ物」といって亜鉛を多く含む食材を食べていたというのは凄いですねw元気が出ることを本能的に分かっていたのでしょうか。 オナニーのやりすぎで薄毛になる? 昔から「オナニーをやりすぎると薄毛になるぞ!」と言われたりしますが、それは全く嘘の情報だったのです。 薄毛になる要因は 遺伝的確率が20%ほどで、残りは乱れた食生活やストレスの多い生活習慣が大きな理由となっている場合が多いです。 ですので、オナニーをやりすぎたからといって薄毛になることは絶対にありません。 では、なぜ「オナニーのやりすぎで薄毛になる」という根拠のないデメリットが日本に広まったのか、理由は様々あると思いますが1番はテレビや雑誌などの影響が大きいです。 昔から「 薄毛の方は性欲が強い」という根も葉もないレッテルをテレビや雑誌で情報操作してきた過去があり、それがいまだに尾を引いているんですよね。 「性欲が強いということはオナニーをいっぱいしているんだ」という謎の理論が、いつしかオナニーをやりすぎると薄毛になるという風に拡大解釈され広まったのでしょう。 それともう1つ、オナニーをやりすぎると男性ホルモンが過剰に分泌されて薄毛になるという嘘の情報です。 男性ホルモンが薄毛の原因になるのは間違いではありませんが、オナニーをやりすぎたからといって薄毛に影響する男性ホルモンが分泌されることはありません。 男性ホルモンについて簡単に解説すると、男性ホルモンにはジヒドロテストステロンとテストステロンがあり、ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されると薄毛の原因の1つになります。 ですので、オナニーのやりすぎとは全く関係のない話なのです。 オナニーのやりすぎでチンコが黒くなる? オナニーをやりすぎるとチンコが黒くなってしまうと思っている方は多いのではないでしょうか。 これはヤリチンやヤリマンのチンコやマンコが黒いというイメージが理由かと思いますが、オナニーのやりすぎが原因でチンコが黒くなるデメリットはありません。 肌が黒ずむのは メラミン色素が皮膚に沈着することが理由で、服が肌に強く擦れたり、皮膚を擦るなどの擦過傷や傷などができるほどの比較的深い刺激が長年の間、慢性的に発生しているとその部分にメラミン色素が沈着し黒ずむのです。 また虫刺されを掻きすぎたり、にきびを無理に潰すなどすると同様に黒ずみを起こすことがあります。 「強い刺激で黒ずむならオナニーのやりすぎでも黒ずむのでは?」と思う方もいると思いますが、それは間違いです。 チンコが傷つくような物凄く強いオナニーをするなら別ですが、普通にオナニーをやりすぎた程度では黒ずむ心配はありません。 しかし、オナニーをした後にチンコに付着した精液や我慢汁を洗わずに放置すると色素沈殿を起こすことがあり、これによってチンコが黒くなることあるのでオナニーの後は綺麗にティッシュなどで拭くようにしましょう。 オナニーで消費するカロリーは? オナニーは結構体力を消耗するようなイメージがありますよね?実は射精1回の 消費カロリーが算出できる計算式があります。 「1度の射精と100m全力ダッシュは同じくらいカロリーを消費するよ」と昔から言われていましたが、100m全力ダッシュ1本は16kcal程度なので実際にはそれよりも多くカロリーを消費することになりますね。 ですので、短時間に2~3回連続でオナニーするとハードな運動をしたときと同じレベルで体に負荷がかかると覚えておきましょう。 心血管系・脳血管系の疾患がある方は注意 オナニーのやりすぎで1番怖いのは「オナニー中に突然死してしまうリスク」で、 テクノブレイクと言われる現象が起きる場合があります。 これはセックスに多い現象で、セックス中に突然死してしまうことを「 腹上死」と言われており、セックスで血圧と脈拍が上昇しそれによって心筋梗塞などを引き起こし、突然死してしまうことがあります。 突然死した方の95%が男性で、平均年齢は61. 3歳という文献のデーターがありました。 セックスとオナニーでは興奮度が違うので、突然死のリスクはセックスよりも圧倒的に低いですが可能性がないわけではありません。 特に心血管系と脳血管系の疾患がある方は、自分の体に合った適正回数でオナニーするようにしましょう。 尿道オナニー• 電マオナニー• コックリングオナニー 尿道オナニーとはカテーテルを尿道に挿入し、直接刺激を楽しむオナニーのことです。 挑戦したことがある人は少ないかもしれませんが、慣れていないと尿道を傷つける恐れがあるのでかなりリスクが高いオナニーです。 電マの超振動で射精させられる電マオナニーもやりすぎてしまうと、振動の刺激でしかイケないチンコになってしまうのでやりすぎには注意してください。 チンコの根元や金玉を器具などで締め付けながらオナニーするコックリングオナニーは、かなり強烈な締め付け感ゆえにやりすぎてしまうとマンコではイケないチンコになってしまいます。 このように身体に負担のかかるオナニーは、程々にしておかないとデメリットとなってしまうので注意が必要です。 逆行性射精が起こる• 尿道や精巣などに炎症を起こす場合がある• 勃起障害を起こす恐れがある• 血圧が上がる• 心臓への負担が大きい 寸止めオナニーはチンコの形成組織である海綿体に負担がかかるオナニーなので、やりすぎてしまうと海綿体の組織が破壊され、勃起障害や射精機能が衰えてしまう可能性があるので注意してください。 それと寸止めオナニー中は長時間興奮を維持する状態になるため 血圧が上昇し、血管や心臓に負担がかかっている状況になるので高血圧や心臓に疾患にある方も控えた方がいいでしょう。 刺激が強いオナニー マンコよりも刺激が強いオナニーの方法でやりすぎてしまうとマンコでは満足できないチンコになってしまい、セックスに弊害が出てきてしまいます。 オナニーがもたらす「メリット」 オナニーをやりすぎてもデメリットがないとは理解できたでしょうし、間違った方法でオナニーをやりすぎてしまうと様々なデメリットがあることもお分かりいただけましたよね。 次はオナニーがもたらすメリットを解説していきますので、オナニーがいかに健康に役立つのか理解しておきましょう。 肌や身体が若々しくなる オナニーをすると、筋力アップ効果や老化現象を抑える効果のある テストステロンが増えます。 極論を言うとオナニーをやればやるほど若々しくなるということですね。 テストステロンを増やしたいという方は スクワットがおすすめで、スクワットしてからオナニーするとより清々しいオナニーができますよw 早漏が改善される 正しいやり方でオナニーをしていれば、 早漏を改善することができます。 適度に亀頭への刺激に慣れさせたり、射精のタイミングやチンコのどこを責めたらすぐにイッてしまうのかなど、オナニーをすることによって把握することができます。 ストレス解消 オナニーをするとドーパミンが分泌されるので、 自律神経が安定したり ストレス解消効果が期待できます。 オナニーは癒しの時間だと思って、ゆっくり時間をかけてオナニーをしてください。 勃起力の低下を防止 オナニーをすると勃起にともなうチンコ周辺の筋肉を鍛える効果や射精機能の衰えを防ぐことができるので、 勃起力の低下を防止することができます。 精液の質を上げるという点においてもオナニーは重要で、精子の貯蔵量は3日で満タンになり古い精子がそのままだと新しい精子を痛めつけてしまい、結果的に精液の質を下げてしまいます。 いつまで元気の良い精子を維持したい方は、最低でも3日に1回はオナニーしたほうがいいでしょう。 安心・安全なオナニーの方法 最後にデメリットのない安心・安全なオナニーの方法を解説していきます。 この方法でオナニーやっていればリスクゼロなので、ぜひ覚えておいてください。 自分に合ったオナニーの回数をする 冒頭で紹介したオナニーの適正回数の計算式で算出されたオナニーの回数を目安に、自分に合った回数でオナニーを楽しんでください。 しかし、その回数がプレッシャーになるのであれば無理に適正回数を守る必要はありません。 オナニーは楽しむ行為であって苦しみが生まれてしまうのは本末転倒なので、精神的に負担のかからないペースでオナニーしてみましょう。 過度なチンコへの刺激は避ける 過度なチンコへの刺激は避けて、 程よい刺激でオナニーをするようにしましょう。 1番ベストなのはマンコに近い刺激の オナホールを使用してオナニーすることです。 この方法なら、過度にチンコへの刺激を避ける効果があるだけではなく、マンコへの刺激にも慣れることができるのでセックスのときもタイミングよく射精することができるようになります。 手コキの場合は強く握らずに「 程よいマンコの締め付け感」をイメージしながらやるようにしてください。 臨場感のあるオナネタでオナニーする アダルトVR動画は臨場感があるため本物のセックスをしているような気分になれる上に、チンコへの直接刺激が強くなくても満足できる射精をすることができます。 現在、発売されているAVの中でも特に人気のあるジャンルなので、勃ちオナニーを防止することができるという側面もあるので、ぜひ活用してみてください。 しかし、なぜここまで人気があるのか?その理由は、VRゴーグルを準備するなどの デメリットを遥かに凌ぐメリットがあるからです。 アダルトVRなら男優になった気分を味わえ、AV女優とセックスした感覚でオナニーできます。 また、映像内を自由に見渡せるので、あなたが最も興奮するところを眺められます。 手を伸ばせばAV女優に触れそうな感覚になり、キスや挿入シーンはまさにリアル! そして、普通のAVでは全員が同じ映像を視聴しますが、アダルトVRは視聴する人によって楽しみ方は無限大です。 もし、興味あるけどもう一押し欲しい方は、はじめての方向けに用意されている「 お試し用の無料VR動画」をおすすめします。 VRゴーグルがなくても視聴できるので、まずはどれほど凄いのか体験されてください。

次の

女性がオナニーをする理由とメリット!女だって性欲はある!

オナニーメリット

膣内に自らの指を入れたり周辺をなぞったり、アダルトグッズを使ったり、さまざまな方法でオーガズムへ達することを目的に女性はオナニーを行ないます。 愛する人を思ったり、憧れの人を思ったり、架空の誰かを思ったり、体も気持ちも満足させるのが女性にとってのオナニーと言えるのではないでしょうか。 一方、女性は以前からオナニーをすべきだ、と言われてきています。 さらに、エストロゲンなどの女性ホルモンが多く分泌されることから、美容効果も期待されています。 女性の場合、定期的にオナニーを行なうことにより女性ホルモンバランスを整えることが期待されるため、健康や美容にもとても良い効果があると考えられているのです。 オナニーのやり過ぎは当然ながら問題ですが、適度な回数であれば間違いなく、女性の健康や美容には貢献してくれるでしょう。 女性の場合、男性のようにほぼ全ての人がオナニーをするわけではありません。 しかし、オナニーは自らの身体と真剣に向き合い、自らを知ることができるのです。 例えば、自分の膣内はどんな風になっているのか、自分はどの部分を刺激したら気持ちよく感じるのか、どんなテンションでオナニーをすると気持ちよくなるのか…など、自分の身体としっかりと対話することができるのです。 セックス中、ほとんどの女性が受身でセックスを進めます。 その時、自分の身体のことを知っていれば、男性とのセックスがより楽しくなりますし、気持ちよく感じることができるはずです。 逆に、性行為しかしていない女性は自分の本当に気持ちいいポイントが分からず、慣れと惰性で繰り返すだけになってしまいます。 セックスを楽しいものにするためにも、積極的に自分の身体と向き合ってみることをおすすめします。 軽く前述していますが、女性のオナニーは美容効果を期待することができます。 男性の場合、精子に亜鉛をふくめ数多くの栄養素が含まれているため、オナニーをすると肌が衰えると考えられています。 さらに、オーガズムを感じた時に男性ホルモンが急激に分泌されることから、薄毛になったりニキビが発生したりと、オナニーをすればするほどに肌が汚くなる…と言い伝えられてきました。 実は医学的に何ら関係性はないのですが、それほど男性のオナニーは悪と思われている節があるということです。 一方、女性のオナニーは昔から肌が汚くどころか、キレイになると言われ続けています。 その理由としては、女性ホルモンが分泌されるとか、ストレス解消によりキレイになると言われているからです。 また、オナニーをするのは軽い運動のようなものですし、興奮することで血流が改善しますい。 血流が良くなることで分泌されたエストロゲン(排卵ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)などが身体中に届きやすくなり、結果的に肌がキレイになると考えられています。 一部、例外的な方はいらっしゃいますが、AV女優さんたちは皆、肌がとてもキレイな方が多いとは思わないでしょうか。 映像になる…というよりは、全てをさらけ出す仕事なので普段からケアは怠っていないでしょうが、それでも肌質がとても良い方が多いイメージがあります。 彼女たちは、性行為以外にもオナニーをしていると某テレビ番組で言っていましたし、これらの行為が関係している、といっても過言ではないかもしれません。 美容グッズにこだわるだけでなく、オナニーにも力を入れてみましょう。 人間にとって睡眠はとても重要な行為です。 そんな睡眠の質を高めるための一助になるのが、何とオナニーなのです。 まず、軽く前述したようにオナニーは幸福感をもたらし精神を安定させます。 また、ドーパミンという快楽物質、オキシトシンという愛情ホルモンも同時に分泌させて気分がどんどん高まります。 そしてオーガズムに達した瞬間は、交感神経が優位になっていますが、その後は一気に副交感神経が優位になります。 この例えば、激しく緊張する出来事があった時、それが終わり安心できる場所に来るとほっとして眠たくなることはないでしょうか。 交感神経が圧倒的に支配している時から、急に副交感神経が優位になるとより安心感が増して眠りやすくなると考えられるのです。 そのため、オナニーをしてオーガズムを感じた後、ゆっくりと目をつむり横になることで気分良く睡眠ができるわけです。 ただし、普段から強い不安を感じ続けている方や激し過ぎるオナニーをしている方は興奮状態にあるため、オナニーをしても直ぐに眠りにつけないことがあります。 寝付きが悪い、という方は普段の生活の改善もしっかりと見つめ直すことも必要です。 女性のオナニーにおけるメリットといえば、間違いなくストレス解消でしょう。 男性の場合、ただ性欲のはけぐちとしてオナニーをすることがありますが、女性のオナニーは快楽だけでなく幸福感も得ることができます。 女性は妄想しながら快楽を得るとお伝えしましたが、そのためオーガズムに達するまでに時間がかかります。 もちろん、アダルトグッズを使えばあっという間にイク人はいるでしょうが、男性と違って数回オーガズムを感じることができるのが女性です。 セルフコントロールのひとつと考えてオナニーをするのもアリでしょう。 基本的には、自分の指を使ってオナニーをするのが一般的です。 しかし、オナニーを続けていると次第に新しい刺激を求めてアダルトグッズが欲しくなってくるものです。 女性用のアダルトグッズは数多く存在しており、バイブからローター、ディルドなど、そのデザインや機能も進化し続けています。 前述したように、ストレス解消だったり快眠をもたらすオナニーですので、質の高いオナニーをすることは健康や美容にも必ず役立ちます。 アダルトグッズをいろいろと試しているうちに、どういったアイテムが気持ち良いのか、自分に合っているのかを理解できるようになるのです。 生活が豊かになることは間違いありませんので、ぜひアダルトグッズを利用してみましょう。 女性は加齢と共に、どんどん骨盤底筋が衰えていきます。 例えば、出産後の女性は骨盤底筋が弱っていることが多く、ペニスへの締め付けが弱く男性が満足できないという状況を作りだしてしまうのです。 実は、オナニーを行なうことで骨盤底筋が鍛えられると言われているので注目してみましょう。 まず、オナニーを行なっているとクリトリスの血流がどんどん上昇していきます。 そして、筋肉の緊張が訪れ、心拍数なども上がってきます。 結果、子宮が骨盤底筋から上がることで緊張が高まり、筋肉強化に繋がると考えられているのです。 もちろん、ただ指を入れているだけではなく、しっかりとオーガズムを感じるような状態に持ち込まないと血圧が上がってこないので注意が必要です。 骨盤底筋を鍛える場合、質の高いオナニーができるように心掛けておくべきでしょう。 指などを使い、ゆっくりと時間をかけてオナニーをされる方は良いのですが、中には強い刺激を求めて過激なオナニーにふけってしまう女性がいます。 より強い刺激が欲しくなると、多少無理をしたオナニーをしてしまいがちです。 例えば、非情に強力なバイブを利用しているとか、相当強い水圧のあるシャワーを股間に当ててオナニーしているとか、足ピンオナニーなどもそれに含まれるでしょう。 私たちの身体は、敏感な部分であればあるほど、刺激を与え続けるとそれに馴れてしまいます。 いわゆる馴化です。 実際、オナニーもそれと同様のことが起きることがあります。 前述したような激しい刺激ばかりを与えていると、一般的なオナニーでは満足できずイケなくなることがあるのです。 さらに、パートナーとのセックスでもオナニーの方が刺激が強く、馴れていることでオーガズムを感じにくくなることがあります。 そうなってしまうと、せっかくの二人の素敵な時間も台無しです。 強い刺激を与えてしまっている方は、時間をゆっくりと取り、指などアレンジを加えて強刺激に頼り過ぎない方法でのオナニーに切替えていくことをおすすめします。 前述したように、女性のオナニーは妄想で成り立っていることが多くあります。 中には、AVなどを見ながらオナニーする方もいますが、やはりメインは妄想オナニーと言えるでしょう。 愛する人に優しく抱かれているとか、好きな芸能人とたまたま行きずりでそういった関係になってしまった…という程度であれば問題ありませんが、あまりに激しい妄想ばかり抱くのは危険です。 例えば、ひじょうに危険なSMプレイを想像してみたり、巻き込まれているような状態の妄想、そして非現実的な美男子におかされている妄想など、現実離れし過ぎてしまっている妄想は非情に危険ですので注意が必要です。 普段の生活に関しては問題はないでしょうが、パートナーとのセックスの際、自分の理想とあまりにもかけ離れているということで集中できず、物足りなさを感じてしまうこともあるのです。 誰しも、自分の理想的なセックスができるわけではありませんし、それを相手に無理矢理押し付けるのもトラブルのもとになります。 妄想自体は個人の自由です。 しかし、できるだけリアルな方の妄想に少しずつ切替えていった方がご自身のためになるのではないでしょうか。 女性のオナニーで注意したいところは、やはり感染症の恐れです。 男性であっても同様ではありますが、まだ亀頭から尿道に細菌などが入っていかなければ、多少不潔な状態でオナニーをしても問題はないでしょう。 しかし、女性の場合は男性の亀頭のような部位がアソコになっているため、触るだけで細菌感染の危険性が潜んでいます。 汚れたままの指をアソコに入れてしまうのはもちろん、不潔なベッドや不潔なお手洗いなど環境にも注意をしてオナニーをすることをおすすめします。 さらに、細菌感染しやすいと言えばアダルトグッズの使用です。 私たちは普段、食事をした後の食器やコップなどはキレイに洗い、清潔な状態で利用しています。 それは、口の中にものが入ることが分かっているためですが、股間問題となると案外スルーしがちなのです。 膣内というのは、女性の身体の中で最も敏感な場所であり、感染しやすいデリケートな部位です。 そういった意味からも、アダルトグッズのように使ったら使いっぱなし、というアイテムを利用すると炎症を起こしてしまうこともあるのです。 オナニーをするためには、まず利用するものなどは全てしっかりと除菌、殺菌されたキレイな状態で利用することを忘れないでください。 女性のオナニーは、前述した通り快楽を得られることはもちろん、ストレス解消や健康、美容にも効果があります。 しかし、女性のオナニーは男性と違って中イキですので、射精などを行なうわけではありません。 つまり、何度もオーガズムに達することができる、ということです。 これは良いことではあるのですが、依存症を引き起こす恐れがあるため楽観視することはできません。 例えば、イヤなことがあったらオナニーしかないという状況になったり、セックスよりもオナニーの方が快楽度が高いということになると、1日に何度もオナニーをしてしまうことになります。 そうなると、家に引きこもってオナニーばかりしてしまいますし、睡眠を忘れて夜中ずっとオナニーにふけることになります。 最悪、パートナーとのセックスで楽しめなくなったり、パートナー自体をつくることすら興味が無くなることもあるのです。 女性がオナニーをすることに関しては、これといった問題はありません。 前述したように、女性がオナニーの問題点は、全て間違ったオナニー方法や頻度から引き起こされるものばかりです。 そのため、正しい方法であれば女性のオナニーは積極的に行なった方が良いと考えることができるでしょう。 しかし、1日に何度やれば良いのか、という問題は難しいところです。 その理由は、人によって満足できる回数が決まっているわけでもありませんし、どこまでいったら危険なのか…そういった規定も公的な医学協会で定められているわけでもありません。 ただし、1日に2回以上は少々やり過ぎの可能性もあるでしょう。 1日1回、無いし2日1回など、自分のペースをしっかりと見つめ直すことが大切でしょう。 また、仮にどうしても自慰行為にふけりたくなったら、運動や趣味、料理などをするなどほかの行為で抑えた方が賢明です。 ぜひ、自分にとっての適正回数を見つける努力をしてみましょう。 女性のオナニーの基本中の基本ですが、指の使い方一つで快楽度が変わってくるので訓練すると良いでしょう。 まず、オナニーの始めの時にはゆっくりとパンティの上から指でアソコ周辺をなぞります。 そして、片手で乳首を摘みながらゆっくりと愛液が溢れ出てくるまで我慢しましょう。 そして、妄想などが盛り上がってきたらそれに合わせて、指をゆっくりと陰部に沿わせます。 クリトリスなど、膣穴周辺をゆっくりとゆっくりとなで回し、快楽度を高めます。 もう我慢できない、というレベルまで達してきたら後は挿入です。 コツとしては、妄想などの中で挿入シーンと一緒に指を入れるとリアリティがあり、快楽度が高まることでしょう。 ちなみに、必ず指の爪は短く切っておくことです。 ローターやバイブ、ディルドなど、女性のオナニーをはかどらせてくれるアイテムは多数存在します。 それらを使ってオナニーをするのもひとつの手でしょう。 特に、ローターはミニサイズのものが多く、乳首用のものなどもあるので併用して利用するとより強い快楽を得ることができるはずです。 近年、自動で動いてくれる電動バイブなども多くなっているので、エロさと強い快楽刺激を求めている方は少々過激なアイテムを手に入れ、試してみると良いのではないでしょうか。 ちなみに、ラブグッズを使う時はできればラブローションやコンドームを利用した方が安心です。 愛液だけではどうしても滑りが悪かったりしますし、衛生面のことを考えるとコンドームもあると安心です。 ただし、自分に合わないグッズだった場合、無理矢理利用するのはやめ、諦めて合うものを探しましょう。 自分のことを守ることも、女性のオナニーには重要なことなのです。

次の

毎日オナニーをすることのメリット・デメリットとは?適正回数も紹介

オナニーメリット

この記事ではオナ禁について詳しく解説していきます。 メリットや効果、モテるのか?という事を掘り下げて記事を作ったので まずはさくっとでも良いのでこの記事を読んでみて下さいね。 あなたもモテ効果やみなぎる力を是非感じ取ってください。 メリット・デメリット・リセット対策など感じたことをそれぞれ記していきます。 オナ禁のメリット ・モテる ・抜け毛が少なくなる ・朝の目覚めが良くなる ・前向きになる ・顔つきが変わる(キリっとした顔だち) ・肌がきれいになる ・精神的に良い 私の場合ですが長く続けるにつれて、ざっとこれぐらいありました。 私はモテたいです。 かわいい彼女とデートしたい。 みなさんも、もちろんそう思うはずです。 モテたいしHしたい。 不思議と毎日気分がいいので運も良くなった気がします。 ・なぜ効果があるのか?オナ禁と男性ホルモンの関係 オナ禁は男性ホルモンがとても重要になってきます。 興味深いことに、男性ホルモンをコントロールすることによってオナ効果を得られるという理由が分かりました。 そして男性ホルモンには2種類あります。 ・テストステロン ・ジヒトロステロン この2種類です。 それぞれどんな効果があるのかと調べたところ ・テストステロン 男性フェロモンがでる 筋肉が付きやすくなる イキイキとしてくる、前向きになる 顔つきが男らしくなる ・ジヒトロステロン 禿げる なよなよする ネガティブになる 睡眠不足になりがちな体質になる ・・・と言われています。 これを見てわかる通り、良いホルモン・悪いホルモン どちらがあなたにとって必要かわかりますよね。 そして、オナ禁はテストステロンを出しジヒトロステロンを抑える為に行います。 これはヤバイですよね。 悪いホルモンが活性化し良いホルモンが抑えられます。 しかも知らずのうちにかなりの頻度で。 それにより禿げたり、なよなよしたり、男の魅力が無くなったり。 普通の頻度であれば問題は無い。 ということでした。 ただし興奮する時間が長かったり、毎日、もしくは1日2回以上など 興奮する時間や回数が多いほどに悪くなります。 やり過ぎなければ問題ないってことですね。 しかしオナることによるメリットはほぼありません。 逆にオナ禁はメリットを与えてくれる。 みんなが当たり前の様にやっているから疑問にすら思わない。 だからこそのオナ禁なのです。 身体に活力が湧いてくるという感覚。 実はスポーツ選手やアスリートの方なんかはやっている人もいます。 パワーが出ることを知っているからなんですね。 たしかにテレビなんかでは放送出来ないかもですね。 <オナ禁成功の秘訣とは!?> オナ禁を始める重要な準備とは? まず最初にすると良いことが あります。 「オナ禁?オナニーしなければいいのでは?」 そう思うと思います。 しかし、その前に「目的」 を決めてほしいのです。 ・彼女が欲しい ・モテたい ・行動的になりたい ・肌を綺麗にしたい などなどありますが、あなたが 「何を目的としてオナ禁をするか?」 それを設定してほしいのです。 なぜこんなことをするかと言いますと ・目的が無いと挫折しやすいから です。 これはダイエットにも言えること なんですが 人に言われて始めたダイエットって 大体失敗するんです。 目的を持っていないからです。 勉強もそうじゃないですか? 学校でみんなやっているから。 親に言われたから。 僕も乗り気じゃなくやっていました。 筋トレも同じことが言えます。 でも目的を持っている人は まじめに勉強してたと思います。 オナ禁も同じで 「何となく良さそうだからやろうかな」 こういう気持ちで始めると大体失敗します 男はオナニーの癖がついています。 ムラムラしてしまうと 「オナ禁は次から・・・」 こうなりがちなのです。 目的を持って取り組むと 例えば 「俺はモテる為にやるんだ!」 そういう強い意志を持てます。 この考え方はすごく重要です。 スポーツ選手やプロの方々は 日ごろから目的や目標を決めています。 だから凄いのです。 なので一度目的をしっかり定めて ください。 「モテたらいいなぁ・・・」 では無く 「俺はモテる為にオナ禁する!」 こういう強い意志で決めましょう! 大体オナ禁を失敗する人は これが出来ていないのです。 目的は何個あってもいいです。 欲望のままに決めちゃってください(笑 目指すべきオナ禁周期とは? どんな周期でオナ禁をすれば いいのか? かなり疑問だと思います。 「基本は28日」で良いです。 ただ、答えは「無い」と言えます。 少しがっかりさせてしまった かもしれません。 何故かというと 1週間で効果を感じられる人もいれば 感じられない人もいます。 それぞれの体のつくり、環境に よって左右されます。 食べる物にもよりますし、運動でも 変わります。 なので一番いいのは28日を目指しつつ、ワクワクして待つ。 こうすると良いです。 これ!って決めてしまうと その数字しか見えなくなってしまいます。 オナ禁は「効果が感じられれば良い」 のです。 だから日数は人それぞれと言えます。 周期として、28日を勧めているだけです。 でもいきなり28日はハードルが高いので 徐々に日数を延ばすようにしましょう。 毎日、2日に1回のペースで オナニーをしていたのにいきなり28日 を目指すとストレスやムラムラがヤバイと 思います。 5日できたらオナニー。 8日できたらオナニー。 こういった感じで徐々に慣らしていくと すんなりいきます。 その時、 「28日までやらないと効果が無い」 こう思ってしまうのはNGです。 あくまで、日々の積み重ねで目標が28日。 これを1周期としてやっていきましょう。 オナ禁は何度でもチャレンジできるので 失敗して悩む必要はありません。 失敗したらそれより1日でも更新すれば いいのです。 慣れてきたら2か月・3ヵ月と増やしていくのがいいでしょう。 とっておきのオナ禁のやり方 オナらなければいいのでは? と、思うかもしれませんがそれではまずオナ禁は成功しません。 なぜやり方なんてものがあるのか? それは・・・ 続かない可能性が高い すべてこれなんですよね。 わかっていてもできないのである。 男はそういう生き物である・・・。 意気込みだけはあるんですけどね。 しかし私は現在オナ禁継続中。 それにはちょっとした 「コツ」があるのです。 オナニーをしない男などいません。 それが男なのです・・・ だからこそ、正しいやり方があるのです。 性欲は本能だからです。 エロの暴走は止まりません。 だからこそ適切な方法で行うことで続けられるのです。 <続けられるオナ禁方法> ・引き金を処分する ・得られる効果を見る ・熱中できることを見つける ・深呼吸 これらを取り入れることで続くようになります。 自分の意思で続けられる人はそうそういません。 なので少しでも挫折しそうになったら参考にしてみてくださいね。 ・引き金を処分する これはお気に入りの動画サイトなどを処分しろ!ってことです。 お気に入りのあの映像。 おさらばしてください。 私も泣く泣く消しました。 お気に入り動画。 消したくない気持ちはわかります。 でも考えてみてください。 大好きな彼女とエッチをすることが出来る。 そのために捨てるのです。 お気に入りのサイトや映像があるとどうしてもふと頭をよぎっちゃうんですよね。 ゲームやマンガでなくても、友人と遊びに行くのも良いですね。 もしくは普通に楽しいことをしていればいいです。 ・深呼吸 実は深呼吸ってすごい効果があって 心をリラックスさせ、気分を落ち着ける。 更に日常的にやると痩せる効果もある。 と言われています。 オナ禁にどうやって活用するかというと、 「ムラムラしたときにする」と効果的です。 ムラムラしないのが一番だけど、男だから難しい。 だから対策をすると成功率が高まります。 <どうしても我慢できないときは?> そんなときはどうするのか? もうしてしまおう 気を取り直して再チャレンジすればいいんです。 我慢でストレスを溜めこむのも体に毒です。 裏技としてはおかずなしですると良いです。 少しでも興奮状態の時間を減らすことでダメージを抑えることが出来ます。 亜鉛を摂ることによりダメージを和らげることが出来ると言われています。 私も実際に出すときは飲んでいました。 出すことによるダメージが心配な方は亜鉛をサプリで摂取してみてもいいと思います。 heresy505.

次の