松江 シティ。 松江シティFC

松江シティRagazza

松江 シティ

【第16節・松江シティFC-SRC広島】後半8分、松江シティFCのDF平林卓也(右)が敵陣左サイドから攻め込む=松江市営陸上競技場 第44回中国サッカーリーグは18日、第16節5試合があり、松江シティFCは松江市営陸上競技場で行われたホーム最終戦で、2位のSRC広島に0-3で完敗し、第4節から守ってきた首位から陥落した。 SRC広島が入れ替わって勝ち点1差で首位。 3位三菱水島FC(岡山)が敗れたため、優勝争いは2チームに絞られたが、1、2位の直接対決で敗れた松江シティは通算10勝4分け2敗、勝ち点34の2位で、現時点で自力優勝が消滅した。 デッツォーラ島根はサンビレッジ浜田でNTN岡山に1-2で敗れ、通算6勝2分け8敗で、変わらず6位。 SC鳥取ドリームスはどらドラパーク米子球技場でゼロックス(広島)に0-4で敗れ、開幕から16連敗。 残り2節で、第17節は24日、最終節は25日に行われる。 対戦相手は、松江シティが5位JX水島(岡山)と9位NTN岡山、SRC広島は4位環太平洋FC(岡山)とデッツォーラ。 松江シティは、2連勝してSRC広島が1試合でも引き分けるなどした場合、逆転優勝の可能性がある。 ただ、次節で敗れ、SRC広島が勝つと、2位以下が決まる。 デッツォーラは第17節で7位ゼロックスと対戦。 ドリームスは第17節で三菱水島FC、第18節で環太平洋FCと対戦する。 前半はシュート数で1本の相手に対して6本と優勢。 左サイドからDF平林の縦パス、MF安片のドリブル突破で再三ゴールに迫った。 しかし、後半は相手のラインを下げた守備にてこずり、雨にぬれたピッチでパス回しのミスが続き、次第に守勢に。 12分、カウンターをファウルで止めて与えた、ほぼゴール正面の直接FKで先制されると、21分はGK船川のクリアミスから決められた。 さらに38分には自陣右サイドの突破からダメ押し点を奪われた。 2016年9月19日.

次の

松江駅前店

松江 シティ

いつも松江シティFCへの温かいご声援、誠にありがとうございます。 この度、松江シティFCでは以下の要項で「クラブマスコットキャラクター」デザインを一般公募いたします。 募集要項をご確認いただき、様々なアイデアをデザインした皆さまのご応募をお待ちしております! 募集要項 要項 松江シティFCを応援してくださる地域の皆様や、幅広い年代のファン・サポーターに親しみを持って愛されるクラブマスコットキャラクターの制作。 クラブマスコットキャラクターは、チラシやポスター、マッチデープログラムなどの印刷物やグッズ、広告・宣伝など多岐にわたる場面で活躍する予定です。 また、将来的には着ぐるみを制作し、地域のイベントやホームゲームでの活動も考えています。 募集内容 松江シティFCのクラブマスコットキャラクター テーマ 「幅広い年代のファン・サポーターの皆様から親しみを持って愛されるマスコットキャラクター」をデザイン(全身)したもの。 チームカラーの黄色と赤をコスチュームなどに使用いただけるとなお良く、キャラクターは性別問いません。 もちろん動物や空想上のキャラクター等、人でなくとも可です。 発表 いただいた応募作品のなかから「松江シティFC クラブマスコットキャラクター選考委員会」で選出し、サポーター投票によって最優秀賞を決定いたします。 なお、表彰式を試合会場で行う予定ですので、ご参加をお願いします。 審査 松江シティFC クラブマスコットキャラクター選考委員会 著作権 受賞作品に関わる一切の権利(著作権法第27条および第28条に規定する権利を含む)はすべて松江シティFC株式会社に帰属するものとします。 二次使用を含め使用に際して加工・補正等を行う場合があります。 応募先 〒690-0065 島根県松江市灘町1-43 松江シティFC株式会社 クラブマスコットキャラクター募集係 宛 注意事項 応募作品は応募者自身のオリジナルで未発表のものに限ります。 応募作品が第三者の著作権その他の知的財産権を侵害しているとして紛争が生じた場合、その作品の応募者は一切の費用を負担し、応募者自身が処理・解決するものとします。 この場合、選考後であっても受賞を取り消します。 一人につき複数の応募が可能です。 複数応募の場合は、それぞれの作品に応募用紙を添付してください。 郵送は同梱していただいて構いません。 個人情報 応募者の個人情報は、本公募に関する連絡のみに利用します。 最優秀賞の作者名等は公表します。 「著作権」および「個人情報」については、応募をもって同意されたものとさせていただきます。 募集用紙 以下データをダウンロードの上、使用ください。 お問合せ先 松江シティFC マスコットキャラクター公募事務局 メール:info matsue-city. All rights reserved.

次の

ご宿泊プラン一覧

松江 シティ

【第17節・松江シティFC-三菱水島FC】前半33分、松江シティのMF桑田大幹(左)がヘディングシュートを決め3-0と突き放す=松江市営陸上競技場 第43回中国サッカーリーグは13日、松江市営陸上競技場などで第17節5試合が行われた。 優勝を決めている松江シティFCは7-0で3位の三菱水島FC(岡山)に完勝。 無敗を守り、通算16勝1分けとした。 ほかの島根勢はデッツォーラ島根がJX水島(岡山)を3-2で退け通算13勝2分け2敗とし、2位が確定。 最下位のSC松江は9位の佐川中国(広島)を5-2で下し、15試合ぶりの勝利で、通算2勝15敗とした。 最終節は20日、松江シティは浜田市陸上競技場で、今季唯一引き分けているデッツォーラ島根と対戦。 SC松江は松江市営補助競技場で5位の環太平洋FC(岡山)と当たる。 風下の立ち上がりからペースをつかみ、前半10分、左コーナーキックからMF砂川が頭で合わせて先制した。 20分はDF小川が左サイドのフリーキックの折り返しに詰めて加点。 33分にはMF桑田が頭で決め、3-0で折り返した。 後半も、この日2点目の小川のゴールなどで4点を奪い、寄せ付けなかった。 2015年9月15日.

次の