ゼン リー ゴースト モード。 【大流行】現代っ子がやっている位置情報共有アプリ、ゼンリーとは!|JGS

ゼンリーがリアルタイムで見れない! 数時間前のが表示される!詳細や対処法を徹底解説

ゼン リー ゴースト モード

以前、トレンドサーチャー内で ゼンリー というアプリについて記事にしました。 ゼンリーとは 位置情報アプリのことです。 ただの位置情報アプリではなく、様々な機能がついており、女子高校生を中心に便利!と話題となっています。 今回はゼンリーの家マークの付け方、ゴーストモードについてまとめてみました^^ ゼンリーでの家マークの付け方 そもそもゼンリーって何!?って思った方は、ゼンリーがどんなアプリなのかや使い方を下の記事にまとめてありますのでよかったら見てみてください。 ゼンリーは友達や、家族、恋人など、ゼンリーを利用している人達同士で、その人の居場所を特定すると事ができます。 利用していると、アイコン部分に家マークやパソコンマーク、飛行機マーク、時には遊園地マークなどが表示されることがあります。 こちらは、ゼンリーが位置情報を認識し、自動につけてくれるマークです。 そのため、 自分 で付けることはできません。 数日使用していると自動的に表示されるようになっていますが、相手のゼンリー内で自分のアイコンに表示されているか確認することはできません。 そのため、自分のアイコンに表示されているか心配な方は友達に確認してもらったり、スクリーンショットを送ってもらうなどして確認してくださいね。 主なマークについて紹介します。 ・家マーク 友達が家にいる時に表示されるマーク。 ゼンリーに登録して数日で表示されるようになります。 ・学校マーク 友達が学校にいる時に表示されるマーク。 ゼンリーと登録してから特定の学校に往復していると数日後に自動的に表示されます。 ・会社マーク 友達が会社(職場)にいる時に表示されるマークです。 学校マーク同様に、ゼンリーに登録してから数日間、特定の会社に往復しているとひょじされます。 ・炎マーク ゼンリーに登録している、複数の友達が同じ場所にいる時にされます。 上記以外にも、遊園地マークや飛行機マークなどが表示されることがあるようです。 ゴーストモード 機能 の上手な使い方 続いてゴーストモードについてです。 上記の記事でも紹介していますが、ゴースト機能と同様のもののようです。 ゴーストモードとは、あなたの位置情報を誰にどの範囲で伝えるかを選べるモードのことで、1人1人個別に設定することができます。 ゴーストモードには3種類あり、 正確度、あいまい(街)、フリーズ(非表示)となっています。 ・正確度 正確度をタップするとかなり詳細な位置が友達に表示されます。 誤差は数mの範囲です。 友達にはライブというアイコンが右上に表示されます。 ・あいまい(街) 以前は街という表示でしたが現在はあいまいとなっています。 あいまいをタップすると現在地より、200m~500mぐらいの位置が友達に表示されます。 正確な位置情報を常に知られたくない場合はあいまい(街)を選択しておくと良いと思います。 友達には シティーモードというアイコンが右上に表示されます。 ・フリーズ(非表示) 以前は非表示と表示され、現在はフリーズと表示されています。 こちらは、フリーズ機能を利用した場所がずっと表示されます。 フリーズ機能を利用した際に注意した方が良い事が、 友達に表示されなくなる訳ではありません。 また、友達の地図上では、 アイコンの上に〇時間前、〇日前、のようにフリーズ機能を利用した日からカウントされていきます。 そのため、利用する際は、特定されたくない場所から離れた場所や、こまめに利用する事をお勧めします。 最後に いかがでしたか? とても便利なアプリですが、使い方を間違えるとトラブルの原因になる可能性も・・・ あんまり監視し過ぎずに、楽しく利用してくださいね^^ 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

複数のテレビでも紹介され話題の位置情報共有アプリ「ゼンリー」|スマホアプリで充実ライフ

ゼン リー ゴースト モード

友達と位置情報をシェアZenly ゼンリー とは? ゼンリーは自分と家族や友人・知人の 位置情報を地図上で把握できるフランス産まれのアプリです。 アプリを持っている人が 無条件で検索できるのではなく、あくまで お互いに認証し合った者同士でしか位置情報は表示されません。 またその他の機能も充実しており、 チャットや ルート検索なども備わっています。 現在、Android版・iOS版ともにダウンロード可能で、Android版はすでに500万ダウンロードを突破しています。 日本では特に女子高生たちがよく使うアプリとして紹介されていますね。 仲間内で集まりやすくなるという利点もそうですが、親しい人の 安否確認などにも使えそうです。 ゼンリー内の地図でできること• 自分の現在地の表示• 認証している人の現在地の表示• 認証している人の充電残量の確認• 現在地の滞在時間の表示 ゼンリーの友達追加の方法• 自身の端末の連絡先(電話帳)から招待• Zenly IDを入力して追加する• 電話番号を入力する• お互いの端末を振る(Bump機能) ゼンリーその他の機能• チャット(1対1・グループ)• ルート検索(徒歩・車の2パターン)• 近くにいる人と電話できる• アプリ内ゲーム(世界征服ゲームなど)• 行動範囲ランキング• 自身の国外での行動履歴も確認できる ただし、認証した人同士とはいえ 位置情報が筒抜けになることに抵抗がある人も多いと思います。 なのでゼンリーでは色々な 制限をかける機能も備わっているので、以下で解説していきます。 位置情報を隠す『ゴースト』機能 自分の位置情報を特定して欲しくない時は『 ゴースト』モードにすれば姿を隠せます。 あいまい:相手に表示される自分の現在地が「だいたいこのあたり」程度になる• フリーズ:現在地が「フリーズ設定をした瞬間の位置」に固定される ゴースト機能のやりかた• 地図画面右下の人マークをタップ• 右上のおばけのアイコンをタップ• 性格・あいまい・フリーズのどれかを選ぶ 個別にゴースト機能を適用する方法• 地図上で相手のアイコンをタップ• 右上のおばけのアイコンをタップ• あらかじめ「自分はゴースト使うからね」と相手に周知しておくと気が楽かも。 どちらかが電話帳に登録していなかった場合、申請自体が送れなくなります。 プライベートモード設定• 地図画面右下の人マークをタップ• 右上の設定アイコンをタップ• また、友達の友達などにあたるユーザーを表示する「知り合いかもしれないユーザー」のリストから自分の表示を消すことができる「おすすめユーザーをオプトアウト」も利用可能で、プライベートモードの下にある表示から設定できます。 ゼンリー「ブロック」機能について ゼンリーにも他のコミュニケーションアプリ同様に「 ブロック」の機能があります。 ただし 「友達登録をする前」のタイミングに限られるため注意が必要です。 電話番号・Zenly ID・「知り合いかも」リストなどからだれかが友達申請をしてきた時にブロックするかどうかを選ぶことができます。 では、 すでに友達登録している人と縁を切ろうとした時はどうすれば良いのか。 ゴースト機能では自分の位置表示をぼやかす程度なので、完全に表示できなくするためには「 削除」するしかありません。 一度削除すれば再びお互いに承認するまでは情報の行き来は完全に無くなります。 削除された相手側には「連絡先にありません」と表示されるため、ほぼばれます。 覚悟を決めて行いましょう・・・。 自宅や職場以外によく通っている場所をチェック• ゴーストモードになる場所と時間をチェック• 相手が一人で行くには不自然な場所(デートスポットなど)にいないかチェック などなど、 浮気防止に役立つこと請け合い!(笑) ただ、お互いに認証し合っていないと使えないので利用者は普通に仲の良いカップルがほとんどかと思います。 また、不安だからと言ってこういった機能を使いすぎているとそれが破局の原因にもなりかねないので、基本的に相手のことは信用してあげましょう。 それができたら苦労しない?・・・ごもっとも。 噂を聞くとちょっと怖い感じもする Zenly ゼンリー。 しかし何でもそうですが、要は 使い方だと思います。 色んな設定方法があるので、 うまく使って便利な面を有効活用してみましょう!.

次の

Zenly(ゼンリー)のゴースト機能「フリーズ」「あいまい」の使い方──ブロックや削除、プライベートモードなどプライバシー管理もまとめて解説

ゼン リー ゴースト モード

2019年10月13日の松本人志さんがやっている「ワイドナショー」でも紹介された位置情報共有アプリ「Zenly ゼンリー 」とはどんなアプリなのでしょうか?今回そのアプリについて調べて見たので家族や友達と利用するのに使ってみてください! Zenly ゼンリー とは? 「JC・JK流行語大賞2018」のアプリ部門に「Tik Tok」「LINEのたまごっち」に続いて3位に選ばれた「Zenly ゼンリー 」は今では当たり前のように女子中高学生に利用されているアプリとなっています。 使い方としては「位置情報を24時間いつでも細かく共有出来る」アプリとなっていて友達同士で利用するのはもちろんのこと、最近では家族内でも位置を共有する時代となっています。 位置だけではなく充電の残量まで確認出来る また位置だけではなく、スマホの充電の残量や滞在時間まで細かくわかるようになっていて友達の待ち合わせやスマホの紛失した時に重宝出来るアプリとなっています。 滞在時間が表示されたり、移動中なのがわかったりと相手の情報が見ている側から筒抜け状態となっている。 自宅や職場などを自動で判別 アプリをインストールして数日たつとアプリが学習して自宅や職場などを自動的に判別してくれるために自宅にいるのもバレてしまうし、旦那にインストールしている奥さんは仕事終わりに飲みに行っていたり、遊びに行っているのでさえもバレバレになってしまいます。 それこそ浮気なんかして「ホテル」にいるのも一発でバレて何分滞在しているかを知られてしまうので嘘もつけないし、充電が切れていたなんて嘘もつけないアプリになっています。 ゴーストモードで位置を隠すことも出来る 夫婦の間では隠せないかもしれないが、友達や親なんかと位置情報を共有している時にやはり隠したい場合はあると思います。 そんな時は「ゴーストモード」で詳細な位置情報からあいまいな位置にしてくれたりできます。 そもそも表示させないようにすることも出来るようになっています。 友達同士で一緒にいるとアイコンが「炎のマーク」になるため誰と誰が遊んでいるのかバレてしまうためにそれが友達同士でバレたくない時などに利用したり、自宅の場所までバレてしまうので家に帰る前に「ゴーストモード」にしておいて家をネット上であげないようにしているなど使い勝手はさまざまなようです。 アプリを使っていない人でも一定時間だけ共有出来る またアプリを利用していない人でも一定時間のみを位置情報を共有することが可能となっています。 URLで相手に送ると45分間のみ共有できて、その時間が過ぎれば自動的に消えるようになっているので、待ち合わせや人を集めたい時に使えるようです。 ゼンリーの評判 現在の中学生や高校生とくに女の子にはとても人気がありますが、大人はあまりいい顔をしていないようで、「ワイドナショー」で紹介された後のSNSでは 「便利で良さそう!」 「友だち同士で楽しそう」 「待ち合わせが楽になるから使っている」 などのいい声もあれば、反対の 「位置情報がわかるなんて怖い」 「イジメを助長するようなアプリ」 「位置を共有して誰得なのか?」 などの意見もあるようです。 友だち追加は要注意が必要 家族同士のみで利用していてどこにいて何をしているか子供の情報を細かくチェックしたい親などからしたら便利なことは多いですが、友達同士で利用する場合は一歩間違えればイジメやストーカーなどのトラブルに巻き込まれるようなこともあります。 最近ではSNSにてゼンリーの友だちを募集するような投稿まで出てきていてそれはトラブルになりかねません。 また利用している学生たちの意見でも、夏休みや冬休みなどの大型連休などで家にいることが多いと、友達がいない子という認定をされてしまうから用事もないけど「ゼンリー映え」するように外に出かけるようにしている。 なんてこともあるようです。 どんな便利なアプリやコンテンツでも使い方を間違えればとても危険なものとなってしまうため、利用する前には使い方をよく読んで考えた上で利用するようにしてください。

次の