フォー スタンス 理論 ゴルフ。 4スタンス理論でB1タイプのゴルファーは森田理香子選手

ボルダリングが上達する近道・フォースタンス理論の自分のタイプ診断しよう!|ボルダリングと肌断食のブログ

フォー スタンス 理論 ゴルフ

今日お昼にTBSの「ひるおび!」を見ていたら大谷選手の特集をやっていましたが、そこで面白いことを言っていました。 大谷選手がメジャーで大活躍している理由やスイング分析を、元日ハムコーチの白井一幸さんが解説していましたが、大谷選手の活躍にの秘訣はアッパースイングにあるといっていました。 私も小学校から野球をしていますが、 アッパースイング = 悪 で教えられました。 ボールは上から下に叩きつけろ! みたいに教わりましたが、白井元コーチいわく、ピッチャーが投げるボールは必ず上から下に落ちてくる。 剛速球のピッチャーの球がホップするとか言いますが、そう見えるだけでボールは必ず上から下の起動できます。 上から下に来る軌道を上から叩きつけようとすると、点でしかとらえることしかできませんが、アッパースイングなら軌道に沿ってスイングできるので線でとらえることができるし、パワーの伝達も効率がいい。 今でも上から下に叩きつけろという指導がされているようですが、指導者のいうことを素直に聞く選手の方が結果が出ないと、研究結果でも出ているそうです。 私たちの世代は、指導者のいうことは絶対みたいな感じでしたが、浅田真央ちゃんや松山英樹プロは指導されても自分に合わないなと思ったら平気で無視するそうです。 スポーツって自分の感覚でするものなので、自分の感覚を大事にしないといけないんですね。 私は4スタンス理論で自分の感覚を取り戻すことができました。 練習してもなかなか上達しない。 最近どうも伸び悩んでいるとお悩みなら、こちらの記事も参考にどうぞ!.

次の

4スタンス理論 ゴルフ B2のプロゴルファー

フォー スタンス 理論 ゴルフ

スポーツクライミングやボルダリングをしていると、こんな場面に遭遇したことはありませんか? どうしても取れなかった次の一手を、他の人がすんなりととって悔しい思いをした… スタッフに教えてもらったとおりにやったのに攻略できなかったルートを、教えてもらったのとは違うやりかたに変えたら、意外とすんなり取れた。 こんな経験ないですか? わたしも先日、ほかのひとのやり方を見よう見まねでやってみて、どうしてもいけなかったルートを、ちょっと足の位置を変えたらいけたんです! これって、どうしてだとおもいますか? 私なりに考えてみた結果、フォースタンス理論はボルダリングのムーブの上達にも適応できるのではないかという仮定にたどりつきました。 骨格や力の入り方で個々の特性を4つに分けたフォースタンス理論で、ボルダリングのブームの得手・不得手が解明できるのでは。 右足の方が挙げやすい=パラレル=平行タイプ• 左足の方が挙げやすい=クロス=交差タイプ それでも自分がどのタイプかわからない この3つの診断方法の1つが分からなくても、2つわかるものがあれば先ほどの表を見てどのタイプなのかを当てはめることが出来ます。 それでも、やってみたけど、微妙過ぎて良くわからない…そんな時はプロの指導者に診断してもらう方法が一番です。 私はパワーリフティングをしていた時に世界チャンピオンの三土手選手にどのタイプにあてはまるのかを診断してもらい、B1タイプ(内側、背中側、パラレルタイプ)と診断されました。 また、フォースタンス理論について詳しく書いてある本もあるので、より詳しくフォースタンスについて知りたい人、ボルダリングの上達に悩んでいる方は読んでおくと間違いないです。 1タイプ(内側)=人差し指、中指に力が入りやすい、内側に拓く動作で力が入りやすい• 2タイプ(外側)=中指、薬指に力が入りやすい、外側に拓く動作で力が入りやすい パラレルタイプか、クロスタイプかは、三点支持の力のかけ方で応用できる、などが応用の仕方として考えられます。 フォースタンスを参考にボルダリングを上達させる方法まとめ 今回フォースタンス理論を解説してみました。 ボルダリング・クライミングジムで良く合うスタッフや友人で自分と同じタイプの人がいればムーブの参考になります。 ただ、ルートによって自分の苦手な動きをしないと取れないものもレベルが上がるにつれて出てきてしまうと思います。 なので、最終的にはとにかく壁に張り付いて練習をするのが上達する方法なのですが、こんなスポーツのフォーム改善を図るこんな理論もあるんだということを知るだけでも、本当かどうか試してみるために次のボルダリングジムへ行くモチベーションが上がったのではないでしょうか? ボルダリングを楽しく続けるための参考になれば幸いです。

次の

ゴルフ4スタンス理論!A1・A2・B1・B2タイプの特徴とゴルフ練習法

フォー スタンス 理論 ゴルフ

今日お昼にTBSの「ひるおび!」を見ていたら大谷選手の特集をやっていましたが、そこで面白いことを言っていました。 大谷選手がメジャーで大活躍している理由やスイング分析を、元日ハムコーチの白井一幸さんが解説していましたが、大谷選手の活躍にの秘訣はアッパースイングにあるといっていました。 私も小学校から野球をしていますが、 アッパースイング = 悪 で教えられました。 ボールは上から下に叩きつけろ! みたいに教わりましたが、白井元コーチいわく、ピッチャーが投げるボールは必ず上から下に落ちてくる。 剛速球のピッチャーの球がホップするとか言いますが、そう見えるだけでボールは必ず上から下の起動できます。 上から下に来る軌道を上から叩きつけようとすると、点でしかとらえることしかできませんが、アッパースイングなら軌道に沿ってスイングできるので線でとらえることができるし、パワーの伝達も効率がいい。 今でも上から下に叩きつけろという指導がされているようですが、指導者のいうことを素直に聞く選手の方が結果が出ないと、研究結果でも出ているそうです。 私たちの世代は、指導者のいうことは絶対みたいな感じでしたが、浅田真央ちゃんや松山英樹プロは指導されても自分に合わないなと思ったら平気で無視するそうです。 スポーツって自分の感覚でするものなので、自分の感覚を大事にしないといけないんですね。 私は4スタンス理論で自分の感覚を取り戻すことができました。 練習してもなかなか上達しない。 最近どうも伸び悩んでいるとお悩みなら、こちらの記事も参考にどうぞ!.

次の