てるブログアンチ。 アンチ転売ヤーのお茶会なのに…凄い実績の転売屋さんも参加してくれました。笑

ブコメ反省会

てるブログアンチ

えー、ここは場末のブログなので言葉遣いが乱れることがあるかもしれません。 ご容赦ください。 最近のゼロワン、面白いですか? 2019年までのゼロワン-滅亡迅雷. net編-を終えて 目が覚めた(シンギュラった)人も多いんじゃないでしょうか? 滅と迅が雑に殺されて悲しい人も 或人のガバさ加減に嫌気が差してきた人も アンチになりましょう 私はアンチも楽しみ方の一つだと思っています アンチといえば何を言うのか? 「こんな設定後付けだろ!」これは弱い 後付けやテコ入れは往々にしてあることだろう、仕方ない 「倫理観が狂ってる!」これも少し弱い 倫理観は、人それぞれだ 「また勧善懲悪かよ!」惜しい 勧善懲悪自体は別にいい。 それもヒーロー物の定番だ。 問題なのは定番からどうアップデートさせたか ゼロワンは完全にアップデートを怠って迷走している。 アンチとなって言うべきことは一つです。 「もっと情熱を持ってを作ってください!!!」 大森Pってどんな人? まずは敵を知ることです。 『ゼロワン』のプロデューサーは 大森敬仁 2003年に入社、入社するまではが特撮ヒーローを製作していることを知らなかったらしい。 入社してから『555』を見た。 2005年『』からプロデューサー補として入る。 2008年『キバ』ではサブプロデューサー。 その後戦隊に渡り、『シンケン』から『ゴーカイ』まで3作品サブP。 かわいそうな経歴の大森 大森 「APやっていた頃に大変だった作品ベスト3」です(笑)。 1位「」、2位「」、3位「」。 まず「」は、チーフプロデューサーが途中で変わったんですよ。 笑 幸か不幸か、最近はこういったメディア媒体に露出してきてくれてるので その発言を見てもらえれば人となりも掴めるはずなんですよね。 そしてメインプロデューサーになった初のチーフ作品 2013年『獣電戦隊』では『W』のに全話脚本を書かせて成功を収め、ライダーに凱旋する… ここからが滅びの始まり 2014年『ドライブ』ではを連続起用し疲弊させ 2016年『エグゼイド』では新進気鋭の脚本家、を引き連れ再登場。 またしても全話脚本を達成させる。 2017年『ビルド』はやる気が無かったようで最悪の脚本家、にほぼ丸投げした。 エグゼイドの直後でビルドを振られて嫌そうな大森 『ビルド』をやれと言われたのは『エグゼイド』の1話のオールラッシュ、完成の一か月前くらいの話ですね。 1話が完成する前に呼び出されて、やれって言われて。 理由としては、2年連続でやることで今までできなかったことができるというか、いまやっていることの反省を生かして2年目ができるという理由でしたけど、僕としてはもう『エグゼイド』で全部出しきっていたので、呆然となりました 笑。 ビルドはダブルをパクってないと言い張る大森 塚田:うん。 今さらだけど、ビルドとWって似ているよね。 大森:確かに、Wもビルドも、ベルトに2つのアイテムを挿して、組み合わせて変身するから、"2色"という部分が似ていると指摘されていました。 視聴者の方々にも、塚田さんにも。 塚田:大森は俺の作品のマネをしているんじゃないかって、ネットに書かれているらしいぞ 笑。 大森:そうは言われましても、塚田さんと一緒に仕事をしたことがないので、具体的にどこをマネるとかはできないんです。 ただ、塚田さんの作品は"爽快感"が非常に明快に描かれている物語が多いので、僕自身、非常に強いリスペクトを捧げています。 そういう意味では、自然と見習いながら作っているかもしれません。 武藤を切り捨てようとする大森(とエボルトを復活させたことを武藤に暴露される大森) 大森P:うーん、「エグゼイド」と「ビルド」は、僕のスタンスが全然違うんです。 「エグゼイド」のときは企画の最初の段階から、ゲームと医療を絡めようというところから始まっているので、能動的に2話ごとに話を作っていったんですね。 「こういう話にしましょう」というのを最初から脚本家のさんに投げるかたちで。 「ビルド」はどちらかというと逆で、武藤さんがやりたいことを先にもらって、それができるように交通整理してるって感じですね。 武藤は「ほとんど大森さんの無茶ぶりから始まっている。 最初に渡された3行くらいのメモに、いきなり『相棒がエボルト』と書いてあって。 本編で死んだでしょと言ったら『そこをなんとかするのが脚本家でしょ!』と(笑)」と暴露。 そして2019年 『ゼロワン』である。 マジで戻ってきてほしくなかった…しかもまで… サブ脚本を入れたものの、ヘイト先の分散にしかなってない気がする。 ゅぅゃは言い訳がきくし、ゅぅゃ信者も必死の擁護が可能。 毎週鋭い視点からツッコミを入れて下さってるのですごくスッキリします。 (思えば腹筋崩壊太郎の登場の仕方もっぽかった)• AIについて何も知らない大森 ———ゼロワンの世界観には、綿密に計算されたものを感じますが、終わりから逆算してつくっているのでしょうか。 大森いや、そういうことはまったくないです(笑)。 企画チームの皆さんに「AIを描くんだったら、人間と自我が目覚めたAIの心の部分を描くべきだ」と言われ、「そうなんだ!」って気づかされたくらいですね。 もうこの時点でSF路線に期待するのはムリってわかりますよね。 AI監修を付けただけで満足している図。 ギャグ監修は本当に必要だったのか?• 高寺Pに擁護される大森 子供の頃、子供番組を観て感じた恐怖や不安、燃えや憧れ、難解さや子供騙し感など、先達の様々な試みを手本にしつつ、自分達自身(ひいひい言いながらも)楽しんで作ってた記憶があります。

次の

ブコメ反省会

てるブログアンチ

めっっっっっっっっっっっちゃ酷評されてるけどちゃんとしてるから買ってくれ。 つまらん理由付けしてから逃げるな。 ネタバレありのアンチへのアンチです。 降魔大戦で旧華撃団メンバーが封印されたことを死亡とか書いてるブログやツイートを多く見かけました。 あと最後の不思議な力で助けてくれたシーン、むしろさんが向こうでも戦ってると思えない脳ミソの奴らは生まれ直してこい。 旧華撃団メンバーが復活してないのにEDでライブするなっていうの、死者が出た作品みんなEDは通夜するのが決まりなんでしょうか?にだけ当たりキツいの差別か? こういうのはちゃんとプレイしてない人たちの意見なのでブロックしましょうね。 それとアンチ大絶賛のアンチ記事があるのでそれのアンチをしておきます。 この方のレビューいくつか抜粋していきます。 「からアクションへ。 のお約束を大きく打ち破ったこの変化。 」 だそうです。 こちらは2004年発売 V episode0-荒野のサムライ娘-です。 お約束は15年前に打ち破られています。 荒野のサムライ娘では隠しキャラで光武も操作する事が出来るので新は荒野のサムライ娘のリベンジでもありこの発言はエアプです。 だぞ!?!?!?!?!?!?!?!?Lipsで遊べるのが持ち味だしふざけるとよく嫌われるぞ!?!?それがいいんだろ!? エアプか!?!? 「オリジナルでの使われ方には、前フリがあったからこそ輝いたんだと思います(プレイしていないのに偉そうにすみません)」 エアプでした。 こいつは死んでいい。 アンチ意見みんな間違ってるとは言いませんし、100点満点をあげられるかって言われたらあげれませんけど、毎年年末に出るカレンダーとかコラボしか展開がなかったがランキングに食い込んで売上ランキングでの次に来たという事実とこれからに期待して100点満点中500000000000点ですね。 旧華撃団メンバーが出てこなくてキレてるアンチのオタクは黙って金落として次回作で復活するようにしよう。 だしノリで復活して大団円になるから。 curegorilla.

次の

【日向坂46】まなふぃブログすげえな、、アンチですら味方にしようとしてるの強すぎww

てるブログアンチ

舞台役者さん、舞台女優さんとしても活躍していらっしゃる声優さんはたくさんいらっしゃいます。 中にはご自身で劇団をもって座長をつとめていらっしゃる方も。 私はデビューする前は舞台という舞台は本当に商業的な大きい舞台しか観に行ったことがなく、小劇場でやる舞台には触れたことがありませんでした。 デビューして共演者の方が舞台に出演していらっしゃって、お誘いを受けて初めて小劇場で舞台を観た時、本当に震えるほど感動しました。 今までにない距離感、息遣い。 大きな劇場では当たり前のようにみんなピンマイクをつけていたけど、小劇場は生の声なんだ、と知った時の衝撃。 舞台に興味を持ち始めると収録のブースの中でも舞台役者さんとして活躍していらっしゃる方へ自然と目がいくようになりました。 そして舞台に積極的に出演されていらっしゃる声優さんたちのあるすごい共通点を発見したんです。 声量が大きすぎる 舞台で活躍されていらっしゃる声優さんの多くが声量がおかしいくらい大きいんです。 声優にはもちろん声量ってとても必要なことなので、みなさん基本的に声量は尋常じゃなく大きいです。 収録終わったあとにみんなで飲みに行くとお店に注意されることも日常茶飯事。 笑 でも舞台をやられている声優さんはことさら声量がすごいです。 収録はある程度マイクが音を拾ってくれるし、シーンによっては声量がない方が伝わりやすい表現もあるでしょう。 舞台をやられている声優さんは、生の声で劇場の後ろまできちんとセリフが届くように普段から練習をされている方なので 声優さんの中でも飛び抜けて声量がある方が多いんですね。 さらに、劇場は空間が広いのでそれだけ音が拡散しやすい場所でもあります。 なのでもすごくいい方が多いです。 単純に声量が大きいだけでは「音」としては届いても「言葉」としては届かないので。 大きな声でもしっかり「言葉」として届けられる方は本当にすごいんです。 また、声量があってそれをしっかりと言葉として届けられる方は「音圧」とよばれるものあります。 音圧というのは音量とは少し違って文字の通り、音の圧力です。 音量が小さい声でも音圧がしっかりしているとセリフが聞きやすいし、マイクにも乗りやすい(集音しやすい)と言われています。 音量が小さい音は聞こえにくいはずなのに、音圧がしっかりされている方の小さい声はなぜか聞こえるんですよね。 舞台上でだって大きな声だけが求められるわけではありません。 小さい声でも「後ろの席まで届く小さな声」というのを普段から意識されているんだと思います。 風邪を引く、ということはつまりお仕事を休まなくてはいけない、ということであり、 それは「体調管理すらちゃんとできない声優」というレッテルを貼られることでもあります。 そうなんです、それくらい風邪を引いたり体調を崩したりしてお仕事をお休みすることは声優業界では御法度なんです。 風邪を引いてしまったら声が変わってしまいますからね。 アニメを観ていて「先週見てたアニメの続きを見てたら今週はなんだか声が鼻声だなぁ」なんてことはありえないでしょう。 笑 なので基本的に声優さんはみなさん体力があります。 体力もあるし、一般の方と比べるとかなり気をつけていらっしゃいます。 ですが、舞台で活躍されている声優さんたちはさらに体力がすごい方がたくさんいらっしゃいます。 という話で少し触れましたが、舞台は作るのにものすごく時間がかかります。 声優はセリフを覚える必要はありません。 現場で台本を渡されることもあるので、その場合は現場で数時間の拘束だけで仕事を終えることもたまにあります。 でも舞台はそうはいきません。 セリフを覚えなくてはいけないし、そこにさらに動きもつきます。 そして動きもパッと思いついたことをやればいいわけではなく、ちゃんとお客様に観せるための観せ方を何時間も何時間もかけて研究して作り上げていくわけです。 でも売れっ子さんほどはとんでもない事になっています。 イベントが終わってから深夜稽古に行って、次の日は小屋入り(劇場に入ってセットを組み立てたり衣装や小道具の準備をすること)、 その次の日から本番、本番が終わったら次の日の朝からまた声優の収録のお仕事、 なんて恐ろしいスケジュールの組み方をされていらっしゃる方も実際にいらっしゃいます。 人によりますが、舞台をやる方はお酒を飲む方も多いのでその足で朝まで飲んだり、なんてことも。 超人的な体力があるんです。 ただ、特に舞台をやれれている声優さんに多く見られる傾向、ということで今日は話してみました。 私自身この業界に入るまではあまり舞台に馴染みがなかったのですが、 舞台を観に行くようになって、自分も出演するようになって、もっと楽しいと思えることが増えて行く感じがしました。 もっともっと舞台が日本の生活のエンタメの一部になったらいいのになぁと思う毎日です。 まだ劇場に足を運んだことがない、という方は 是非好きな声優さんが出演されてる舞台などに一度遊びに行ってみてください。 よく「声優になるのに、身体表現は学ばなくてはいけないですか?」という質問がありますが 体の芝居ができるからこそ、声の芝居ができるようになるんだと思います。

次の