クチコミ。 口コミ

口コミ(クチコミ)とは

クチコミ

【前編:】 我が子が性被害に・・・その時母は 今年4月、Aさんは、コロナ禍で娘の保育園が休園になり、しばらくは1歳と5歳の娘を、在宅勤務をしながら見ていた。 しかし仕事中、次女が椅子に登ったことに気づかず、大ケガをさせてしまっては取り返しがつかないと思い、見てくれる人を探すことにした。 この3月までお願いしていた複数の女性のシッターがとてもよかったので、当初は女性のシッターが希望だった。 しかし感染拡大を防ぐため、多くのシッターが活動を自粛していたり、地域限定だったりしたため見つからず、そこで初めてキッズラインの「募集機能」で呼びかけて応募してきたのが荒井被告だった。 4月から5月にかけ、Aさんの5歳の長女にわいせつ行為をした疑いで逮捕・起訴された30歳の元ベビーシッター・荒井健被告。 Aさんの5歳長女にわいせつな行為を行ったとされる荒井健被告 Aさんは、毎回「荒井先生に頼んでも大丈夫?」と尋ねてはいたが、長女からは決定的な言葉がなかった。 「そもそも保育園もすごく嫌がる子なので、あまりその差がわかりませんでした。 」 子供のサインに気づく事の難しさを語る母親 私自身も5歳の子どもがいるが、幼い子どもの表現やボキャブラリーは時として大人には伝わりにくいことがあるのは実感するところだ。 長女への聞き取り後、Aさんは娘の心に寄り添おうと、あえてこのように話しかけた。 「娘には、『ママも子どものころに同じようなことをされたことあるんだよ、あなたは全く悪くないから。 あなたのことを守りたいから、万が一今後そういうことがあったら言ってね。 ママはあなたのことを守りたいけど、言ってくれないと気づけないんだよ、あなたには自分のことを守れる人間になってほしいから』と、そう伝えました。 そうしたら、『うん、私、自分を守りたい』って言ってくれて。 」 インタビューの直前に母親に連れられていた女の子の、幼いながらも意思のある顔が思い浮かぶ。 「親の感情に子どもはすごく敏感です。 私が必要以上にショックを受けてしまうと、『そんなにひどいことをされた』と認識して余計に傷ついてしまうと思いました。 」 心の動揺を懸命に抑え、母としての愛情で娘のこれからを思いやるやり取りに、話を聞いている私も胸が熱くなった。 と、同時にこのような親子のところへも性犯罪の魔の手が「ベビーシッター」という姿になって入り込んできたことに、他人事とは思えない許せぬ思いを噛みしめる。 なんとか防ぐことはできなかったのか、できないものなのだろうか。 運営会社に電話がつながらない 「私は、娘への被害が分かったとき、いち早くキッズラインにも伝えなくてはと思いました。 当初はキッズラインも被害者で、犯罪者に利用されてしまっている気の毒な会社だと思ったからなんです。 」 5月25日、Aさんは長女への聞き取り後すぐ、ほんの20分前に「もう荒井被告はサポートできない、理由は言えない」と伝えてきたキッズラインの番号に電話をした。 しかし何度かけても繋がらない。 24時間サポートの電話番号があるのを思い出しかけてみたが、驚くことに「現在使われていません」というアナウンスが流れてきたのだった。 結局その日のうちに電話は繋がらず、Aさんは警察に通報した。 今にして思えば、慌てた様子で「もう荒井被告はサポートできない」と伝えてきた背景にはすでにキッズラインに荒井被告の別の被害の訴えがあったのではないかとAさんは指摘する。 「翌26日、キッズラインを問い詰めたところ、利用規約違反の恐れがあったので荒井被告を退会させたと言うんです。 だったら、前日の時点で言ってほしかった。 しかも、翌月も予約をいれていたから連絡があったのであって、もし予約が入ってなかったら連絡もない。 」 そうなっていたら、長女への犯罪も荒井被告が逮捕され報道されるまでは気づけないままでいたかもしれない。 「私が一番許せないと思っているのは」 Aさんの声にひときわ怒りがこもった。 「別の同様のわいせつ案件も同じようにその男を退会させて終わりにしていた事です。 」 他にも事件は起きていた Aさんが憤る別の登録シッターの案件とは、2019年7月から11月までキッズラインに登録していた橋本晃典容疑者 29 のことだ。 橋本容疑者はキャンプ場やベビーシッター先で、男児へのわいせつ行為を行った疑いで、今年1月以降これまでに6回逮捕されている。 7月9日、6回目の再逮捕となった橋本晃典容疑者 この中に、キッズラインでの預かり中の11月の事件も含まれており、キッズラインはこの事を把握したのは逮捕の発表があった4月24日だとしている。 しかし初めてHPに橋本容疑者についての言及があるお知らせが掲載されたのが、5月3日だった。 キッズラインはフジテレビからの質問に以下のように答えている。 「4月の 橋本容疑者の 逮捕当時、当社のリリースの基準として、当社名の実名報道としておりました。 (略)しかしながら、警察より『被害者のプライバシー保護のために当社経由の案件と特定されるリリースの配信は控えてほしい』との要請を何度もいただいたためリリースを見送る判断をいたしました。 」 Aさんは、キッズラインには犯罪の疑いについて、可能な限り早く会員全員に知らせてほしかったと唇を噛む。 そうすれば荒井被告に対しその話をして、反応を見る事ができたかもしれない。 その後も公式リリースのみだったことについて、キッズラインはこう回答した。 「この点に関しましては、実質的に利用者の方に届けること、注意喚起を促すことを最優先に考えて、メールでの通知などの確実な手段を採ることが望ましかったと反省しております。 」 「荒井被告の犯行が初めてだとは絶対に思えません。 ユーザーが100人、サポート回数は199回もあってひとりだけって、ないと思います。 キッズラインのレビューの項目では同じ歳くらいの女の子のお子さんを預けている人がすごく多かった。 」 橋本容疑者についても、警察によると、すべて同じマッチングアプリによるものかは不明だが、ベビーシッターとして80回は仕事をしている。 「クチコミ」はお世辞の場だった このような人間に、親はなぜ気づかなかったのかと疑問に思うむきもあるかもしれない。 キッズラインはシッターを登録する際、面接や研修をしていることを謳っている。 またキッズラインの相互評価システムは、利用者(親)とシッターが感想を書き込むことでほかの利用者の判断の材料になるとしている。 Aさんもシッターを決める際、かなり参考にしたと言う。 そしてこの記事を書いている私もこれまで何度もキッズラインを使っているが、シッターを探すときに必ず読み込んでいる箇所だ。 信頼できるはずのレビューが・・・(キッズラインHPより引用) ところがAさんはこのような事件が起きてしまってから気づいた次の点を指摘する。 「住所、家族構成を知られているからちょっとした違和感だけでは(正直に)書けないです。 お互いにお世辞を言うレビューになっている。 」 そうであればこのシステムはうまく機能していなかったことになろう。 だとすると利用者である私たちの判断基準はどこに置いたらよいのだろうか。 犯罪を起こすシッターを見抜けなかったことで、その人物を選び、預けた親を責めるのはあまりに無情ではないだろうか。 『株式会社キッズライン』は、ベビーシッターが必要な人とベビーシッターを結びつける「場」を提供する会社で、2015年のサービス開始から年々成長を続けている業界大手だ。 キッズラインによると2020年には累計依頼件数は100万件を超え、現在は4000人以上のシッターが登録している。 「経沢さんの理念に感動して入会したのに・・・」 創業者・経沢香保子社長の影響力は大きい(キッズラインHPより引用) このマッチングサービスは創業者の経沢香保子社長が、日本にもベビーシッターの文化を根付かせようという思いから作ったものだ。 「女性が輝く社会の実現のため、(略)安くて便利で安全なベビーシッターサービスが必要と考えた」(『キッズライン』HP内「創業者の想い」から引用) Aさんは言う。 「私は、創業者の経沢さんの本を読んで素晴らしい理念に感動し、応援したいという思いもあってキッズラインに入ったんです。 ですから、被害者だからこそ気づけた点があると思い、ぜひ社長とお話したいとキッズラインの方に伝えたのですが、経沢社長は受けられない、との事でした。 」 Aさんは、経沢氏の理念への共感が強かっただけに、表に出てこなくなった経沢氏の真意を理解できずに今は人間不信になっているという。 そんなAさんに、どうしてこのインタビューを受けてくれたのですかと聞いた。 Aさんはしばらく考えて、こう答えてくれた。 「同じ思いをする親子を作りたくない、気づけないまま大人になる子をなくしたい。 性被害に必ずしも理解のある親だけとは限りません。 被害を訴えても、気のせいじゃないかとか、そんなことあるわけないだろうと言われてしまい、より孤独になってしまう。 もしくは被害が大きければ大きいほど親側が受け止められなくて、その受け止められない親の様子を見て、さらに子供が傷ついてしまいます。 」 今回の被害で、子供への性的いたずらは、いたずらではなく重大な犯罪だと共通認識を持つことを訴えること、そして一人でも多く、自らSOSを出せる子を増やすことも大切だと思ったと力強く語ったAさん。 その目には再び涙が光る。 Aさんは今回1時間半にわたって話をしてくれた。 そこにいたのは子供たちを心から愛する、皆さんと同じひとりの母親だった。 Aさんが繰り返し言っていたことは「誰にでもおこりえる被害」だということだった。 私も働く親として、比較的安価で、すぐに来てもらえるシッターサービスがあるということに何度も救われた経験がある。 「誰にでも起こりえる被害」に背筋が寒くなる。 ではどうしたら子供を守る仕組みが作れるのか、そのリスクをどうしたら最小化していくことができるのだろうか。 この機に社会全体で大人の責任として知恵を出し合わなくてはならないと感じている。 私もひとりの母として、向き合っていきたいと思う。 ライブニュースデイズではこの夏、「子どもを守ろう」というテーマで皆さんといくつかの観点から考えていきたいと思っている。 子どもたちの命と人権が守られる社会を作っていきたいと心から願う。 FNN「Live News days」では、子どもの性被害をめぐる問題について皆さんのご意見を募集しています。 ツイッターのハッシュタグ、 までご意見をお寄せください。

次の

ピンゴルフ G410 LST ドライバー

クチコミ

地元民でもこんな所に!と思う隠れ家的高台で鳥のさえずりが賑やかでした。 まだ新しい建物なので清潔で、コロナにより大浴場使用不可でも、部屋の温泉内風呂を夜と朝入れ替えた利用で満足です。 またチェックイン時の出迎えやウェルカムドリンクのかぼすソーダも大分らしく、またガラスが特徴的で売店にあれば買って帰りたかったくらいです。 でも一番感動したのは食事です。 刺身が新しいのは県民として当然ですが、煮物椀の味がとても具に染みて、豊後牛の立派なすき焼きより感動しました。 後は・他の方の投稿にあるように、木造で音がかなり響くので注意すること、・チェックインの際に温泉かけ流しをしないようだいぶ注意された。 いつもは混んでいるけど、今回は貸し切りで安心して泊まることが出来ました。 ウェルカムドリンクは手作りらしい美味しいオレンジジュース。 客室は大窓で高台テラスからの眺めは素敵です。 風呂はコロナで大浴場は使用出来ませんでしたが、部屋の温泉で申し分ありませんでした。 トイレも洗面所も清潔感ありましたし、アメニティもいい物を置いていました。 特にシェーバー。 ビデオの見放題も嬉しかった。 食事は写真と違いましたが、お腹いっぱいいただきました。 生ビールがないのが残念でした。 初々しい研修生の方々が交代で料理を運んでくれました。 沢山勉強して、立派なホテルマンになって下さいね! 朝食はカウンターでいただきました。 窓の外の芝生で雀の親子も仲良く食事する姿に癒されました。 チェックアウト11時でのんびりできました。 また行ける機会があればいいなあと思います。 まず、ローケーションが最高で、スタッフの皆さんの接客もよく、部屋の温泉も気持ちよく、食事の見た目も味も満足でした。 それに、部屋のテレビでVODが無料で見れるし、YouTubeも見れるのが良かったです。 建物もインテリアも1つ1つがオシャレで、強いこだわりが伝わってきました。 ただ、他の皆さんが言われていた音の問題ですが、今回2階の部屋だったので安心していたら…。 他の部屋の扉を閉める音が響いたり、階段前の部屋だったので、階段を下駄で上り下りする音が響いたり、横の部屋の方の話し声も聞こえてきました。 また、入り口のドアの足元に隙間があり、玄関を入った最初のドアが吊り戸で、その隙間から風が入ってきて、しかもそこにすぐ寝台があるので、寝る時は寒くてたまりませんでした。 エアコン以外にもガスファンヒーターが部屋にありましたが、妻がガスの臭いが苦手なので使いませんでした。 後で考えたら、寝台はマットレスの上に布団を敷いてただけなので、そのままテレビの前の所に移動させて寝ればよかったと思いました。 せっかくオシャレな部屋なのに、そういう所が残念でした。 トータル的には良い宿だと思います。 スタッフのみなさん、ありがとうございました。 部屋は2階で景色が最高でした。 夕食はふぐのコースにしてましたが美味しくお腹いっぱいになりました。 残念なところをあげるとしたら、お風呂場の壁の亀裂から部屋に水漏れしている部分があったのと、ベランダの柵が耐久的な意味で不安がありました。 後、夕食後に大浴場へ行きましたがお湯が熱すぎて・・・・ 水で薄めていると女性の従業員さんが入ってきて温度の調整をし始めたのにはびっくりしました。 フェイスタオルで隠しているとはいえ流石に恥ずかしかったです。 映画やYouTubeも見れるTVでしたので 暇をすることなく過ごせました。 部屋からの見晴らしも良く、部屋の温泉も窓が開けれるのでとても開放的でよかったです。 夕食も美味しかったです。 お酒の種類も程よくあるので旦那は喜んでました。 着いてホテルの方から簡単な説明もありましたのでよかったです。 ただ、朝ごはんの後のコーヒーサービスがあると記載があったのになかったです。 私たちがお食事処から出る時スタッフの方がいらっしゃらなくて気付いて貰えずにそのまま出ました。 夕食の時のスタッフの方の対応がよかっただけにそれだけが残念でした。 部屋が綺麗でしたし、他の宿泊されてる方とあまり会うこともなく自分たちの時間をゆっくり過ごせるホテルなのでまた機会があれば泊まりと思えるホテルです。 今回は、せかせかせず、ゆっくり過ごせる所をと思っていたので、お部屋にお風呂があって、ゆっくり過ごせる広さのお部屋があったので、予約をさせていただきました。 事前の情報から期待をしていたのですが、実際はそれ以上の温泉、お部屋、お食事でした。 そして、お部屋にマッサージも来ていただき、癒しの時間でした。 その後のとらふぐのコースは絶品で、私達には十分な量でした。 最近始めたコースとのことで、内容、量は検討中とのことでしたが…。 食事の際には、とっても親切なスタッフの方と楽しく沢山お話をさせていただきました。 別府のオススメ観光名所について、沢山お話しをしていただき、翌日の計画もバッチリ立てることが出来ました。 楽しいお喋りをすることが出来、ご飯がより一層美味しく感じましたよ。 旅行は、やっぱり美味しいご飯と素敵な方との出会いですね。 来年、また新しい棟が出来るとのことですので、また行きたいと思います。 みんなにも絶対オススメ出来るお宿です。 オシャレで落ち着いた雰囲気のお部屋でした。 高台にあり、別荘のようなお宿です。 ベランダやお風呂から別府湾を眺めることが出来ました。 お風呂はガラス張りの内風呂ですが、直接ベランダにでることも可能です。 網戸があり安心して温泉に入れました。 虫が入ってこないためとても良いと思います 夕食は全て美味しかったです!! お部屋の電気を全て消すと別府の綺麗な夜景も見れました。 ただトイレは独特の臭いがして、翌朝には水漏れもしていました。 帰り際に水漏れの件を伝えたところ、そうでしたかと言われたのに少し驚きました。 ケーキが出るプランにはせず 創作会席プランで予約をさせて頂きましたが、予約日の1週間前に、自分勝手ですが、やはりケーキを持って行きたいと思い、 事前にケーキの持込が出来るかを電話で確認させて頂いたところ、「こちらでご用意できます。 」と言って頂きました。 また、ケーキを出すタイミングも一緒に考えて下さり、とても好印象でした。 当日を迎え、スタッフの方もとても 親切な対応でした。 特に担当の男性の方は、対応はもちろん、テラス御堂原さんの会社がとても 好きなんだろうなと感じるほどの熱量で、彼も私もお話を聞くのが楽しかったです。 接客だけでなく、食事もとても美味しかったです。 別府の景色を見ながら美味しい食事を堪能でき、とても良い思い出なりました。 温泉は、客室に一つ、大浴場にも一つ有りました。 どちらも適温で、ついつい長湯してしまいました。 リフレッシュ出来て良かったです。 そして、チェックアウトの際に、担当の男性の方から「お誕生日おめでとうございます。 成功して良かったですね。 」と言って頂けました。 ただでさえ、満足感でいっぱいでしたが、その一言で、さらに幸せな気持ちになりました。 大切な旅行でテラス御堂原さんを選んで本当に良かったなと感じました。 是非、知人にも紹介して行ってほしいと思います。

次の

クチコミランキング

クチコミ

名古屋と四日市・津・松阪・伊勢市・鳥羽等三重県の主要都市ならびに観光地を結ぶJR東海の快速列車です。 そのうち今回は... 2016年12月26日の月曜日に名古屋を20時33分発快速みえ25号伊勢市行きについてです。 キハ75系という馬力が強いディーゼルカーが使用され、2両編成での運転でした。 その為指定席は1号車の1~6番までにとどまり、以外は自由席となっていました。 しかし名古屋からの帰宅時間帯の列車の為、利用客が多く、座席は全て埋まるどころか結構な立ち客の姿もありました。 特に2号車の中程のエリアではすし詰め1歩手前という状態でした。 というわけで自由席に座りたい場合は相当早めに並ぶしかありません。 日曜日に利用しました。 そのうち今回は名古屋9時37分発快速みえ3号鳥羽行きで名古屋から二見浦まで移動した時の話です。 キハ75系という馬力が強いディーゼルカーが使用され、名古屋~伊勢市間は4両編成、伊勢市~鳥羽間は2両編成で運転されます。 (日により2両編成の場合があります) 4両編成の為、1号車は全て指定席、2~4号車は全て自由席という構成でした。 車内の混み具合ですが、2号車については団体客がいたこともあり、立って乗車する客もいましたが、4号車に行くに連れ空いていました。 但し名古屋から最初の停車駅である桑名駅で先程紹介した団体客を含め多数の乗客が下旬しました。 その結果、桑名より先は立ち客もなく、全般的に比較的空いていました。 日曜日に利用しました。 そのうち今回は鳥羽14時59分発快速みえ18号名古屋行きで鳥羽から伊勢市まで移動した時の話です。 この日の快速みえ18号は鳥羽発の時点では2両編成で運転され、そのうち1号車は全て指定席、2号車のみ自由席という構成でした。 というのは2駅先の伊勢市で自由席となる3・4号車の2両が連結され、4両編成となるからです。 その為、伊勢市までの間は自由席が1両しかなく混雑が予想されたのですが、4割程度の2人掛け座席しか利用がなく、思ったより空いていたのには助かりました。 日曜日に利用しました。 そのうち今回は鳥羽17時36分発快速みえ24号名古屋行きの自由席で伊勢市から津まで移動した時の話です。 キハ75系という2両編成のディーゼルカーが使用され、途中駅での車両の増結はなく、名古屋まで2両での運転でした。 その為、指定席は1号車の1~6番席までとなり、1号車の7番席以降の席と2号車の全ての席は自由席となっていました。 ただ2号車の場合、伊勢市駅で30名位の乗車があり、座席はほぼ埋まりました。 1号車はまだ多少空きがありましたが、多気・松阪でも乗車があった為、松阪辺りで席は埋まりました。 伊勢市の発車時刻が17時53分と観光帰りの時間帯としては遅めの為、2両にしているのかもしれませんが、4両編成でも良いかなという気がしました。 そのうち今回は快... 速みえを利用して土日祝日に名古屋市内ならびにその近郊から伊勢・鳥羽方面まで日帰り旅行される方にオススメしたい切符についてです。 その切符とは「青空フリーパス」というフリー切符で、土日祝日の好みの1日、名古屋近郊のJR東海の鉄道路線の普通列車・快速列車が1日2570円で利用し放題という内容です。 主なフリー区間としては東海道本線では二川~米原間、中央本線では名古屋~木曽平沢間、関西本線ならびに紀勢本線では名古屋~亀山・紀伊長島間等となっています。 ちなみに快速みえが運転される区間では参宮線・伊勢鉄道ともに全線フリー区間に該当する為、名古屋~鳥羽間全区間フリー区間、つまり利用可能対象になります。 ちなみにこの切符を使用した場合、名古屋~伊勢市・二見浦・鳥羽間いずれも片道1285円で利用することができ、名古屋~伊勢市間の場合、所定運賃2000円と比べ約700円、名古屋~鳥羽間の場合、所定運賃2450円と比べほぼ半額近い値段で利用することが出来ます。 この区間の場合、「伊勢路フリーきっぷ」や「快速みえ得ダネ4回数券」といった割引切符もありますが、「伊勢路フリーきっぷ」よりは確実に安く、名古屋~伊勢市間に限っていえば「快速みえ得ダネ4回数券」のほうが1枚あたり1230円で済むため、こちらが最安値になりますが、青空フリーパス利用とさほど値段に差はなく、他に二見浦や鳥羽にも寄る場合は別途運賃が必要となる為、少なくとも伊勢神宮の他に二見浦や鳥羽にも寄る場合は青空フリーパスのほうが便利でお得です。 また二見浦・鳥羽まで往復する場合はこの青空フリーパス利用が最安値となります。 難点は2つ、列車の本数が概ね1時間と少ないこと、時間帯によっては2両の場合があることです。 以前この口コミで... 4両編成で運転していると紹介しましたが、2014年12月に利用しようとしたところ、2両編成と車両が少なくなっていました。 なおその際、名古屋駅12・13番ホームへの階段には快速みえの一部列車につき、車両数を4両から2両に減らす旨の掲示があり、それによると原則平日は2~5ならびに18~21号、土曜・休日は1~8、16~21、26号以外は2両編成での運転になるとの事でした。 2両編成の場合、指定席は1号車の半分程度となりますが、その時の様子では自由席には多数の立ち客がいました。 三重県方面へ向かう近鉄の利用客を奪う目的で設定された列車ですが、近頃はJR東海自体が伊勢志摩へのお出掛けには名古屋まで新幹線を利用し、名古屋からは近鉄の特急「しまかぜ」を利用するようPRする等していて、今回の車両数の減少を含めて、当のJR東海からも見捨てられた感がしてなりません。 行の際に利用しました。 当日は名古屋12時37分発快速みえ9号で鳥羽まで利用しました。 この列車の途中停車駅は桑名・四日市・鈴鹿・津・松阪・多気・伊勢市・二見浦ですが、名古屋の次の停車駅の桑名まではそこそこ乗車していましたが、桑名で多数の乗客の下車があり、以降は比較的空席が目立つ状態で鳥羽まで向かうかたちになりました。 4両編成での運転で、1号車は指定席車両、以外の2~4号車は自由席車両です。 なお座席は一部を除き向きを自由に変えることができる二人掛けの座席ですが、指定席車両の座席を含め全部の座席でリクライニング機能はありません。 に利用していました。 なぜたまにしか利用しなかったかというと、並行する近鉄の名古屋行き急行(乗車券のみで利用可能)と比べ列車の運転本数が少なくとても不便だったからで、近鉄の名古屋行き急行の場合、1時間あたり3本程度あるのに対し、快速みえは1時間に1本しか運転されず、しかも名古屋での買い物等に都合の良い名古屋駅午前10時前後に到着する列車が1本もなかったからです。 (名古屋駅着9時19分着の列車の次は午前11時3分着しかない) それ故当時、津から乗車する場合、比較的空席があり、名古屋の1つ手前に停車する桑名までは相席でも構わなければ座れる状態でした。 (一方の近鉄の名古屋行き急行は白子辺りで座席はほぼ埋まる状態で、運が悪ければ津から座れない事もありました。 ) 近鉄の名古屋行き急行と比べ停車駅が少なく途中(四日市又は桑名辺り)まではゆったり座れる為、せめて30分間隔で運転してくれれば頻繁に利用していたかもしれません。

次の