私が善とは思わぬが。 最高善ってなんですか?『私にとっての最高善』という題で自分...

最高善ってなんですか?『私にとっての最高善』という題で自分...

私が善とは思わぬが

こんにちは。 今年、「私はこのために生まれてきた」と思えるような大きな仕事を、文句のつけようがないほど良い形で果たすことができました。 自己満足だけでなく、社会にも大いに役立つ仕事です。 この社会に生を受けた責任も、果たし終えたといえると思います。 だから30代半ばにして、私にとってはこの先は「余生」という感覚で、もういつ死んでもいいと思うようになりました。 生きていることが、絶対的に幸せだとは私は思いません。 生きていれば、「知らなければ幸せだったこと」を知ってしまい、絶望に苦しまなければならないこともあります。 生きるためにはお金が必要ですが、そのためにあくせく働いて「何のために生きているのかわからない」と思ってしまうのでは、目的と手段が入れ替わっているようにも思えます。 それに、今の私は人生の目的を最良の形で果たし終え、幸せの絶頂にいます。 もし今、人生の最後の時が来たら「私の人生は最高だった!」と笑って死ぬことができるでしょう。 それはある意味、理想の死の形ではないかとも思います。 親はいますが、伴侶や子どもはいませんので、「この子の行く末を見守るまでは死ねない!」というモチベーションもありません。 フリーランサーなので、組織に対する責任もないです。 親や友人は私にもしものことがあれば嘆き悲しむでしょうが、志半ばではなく充分に人生を謳歌し、社会にも確かな礎を遺して生き切った私を、誇りに思ってくれるのではないかとも思います。 でも、そんな縁起でもないことを考えてはいけない…という風潮もありますし、「長生きしたいと思わない」なんて生物としておかしいのではないか、そんな考えを口に出すことは人としてタブーなのではないか…と我ながら思ってしまうこともあります。 一方で、死生観は人それぞれ、一般論に振り回されても意味がないのではないか…と思う自分もいます。 「逆縁なんて親不孝」「生きたくても生きられない人もいるのに」なんて定型文もありますが、そんなのはケースバイケースだと思います。 もちろん、私は「自殺したい」と考えているわけではありません。 ただ漠然と「今お迎えが来てもいいな、そうなっても全然『死にたくない』とは思わないな」…などと思っているぐらいです。 私の考えは誤っているのでしょうか。 誤っているとしたら、なぜなのでしょうか。 こんな私に、有り難いご教示をいただけたら幸いです。 ピコさんへ、こんにちは。 もう人生を杭を残すことはない、まで極めてしまったのですね。 素晴らしいことです。 それであればいつお迎えが来てもいいのですから、気長に余生を送りましょう。 もちろん自殺はダメですよ(笑)。 私も半ば人生もう充実したと思って同じく死んでもいいやって思いましたが、今は違うようになりました。 あっという間に50歳になってあと20年で自分の夢が実現できるのだろうか?尊敬する漫画家の手塚治虫先生の「もっと書きたい」と言って死んでいったように、もっと生きたいと生への未練タラタラで死ぬのもいいなーと思って、今は生きたいと思い少し運動するようになりました(笑)。 将来、この世の中がどうなるのか、見てみたい気もします。 息子のために素晴らしい日本でいてほしい。 日本の文化、天皇陛下の御代、国体護持を守って死にたい。 とも思うようになりました。 命とははかなくものと知る度に、自分はどう生きるべきか、考えています。 もう少し精進しなければと思う今日この頃です。 合掌 ハッキリもう上げます。 あなたは入り口にさしかかたに 過ぎません。 これからです。 お釈迦さまは、 長い厳しい修行ののち、 35歳で悟りを開かれましたが、 どうせ伝えても誰もわかってもらえないと、説法をされなかったのですが、 仏教の守護神であらせられる梵天さまが、お出ましになって教えを説きなさいと、繰り返し言われたので、 教えを広めるようになりました。 その後、齢80で入寂されるまで、 御布教に御身を尽くされました。 そう考えると、あなたが獲得した境地は、始まりに過ぎないと思えます。 私は、浄土の教えを信奉していますので、自力の修行はしていません。 詳しく書くことを憚りますが、 一種のこれ以上はないのではないか、 と思えるような満足感、充足感を、 味わった時がありました。 ただ、それは始まりの始まりに 過ぎない。 ちょっと辛辣な言い方かもしれませんが、 門前の小僧が、門の中の極楽浄土を 垣間見たに過ぎないと、 いまでは思っています。 何故かというと、 人は社会的な生き物なんです。 一人では生きていけません。 生業の仕事をして、生活をし、 人との軋轢や息苦しさに、 時には苦しみ、悩み、 はたまた、人との有難いご縁の中で、 有難いと、手を合わせて感謝する。 そんな娑婆世界の下世話な生活の中で、いやあ、自分の体得した、 境地なんぞは、 夢幻に過ぎなかったと気付かされる。 まだまだなんだなあ。 これからなんだなあ。 とつくづく思い知らさる。 あなたも、そんな境涯は いますぐかなぐり捨てて、 今を生き抜く、 生き切られたらよろしい。 死んでも大丈夫? まだまだじゃないですか? 私もまだまだ、これから。 あなたもまだまだこれから。 還暦に近い爺さんの私が、 いうんだから間違いない。 ガツガツともっとどデカイ目標を、 見立てて、頑張ることを期待します。 拙僧は、お寺を繁盛させること。 信者さんを増やす。 次に、お寺は寺子屋、駆け込み寺、 そうした社会的な役割を果たすべく、 生き抜く。 だから、終わりがない。 始まりすらない。 お寺があったことで、救われた人を、 一人でも多く求めること。 だから、あなたも頑張りなさい。 こんにちは、ピコサさん。 自分の思うような仕事を 仕上げたのですね。 良かったですね!。 幸福感に満たされているのですね。 でもすぐに、心はころころ変わって行きます。 イチローはなぜに満足することなく、 事あるごとに通過点ですと笑って受け流すのですか?。 彼の大切なことはヒットを打つ事ですが もう十分世界中の人が認める大打者となり 世界一の数のヒットを打ちました。 でも彼は満足しない。 彼は、ヒットの数よりもヒットを打つまでの 日々の努力の中に人間が生きていく上での 大切な教えがあるという事を知っているのではないでしょうか!。 彼の言葉は何時も求道者のようで いつも世間の人を引き付けて 止まないのはそのせいではないでしょうか?。 ピコさんまだまだ先は長いです イチローの様に頑張ってください。 拝読させていただきました。 あなたのお考えはそれでいいと私は感じましたね。 それぞれに生きる目的を持って希望を抱いて生きるわけですからね。 ご自分が望ましいと思う人生を歩んでいただきたいと思います。 また人生生きていくとその時その時で価値観や生き様や目的も変わってきます。 それもありかと思います。 人生は永遠に続くわけではありません。 己れの生命が全うされるのは一瞬先かもしれませんし、明日かもしれませんし、10年後かもしれませんし、50年後かもしれません。 一時一時を自分に向き合い生きることが大切かと思います。 どうかこれからもあなたに充実した豊かなひと時ひとときでありますようにと心より神仏やあなたのご縁あるご先祖様にお祈りさせていただきます。 ピコ様 川口英俊でございます。 問いへの拙生のお答えでございます。 ある意味では、生にも死にも、とらわれない、こだわらない、かたよらないということは、まさに「中道」的な考え方として、仏教の理想ではございます。 とにかく、生も死も、因縁(原因と条件)によるものでございます。 まだまだ生きる因縁があるのであれば、善き心と善き行いへと向けて、できるだけ善き因縁をしっかりと調えて参りたいものでございます。 その善き因縁を調えていくための教えが仏教となります。 是非、これも一つの機縁として、更に仏教に興味を持って頂きまして、学び修されて頂けましたら有り難くに存じます。 ピコ様のお幸せを祈念申し上げます。 川口英俊 合掌 お坊さま方、早々にたくさんのお返事をいただき、誠にありがとうございます。 いずれもとても有り難く拝読し、何度も読み返させていただきました。 お返事の内容ばかりでなく、私の漠然とした悩みにこんなにも真摯に向き合ってくださり、時間をかけてお返事を綴ってくださったお気持ちがすごく嬉しかったです。 それに、同じ仏教のお考えを持っているお坊さま方にもかかわらず、様々なご回答をくださったことも、とても意外なことでした。 私は今までお寺にはあまり縁がありませんでしたが、お坊さまお一人お一人のご信念や情熱に触れられたような気がして、仏教にも初めて親しみやすさを感じました。 こちらに投稿させていただいて、本当によかったです。 「人間、生まれることも死ぬことも、自分の好きなタイミングではできないんだな」と改めて思いました。 生きることは喜びや幸せであるとともに、試練や罰でもある気もします。 喜びの部分だけではなく、苦しみの部分からも逃げないことが、ちゃんと「生き切る」ということなのかもしれませんが、弱い私はそう思うとちょっとうんざりというか、ごほうびを先に受け取ってから義務にとりかかる時の子どものような…「うへぇ…」という気持ちになってしまうのです。 でも、毎日が辛く苦しいわけではなく、それなりに楽しいです。 たとえるなら私は今、おとぎ話のエンディングのその向こうにいるのだと思います。 シンデレラは王子様と結婚して「いつまでも幸せに暮らしました」けれど、きっとその後の人生でも、お城の中の人間関係にちょっと疲れたり、王子様との子どもが反抗期になったり、喜怒哀楽がそれなりにあったんだろうと思います。 ストーリーが終わった何十年後に、中年のシンデレラがもっとドラマティックな出来事に遭遇することもあったのかもしれません。 皆様にお褒めいただき、人生の早い時期に1つのハイライトを終えて「悔いのない人生だった!」と言える確証を得られたことは、私にとってとてもラッキーなことだったのだと改めて思いました。 続きの人生も焦ることなく、天命を迎えるその日まで、自分らしく生きていきたいと思います。 貴重なご指針をいただき、誠にありがとうございました。 あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか? 友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。 そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。 なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。 心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

次の

「善」とは何か?【プラトン哲学入門】

私が善とは思わぬが

最高善とは、絶対善とか、善のイデアとも呼ばれるものです。 そのイデアというのは、観念の事です。 例えば、赤い車,夕日,鶏のとさか、それぞれ形状は違いますが「赤い」ですよね。 善も同じです。 人助け,気遣い,尊重、それぞれ違いますが、「善」がある様に思えます。 どうして誰もが、夕日を見たら「赤い」と思うのでしょうか? それは、私が勝手に「赤い」と思ったからでしょうか? そうだとすると、人によっては「赤い」とは思わないですよね。 そうすると、夕日は「赤い」ものじゃないという事です。 夕日は、夕日そのものが赤いから、私達も「赤い」と認識するのです。 善も同じです。 私が勝手に、命は尊いと思っていたのでは、善ではありません。 善は、主観的なものではなく、客観的なものなんですね。 最高善という言葉を考える時、一番、重要なことは、 各人が勝手に決めたのでは、ダメという事です。 あくまで心の外側に存在していて、それを私達が感じるから、善だと思うという仕組みです。 でも私達は、自分の心の事しか、分からないのですね。 他人の心は感じても、中身まで見えませんから。 だから何が、最高善なのかは、分からないわけです。 「命が尊い」という事は、善の様な気がしますが、本当ですかね? だとすると中絶も、安楽死も、悪なのですかね? 人助け,気遣い,尊重も同じです。 何に善が宿っているかは、分からないわけです。 だから『私にとっての最高善』とは、何でしょうか? と問われるのですね。 simire1028さんは、世の中に善を感じますよね。 では、その善は何だと思いますか? 善が宿っているから、善を感じるのですが、その善は、何かという問いです。 dokibunsyunさんは、霊性と仰ってますね。 例えば、霊性を最高善と考えてみます。 この霊性は、客観的に存在しているという事です。 自分が勝手に思い込んで、宿っていると信じているのではないのです。 客観的な存在だから、一人一人に宿るのですね。 人助け,気遣い,尊重にも、この霊性が宿っているから、善を感じるわけです。 逆に宿っていなければ、同じ人助けでも、善を感じないでしょう。 dokibunsyunさんは、霊性でした。 simire1028さんは、何が最高善だと思いますか? 私の考えは、ここでは書かない方がいいでしょう。 多く例を出すと、面白くないですからね。 (なお最高善を否定して、私達の心が善を創り出すという哲学もあります。 それは今回の問題と関係ないので、説明はしていません) 私自身、哲学・倫理の研究をしていますので、何か不明の点がありましたら御質問下さい。 力になれればと思っています。 【追記】 私は、別にdokibunsyunさん を批判するつもりはないです。 むしろ、その御考えは素晴らしいものがあると思っています。 哲学で一番大切なことは、哲学を自らする事です。 私は、その点で、御自身の考えを語られるdokibunsyunさんは、素晴らしい方だと思っています。 私が、ただ思う事は、人の考え(たとえばソクラテス等)を、自分の考えとして読み解くのではなく、 その人が持つ考えとして理解して、何が共感でき、何が誤っていると感じるかを、読み取って欲しいと思っています。 霊性の話は、プラトンに合わせて説明させて頂きました。 プラトンではなく、哲学全般で考えれば、仰る様な考えがある事も、当然あります。 私も、プラトンの見解は批判的で、最高善を否定しています。 しかしレポートが最高善であるいじょう、その歴史を踏まえて、自分の考えではなく、 「プラトンさんの考え方は、こういうものですよ」 と情報を提供するのが、「多様な意見が述べられる自由奔放な舞台」という事ではないでしょうか? 私は、他人の考えは否定しませんが、他人の意見は正しく理解していく事が大切と考えます。 『みなが思い思いに自分の人生観を述べる。 大事なことは、正しい理より多くの人の参加と自己主張。 』 プラトンとか、哲学者の考えを語る際に、知らないばかりに誤った(悪く言えばプラトンの主張を捻じ曲げる)主張をされるという事は、その人の人生観とかを否定している事になると思うんです。 自分の考えの援用で使う場合も、ちゃんと理解しておいた方がいいと思います。 当然、自分の主張だけなら、問題ないし、逆に考えを主張する事は、大切な事だと思います。 最高善とは、プラトンでいうところのイデア(理念)というもののことです。 イデアは、過去それぞれの視点からそれぞれに解釈されています。 絶対的真理。 「生」の本質。 究極の理想。 ・・ そして、それをさらに敷衍して解釈すれば、東洋でいうところの道の教えや仏性にも相通じるように思われます。 つまり、人間の「生」を本来支えてくれているところのものであり、同時に追求し実現させていくところのものでもあるのです。 もし、私に「あなたにとっての最高善とは?」と訊かれたら、私は「人間のうちにやどる霊性」と答えます。 人は、永い永い苦難を経て「おのが魂」に逢着します。 そういった魂としてのいのち、それを最高善と呼びます。 もっとくだけた言い方をすれば、「すなおな心でおのずからなるままに生きる姿そのもの」、かなり飛躍的解釈になりますが、私はそれを最高善と呼んでいます。 人間のごく当たり前のふつうの生き方。 そこに、最高善はあるのです。 ご指摘、ありがとう。 ただ、正直なところ、私は理性とか判断・分別の世界にあまり興味を持たない。 たとえそれが理性的判別のもとに置いて間違ったことであっても、また理性的に実証できないものであろうとも、それでは明らかに学問的には認められないことであろうとも、それは私の血であり肉なのです。 「おのが独りの世界(魂)」なのです。 痛ければ痛いと言う。 私は、それでいいと思っている。 愚かな人。 未熟な人。 浅薄な人。 ・・ 彼らが彼らなりに自己主張する。 私は、それでいいと思っている。 何故なら、それは「理」ではなく「いのち」だからです。 例えば、ドストエフスキィの作品に「地下生活者の手記」というのがある。 彼が吐いていることは、理を超えて荒唐無稽だ。 論理も実証性もあったものではない。 でも、それでいいのです。 彼は理を吐いているのではなく、自分のいのちを吐いているに過ぎない。 彼に迫れば、そこに彼の深い孤独があった。 理の背後にそういうリアリティがひそんでいた。 いのちとは、そういうものなのです。 私は、哲学に学問的実証性を要求してはならないとさえ思っている。 それではかえって哲学が逼塞してしまいかねない。 みなが思い思いに自分の人生観を述べる。 そして、そこから新たなる道も生じる。 それでいいではないのか。 大事なことは、正しい理より多くの人の参加と自己主張。 理ではなく、そういった「いのち」なのです。 人生という流れの中に身を置いて感じる痛み。 そういったものをリアリティといい、いのちと言います。 そして、私はその痛みを通してそう思っている、それでいいのではないでしょうか。

次の

「死にたくない」と思わないのは、おかしいことですか : こんにちは。今年、「私はこのために生まれてきた」と思

私が善とは思わぬが

「やらない善よりやる偽善」についてどう思いますか? 私は嫌いです。 「周りによく思われたくて募金する」この程度ならどうでもいいです。 てすが例えば「死にたい」など命に関わる悩みを持ってる人などに、無闇に悩みを聞きに行く人が嫌いです。 大切な友人や家族、恋人ならわかりますが、ネットなどで大して仲良くもない人の悩みを聞きに行く人の意味がわかりません。 悩みを聞いて、それからその人の人生に寄り添うことも出来ないじゃないですか。 「出来る」という方もいますが、それは無理です。 大切な人ならまだしも、そうじゃない人にずっと寄り添うなんて不可能です。 精神的にストレスもかかりますし、悩んでる人は突然暴れ出すかもしれません。 それだけ精神が不安定な人に、赤の他人が近づいて寄り添うなんてお互いにメリットはないと思います。 重い悩みほど、解決は困難ですし、途中で逃げ出すなんて余計にあってはいけません。 「やらない善」だってあると思います。 少なくとも私は辛い時に赤の他人が「やらない善よりやる偽善」なんて言って土足で入り込んできたら不快です。 家族や友人、恋人なら話はまたかわりますが。 みなさんはどう思いますか? そもそもの話として、「やらない善よりやる偽善」というのはそういう意味で言われる言葉ではありません。 自己満足だの見返り目的だの売名だのという憶測で偽善者と呼ばれた人が、その憶測を頑張って否定することの馬鹿馬鹿しさに気づき、「たとえ偽善と言われようと、人を助けるほうを選ぶ」と宣言した言葉です。 あなたが指摘する「善人顔で人の心にずけずけと入ってきて踏み荒らしていくような行為」を正当化しようとするものではないのです。 ちなみにですが、そういう行為を指すときは、偽善でなく独善という言葉が適切です ところで、ネットで人の悩みを聞きにいく行為の是非についてですが、これは「悩みをネットにうちあけて不特定多数の回答を求めている人」の求めに応じているのではありませんか? もしそうだとすると、求める人がいて、応える人がいるということに、なぜ外野のあなたが異を唱えるのか疑問です。 たしかにとことん助けきることは困難ですが、ネットでそこまで求めてしまう方がおかしいと思いますし、そんな人はめったにいないでしょう。 質問の文面から判断できると思います。 たとえば「誰も支えになってくれません。 助けてください」というような声を見たら、私は関わりません。 そうではなく、たとえばプライベートな呟きで悩みをこぼす人にずんずん寄って行って「なあに?聞かせて?」とやるのはたしかに問題だと思います。 しかしこれはむしろネットより実生活のほうで起こりやすいことと言えるでしょう。 ネットではこういう独善から身を守ることは容易です。 寄られたくない呟きなら、たとえば閉鎖的なFBの中ですべきだと思います。 いっぽう実生活で「やらない善よりやる偽善だしさー」とか言ってずけずけ侵入してくる輩がいたら、「いやいや、あんたのは偽善じゃなくて独善。 迷惑だからやめて」とつっぱねるのがよいでしょう。 「やる偽善」の方が素晴らしい 「やらない善」の方が素晴らしい どちらも、それを実行している人の思いです。 どちらも、それを実行する人に対し反発を感じるのは、それを実行していない人達です。 私はどちらかと言えば「やる偽善」派です。 しかし、他人とこの件に関して論議するのは無意味に近いですよ。 永遠に論議は平行線を辿ると結論が出ているからです。 天ぷらにソースか醤油かの論争みたいで、ただ疲れるだけです。 最悪人間関係が壊れます。 今私は回答していますが、あなたと議論する意思は全くありません。 どちらにもある一定の効果が今まであったはずです。 どちらも善になり得るのです。 その逆も然りですが。 あなたが例に出している"ネットで死にたいと言ってる人"ですが、全国民がネット上でその人に対し何もしない善を遂行した場合、もしかしたら『知り合いのいるリアルの世界でも孤独で死にたい上に、ネットですらも孤立した』として、より絶望感を感じる可能性はゼロではないのですよ。 個人的には、そもそも悩みを聞いて欲しくないならわざわざネットに自分の思いを書く必要がないと思いますが…まぁ、それは私の個人的な意見です。 また、その逆であなたの考えのように『頼れる人かもしれないと思ったが、やはりネットの人は責任なく励ますだけだ』という絶望感を感じる可能性もゼロではありません。 個人的には、ネットの人に大きな悩みを助けてもらおうとか、ネットの人に頼りたいとか全く思った事がないです。 知らないネット上の他人を信じて頼りたいというメンタリティの場合、メンタルクリニック等に行くかメンタル回復やメンタル鍛錬の習慣をつけるのが先決かと思います。 これも個人的な意見です。 どちらにせよ、どのような対応がマッチするかは、他人が判断できるものではありません。 言葉だけでも救われる場合はあります。 言葉だけでは救われない場合もあります。 やる偽善派は、おそらく問題を傍観したくないのでしょう。 怪我人がいたら声をかけて応急処置をしたいのです。 やらない善派は、おそらく責任持てないなら問題に対峙すべきではないと思っているのでしょう。 怪我人がいても医療知識が無いから悪化させたら大変だし何もしないのです。 何でも介入すれば良いとは思いません。 私自身は先にも述べた通り、どちらかと言えば…強いて言えば「やる偽善」派です。 助けが必要ない人や介入されたくない人はそもそもSOS発信しません。 SOS発信が何かあったその時に、発信者の助けになろうとする人を責めることはできません。 助けたからにはその後もサポートし続け、永遠に寄り添い助け続けなければならないなんて、私はそうは思いません。 そういう専門家や専門機関やご家族にサポートしてもらうべきだと思います。

次の