あさの 金町 クリニック。 あさの金町クリニックの口コミ・評判(1件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

あさの金町クリニック(葛飾区/金町駅)

あさの 金町 クリニック

私の父方は祖父も叔父も、そして父も、大半が歯医者という家系でしたので、私も「歯医者にならないければ・・・」とは思っていました。 ところが私が少年時代を過ごした昭和30年代といのは、今のように優れた治療器具が備わっている時代ではありません。 歯が悪かった私は父に治療をしてもらっていたのですが、その時代が時代ですから、歯を削るのも痛くてたまらず、その経験から「歯医者なんかになるものか」と思ってしまったのです(笑)。 一方、私の母方はというと、ほぼ全てが医者という家系でした。 歯医者を目指さないのであれば医者を目指そうとなるのが自然なことでもあり、そうした経緯で現在の道に進んだということになります。 大学を卒業後、以前から興味を持っていた神経内科を選択しました。 神経学というのはそもそもフランスで精神科から枝分かれして発症したものになります。 純粋に脳について勉強をしたいと考えていた私は、その大本であるフランスに渡って勉強に励むことになりました。 フランスから帰国後、大森赤十字病院を経て慈恵医大青戸病院に長らく勤務しました。 それまでとは一転して臨床の現場に身を置くことになったわけですが、そこで初めて実践医学の重要性とその奥深さに気づくこととなり、文字通り腕を磨く日々を過ごしました。 『あさの金町クリニック』は2000年に開院しました。 私の母校である慈恵医大には「開業医を育てる」という1つの方針があります。 つまりは、学んだものを実際に活かしていく。 私もこれまで培ってきた経験を活かしていきながら、今後も地域医療の発展に力を尽くしていきたいと考えています。 ただし、私の場合は同時に糖尿病の専門医でもありましたから、糖尿病内科と神経内科、両方を一手に引き受けることになってしまったのです。 ところで、神経内科には脳卒中を患った方々が多く見えられます。 その脳卒中に至る原因を考えますと、高血圧や高コレステロール、肥満といったような糖尿病にダイレクトに関係するものが大半なのです。 神経内科と糖尿病。 異なる2つの科が密接にリンクしていることに着目し、生活習慣病の克服こそ最大の重要事と考えるようになっていった次第です。 生活習慣病を改善するには、食事・運動・生活習慣の3つを診ていく必要があります。 このうち、食事と運動については、『あさの金町クリニック体操教室』を開催し、「からだを動かす心地よさ」を味わっていただきながら疾患の予防と改善に努めています。 また、クリニックに併設されている『浅野生活習慣病予防研究所』において、生活習慣病に関する知識を広げるべく活動しています。 小児肥満は成人してからも肥満を引きずってしまいますので、結果としてメタボにおちいりがちです。 では小児肥満を改善するにはどうすれば良いか?ということになりますと、当然のことながら子供の生活を管理するお母さんに指導しなければなりません。 しかし、小児科の先生がお母さんに対して検査や生活指導をおこなうのは容易なことではありません。 そこで現在、近隣の小児科の先生方と協力し合い、小児肥満のお子さんのいらっしゃるお母さんの生活指導を当クリニックが受け持つという体制を整えようとしています。 お母さんを指導することで子供の肥満を改善していく。 この取り組みは今後、より重要になってくると考えています。 私が開業してから13年が経つ計算になり、80歳や90歳になられた患者さんが多くなってきました。 認知症=アルツハイマーの発症例が多くみられるようになったのは偶然ではないということですね。 現在、葛飾区では認知症サポート医というシステムを構築しています。 まずはかかりつけ医の先生が認知症を早期に発見してその進行をなるべく遅らせるよう努力する。 症状が進んでいる方の場合は、私を含めた専門医がかかりつけ医の先生をサポートし、さらに深刻な場合、今度は大きな病院に患者さんをお送りしてより専門的な治療をおこなっていく。 認知症に対して包括的に診ていける体制を作っていくのがこのシステムの肝ということになります。 統計を見ますと、現在、80歳で認知症の患者さんは4人に1人。 これが85歳になると3人に1人となり、90歳になれば実に2人に1人という結果が出ています。 要するに80歳から90歳までの間に爆発的に認知症の患者さんは増えていくわけであり、少しでも症状の進行を先送りさせることによって、将来的な展望が開けてくるということになります。 先に申し上げた小児肥満もしかり、認知症もしかりで、長期的な展望にたって患者さんを診ていくといのが開業医の使命であると考えています。 地域の皆様が健康で長生きできるようにサポートしていくのが、我々医師の役割でありますが、と同時に、患者さんの心のケアをしていくことも重要な責務だと考えています。 病気はその方にとって大きな悩みであり、その悩みは心をも蝕んでいきかねません。 病気の悩みを少しでも軽くしてあげられるような診療をしていきたいと思っていますし、患者さんが安心を得られるクリニックでありたいと考えています。 6に取材したものです。 情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

次の

あさの金町クリニックの口コミ・評判(1件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

あさの 金町 クリニック

特徴 JR常磐線金町駅北口から徒歩8分。 小学校の近くに、開業から50年以上ものあいだ、地域の人々の健康を支え続けてきた「浅野医院」はある。 院長の嘉雄先生だけでなく、順天堂大学病院、東部地域病院に勤める副院長の浅野正直先生も診療を担当する。 開業当時は入院設備を構え、足の切断手術など大手術も行っていたが、時代の流れと共に内科中心のクリニックへと移行していった。 古くから親しまれてきたかかりつけ医院らしく専門には拘らず、基本的にはどんな症状の患者がきても対応できるよう研鑽を積み、準備しているという。 嘉雄院長は往診も担当し、深夜でも救急の連絡があれば駆けつける。 正直先生の専門は糖尿病、甲状腺、膠原病、リウマチおよび内科全般と幅広く、内科領域の充実に繋がっている。 内科領域において大学病院で行う治療も、浅野医院で行う治療も、診ていくこと、行っていくことは変わらないと話す。 今後はリハビリ設備やリラックスできる空間づくりのための改修も予定されており、頼れる町のドクターとしてまい進し続ける。 往診可• 訪問診療可• 日本リウマチ学会リウマチ専門医• 駐車場あり ドクターズファイル 対応できる検査内容• CPAP療法• アレルギー検査• インフルエンザ抗原検出キット• ウイルス検査• ホルター心電図検査• レントゲン検査• 血管エコー検査• 血清学的検査• 呼吸機能検査(スパイロメトリー)• 骨密度検査• 細菌検査• 終夜睡眠ポリグラフ検査 PSG• 触診圧痛点検査• 心電図検査• 心拍変動検査• 神経学的検査• 大腸内視鏡検査• 超音波検査• 直腸診• 電気生理学的検査• 乳房超音波検査• 尿検査• 喀痰(かくたん)検査 アクセス情報 交通手段• JR常磐線 上野~取手 金町駅• 京成金町線 京成金町駅• 駐車場 有.

次の

葛飾区の金町駅前心療内科かわせみクリニック|金町駅徒歩1分|精神科 心療内科

あさの 金町 クリニック

電話番号 03-3609-7511 公式サイト 診療時間 正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください 月 火 水 木 金 土 日 祝 09:00-13:00 09:00-13:00 09:00-13:00 ー 09:00-13:00 09:00-13:00 ー ー 16:00-19:00 16:30-19:00 16:00-19:00 ー 16:00-19:00 ー ー ー 管理医師 浅野 次義 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、 皮膚科系 精神科系 、 その他 専門医 一般系 脳・神経系 小児科系 専門外来 脳・神経系 アレルギー・内分泌系 、 実施治療 予防接種 私がいく時はいつもおじいちゃん先生がみてくれます。 風邪や巻き爪でお世話になっております。 内科、皮膚科など1人の先生がみてくれるので、 私は一度に診てもらったりしてます。 電話で行く... 私がいく時はいつもおじいちゃん先生がみてくれます。 風邪や巻き爪でお世話になっております。 内科、皮膚科など1人の先生がみてくれるので、 私は一度に診てもらったりしてます。 電話で行く前に予約していくのがいいです。 受付の方はあまり愛想はないですが、 先生は優しいです! 看護師さんも優しいですが、人数が多すぎて診察室が人が、多い気がします。 みんな、に見られてる感はありますね! そんなの気にならなければ とても通いやすいクリニックです! 混んでる事もあるので、電話予約必須ですね!.

次の