らっきょう 食べ すぎ。 らっきょうの効能、便秘やダイエットにも効果的?食べすぎには注意?!

らっきょうは食べ過ぎ注意!?食べ過ぎるとどうなるかを解説!

らっきょう 食べ すぎ

らっきょうってどんな効果がある? らっきょうは元々中国からはいってきた 薬用植物で、漢方にも使われているものです。 ニンニクやネギと同じ仲間の植物です。 らっきょうを食べることでいろんな健康効果があることを知っていますか? 風邪の症状を和らげたり、 アレルギー反応を抑える効果があるので、 花粉症などのアレルギー対策にもいいと言われています。 あの独特の匂いの正体である 硫化アリルという成分が 血液をサラサラにする効果があり、 ガンの予防効果もあるので 生活習慣病予防に期待できます。 その他にも 疲労回復、整腸作用などの様々な効果があります。 美味しいだけでなく、体にもいいのですね。 大事な仕事やデートの時には、少し気を付けた方が良さそうですね。 らっきょうを食べ過ぎるとどうなる?食べすぎによる腹痛や下痢に注意! らっきょうには 食物繊維が多く含まれているので便通が良くなります。 (整腸作用) 排便後にもお腹が重かったのが、らっきょうを食べることで 次第にスッキリ感が得られるようになるというような効果があることが分かりました。 良い面もあるのですが、食べすぎると 胃もたれしてしまうことはありませんか? これは先ほど述べた、 硫化アリルが胃の粘膜を刺激してしまうためです。 日頃から胃が弱いという方は気を付けた方が良さそうです。 また、整腸作用のあるらっきょうですが、普段から便秘気味という方にはちょうどいいのですが 下痢になりやすい方は食べすぎると、大変なことになるので食べるときは注意が必要です。 酷い場合には腸などの消化器系の臓器に 負担をかけてしまうことにもなるので やはり量はほどほどが良いということになります。 自分の体調に合わせて食べる量を考えることが大切です。 一日当たりの適量は4粒ほどがよいでしょう。 毎日食べたいという方は参考にしてみてください。 美味しいらっきょうは体にもいいことが分かりましたが、 食べすぎると… 体にいいものも、いいからと言って食べすぎるのはやはり良くないのですね。 適量を知って、美味しく効果的に摂っていきたいですね。 カテゴリー• 888• 408• 119• 187• 148•

次の

島らっきょうの栄養や効能!人気の食べ方や食べ過ぎた時の臭い対策!

らっきょう 食べ すぎ

らっきょうを犬に与えてはいけないのは、有機チオ硫酸化物という中毒成分が含まれているからです。 有機チオ硫酸化物はヘモグロビンを変化させて赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こしてしまいます。 そして、最悪の場合には破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって命を落としてしまいます。 愛犬がもしらっきょうを食べてしまったら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。 犬にらっきょうを与えるのはなぜダメ? らっきょうを犬に与えてはいけないのは、らっきょうに有機チオ硫酸化物という中毒成分が含まれているからです。 この物質はヘモグロビンを変化させて赤血球を破壊し、溶血性貧血を引き起こしてしまいます。 ちなみに、溶血性貧血とは、血液中の赤血球が破壊されることで全身に酸素が行きわたらなくなり、酸欠状態になってしまうことです。 そして、最悪の場合には破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって命を落としてしまうこともあります。 ちなみに、これまでらっきょうの中毒成分はアリルプロピルジスルフィドであると言われていましたが、これは正しくないと言われています。 アリルプロピルジスルフィドは物質の吸収をはやめる成分であり、中毒の直接の原因ではないということがわかってきたのです。 ただ、アリルプロピルジスルフィドが含まれていると有機チオ硫酸化物の吸収がはやまってしまういます。 そのため、中毒と間接的には関係しています。 そして、これらの物質は加熱しても効果を失わないため、加熱したからといって安心はできません。 らっきょうの中毒量 らっきょうの中毒はとても個体差が大きいため、 中毒になる量は定められていません。 犬によってはごく少量のらっきょうでも中毒症状を起こしてしまう可能性があります。 ちなみに、中毒が出る量は犬の体重と比例するため、体重が軽い小型犬の場合、大型犬よりも中毒に注意が必要です。 そして、ごく少量なら中毒症状が出ない場合も多くあります。 らっきょうを食べたときの症状 らっきょうによる中毒は食べた直後に出ることはほとんどなく、はやくて1日、普通は3~4日ほど経ってから症状が出てくると言われています。 なので、愛犬がらっきょうを食べてしまい、症状がすぐに出なくても安心はできません。 そして、らっきょうによる中毒では以下の症状が考えられます。 元気がなくなる 犬にらっきょう中毒が出ると元気がなくなったりふらついたりします。 らっきょう中毒で引き起こされるのは貧血なので、わかりやすいのではないでしょうか。 ちなみに、貧血はらっきょうを食べた翌日から数日間続くこともあります。 そして、貧血の典型的な症状は歯ぐきや舌などの粘膜の色が白くなってくることです。 強い嘔吐や下痢 強い嘔吐や下痢は食べた後すぐに起こるとは限りません。 食べてから数時間後や数日後に始まることもあります。 血尿・血便 らっきょうによる中毒では溶血したヘモグロビンが尿や便として排出される場合があります。 そして、これらの症状は1~2日以内に生じることが多いと言われています。 黄疸 ヘモグロビンは黄疸の黄色い色素の原料でもあります。 そのため、重度のらっきょう中毒の場合、黄疸が引き起こされることもあります。 ただ、犬の表皮は毛でおおわれているため、皮ふを見ても黄疸はわかりにくいです。 白目の部分を見てあげるとわかりやすいでしょう。 肝機能の低下 継続的にらっきょうを摂取していると慢性症状として肝機能の低下が引き起こされる場合があります。 らっきょうを食べたときの対処法 らっきょうを食べてしまったときの対処法はそのとき動物病院がやっているかどうかで変わります。 まず、 動物病院がやっていた場合は口の中にあるらっきょうを取り出し、すぐに病院へ連れていきましょう。 余裕があれば、病院へ行く前にガーゼなどの布を水で濡らして歯など口内をふいて、らっきょうのエキスを取り除いてやるとよい応急処置になります。 そして、病院では食べたらっきょうの量や食べてからの時間、現在の症状などを説明できるようにしましょう。 そうすれば診断や治療を素早く正確に行うことができます。 病院では、 らっきょうを誤飲してから1時間以内であれば吐かせる処置を行います。 その後、血液検査を行って溶血が起こっているかどうかを診断します。 もし溶血が起こっていた場合はまず抗酸化剤やステロイド剤などを投与し、赤血球の破壊を止める治療を行います。 そして、ビタミン剤、強心剤、利尿剤などを投与して対症療法を行う場合もあります。 なぜなら、らっきょうによる中毒に特効薬はないからです。 ちなみに、利尿剤を投与する理由は、尿で毒を排出する必要があるからです。 そして、らっきょう中毒が重度かつ緊急性があるものだった場合、抗酸化剤やステロイド剤では赤血球の破壊を止められないため、入院しての輸血になります。 この場合には命の危険も覚悟しなければなりません。 また、 深夜などで動物病院がやっていなかった場合には飼い主が吐かせる処置を行う必要があります。 ちなみに、吐かせる方法としては塩水を使用する方法が知られていますが、これはあまりおすすめできません。 塩を摂取しすぎて塩中毒になってしまう可能性があるからです。 犬に吐かせる処置を行うなら、オキシドールを使いましょう。 オキシドールも胃の中に傷がある場合はおすすめできませんが、塩よりはずっとましな吐かせ方です。 そして、これを犬の舌の奥のほうに流し込みます。 そうすると15分ほどで吐いてくれることが多いです。 もし吐かなかった場合、水を飲むと吐きやすくなります。 ただ、20分たっても吐かない場合もあります。 その場合には同じことを再度行いましょう。 しかし、オキシドールによる吐かせる処置は犬に意識や反応がなかったり、犬が興奮状態になっている場合には行うべきでありません。 また、1時間以内に吐かせる必要があり、それ以降は吐かせても意味がありません。 ちなみに、犬がらっきょうを食べた量がごく少量であり、半日以上症状が出ない場合には経過を見るのも手です。 ただ、少量でも遅れて症状が出てくることがあるので、安心はできません。 らっきょうを誤って食べてしまうケース この項では犬が誤ってらっきょうを食べてしまうケースを紹介します。 あてはまるものがある場合には注意しましょう。 うっかり落としたらっきょうを食べられてしまった 台所で人間用の食事を作っているときに、誤ってらっきょうを落としてしまうことがあるかもしれません。 ちょうどその場に犬がいると、食べてしまう場合もあります。 落としたものが無害なものであれば問題ありませんが、らっきょうをはじめ、人間には食べられても犬にとって有害なものは多くあります。 料理を作っているときには愛犬が台所に来ないようにする工夫が必要でしょう。 また、 しつけをしっかりと行うのも大切です。 犬にとって人間の食べ物は魅力的なので、落としたものをつい食べてしまうこともありますが、しつけがきちんと行われていれば食べないからです。 しつけがきちんとされている犬にとっては、落ちてきた食べ物を食べることよりも、飼い主の言うことを聞くほうが大事だからです。 らっきょうを切った包丁やまないたで愛犬のフードを作ってしまった らっきょうを切った後の包丁やまないたにはらっきょうの中毒物質が残留しています。 その状態で愛犬のフードを作ってもらっきょうによる中毒が出ることはまれですが、犬にとって悪いものであることに変わりはありません。 慢性症状が出てしまう可能性もあります。 人間用の食事を作った後に愛犬の食事を作る場合、調理用具は一回洗ったほうがいいでしょう。

次の

らっきょうの効果!4つの驚きの栄養成分

らっきょう 食べ すぎ

島らっきょうの旬の時期と特徴 沖縄の食に欠かせない野菜、 島らっきょうの収穫期は 12~6月で春が最盛期。 旬の食べ物は栄養も多く、 今がとっても美味しく食べられる時期なんですよ。 らっきょうの種類の一つで、 鱗茎 りんけい と呼ばれる球根部分を食べます。 一般的ならっきょうと比べて小ぶりで細長く、辛みや香りが強いのが特徴。 見た目はネギに近く、エシャレットという野菜 早採りのらっきょう に似ています。 沖縄で古くから食されてきた地域独自の野菜を 「島野菜」と呼びますが、 島らっきょうもその一つです。 島野菜には他にゴーヤーやナーベラー ヘチマ 、紅いもなどがありますが、どれも太陽の光をたっぷり受けて栄養が豊富なものばかり。 沖縄の食を支えている島野菜は健康長寿の秘訣とされ、国内外から熱い注目を浴びています。 中でも島らっきょうは、調理のアレンジが自在で美味しいと人気で、沖縄だけでなく全国の沖縄料理屋さんに行けば大抵メニューにあるんですよ。 スポンサードリンク 島らっきょうの栄養と効能 栄養価が高く健康に良いといわれる島らっきょうですが、具体的にどのような栄養と効能があるのでしょうか? 疲労回復や滋養強壮 島らっきょうには、 アリシンと呼ばれる栄養成分が多く含まれていて、これが 独特の強いにおいの元。 にんにくやネギ、ニラにも多く含まれる成分です。 体内でビタミンB1と結び付いて アリチアミンという成分を作り、 糖質をエネルギーに変える働きをします。 この働きが 疲労回復や滋養強壮の効能に繋がるんですね。 元々ビタミンB1にも糖質からエネルギーを作る働きがありますが、アリシンと結び付くことでより効果が高まるんですよ。 アリチアミンは「元気の源」ともいわれ、栄養ドリンクにも配合されるほど疲労回復や滋養強壮の効能が高い成分。 夏バテした時の栄養補給にもぴったりです。 血液サラサラで生活習慣病予防 島らっきょうに多く含まれる アデノシンという栄養成分は、 血管を広げて血行を促進してくれます。 また、先ほど滋養強壮の効能で紹介した栄養成分・ アリシンには、 血液が固まるのを防いで血液の流れをスムーズにする効能も。 血液がサラサラになることで血栓ができにくくなり、 動脈硬化や高血圧の予防にも効果的です。 また、 コレステロールを下げる効能もあり、生活習慣病予防に大活躍なんです。 沖縄では脳卒中や心臓病を発症する人が少なく、 島らっきょうが健康の秘訣ともいわれているんですよ。 整腸作用・便秘解消 島らっきょうには フルクタンと呼ばれる食物繊維がたっぷり含まれています。 食物繊維が多いといわれるキャベツやごぼうよりもはるかに多く、 腸内環境を整えて便秘解消の効能があります。 また、 血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる効能もあり、美容や健康にぴったりな栄養成分なんですよ。 スポンサードリンク 強力な殺菌・抗菌作用 島らっきょうに含まれる アリシンには、 強力な殺菌・抗菌作用も。 この効能は200年も前に発見され、食中毒予防やキズ薬として使われていたこともあるんですよ。 風邪予防はもちろん、 コレラ菌やサルモネラ菌、O-157菌などの病原菌からも体を守る働きがあります。 子どもの頃、「らっきょうは栄養があるから食べなさい」とよく言われていましたが、小さな粒の中に驚異的なパワーが秘められていたんですね。 島らっきょうのカロリー 栄養たっぷりで健康と美容に効能がある島らっきょうですが、気になるのは カロリーですよね。 普通のらっきょうは1粒 約5g あたり6kcalくらいですが、島らっきょうはその半分で 1粒 3kcalくらいしかありません。 ローカロリーな上に食物繊維が豊富で、ダイエットにも嬉しい効能がある島らっきょう。 ぜひ食生活に取り入れたいですね! スポンサードリンク 島らっきょうの人気の食べ方 私はこれまで10回以上沖縄に行ったことがありますが、旅先で島らっきょうのとりこになって、旅行中はもちろん、地元の沖縄料理屋さんでも必ず島らっきょうを食べています。 島らっきょうの美味しい食べ方をいくつか紹介しますね。 エシャレットと同じように 味噌やマヨネーズをつけて食べます。 お気に入りのディップソースをつけて、食べ比べてみるのも楽しいですよ。 動画では、島らっきょうの下処理方法を紹介しています。 根元と葉先を切り分け、薄皮を剥くだけで手軽に美味しく食べられちゃいますよ。 ほどよい塩気が美味しくて、上に乗ったおかかとの相性が抜群なんですよ。 特にお酒を飲まれる方にはぴったりのおつまみになると思います。 独特の臭いもなくなるので、翌日の予定などを気にしなくても大丈夫。 私は島らっきょうの天ぷらとオリオンビールの組み合わせが大好きですが、 お酒の飲めない方でも美味しく食べられてご飯が進みますよ。 炒めることで甘みが増し、卵を加えるので辛みが抑えられてまろやかになります。 大人から子どもまで楽しめる味ですよ! スポンサードリンク 島らっきょうの食べ過ぎには注意 小さな粒の中にたくさんの栄養と効能があり、しかも美味しい島らっきょうですが、 食べ過ぎには気をつけなければいけません。 先ほど紹介したように、島らっきょうに含まれている アリシンには強力な殺菌・抗菌作用があります。 食べ過ぎるとこの効能が強く出てしまうため、 胃の粘膜が刺激されて胃腸が荒れ、腹痛や下痢の原因に。 アリシンは臭いの元でもあるので、 口臭・体臭の原因にもなってしまいます。 また、食物繊維・フルクタンは摂りすぎると悪玉菌のエサになり、 ガスが溜まりやすくなってしまうんです。 島らっきょうは1日何粒程度が目安? 大きさにもよりますが、島らっきょうは 1日 3~5粒程度が目安といわれています。 あくまでも目安なので、特に胃腸が弱い方は体調を見ながら適量を見つけてくださいね。 アリシンの殺菌・抗菌作用は 加熱することでその効能が減るため、心配な方は天ぷらや炒め物にして食べるのがおすすめですよ。 島らっきょうを食べた後の臭い対策 島らっきょうを食べた後、どうしても気になるのが 臭い。 この独特の臭いは主成分 アリシンによるもので、 あの強烈な臭いを放つにんにくと同じ成分なんですよ。 血液を通って全身を巡るため、 息だけでなく毛穴からも臭い成分が出ることもあるそうです。 それでも、栄養たっぷりで美味しい島らっきょうを食べないのはもったいないですよね。 いくつか臭い対策を紹介しますね。 加熱して食べる 加熱調理することで臭いの元・アリシンが減るため、生や漬け物で食べるよりも臭いが気になりません。 食前に牛乳を飲む 牛乳に含まれるたんぱく質や脂肪がアリシンを包み込んでくれるため、臭いが体に吸収されにくくなります。 ヨーグルトでも効果がありますよ。 緑茶やウーロン茶を一緒に摂る お茶に含まれるカテキンは消臭効果が高いといわれています。 できるだけ濃いめのお茶がおすすめです。 デザートにりんごを食べる りんごに含まれる リンゴ酸にはアリシンを分解する作用があります。 臭い成分が全身を巡る前に、食後すぐに食べるのがポイントですよ。

次の