アントニオコンテ ウイイレ。 【ウイイレ2020】監督情報検索ツール【サポート距離・ディフェンスライン・コンパクトネス】

ウイイレアプリ チェルシーのスタメン集めてみた

アントニオコンテ ウイイレ

ウイイレ2020でのクロップ監督=ゲールノートツァイツラー クロップ監督の詳細はこちら。 こうして名前が変わったのは ライセンスの影響によるものだと考えられます。 ウイイレ2019ではリヴァプールのライセンスがあり、 MEMO 10月8日にウイイレアプリ2020特設サイトより搭載非搭載の確認ができるようになりました。 そのため完璧な比較というのは難しいですが、みなさんが1番イメージしやすいクロップ監督だと思われる433で比較してみました。 ウイイレ2019:685(多分)• ウイイレ2020:910 まず、マネージメント能力がかなり上がっていますよね。 ただしこれはウイイレ2020のほぼ全ての監督に当てはまります。 全ての監督のマネージメント能力が大幅に上がっているのがウイイレ2020の大きな特徴。 これは前作ウイイレ2019のFPによる重コストが原因でしょう。 ウイイレ2019ではFPの新登場でマネジメントコストがかつかつになりがちだったので、マネージメント能力向上が重要なアイテムでした。 しかしウイイレ2020ではFPの重コストを公式側が考慮してくれたのか、監督のマネージメント能力にかなり余裕ができるような監督システムに。 なので、 ウイイレ2020はマネージメント能力を気にしてなくてOKですし、 マネージメント能力向上を持っていなくても全然問題ないレベルです。 なのでマネージメント能力の向上はプラスだけどクロップ監督に限ったことではないという話です。 後はそこまで変化はありません。 ポゼッション・ショートパス・中央• フォアチェック・アグレッシブ・中央 のコンセプトは2019のまま引き継がれています。 ウイイレアプリ2020特設サイトの搭載情報について 2019年10月8日にウイイレアプリ2020特設サイトにて、監督の搭載情報の確認ができるようになりました。 ですが、 クロップ監督はゲールノートツァイツラーという偽名でしっかり収録されるかと思います。 「ゲール」と検索するとゲールノートツァイツラー収録されるのが上記画像で確認できますよね。 まとめ 【 クロップ監督はウイイレ2020でゲールノートツァイツラーという偽名収録に】 偽名になってしまったことで親近感は湧かないかとは思いますが、偽名=弱くなったなんてことは決してないと思います。 シメオネ監督(クリストバルブエナ)はウイイレ2019でも非常に強かったですよね。 ただウイイレ2019と2020ではゲームの仕様や環境が異なるので、ウイイレ2020でクロップ監督がどのぐらい強いかというと、まだなんとも言えないところはあります。 ウイイレ2019ではかなり優秀な監督の1人だったので、ウイイレ2020でもGPを出して獲得するだけの価値はあるかと思います。 クロップ監督の本出版が話題に! クロップ監督の本が出版されているそうですね。 実際に見ていきます。 【内容情報】(出版社より) リヴァプール、チャンピオンズリーグ制覇! 退屈なサッカーはもういらない。 革新的な戦術と情熱的な指導。 今もっとも注目すべき監督の手腕と実像。 弱小だったマインツをクラブ史上初の1部昇格に導き、破産寸前だったドルトムントを率いリーグ2連覇達成。 リヴァプールではチャンピオンズリーグ制覇という快挙を成し遂げた。 2011シーズン) 第7章 リーグ連覇と初の2冠(2011? 革新的な戦術と情熱的な指導。 今もっとも注目すべき監督の手腕と実像。 【目次】(「BOOK」データベースより) ユース時代/平凡なプロ選手時代ー師ヴォルフガング・フランク監督の教え/監督クロップの誕生ーマインツの選手から突如監督に/3度の1部昇格争い、降格、そしてマインツとの別れ/「第2の愛」-ドルトムントでの新たな挑戦/ブンデスリーガ史上最年少の優勝チームー2010-2011シーズン/リーグ連覇と初の2冠ー2011-2012シーズン/1997年以来のCL決勝進出ー2012-2013シーズン/ドルトムントとの別れ/クロップのサッカー哲学ー戦術、トレーニング、チームの成長/クロップを支える男たちー監督をサポートする「頭脳」と「目」/クロップという人間/欧州トップクラブかドイツ代表監督かー今後の挑戦の舞台 ジダン監督の本 クロップ監督との比較の参考本として、ジダン監督の本。 【内容情報】(出版社より) 「選手としても監督としても、ジダンは誰も成し遂げることが できなかった偉業を成し遂げた男だ」(セルヒオ・ラモス) 「我々は全員、監督のために死んでもいい」(マルセロ) 欧州チャンピオンズリーグ3連覇という偉業はジダンだから達成できた! レアル・マドリードのわがままなスーパースターたちを掌握した秘訣とは? 世界が注目! ジダン初のリーダー論 ジダンがサッカー史上5本の指に入る名選手であることは周知の事実だ。 とはいえ「名選手、名監督にあらず」とも言われているように、監督としての手腕は疑問視されていた。 しかし、レアルの監督に就任するや、欧州CL3連覇という歴史的偉業を成し遂げ、 名将としての地位も不動のものにしたのだ。 本書の主題は「ジダンが指導者としても成功した秘密は何か? 私たちはこの男から何を学べるのか?」である。 レアル・マドリードといえば、勝利が義務づけられた世界No. 1クラブで、 エゴの塊であるスーパースターたちの集まりだ。 わがままな「ミレニアル世代」を束ね、勝利へ導く秘訣とは? 信頼、称賛、擁護、傾聴、協力、共感ーージダン監督のリーダー論がここに! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) チャンピオンズリーグ3連覇という偉業はジダンだから成し遂げられた。 世界が注目!ジダン初のリーダー論。 信頼、称賛、擁護、傾聴、協力、共感ーレアル・マドリードのわがままなスーパースターたちを掌握した秘訣。 【目次】(「BOOK」データベースより) ジダン監督はいかにミレニアル世代を率いているのか?/ジダンという男/人を率いるために必要な、真の寛容さとは何か?/伝説の選手となった道程ー成功した7つの教訓/フットボールとは選手がやるものだ!/ジダン監督の時代ーあらゆるタイトルを総なめに/凋落が始まるメカニズム/フットボールの監督という苦悩/2017-18シーズン、つまずきの記録/ひと筋の光ー強豪パリ・サンジェルマンとの戦い/これは復讐の甘き香りか?-ユヴェントス、バイエルンとの戦い/CL13回目の栄冠ーブラック・スワンか、静謐の勝利か/さらば、ジズー。 「そして、ありがとう」-サイクルの終焉/ジズーの献身はレアル・マドリードの文化を変えたのか? グアルディオラ監督の本 【内容情報】(「BOOK」データベースより) メッシ、チャビ、イニエスタ、ペドロ、アウベス…etc.ピッチ上で躍動する彼らのプレーの根底にある原理とは何か。 史上最強チームが構築する戦術的メカニズムを説く。 ランキング形式で伝えた。 愛称は「ラファ」。 バレンシアでラ・リーガとUEFAカップを制した後、リヴァプールの監督に就任。 2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を成し遂げた。 インテル、チェルシー、ナポリを経て2016年よりニューカッスルを率いる。 年俸は540万ユーロ(約7億1000万円)。 現役時代はアルゼンチン代表DFとしても活躍した。 指導者としては2009年に古巣・エスパニョールの監督に就任。 2013-14シーズンは、吉田麻也の所属するサウサンプトンを指揮した。 2014年からトッテナムを率い、優勝争いに絡むチームにまで成長させた。 年俸は660万ユーロ(約8億7000万円)。 現役時代に目立った活躍はなく、イタリア下位リーグから指導歴をスタートさせる。 2011-12シーズン、ミランの監督に就任すると、チームをリーグ優勝に導く。 2014年からユヴェントスを率い、セリエA3連覇(前任のアントニオ・コンテ時代を含めると6連覇)を達成する。 年俸は700万ユーロ(約9億3000万円)。 現役時代はイタリア代表でも活躍した。 2011年、古巣・ユヴェントスの監督に就任。 すると2011-12シーズンからセリエA3連覇を達成する。 2016年にチェルシーの監督に就任すると、就任初年度にプレミアリーグ優勝を達成した。 年俸は780万ユーロ(約10億3000万円)。 2001年、マインツで現役を引退すると、そのまま古巣の監督に就任し、2004年に1部昇格を達成する。 2008年からドルトムントを率いると、2010-11シーズンから連覇を達成。 この時、香川真司も主力として活躍した。 2015年からリヴァプールを率いる。 年俸は830万ユーロ(約11億円)。 現役時代の活躍ぶりは説明するまでもない。 古巣であるレアル・マドリー下部組織の監督などを経て、2016年1月、ラファエル・ベニテスの後任として、トップチームの監督に就任する。 すると2015-16シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ連覇を達成。 就任2年目の2016-17シーズンにはラ・リーガも制覇している。 年俸は950万ユーロ(約12億6000万円)。 モナコでリーグ・アンを制した後、1995年から翌年9月まで名古屋グランパスエイトの監督を務め、チームを天皇杯優勝に導く。 1996年10月にアーセナルの監督に就任。 20年以上もチームを指揮する。 リーグ優勝は3回。 中でも2003-04シーズンの無敗優勝は伝説となっている。 年俸は1000万ユーロ(約13億2000万円)。 現役時代は主にイタリアやスペインでプレーした。 2006年に現役引退後、母国のラシン、エストゥディアンテス、リーベル・プレートを指揮。 2011年12月、古巣のアトレティコ・マドリー監督に就任。 すると2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグを制覇。 2013-14シーズンにはラ・リーガ優勝に導く。 年俸は1500万ユーロ(約20億円)。 自身を「スペシャル・ワン」と呼ぶ。 現役時代は主に母国2部でプレー。 スポルティングCP、ポルト、バルセロナのアシスタントコーチを経て、2000年にベンフィカの監督に就任。 その後、ポルトの監督として2度の国内リーグ優勝、2002-03シーズンにUEFAカップ、翌シーズンにUEFAチャンピオンズリーグを制する。 その後、チェルシー、インテル、レアル・マドリーを経て、2013年にチェルシーの監督へ復帰。 2015年からマンチェスター・ユナイテッドを率いる。 プレミアリーグで3回、セリエAで2回、ラ・リーガで1回のリーグ優勝を誇る。 年俸は1600万ユーロ(約21億2000万円)。 現役時代はバルセロナやスペイン代表などで活躍した。 愛称は「ペップ」。 2008年、バルセロナの監督に就任すると、2011-12シーズンまでに国内リーグ3回、UEFAチャンピオンズリーグで2回の優勝を達成する。 2013-14シーズンからはバイエルン・ミュンヘンを指揮し、国内リーグ3連覇を成し遂げた。 2016-17シーズンからマンチェスター・シティの監督に就任。 初年度は3位に終わったが、今季は首位を独走している。 年俸は1900万ユーロ(約25億2000万円)。 1位と2位はマンチェスター勢。 そして財力を持つプレミアリーグ勢がランキングを独占する形となった。 一方で、近年優れた監督を次々と輩出しているドイツ勢はランキングには入ってこず。 欧州リーグの中でもイングランドやスペインとは隔たりがあることが改めて明らかとなった。 プレミアリーグが、監督でお金を多く出している感じがしますね。 クロップ監督の身長とフォーメーション 身長とフォーメーションを紹介します。

次の

アントニオ・コンテ

アントニオコンテ ウイイレ

Contents• 4バックのフォメ やっぱり現代サッカーで一番主流って言ったら4バックなんやろなということで、4バックから見ていってみましょー。 4-2-2-2(フラット) ずっと長いことオーソドックスなフォメって言われてる気もするけど、最近は使うチームもだいぶ減ってきた感じ。 でも、たとえばアトレティコのシメオネ監督とか、このフォメを使ってリーガ最強の守備力を実現されてます。 長所はやっぱりバランスの良さ、引いて守るようなときは今でも十分通用してるフォメなんじゃないかと思われますね。 短所としてはサイドを抑えられたら真ん中から崩すのが難しいこと、それを改善したのが4-2-3-1やったりするわけですね。 相性がいいのはサイドが弱い4-3-3とか、3-4-3とかが相手でもフォワードの能力次第では相性良さそう。 あんまり選手にお金かけられないみたいな中位から下位のチームが採用してたり、アルゼンチン代表とかも採用してたみたいッスね。 中盤の両サイドの守備的MFは、攻撃のときに片方が守備に残って、常に6人が守備に残るっていう守備的なフォメでもあります。 さらに真ん中のMFを攻守に役割分担することで違いを作ることができる、カウンターにも向いたフォメってことですね。 相性がいいのはサイドに枚数が少ないフォメで、4-4-2ボックスとか、サイドで数滴不利にならなければ有利に展開できる。 相性が悪いのは4-3-3とか4-4-2フラットとかで、サイド攻撃に強いフォメ相手でサイドチェンジ多用されたりすると、せっかく守備に残ってるMFが余ったりして良くないみたいッス。 4-3-3 いま一番オーソドックスなフォメって言ったら、この4-3-3なのかもしれない。 少なくともシティやリヴァプール、ユベントスやバルサもみんな4-3-3ですよねー。 相性がいいのは3バックで、特に3-4-3とかやと攻撃面も守備面もいい感じ。 上位下位関係なくあらゆるチームで機能させることができそうなフォメ、っていう意味では今もまだまだ全盛の時代なのかもしれない。 ウイングが前に上がれば4-3-3になるし、OMFがトップに上がれば4-4-2にもなるし他のフォメにも。 前からプレスもできるし引いて守っても人数かけられるから強い、弱点はCBとSBの間でそこから失点することが多いらしいッス。 相性がいいのは4-3-1-2(ダイヤモンド)とか、中盤が薄い4-3-3にも強そう、もちろん改良前の4-2-2-2(フラット)相手にも特徴活かせれば強いと見ていいと思います。 相性が悪いのはさらに改良された感じの4-1-4-1、2列目が人数多いから2DMFでどーやって守るんだ問題が発生するみたいッス。 柔軟性とともに中盤の守備も厚く守ることができる、3列目のアンカーに守備力ある選手がいれば速攻にも強いッス。 相性悪いのは4-4-2ボックスとか4-3-1-2みたいな中央突破を得意とするフォメですね、サイドは固いけど中央から押し込まれるとやや弱いみたいッス。 3バックのフォメ 4バックの次に多いのが3バックで、最近インテル監督に就任したコンテ監督はじめ色んな監督さんが採用されてます。 3-2-3-2 やっぱり3バックで一番オーソドックスなのが、DMF2人置く3-2-3-2なんやないかなと。 中央からの攻撃に強くて、サイドハーフがサイドバックの位置まで下がればサイドの守備もいい感じ。 攻めては真ん中からもサイドからも攻めることができるし、2トップなんで枚数不足することも少ない。 ただサイドハーフの負担が大きいっていうのはネックで、サイドに配置する選手の力量で成否が決まるって言っても過言ではない感じのフォメ。 相性がいいのは4-3-1-2とか、別名クリスマスツリーの2シャドー置いた4-3-2-1みたいな真ん中攻めのフォメ。 相性悪いのは4-2-3-1とか4-3-3とか3-4-3みたいなサイド攻撃を速攻得意とする1CFのフォメ、CBが釣り出されたりすると得点につながること多いみたいッス。 3-2-2-3 パリサンジェルマンとかチェルシーでよく採用されてた3-4-3の形、CBとアタッカーに強力な選手がいるとき威力発揮する感じ。 中央攻めにはいい感じに対応しつつ、サイドの攻めにはやっぱりちょっと弱くて、これもサイドハーフの出来次第。 前に人数多いからボール奪ったあとのカウンターとかは強い、格下チーム相手に順当に勝つためのフォメなのかもしれない。 他のフォメと比べても、CBがボール奪われるとかなり大ピンチになるっていうところがウィークポイントなんで、捌けるCBは必須系ですね。 相性がいいフォメは4-2-3-1とか4-1-4-1とかで、前プレスにこない戦術を取ってくれたら思うツボ的な状態になる。 相性が悪いフォメは4-2-3-1とか4-3-3とか4-1-4-1、やっぱりCFが釣り出されたりサイドから崩されたりすると弱いみたいッス。 3-1-4-2 ピルロ選手がいたころのイタリア代表に始まったみたいな、現代版カテナチオといえば3-1-4-2。 アンカーにパスうま選手を配置しつつ、ウイングバックも当然ディフェンスラインまで戻って守備とビルドアップを頑張る。 それでいて前線の枚数もそれなりなんで、カウンターも決まりやすいみたいなコンセプトなんやろうなぁ、きっと。 アンカーが一人なんでその両脇固められると、ちょっとボール運べないよ状態になってピンチになったりする。 相性がいいフォメは4-2-2-2(フラット)で、2列目の4で中盤をマークしつつ3バックで2トップをマークしていい感じに試合が運べる。 相性が悪いフォメはサイドからの速攻が得意な4-3-3とか4-2-3-1とか、ただウイングバック次第でサイド攻撃いなすことも可能になるのかもしれない。 ウイイレ2020でどのフォメ使うか考えようと思って書き始めた今回の記事、書いてみて余計迷うっていううちのブログあるある発生中。。

次の

TOP

アントニオコンテ ウイイレ

ウイイレ2020でのクロップ監督=ゲールノートツァイツラー クロップ監督の詳細はこちら。 こうして名前が変わったのは ライセンスの影響によるものだと考えられます。 ウイイレ2019ではリヴァプールのライセンスがあり、 MEMO 10月8日にウイイレアプリ2020特設サイトより搭載非搭載の確認ができるようになりました。 そのため完璧な比較というのは難しいですが、みなさんが1番イメージしやすいクロップ監督だと思われる433で比較してみました。 ウイイレ2019:685(多分)• ウイイレ2020:910 まず、マネージメント能力がかなり上がっていますよね。 ただしこれはウイイレ2020のほぼ全ての監督に当てはまります。 全ての監督のマネージメント能力が大幅に上がっているのがウイイレ2020の大きな特徴。 これは前作ウイイレ2019のFPによる重コストが原因でしょう。 ウイイレ2019ではFPの新登場でマネジメントコストがかつかつになりがちだったので、マネージメント能力向上が重要なアイテムでした。 しかしウイイレ2020ではFPの重コストを公式側が考慮してくれたのか、監督のマネージメント能力にかなり余裕ができるような監督システムに。 なので、 ウイイレ2020はマネージメント能力を気にしてなくてOKですし、 マネージメント能力向上を持っていなくても全然問題ないレベルです。 なのでマネージメント能力の向上はプラスだけどクロップ監督に限ったことではないという話です。 後はそこまで変化はありません。 ポゼッション・ショートパス・中央• フォアチェック・アグレッシブ・中央 のコンセプトは2019のまま引き継がれています。 ウイイレアプリ2020特設サイトの搭載情報について 2019年10月8日にウイイレアプリ2020特設サイトにて、監督の搭載情報の確認ができるようになりました。 ですが、 クロップ監督はゲールノートツァイツラーという偽名でしっかり収録されるかと思います。 「ゲール」と検索するとゲールノートツァイツラー収録されるのが上記画像で確認できますよね。 まとめ 【 クロップ監督はウイイレ2020でゲールノートツァイツラーという偽名収録に】 偽名になってしまったことで親近感は湧かないかとは思いますが、偽名=弱くなったなんてことは決してないと思います。 シメオネ監督(クリストバルブエナ)はウイイレ2019でも非常に強かったですよね。 ただウイイレ2019と2020ではゲームの仕様や環境が異なるので、ウイイレ2020でクロップ監督がどのぐらい強いかというと、まだなんとも言えないところはあります。 ウイイレ2019ではかなり優秀な監督の1人だったので、ウイイレ2020でもGPを出して獲得するだけの価値はあるかと思います。 クロップ監督の本出版が話題に! クロップ監督の本が出版されているそうですね。 実際に見ていきます。 【内容情報】(出版社より) リヴァプール、チャンピオンズリーグ制覇! 退屈なサッカーはもういらない。 革新的な戦術と情熱的な指導。 今もっとも注目すべき監督の手腕と実像。 弱小だったマインツをクラブ史上初の1部昇格に導き、破産寸前だったドルトムントを率いリーグ2連覇達成。 リヴァプールではチャンピオンズリーグ制覇という快挙を成し遂げた。 2011シーズン) 第7章 リーグ連覇と初の2冠(2011? 革新的な戦術と情熱的な指導。 今もっとも注目すべき監督の手腕と実像。 【目次】(「BOOK」データベースより) ユース時代/平凡なプロ選手時代ー師ヴォルフガング・フランク監督の教え/監督クロップの誕生ーマインツの選手から突如監督に/3度の1部昇格争い、降格、そしてマインツとの別れ/「第2の愛」-ドルトムントでの新たな挑戦/ブンデスリーガ史上最年少の優勝チームー2010-2011シーズン/リーグ連覇と初の2冠ー2011-2012シーズン/1997年以来のCL決勝進出ー2012-2013シーズン/ドルトムントとの別れ/クロップのサッカー哲学ー戦術、トレーニング、チームの成長/クロップを支える男たちー監督をサポートする「頭脳」と「目」/クロップという人間/欧州トップクラブかドイツ代表監督かー今後の挑戦の舞台 ジダン監督の本 クロップ監督との比較の参考本として、ジダン監督の本。 【内容情報】(出版社より) 「選手としても監督としても、ジダンは誰も成し遂げることが できなかった偉業を成し遂げた男だ」(セルヒオ・ラモス) 「我々は全員、監督のために死んでもいい」(マルセロ) 欧州チャンピオンズリーグ3連覇という偉業はジダンだから達成できた! レアル・マドリードのわがままなスーパースターたちを掌握した秘訣とは? 世界が注目! ジダン初のリーダー論 ジダンがサッカー史上5本の指に入る名選手であることは周知の事実だ。 とはいえ「名選手、名監督にあらず」とも言われているように、監督としての手腕は疑問視されていた。 しかし、レアルの監督に就任するや、欧州CL3連覇という歴史的偉業を成し遂げ、 名将としての地位も不動のものにしたのだ。 本書の主題は「ジダンが指導者としても成功した秘密は何か? 私たちはこの男から何を学べるのか?」である。 レアル・マドリードといえば、勝利が義務づけられた世界No. 1クラブで、 エゴの塊であるスーパースターたちの集まりだ。 わがままな「ミレニアル世代」を束ね、勝利へ導く秘訣とは? 信頼、称賛、擁護、傾聴、協力、共感ーージダン監督のリーダー論がここに! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) チャンピオンズリーグ3連覇という偉業はジダンだから成し遂げられた。 世界が注目!ジダン初のリーダー論。 信頼、称賛、擁護、傾聴、協力、共感ーレアル・マドリードのわがままなスーパースターたちを掌握した秘訣。 【目次】(「BOOK」データベースより) ジダン監督はいかにミレニアル世代を率いているのか?/ジダンという男/人を率いるために必要な、真の寛容さとは何か?/伝説の選手となった道程ー成功した7つの教訓/フットボールとは選手がやるものだ!/ジダン監督の時代ーあらゆるタイトルを総なめに/凋落が始まるメカニズム/フットボールの監督という苦悩/2017-18シーズン、つまずきの記録/ひと筋の光ー強豪パリ・サンジェルマンとの戦い/これは復讐の甘き香りか?-ユヴェントス、バイエルンとの戦い/CL13回目の栄冠ーブラック・スワンか、静謐の勝利か/さらば、ジズー。 「そして、ありがとう」-サイクルの終焉/ジズーの献身はレアル・マドリードの文化を変えたのか? グアルディオラ監督の本 【内容情報】(「BOOK」データベースより) メッシ、チャビ、イニエスタ、ペドロ、アウベス…etc.ピッチ上で躍動する彼らのプレーの根底にある原理とは何か。 史上最強チームが構築する戦術的メカニズムを説く。 ランキング形式で伝えた。 愛称は「ラファ」。 バレンシアでラ・リーガとUEFAカップを制した後、リヴァプールの監督に就任。 2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を成し遂げた。 インテル、チェルシー、ナポリを経て2016年よりニューカッスルを率いる。 年俸は540万ユーロ(約7億1000万円)。 現役時代はアルゼンチン代表DFとしても活躍した。 指導者としては2009年に古巣・エスパニョールの監督に就任。 2013-14シーズンは、吉田麻也の所属するサウサンプトンを指揮した。 2014年からトッテナムを率い、優勝争いに絡むチームにまで成長させた。 年俸は660万ユーロ(約8億7000万円)。 現役時代に目立った活躍はなく、イタリア下位リーグから指導歴をスタートさせる。 2011-12シーズン、ミランの監督に就任すると、チームをリーグ優勝に導く。 2014年からユヴェントスを率い、セリエA3連覇(前任のアントニオ・コンテ時代を含めると6連覇)を達成する。 年俸は700万ユーロ(約9億3000万円)。 現役時代はイタリア代表でも活躍した。 2011年、古巣・ユヴェントスの監督に就任。 すると2011-12シーズンからセリエA3連覇を達成する。 2016年にチェルシーの監督に就任すると、就任初年度にプレミアリーグ優勝を達成した。 年俸は780万ユーロ(約10億3000万円)。 2001年、マインツで現役を引退すると、そのまま古巣の監督に就任し、2004年に1部昇格を達成する。 2008年からドルトムントを率いると、2010-11シーズンから連覇を達成。 この時、香川真司も主力として活躍した。 2015年からリヴァプールを率いる。 年俸は830万ユーロ(約11億円)。 現役時代の活躍ぶりは説明するまでもない。 古巣であるレアル・マドリー下部組織の監督などを経て、2016年1月、ラファエル・ベニテスの後任として、トップチームの監督に就任する。 すると2015-16シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ連覇を達成。 就任2年目の2016-17シーズンにはラ・リーガも制覇している。 年俸は950万ユーロ(約12億6000万円)。 モナコでリーグ・アンを制した後、1995年から翌年9月まで名古屋グランパスエイトの監督を務め、チームを天皇杯優勝に導く。 1996年10月にアーセナルの監督に就任。 20年以上もチームを指揮する。 リーグ優勝は3回。 中でも2003-04シーズンの無敗優勝は伝説となっている。 年俸は1000万ユーロ(約13億2000万円)。 現役時代は主にイタリアやスペインでプレーした。 2006年に現役引退後、母国のラシン、エストゥディアンテス、リーベル・プレートを指揮。 2011年12月、古巣のアトレティコ・マドリー監督に就任。 すると2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグを制覇。 2013-14シーズンにはラ・リーガ優勝に導く。 年俸は1500万ユーロ(約20億円)。 自身を「スペシャル・ワン」と呼ぶ。 現役時代は主に母国2部でプレー。 スポルティングCP、ポルト、バルセロナのアシスタントコーチを経て、2000年にベンフィカの監督に就任。 その後、ポルトの監督として2度の国内リーグ優勝、2002-03シーズンにUEFAカップ、翌シーズンにUEFAチャンピオンズリーグを制する。 その後、チェルシー、インテル、レアル・マドリーを経て、2013年にチェルシーの監督へ復帰。 2015年からマンチェスター・ユナイテッドを率いる。 プレミアリーグで3回、セリエAで2回、ラ・リーガで1回のリーグ優勝を誇る。 年俸は1600万ユーロ(約21億2000万円)。 現役時代はバルセロナやスペイン代表などで活躍した。 愛称は「ペップ」。 2008年、バルセロナの監督に就任すると、2011-12シーズンまでに国内リーグ3回、UEFAチャンピオンズリーグで2回の優勝を達成する。 2013-14シーズンからはバイエルン・ミュンヘンを指揮し、国内リーグ3連覇を成し遂げた。 2016-17シーズンからマンチェスター・シティの監督に就任。 初年度は3位に終わったが、今季は首位を独走している。 年俸は1900万ユーロ(約25億2000万円)。 1位と2位はマンチェスター勢。 そして財力を持つプレミアリーグ勢がランキングを独占する形となった。 一方で、近年優れた監督を次々と輩出しているドイツ勢はランキングには入ってこず。 欧州リーグの中でもイングランドやスペインとは隔たりがあることが改めて明らかとなった。 プレミアリーグが、監督でお金を多く出している感じがしますね。 クロップ監督の身長とフォーメーション 身長とフォーメーションを紹介します。

次の