お疲れ様 です 意味。 「ご苦労様です」と「お疲れ様です」の違い!正しい意味と使い方とは?

「お疲れ様です」を目上の人に使うのはNG?「ご苦労様です」の意味の違いは?【ビジネスシーンの敬語マナー】

お疲れ様 です 意味

「お疲れ様です」の意味 「お疲れ様です」は本来目上の人が目下の人に労う言葉 「お疲れ様です」は、「相手の労苦をいたわる、労う(ねぎらう)」という意味があります。 「労う」の意味は「相手の努力に対して謝意を表す」「同等以下の人の苦労・尽力などを慰め、感謝する」です。 本来、ねぎらいというのは目上の人が目下の者に対して謝意を表す言葉なのです。 そのため「お疲れ様です」も本来、目上の人が目下の人に対して使う言葉です。 「お疲れ様です」は一般的には目上の人に対しても使われている 当たり前のように、立場関係なく「お疲れ様です」は使われていますね。 職場ですれ違った際や、退社する際などに使えます。 また、「おはようございます」の代わりにもなるほどです。 「お疲れ様です」の本来の意味を考えると、今まで使っていたのに上司や先輩に使うのは不適切のように感じます。 しかし現代の風潮からすると、 目上の人に「お疲れ様です」は不適切だとは言い切れません。 これだけ一般的に用いられているのに、労いの言葉だから!と自分だけ頑なに使わないと、それはそれで失礼にあたります。 周りも間違っていることを責められているような気持ちになっています。 それではどのように「お疲れ様です」を使って行けばいいのでしょうか? 正しい使い方を説明していきます。 「お疲れ様です」の使い方 社内での使い方 まずは、会社の風潮に合わせ、同じように使うのが適切です。 みんなが使っているのに、自分だけ一切言わないというのは逆に失礼にあたる場合があります。 例えば、廊下などですれ違う際に上司や部下など関係なく「お疲れ様です」と言っていれば同じように言うのが適切です。 また、他の人が退社をする際「お先に失礼します」と言うのに対して、誰もが「お疲れ様でした」と言っていれば同じよう言うのが適切です。 社外の人への使い方 では、社外のお客様や取引先に対して「お疲れ様です」ですは使えるのでしょうか? 長い付き合いのある方や、フランクに話せる相手などにはお互いが「お疲れ様です」と言い合えると思います。 ですが、仕事上の付き合いだけの相手などに対してはあまりおすすめできません。 すでに関わりのある相手に対しメールや電話をする際は、「お世話になっております」などの挨拶が適切です。 初めて関わる相手に対しては、「はじめまして。 今後お世話になると思いますのでよろしくお願いします」などと丁寧に挨拶をすると好印象です。 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違い 「お疲れ様です」・・・一般的には目下から目上の人に対して使われている 「ご苦労様です」・・・目下から目上の人には使えない 「ご苦労様です」は、本来目上の人が目下の人対して労う言葉です。 そのため目下の人が目上の人に使うのは不適切です。 目上の人に使うと失礼になりますので使わないよう注意しましょう。 元々「ご苦労様」は、昔に殿様が家来に対して使った言葉と言われています。 目上の人、それも相当な立場の人が自分のために働き努力してくれた者に対して使うねぎらいの言葉になります。 上司や先輩などから「ご苦労様です」と言われた場合には、「ご苦労様です」とは返さずに「ありがとうございます」などねぎらいの言葉をかけてくれたことに対しての謝意を伝えるようにしましょう。 「お疲れ様です」の類語・言い換え それでは「お疲れ様です」はどのように言い換えたらいいのでしょうか? 上司や取引先など目上の人と顔を合わせた時、連絡をとる時など「お疲れ様です」「お疲れ様でした」の代わりになる言葉を使い、相手にその気持ちを伝えましょう。 目上の人と会った時や連絡をするときは「おはようございます」 朝に、目上の人と会った時や連絡をする時には「おはようございます」を使いましょう。 日常生活で誰にでも用いる言葉ですが、「ございます」と敬語がついていますので使用しても問題ありません。 また「おはようございます」は朝ではなくても使う場合があります。 挨拶する相手とその日はじめて会った際には「おはようございます」と言うことがあります。 ただ、あまりに遅い時間になってくると不自然であるため、その際はその日初めての挨拶でも「お疲れさまです」を使うようにしましょう。 上司が出先や出張などから帰ってきたときは「お帰りなさいませ」 上司が出先や出張などから帰ってきたときは「お帰りなさいませ」を用いることができます。 お帰りなさいは家で待つ家族が使う印象ですが、社内でも用いることができます。 その後に、「たくさん歩いて疲れた」「大変だった」などと上司が言った場合には「大変だったのですね、お疲れ様でした」などと言っても問題ないでしょう。 ただ企業によっては、目下の人が目上の人に対して「お疲れ様です」は使わないといった風潮がある場合には使わないようにしましょう。 上司が先に退社するときは「お気をつけてお帰りください」 上司が先に退社するときは「お気をつけてお帰りください」と使うと良いでしょう。 また、「今日も一日ありがとうございました」も使うことができます。 ただ社内で、先に退社する人に対して「お疲れ様でした」を使う会社も多いです。 その場合は「お疲れ様でした」とだけ声をかけても問題ありませんが、「お疲れ様でした、お気をつけてお帰りください」と使うと丁寧な印象を与えます。 目上の人がすでにいる部屋に入ったときは「失礼いたします」 目上の人がすでにいる部屋に入ったときは「失礼いたします」というようにしましょう。 失礼してもよろしいでしょうか」などと声をかけ、相手が返事をしてから部屋に入るようにしましょう。 部屋に入る際、もしくは入ってから「失礼いたします」と言いましょう。 取引先など社外の人が来訪したときは「ご足労おかけしました」 社外から取引先やお客様が来訪した際には「ご足労おかけしました」を使いましょう。 「ご足労」は、相手に自分のいる場所まで足を運んでもらったことを労う意味を持つ言葉です。 その他にも「ご足労おかけしてすみません」「ご足労いただきありがとうございます」などと使うことができます。 相手に足を運んでもらう時には「ご足労をおかけしますが、よろしくお願いします」と使うことも出来ます。 相手と非常に立場の相違がある場合は「ご活躍、感銘を受けております」 立場の相違が大きい相手と会った際には「ご活躍、感銘を受けております」などと使うと良いでしょう。 また忙しくしている相手との会合が終わったり、自分もしくは相手がその場から離れる場合は「お疲れを癒やし、ご自愛くださいませ」と使うと良いでしょう。 また、目上の立場である人と初対面の場合でも使うことができます。 ただ活躍の経歴などを知らない場合や、大きな功績を残したわけではない場合は大げさだと捉えられてしまう場合もあります。 その場合は「お会いできて光栄です」などと使うようにしましょう。 ただ注意したいのが、敬語のことを考えすぎると、丁寧な言葉になりすぎて不自然になってしまったり違和感を与えてしまう場合があります。 相手との関係性や状況などに合わせて使い分けていきましょう! 「お疲れ様です」の英語表現 「お疲れ様です」は英語で何と言うでしょうか。 「お疲れ様です」という英語表現は存在しません。 「お疲れ様です」というフレーズは日本独自のもので、欧米にはこのような挨拶をする習慣はありません。 仕事終わりの挨拶ならば、 ・See you tomorrow. (明日ね) ・Have a good night. (よい夜を) ・Enjoy the rest of the day. (残りの1日も楽しんで) ・Take care. (またね) などを使います。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!.

次の

「お疲れ様です」の敬語の使い方|相手別/社内・外別/最上級

お疲れ様 です 意味

「お疲れ様(おつかれさま)」を韓国語では?知っておきたい使い分けまとめ 2015年12月16日 「お疲れ様(おつかれさま)」を韓国語で 「수고했어요(スゴヘッソヨ)」と言います。 また、「お疲れ様です(おつかれさまです)」は、韓国語で 「수고하세요(スゴハセヨ)」と言います。 「수고(スゴ)」は、「苦労」という意味になります。 日本語で「お疲れ様」「お疲れ様でした」「お疲れ~」「ご苦労様」があるように、韓国語でもさまざまな言い方があります。 相手や状況によって使い分けることができますので、ここで詳しく説明していきます。 仕事だけでなく、コンサートが終わった韓国アイドルへのメッセージや恋人・彼氏・友達などにも使うことができますので覚えてみてくださいね! 韓国語で「お疲れ様・ご苦労様」 「お疲れ様・ご苦労様」は、韓国語で「수고했어요(スゴヘッソヨ)」と言います。 おもに年下の人に対し、ねぎらいの意味を込めて「お疲れ様」「ご苦労様」という意味で使われます。 「수고 많았어요(スゴ マナッソヨ)」と言うこともあります。 韓国語で「お疲れ様です」 「お疲れ様です」は、韓国語で「수고하세요(スゴハセヨ)」と言います。 これから仕事を始める人や仕事をしている人に対して使えます。 韓国の職場では一般的によく使われる傾向にあります。 また、タクシーに乗って目的地に着き、運転手さんにお礼を言うときや出前などの配達の人にご苦労様とねぎらいの意味で使うこともあります。 韓国語で「お疲れ様でした」 「お疲れ様でした」は、韓国語で「수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ)」と言います。 仕事を終えてオフィスを退出する人に対して使えます。 職場の同僚など年齢や地位の近い関係なら、「수고하셨어요(スゴハショッソヨ)」と言います。 部下など目下に対しては「수고했어요(スゴヘッソヨ)」や、パンマル(ためぐち)で「수고했어(スゴヘッソ)」「수고 많았어(スゴ マナッソ)」と言ったりもします。 ・上司に対して「お疲れ様でした」 수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ) ・同僚や少しだけ年上の人の場合 수고하셨어요(スゴハショッソヨ) ・後輩や仲の良い人の場合 수고했어요(スゴヘッソヨ) 수고했어(スゴヘッソ) 수고 많았어(スゴ マナッソ)• ・仕事を終えて、同時にオフィスを出る時(過去形) 수고하셨어요(スゴハショッソヨ) ・仕事を終えた相手を、見送る時(過去形) 수고하셨어요(スゴハショッソヨ) ・仕事を終えて、相手はまだオフィスに残っている時(現在形) 수고하세요(スゴハセヨ) となります。 韓国語で「お疲れ様」の種類を丁寧な順で紹介 韓国語で「お疲れ様」を、上から丁寧な順で紹介いたします。 お疲れ様です(現在形)• 수고하십니다(スゴハシムニダ)• 수고하세요(スゴハセヨ)• 수고해요(スゴヘヨ)• 수고해(スゴヘ) 「수고하세요(スゴハセヨ)」が一番一般的で、「수고해(スゴヘ)」は友達などに使うことが多いです。 お疲れ様でした(過去形)• 수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ)• 수고하셨어요(スゴハショッソヨ)• 수고했어요(スゴヘッソヨ)• 수고했어(スゴヘッソ) 「수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ)」が一般的で、「수고했어(スゴヘッソ)」は友達などに使うことが多いです。 心がこもったお疲れ様です(現在形) 言い方や状況によっても変わりますが、さらに心がこもった「お疲れ様です」を紹介します。 수고 많습니다(スゴ マンスムニダ)• 수고 많으세요(スゴ マヌセヨ)• 수고 많아요(スゴ マナヨ) 「수고 많으세요(スゴ マヌセヨ)」は、目上の人に言うときによく使われます。 心のこもったお疲れ様でした(過去形)• 수고 많으셨습니다(スゴ マヌショッスムニダ)• 수고 많으셨어요(スゴ マヌショッソヨ)• 수고 많았어요(スゴ マナッソヨ) 「수고 많으셨습니다(スゴ マヌショッスムニダ)」は、目上の人に言うときによく使われます。 まとめ 仕事を終えて、オフィスを出る時の「お疲れ様~」は、日本でも韓国でも職場でごく一般的に使われる挨拶です 日本ではこうした使い分けがありませんが、韓国では細かくニュアンスの違いがあります。 オフィスでは、さらに上下関係があるので上司に対しては敬語、同僚や後輩にはカジュアルな言い方とすべて覚えるのは大変です。 まずは身近な友達から気軽に言えるようになったらいいのではないでしょうか。 それでは皆さん、勉強スゴハショッスムニダ(お疲れ様でした)!.

次の

「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

お疲れ様 です 意味

「お疲れ様」の意味 「お疲れ様」にはどのような意味があるのでしょうか? 本来「お疲れ様」とは労いの言葉として使用されています。 すれ違った時や帰宅時の挨拶として使用する場合も、よく終業時に「お疲れ様」が飛び交いますよね。 何気なく口にしていた「お疲れ様」にも、ちゃんとした意味があったのです。 しかし、 「目下の人が目上の人に労いの言葉をかけること自体が失礼である」とした考え方もあります。 挨拶としての「お疲れ様」なのか、労いの意味を込めた「お疲れ様」なのかを見極める必要がありそうですね。 ビジネスマナーの基準として考えられている秘書検定では、 「お疲れ様です」が目下から目上の人に言う言葉 「ご苦労様」が目上から目下の人に言う言葉 となっています。 ですので、 上司から「ご苦労様」と言われたら「お疲れ様」と返せばよい良いということになります。 では、「お疲れ様」と言われた場合、どのように返事をすれば良いのでしょうか? どうやって返事をする?上司、同僚、友人別 先ほど「お疲れ様」が挨拶なのか、労いの言葉なのか見極める必要があるという話をしました。 でも、それをとっさに判断するのは難しいですよね。 そこで「お疲れ様」にかわる言葉を探してみました。 ・ありがとうございました ・失礼します ・とんでもございません これは 上司へ返事する際に使用できる言葉です。 上司が「お疲れ様」と言ってきたら、状況に合わせて言葉を選んでみてください。 もし、帰りに「お疲れ様」と言われたら 「お先に失礼します」。 特大イベントが終わった後に「お疲れ様」と言われたら 「ありがとうございました」「とても勉強になりました」。 といったように状況に応じて言葉を選べる人は、人間関係をより深められる人でもあります。 ボキャブラリーを増やすことで「オウム返し」が少なくなります。 その結果、場面に応じて言葉を考えて返せる人であると思われ、信頼されやすくなるのです。 では、同僚や友人に対してはどのように言えば良いのでしょうか? 同僚や友人には「お疲れ様」と返して問題ありません。 しかし、「お疲れ様」と言われたのに「ご苦労様」と返すと、高圧的な人間だと思われてしまう可能性もあります。 「ご苦労様」を使わずに返事をしましょう! また、 同僚から自分の帰宅時に「お疲れ様」と言われたら「お疲れ様」と返すよりは「お先に失礼します」の方が丁寧であるといわれています。 その同僚が、まだ仕事をしているのか、もう帰宅するのかを把握してから返事をしても良いでしょう。 「お疲れ様」には思いやりと一緒にビジネスマナーとしての要素を持ち合わせています。 では、メールで「お疲れ様」ときた場合、なんて返信すれば良いのでしょうか? メールは相手の表情がわかりにくい連絡手段です。 不快にしてしまっては、今後のビジネスにも影響を及ぼしてしまいます。 ここはしっかりと返信をしたいですよね。 取引先から「お疲れ様です」ときた場合「お世話になっております」の書き出しから始めるのがベストです。 いつもお世話になっていなくても、「お世話になっています」を使用するのがビジネスマナーとされています。

次の