デリケートゾーン 毛 柔らかく。 VIO部位の毛を全剃りするときの正しい自己処理方法って?【VIO脱毛リアルレポート3】

陰毛を剃る時のかゆみ対策!デリケートゾーン処理の裏技教えます

デリケートゾーン 毛 柔らかく

VIO脱毛とは?脱毛の「VIO」ってどこのこと? VIOとは、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のアンダーヘアのことで、この部分の脱毛は一般的に「ハイジニーナ脱毛」「デリケートゾーン脱毛」とも呼ばれます。 V・I・Oを詳しく分けると・・・ 「Vライン」とは、デリケートゾーンの上部を指します。 下着やビキニのラインからアンダーヘアがはみ出ないように処理を行います。 「Iライン」とは、足の付け根部分に沿った陰部の両側を指します。 この箇所を脱毛することで、においを軽減したり、生理中のムレやかぶれ、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。 「Oライン」はお尻の穴の周囲にある毛で、Iラインと同様に脱毛することで衛生的なメリットがあります。 黒ずみやにおいといったデリケートゾーンの悩みは、人にはなかなか相談できず不安になるものです。 しかし、誤った自己処理をしてしまうと、毛周期の乱れやムダ毛の範囲の広がりなど、デリケートゾーンにトラブルを抱える原因となってしまいます。 近ごろ人気の高い「ブラジリアンワックス」での処理は、即効性があり一時的な脱毛効果がありますが、人によっては強い痛みや炎症を引き起こす可能性があります。 VIOのようなデリケートな部分の脱毛については、脱毛サロンなどで事前に充分なカウンセリング行った上で処理をすることがおすすめです。 アンダーヘアの処理をしている人の割合は? 「アンダーヘアを実際に処理している人はどれくらいいるんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?そして、女性のアンダーヘアに対する男性の本音も気になるところです。 ここでは、アンダーヘアの処理をしている人の割合と女性のアンダーヘアに対する男性の本音についてご紹介します。 VIO脱毛をしている女性は約30% アンダーヘアの脱毛について30人の方にアンケートを実施したところ、VIO脱毛をしていると答えた方は、全体の約30%という結果になりました。 意外に「多い」と感じた方や「少ない」と思った方もいるかもしれません。 その他の約70%の方の回答には、「検討したけど、やらなかった」「検討を続けている」「まだ踏み切れていない」などの意見がありました。 VIO脱毛をしていないと答えた方の中には、意外にも「検討している」「したいと思っている」と前向きな意見も多く目立ちました。 年齢別に見ると、「VIO脱毛をした」と答えた方は20代、30代が多く、40代、50代は「したことがない」との回答が多い結果になりました。 VIO脱毛が人気になったのもここ数年のことなので、若い世代はアンダーヘアのお手入れをしている傾向が高いことがわかります。 男性の本音は?女性のデリケートゾーン についてどう思う? 女性のデリケートゾーンについて、男性側はどのように思っているのでしょうか?男性の本音を調査してしみました。 ・ムダ毛がない方がいい ・手入れは一切して欲しくない ・手入れはしておいて欲しい ・手入れされている方が清潔感がある ・手入れされていると好印象 ・いきなりツルツルだとビックリする ・どちらでも良い 参考元:Twitter、LEE() 男性の本音を調査した結果、「手入れして欲しい派」と「手入れしないでも良い派」の2つに分かれる結果となりました。 VIO脱毛の中でも、無毛状態のハイジニーナは抵抗があると答える方もいたので、好みが分かれるところです。 ツルツルの無毛状態まではいかなくても、形を綺麗に整える、毛を短く処置しておく程度なら見た目の清潔感も保つことができます。 すでにパートナーがいる方は、VIO脱毛をする前に一言相談されることをオススメします。 アンダーヘア脱毛のメリット・デメリットは? アンダーヘア脱毛は、見た目だけでなく生理時の不快感が軽減されるなど、女性にとってもうれしいメリットが多いです。 ただしメリットだけでなく、施術の痛みなどのデメリットもあります。 アンダーヘア脱毛のメリット アンダーヘアを脱毛することで、水着や下着を綺麗に着こなすことができます。 毛の量を減らすこともできるので、脱毛すれば下着からはみ出してしまうこともありません。 また、自己処理の頻度も減らすことができるので、カミソリによる怪我や肌荒れ、痒みなどから解放されます。 面倒な自己処理から解放されるので、アンダーヘアのムダ毛を気にせず生活できることもメリットです。 そして、生理中の不快感が軽減されることもアンダーヘア脱毛の最大のメリット。 生理中は下着のムレやアンダーヘアに経血がつくなど、不快感に悩む方も多いでしょう。 アンダーヘアを脱毛することで、ムレが解消され、生理期間中も快適に過ごすことができます。 実際にアンダーヘアを脱毛している方の中には、「生理中が過ごしやすくなった」と答える方も多いようです。 アンダーヘア脱毛のデメリット アンダーヘアは皮膚が薄くデリケートな部位であり、他の部位よりも痛みが強いです。 痛みの感じ方には個人差があり、脱毛の種類によっても変わってきますが、「かなり痛い」と答える方も少なくありません。 また、脱毛サロンで施術を受けるときは、デリケートゾーンを見られるという「恥ずかしさ」があります。 脱毛サロンでは、不必要な露出を避けるなどの対応をとっていますが、「恥ずかしい」ということを理由に踏み切れない方も多いです。 そして、一度処理してしまうと元に戻せないこともアンダーヘア脱毛のデメリットです。 無毛状態のハイジニーナにすると、以前のような状態に戻すことは難しいため、納得のできるデザインなどを検討した上で脱毛することが大切です。 VIO脱毛のポイント!形やアフターケアはどうするの? 脱毛サロン・エステティックサロンではほとんどの場合、Vラインの処理範囲(形)を調整できます。 逆三角形の自然な形や女性らしい楕円形など、好みの形に整えることができるので、カウンセリングで相談してみましょう。 デリケートゾーンは太い毛が密集している部位ですので、脱毛期間は比較的長くなります。 個人差はありますが、平均して3ヶ月ごとに約6~12回程度通うことで、アンダーヘアは薄くなり、痛みも軽減していきます。 VIOを脱毛すると、不快なムレやムダ毛を気にすることなく、下着や水着も自由に選べるようになります。 ) なお、生理中は通常VIOの脱毛ができません。 水着を着る予定などがある場合は余裕を持って少し早めにお手入れをスタートすると良いでしょう。 デリケートゾーンはその名の通りとてもデリケートな部位です。 全身の中で最も痛みに敏感な箇所でもあるため、VIO脱毛をする場合は脱毛後のケアが重要になります。 サロンによって脱毛後のケアの有無や、有料・無料などの違いがあるので、予約前にしっかり調べてみることをおすすめいたします。 そして、VIOの脱毛期間中はきちんとケアすることも重要です。 トイレットペーパーや下着による摩擦に注意し、優しく保湿をすることにより、効果が実感でき、さらにお肌の黒ずみへの対策にもなります。 VIOだけでなく、水着やドレスなどの露出の多い服を着る際に気になる背中やワキのムダ毛を含め、全身をきれいに脱毛しておくと、急な旅行や温泉、海で水着になる時なども安心です。 アンダーヘアのお手入れ方法は? ミュゼでアンケートを実施した結果、人気の1位は「脱毛サロン・クリニックでの脱毛」、次に「カミソリ・電気シェーバー」。 その他にも毛抜き、脱色、脱毛クリーム、ワックス・テープ、家庭用脱毛器などさまざまな方法が挙げられました。 年齢が低いほど自宅でこまめに処理している人が多く、年齢が高くなるにつれサロン派が増えている傾向があります。 自己処理は好きな時に手軽に行えるのが魅力ですが、反面、手間がかかるうえ、肌を痛めるリスクもあります。 安易にカミソリや毛抜きなどで処理をしたり、アフターケアを怠ったりすると、思わぬ炎症を起こすことも。 またデリケートゾーンは処理が難しい部位なので、うまく整えられないことも多いでしょう。 もちろん、電気シェーバーや家庭用脱毛器など、価格が手ごろで優秀な脱毛機器も増えてはいますが、自分で処理するには限界があります。 処理の回数をとっても、サロンと比較すると頻繁に行わなければならず、そのうち"脱毛器を出すのも処理するのも面倒で使わなくなる"なんてこともあるかもしれません。 脱毛にかける時間や手間、処理後の仕上がりの美しさを考えると、アンダーヘアの処理はやはり、経験を積んだスタッフがお手入れしてくれるサロンやクリニックの利用がおススメです。 Vラインの範囲って? Vラインとは、一般的にはデリケートゾーンの両サイド、つまり両足の付け根あたりの部位を指します。 具体的には、台形型の縦が股下辺りから上に10㎝、横が股下側5㎝、腰骨側10㎝の範囲をデリケートゾーンとしており、その部位を除いた両サイドをシェービングします。 Vラインは毛が太くてデリケートな部位なので、自己処理をすると伸びてきた毛がチクチクしたり肌荒れの原因になったりすることもあります。 サロンでは脱毛の前後にしっかり保湿を行うため、痛みや肌トラブルを軽くすることができます。 またプロが一人ひとりの状態に合わせてきちんと処理してくれるので、安心して任せられます。 Vラインプレートを当ててみると、はみ出るムダ毛の多さに驚くことも!Vラインをキレイにお手入れすれば、大胆なデザインの下着や水着姿にも思い切ってチャレンジできそうですね。

次の

VIO(デリケートゾーン)に使える除毛クリームはコレ!注意点や使い方も紹介|脱毛|RecoRepo(レコレポ)

デリケートゾーン 毛 柔らかく

陰毛の処理は、女性だけのイメージが強いですが、メリットがとても多いので、男性だからこそ綺麗に処理するべきとも言えます。 「男性が陰毛の処理をすることに抵抗がない」と、答える女性はたくさんいますし、むしろ「彼氏にはして欲しい!」と思っているくらいで、清潔感があって、好印象を抱いてもらいやすくなります。 しかし、処理方法や残す毛の量などわからないことだらけで、脱毛に踏み切れずにいる男性がほとんどです。 「男性でも出来るデリケートゾーンの毛の処理の方法」について詳しくご紹介しますね。 陰毛処理は、男性にとってどんなメリットがあるの? 陰毛に関しては、基本的に男女平等な考え方を持った方がいいと思います。 女性には綺麗に整えることを強いて、自分は全く無処理であるというのは、あまり好ましくありませんし、お互いの関係を維持するにも常に美意識を持って生活することが大切です。 普段は見えない部分でも、ラブタイムになれば全身をさらけ出すことになりますよね。 特にデリケートゾーンは注目の的になる部分ですが、清潔感のない見た目だと女性はどん引きです。 あなたのことが好きでも、ラブタイムだけ積極的になれなくなってしまうかもしれません。 そして、そんなことが続くと申し訳なさもあり、破局…なんてことも。 最低限、「清潔感」のある程度に脱毛処理をした方がよいのではないでしょうか。 自分に自信をつけると言う意味でも、陰毛を処理することは良い考えかもしれませんね。 男性の中には、ボクサーパンツからはみ出るほど、陰毛が生えている人もいます。 他人の目には普段留まらない部位ではありますが、いざと言う時のためにきちんと処理していた方が好感も持てますよね。 男が陰毛処理しないというのは、時代遅れ? 男性が脱毛処理をする人は、年々増加傾向にあります。 特に男性は、女性よりも体毛に対して悩みを抱えている方が多いと思いますので、きちんと処理を行った方がよいと思います。 男性の中では「陰毛が多い方が男らしさを感じる」という意見もありますが、女性の中では「不潔な印象」を持ちやすいです。 最近は、「メンズ専門」の脱毛サロンやクリニックもあります。 脱毛処理を行うことに対して、抵抗を感じている人はかなり少ないんじゃないでしょうか。 男性の陰毛(陰毛)処理方法 陰毛の脱毛方法は、大きく分けて二つあります。 自宅で処理するセルフケアと、サロンやクリニックで脱毛処理してもらう方法ですね。 自己処理は手軽に誰にも見られず低コストで終わらせることが出来ます。 しかし、サロンやクリニックと違い処理の頻度は高くなってしまいますし、見た目も上手く処理出来ないということが考えられます。 しかし、サロンやクリニックで施術してもらうと、他人に見られるという羞恥心がありますよね。 でも、女性だって綺麗な陰毛を手に入れるために施術してもらっているんですよ。 自分で処理する方法 自分で陰毛を処理する場合に、おすすめなのは「ヒートカッター」と「除毛クリーム」を使用する方法です。 特にIラインOラインは、「除毛クリーム」で一気に処理しましょう。 この部位は、陰毛が生えていてもメリットはありません。 生えていることで、汚れが付着したりなどデメリットが多いので、すっきりと脱毛してしまいましょう。 次に、問題のVラインです。 ここは、温泉やパートナーに見られる部位なので、自然な形で残しつつ清潔感があるようにしましょう。 具体的に、どれくらい処理をすればいいか?と言いますと、ブリーフタイプの水着を着た時をイメージしてください。 その時に、はみ出したりせずすっきりと見える感じが理想です。 カミソリを使って一気に剃ってしまうのは、コストも安く、手軽で一番簡単ですが「埋没毛」や「肌トラブル」の原因になってしまいますのでおすすめしません。 すきばさみを使って、ボリュームを減らすのも一気に清潔感が出て良いですね。 しかし、ハサミで処理すると毛先が尖ってしまうので「チクチク」と不快に感じませんか?おそらく、ラブタイムの際にパートナーも同じ印象を抱いてしまいます。 それを改善したいのであれば、ハサミで毛量を減らした後に「ヒートカッター」を併用するとこのチクチク感がなくなるのでおすすめです! ヒートカッターは、毛先を熱で丸くしてくれるので、処理後も毛先が尖ることはありません。 なので、チクチクしないんですね。 IOラインは除毛クリームで Iライン(陰茎周りと陰嚢部分)とOライン(陰嚢裏から肛門周り)は、除毛クリームで処理しましょう。 クリームを塗って数分間放置するだけでツルンとキレイに毛が抜けます。 除毛クリームで一気に全部でもOK! IOラインにおすすめしましたが、除毛クリームは肌を傷つけることなく、体毛を除去することが出来ますので、毛量の多い男性には便利なアイテムになります。 自然体に毛を残したいのではなく、完全に陰毛を除去したい場合には、除毛クリームで全処理しても構いません。 男性は陰毛と腹毛が繋がってしまっている方もいるので、腹毛処理に使用してもいいと思いますよ。 肛門の毛 けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!! 男性の陰毛は、どんなデザインにすればいいの? 陰毛処理アイテムは、女性用に開発されているものが圧倒的に多いですが、もちろん男性にだって使用できます。 むしろ、皮膚の薄いデリケートな女性に適したものなので、肌トラブルになりにくく安全性が高いです。 なので、敏感肌の男性にはピッタリです! なので、インターネットで購入するのもおすすめです。 脱毛サロンやクリニックでの処理方法 「男性が脱毛サロンやクリニックに行くなんて恥ずかしいんじゃない?」と言う認識は間違っていますよ。 最近では、男性も通う方が多いためにわざわざ「女性専用」「男性専用」サロンやクリニックが作られているくらいですからね。 それだけ、男性の脱毛に対する意識も高くなって来ていると言えますし、需要があるんですね! メンズ専用になると、男性しか来店しないので、女性に会うことはないですし、施術してくれる先生も「男性」というお店も多いです。 正直、セルフケアをして、「失敗したくない」「自信がない」「一度どれくらいケアすればいいのか知りたい」という方なんかは、脱毛サロンやクリニックで脱毛処理するのも手だと思います。 男性専用サロンでは、VIO脱毛の他にも男性特有の悩みである「ヒゲ脱毛」や「胸毛脱毛」なんかも人気が高いです。 陰毛を処理するのに、「上手く出来るか自信がない!」という方は、プロに施術をしてもらった方が間違いがないですし、色々なアドバイスも聞けると思いますよ。 陰毛を処理している男性をどう思いますか? 陰毛を処理している男性を女性が見たらどう思う? 男性の陰毛の脱毛に対して、女性はどう思っているか?男性からすると気になる所ですよね。 女性に「もし自分の彼氏が脱毛していたらどんな風に思うのか」聞いてみました。 清潔感があり、衛生的な感じがする。 モジャモジャは嫌。 でも、仕方ないかなとは思っている。 自分よりも毛がないと引く(無毛)。 自然体がいいと思う。 特別気にして悩む必要はないけど、ある程度整っている方がいい。 女性は彼氏の陰毛に対して、そこまで気にしていないかもしれませんが、それでも自然体で綺麗なことは良いと思っているようですね。 男性も女性に対して同じように思っているかもしれませんが、女性のナチュラルな綺麗な陰毛は、何もしないでそのまま毛が生えていてあの見た目になっているわけではありません。 女性なりにパートナーに幻滅されないよう自然体に見えるように処理しているから、清潔感があり、キレイに見えるんですよ。 つまり、ナチュラル=そのままボーボーではありません。 自己処理でナチュラルな陰毛にするには、「ヒートカッター」を使用すると思ったような形にすることが出来ますよ。 陰毛処理している男はモテるのか!? 陰毛を処理しているからと言って、絶対モテるのかというとそうゆうことではないでしょう。 しかし、男性が女性の陰毛がキレイであって欲しいように、女性も不清潔に見える見栄えはやはり嫌でキレイな方が良いのは一緒です。 かといって、そうゆう所に無頓着な女性の前で、男性の方が完全処理しているのを目の当たりにすると逆に女性のプライドが傷つき、別れの原因にもなりかねません。 女性の方も不自然に見えないように、ナチュラルに整えている方の方が多いです。 処理する場合は、完全脱毛よりも「ナチュラル」な感じがモテる秘訣かもしれませんね! 慣れてない人が自己処理するとやはり不格好な感じになってしまいますよね。 なので、自信がないという男性は、「メンズ専門脱毛サロン」や「クリニック」でプロにお願いするのも手ですよ。 お店で処理すると完全処理になってしまうのでは!?と思うかもしれませんが、「ナチュラル」にというオーダーも出来ますし、部分的に残したり、こうゆう形にして欲しいと細かな要望も聞いてくれる所が多いです。 男性の陰毛処理はどうしているのか聞いてみました。 陰毛処理のおすすめには、「ヒートカッター」と「除毛クリーム」をご紹介しましたが、他にもカミソリや電動シェーバー、ブラジリアンワックスと様々な処理方法があります。 最近は特に男性も髪型やファッション、スキンケアなど身だしなみを整えている人が多いですよね。 VIOの脱毛はもちろん、腕やスネ毛の脱毛なんかも女性並に力を入れています。 しかし、これから始めたい!と思っている方からすると、ちょっぴり恥ずかしい気もしますよね。 女性のようには大々的に処理方法が載っている所は少ないですしね。 男性の陰毛は、どこからどこまで処理すればいいのか?処理はしたいけど何を使えばいいのか?まず何から始めればいいのか?どこへ行けばいいのか?基本的なことがわからないと始まらないです。

次の

【医師監修】デリケートゾーン(陰部)の黒ずみを解消したい!VIOを美白したい女子へ

デリケートゾーン 毛 柔らかく

アンダーヘアを細く柔らかくする方法とは? 女性にとってアンダーヘアの処理は、多くの方が悩むケアですよね。 ボリュームを抑えたくてカミソリで剃ってしまうと、肌が荒れて赤くブツブツが出来てしまったり、その後もアンダーヘアの生えはじめがチクチクしたり、毛の質が硬いとゴワゴワしたり・・・。 だからといって、脱毛サロンや、エステは費用がとってもかかって通えないですよね・・・。 それにデリケート部分を見られるなんて恥ずかしすぎる!! こんな悩みを解消するには、 「アンダーヘアを細く柔らかくする」ということが必要となります! アンダーヘアを細く柔らかくすることでたくさんのメリットがあり、それにより 今までの悩みが解消されます。 アンダーヘアを細く柔らかくするメリット アンダーヘアの処理回数が減る 自己処理がしやすい 脱毛サロンやエステ代がかからない チクチク感やゴワゴワ感がなくなる アンダーヘアを細く柔らかくするデメリット アンダーヘアを細く柔らかくするデメリットは特にありません。 陰毛を細く柔らかくするのはとっても 簡単な方法です!それは アンダーヘア専用のトリートメントを使うだけ。 陰毛を細く柔らかくするアイテムがあることをしらない女性もとても多いのですが、一般でもいろんな商品が販売されているので、 誰でも簡単に始めることができます。 アンダーヘア専用のトリートメントがあれば、今日からはじめられるので、陰毛がゴワゴワの剛毛でお悩みの方は是非参考にしてくださいね。 アンダーヘアを細く柔らかくするトリートメント選び アンダーヘアを細く柔らかくする専用のトリートメントを選ぶ時には、次の点に注意すれば失敗がありませんよ!• トリートメント効果が高い• 引き締め効果と保湿効果が高い• デリケートゾーンの肌に優しいもの トリートメント効果が高い アンダーヘアってたいがいの人は、髪の毛より太くて剛毛ですよね・・・、だから トリートメント効果が高い成分が配合されていることを確認します。 引き締め効果と保湿効果が高い デリケートゾーンのケアになるので、 保湿効果が高いのはもちろんのこと、引き締め効果にも注目して選びます。 陰毛を細く柔らかくするためにも必要な成分になります。 デリケートゾーンの肌に優しいもの デリケートソーンの肌はとても敏感です、優しいものを選ぶのは大切。 選ぶ際には、 刺激物が入っていないか確認してください。 アンダーヘア専用のトリートメントではランキング1位でとても人気のある商品です。 もちろん中には、体質などで合わないという方もいますが、 一番多くの女性から選ばれているのがこの専用トリートメントです。 さらふわの特徴• トリートメント効果が高い 髪に使うトリートメントより、さらに強いふわっとさせてくれる効果のある成分が入っているので、ゴワゴワの剛毛で悩む方の アンダーヘアを柔らかくしてくれます。 引き締め効果が高い 引き締め効果として、 柑橘類やハーブ類の天然エキスが配合されています。 毛穴が引きしまると陰毛をふわふわにした状態を長く保つようになります。 デリケートゾーンのニオイケアも! 毛質を細く柔らかくするだけじゃなく、 デリケートゾーンのニオイケアもしてくれるトリートメントです。 女性の悩みで多い臭いまでケアしてくれるなんて嬉しいですよね。 敏感肌でも使える パラベンフリーで着色料も一切使用していないので、敏感肌の方でも安心してデリケートゾーンに使えます。 アンダーヘア専用トリートメントの効果は? トリートメントで柔らかく 女性らしい ふわふわのアンダーヘアにしてくれます。 アンダーヘアは、硬くて縮れています。 専用のトリートメントは、髪の毛よりもトリートメント効果が高く、デリケートゾーンに優しい成分で作られています。 アンダーヘア専用のトリートメントは陰毛を細そく柔らかくしてくれます。 ダメージ部分を修復 アンダーヘアは下着との摩擦が生じます。 そのダメージを修復してくれるのでふわふわの柔らかい毛が長く保ちます。 そして自己処理をしている方もトリートメントをすることで チクチク感やゴワゴワ感が軽減します。 デリケートゾーンのスキンケアも アンダーヘア専用トリートメントは、デリケートゾーンに使うものなので、肌に優しい成分で作られています。 敏感な部分でも高い保湿力と引き締め効果で肌とアンダーヘアを守り、 臭いケアまでしてくれる優れものです。 アンダーヘアを細く柔らかくする下着 アンダーヘアのトリートメントは、髪の毛のケアと似ていますが、 アンダーヘアは下着と摩擦があるため、髪の毛より負担が大きいです。 でも下着は身につけないわけにはいきませんよね。 もし、 下着からケアしたいなら、素材の柔らかいものを選ぶと、アンダーヘアの摩擦を軽減することができますよ。 そして、アンダーヘアは乾燥したり、アルカリ性になってもゴワゴワと硬い毛になってしまいます。 アルカリ性になる原因は、市販の石鹸やボディソープの選び方です。 市販の石鹸やボディソープは、アルカリ性のものが多く売られているので、選ぶ時には 弱酸性を探してください。 アンダーヘアに優しい下着 アンダーヘアに優しい下着とは、オーガニックコットンや、シルクなどが良いです。 綿や絹などの天然素材で出来ているものは、 通気性がよく柔らかいのがポイントです。 一般的に使われている化学繊維は、敏感な肌に刺激が強く、摩擦はブツブツや黒ずみ、アンダーヘアにはキューティクルが壊れる原因となります。 また、形から言うと、ふんどしタイプのショーツは履き心地が楽だし優しい作りになっています。 アンダーヘアに優しいということは、デリケートゾーンにももちろん優しいので気になる方は、少しずつ揃えていくとストレスが軽減します。 オーガニックコットンの特徴 夏は涼しく、冬は暖かさを保ち、通気性と保温性をあわせ持つ素材です。 洗濯するたびに肌さわりが良くなるのも特徴。 ふんどしタイプのものが女性に人気があります。 シルクの特徴 柔らかく滑らかでやさしい肌触りです。 高い通気性でふんわり軽いのが特徴。 男性の好むデリケートゾーン 男性が女性とのラブタイムに満足しているのは約2割ってご存知? そして、約1割は、「まぁまぁ」という結果で、後の約7割は「不満」に思っているそうです・・・。 どうしてそんな結果になるのか・・・ 不満の原因は女性のデリケートゾーンにありました。 だから、とっても相性が良さそうなカップルでもラブタイムの後には、一気に冷めてしまうケースがあるんですね。 日本人のアンダーヘアは、もともと濃くて剛毛の方が多く、海外の方のようにアンダーヘアの処理が当たり前・・・という習慣も定着していません。 そして、日本人は臭いにも敏感なので、 デリケートゾーンの臭い対策は必須なのです。 アンダーヘア専用トリートメントは、陰毛を細く柔らかくしてくれるプラス臭いケアも兼ねているので、こういった悩みを解消するには必要なアイテムです。 アンダーヘアを細く柔らかく まとめ いかがでしたか? 今回は、アンダーヘア細く柔らかくする裏技を紹介しました。 裏技といっても、アンダーヘア専用のトリートメントを使うだけなので、誰でも簡単に始めることが可能です。 しかも、アンダーヘアを細く柔らかくするだけじゃなく、臭いケアまでしてくれますし、自己処理のときもやりやすくなったりと、メリットが大きいので、ゴワゴワの剛毛でお悩みの方はぜひ試してみて下さいね。

次の