甘酒 パン レシピ。 甘酒パンの作り方

甘酒からゴパン、高級生食パンまで!作れば作るほど楽しくなるパナソニックの万能ホームベーカリー3選|@DIME アットダイム

甘酒 パン レシピ

パンを焼く前に麹でまず甘酒を作りましょう 甘酒を使ってパンを作る前に、すべきことは麹で甘酒を作ることです。 ご自分で甘酒を麹から作ると、その甘さにびっくりしますよ。 その自然の甘さが、パン作りで生きるのです。 甘酒を麹で作るときは炊飯ジャーを使ったり、ヨーグルトメーカーを使ってもできますが、ここでは魔法瓶を使った作り方をご紹介します。 このとき、麹はまだ入れないでください。 温度計を使って、しっかり計ることは、とても大切です。 口が大きい魔法瓶だと、注ぎやすいですね。 10時間保温が効く魔法瓶を使いましょう。 8時間保温し続けるので、おすすめは寝る前に仕込んで、一晩保温することです。 保温時間を長めに見積もることと、温度が下がりすぎてしまったら、再加熱することを心がけましょう。 ホームベーカリーで麹甘酒パンは焼ける? では、おいしくできた甘酒を使って、パンを焼いていきましょう。 ホームベーカリーをお持ちなら、簡単に麹で作った甘酒入りパンが焼けます。 甘酒の自然な甘みがあるので、砂糖を入れないで作ることができます。 ホームベーカリーにお任せして、しっとりふんわりの麹甘酒パンを作ってみましょう。 もしくは、イーストケースがあるなら、ドライイーストをその中に入れます。 麹で作った甘酒で手ごねパンを作ろう 手ごねで作ると、また一段とおいしいですよ。 ここでご紹介するのは、少しハードめのプチパンです。 麹で作った甘酒をお水の代わりに入れて、こねて作ります。 過程を楽しみながら、作ってみましょう。 5分以上こねましょう。 オーブンに、この機能がない場合は、暖かい場所で発酵させましょう。 成型が終わったら、5分生地を休ませた後、また丸め直しましょう。 オーブンに霧吹きをして焼くと、パンがパリッと焼きあがりますよ。 焼き時間はオーブンによって違いますので、調整してください。 麹で作った甘酒入り蒸しパンとパンケーキの作り方 麹で作った甘酒の、自然な甘みでパンを作りましょう。 やさしい甘さを堪能してください。 2つご紹介しますが、ひとつはホットケーキミックスを使った、蒸しパンの作り方です。 様子を見ながら、短い時間で、こまめに加熱しましょう。 もうひとつのレシピは、甘酒とホットケーキミックスで作るパンケーキです。 高いところから生地の3分の1を落とし、ごく弱火で焼きます。 甘酒入りのため、少し焦げやすいので注意しましょう。 火が通ったら、出来上がりです。 蜂蜜などかけて、お召し上がりください。 朝ごはんや、おやつにピッタリですよ。 麹で作った甘酒で自家製酵母を作りましょう 米麹から作った甘酒で、酵母が作れます。 とてもおいしいパンが焼けますよ。 次に元種を作りましょう。 蓋をして、暖かい場所に置きましょう。 暖かい場所に置き、2倍に膨れたら箸で混ぜ、冷蔵庫へ入れましょう。 倍に膨らんだら、箸でガスを抜き、冷蔵庫へ入れましょう。 これで種の出来上がりですが、種自体は3~4日は冷蔵庫で保存ができます。 この元種を作ったら、おいしいパンが焼けますよ。 麹で作った甘酒酵母菌でパンを焼こう! 先ほどご紹介した酵母菌で、パンを焼いてみましょう。 こちらも、元をたどれば、麹菌で作った甘酒でできたパンです。 じっくり、ゆっくり発酵させるのがコツです。 焦らず、楽しんで作りましょう。 ドライイーストを使ったパンはポピュラーですが、一度この自家製酵母でパンを焼いてみてください。 きっと達成感が違いますよ。 同じ大きさになったら、5等分に分けて丸め、10分ほどベンチタイムをとります。 パンを焼く前に、パンの生地の上に切れ目を入れるのもおすすめです。 甘酒でできるパンはさまざま 麹で作った甘酒を元にしたパンの作り方をご紹介しましたが、いかがでしたか? 試してみたいレシピは、ございましたか? 甘酒は飲んでもおいしく、体にも良く、さらにパンまでも作れてしまうのですね。 まさに目から鱗です。 今回の記事を参考に、ぜひ作ってみてくださいね!•

次の

甘酒パンの作り方

甘酒 パン レシピ

BREAD海野 綾子 先生 甘酒は冬のイメージが強いかと思いますが、俳句においては夏の季語。 江戸時代に夏を乗り切る栄養ドリンクとして大流行したことがきっかけなのだとか。 最近ではテレビや雑誌などでも「飲む点滴」といわれ、その栄養価が注目されており、1日お猪口一杯程度の甘酒を飲むだけで夏バテ防止にも効果的といわれております。 今回はそんな甘酒を仕込み水の一部と置き換えて、食物繊維豊富な全粒粉食パンを作りましょう。 全粒粉は以下のような下処理をすることにより、ソフトに仕上げることができるのでオススメです! ホームベーカリーは各社メーカーによって名称は異なりますが、パネトーネ酵母を使うとイーストコース、または早焼きコースでも優秀なパンが焼けますよ! このレシピを 45人がお気に入りしています 1斤分 返品・交換 万が一当社の発送ミスや不良品(賞味期限切れ、破損等) がありましたら返品・交換をさせていただきます。 お電話またはお問い合わせフォームにて商品到着後 1週間以内にご連絡ください。 お客様のご都合による返品についてはをご覧ください。 *食品につきましては返品をお受けできません。 *お客様のご都合による交換は承っておりません。 ご注文後の変更・キャンセル ご注文後の変更・キャンセル 追加・一部変更はご利用になれません。 一度ご注文をキャンセルしていただき、改めてご注文をお願いいたします。 キャンセルはマイページのご注文履歴で【未配送】の場合のみ可能です。 ご利用環境について TOMIZオンラインショップを安心してご利用いただく為に、ご購入の前にCookie、JavaScript、SSLの設定が有効になっていることをご確認ください。 お問い合わせはこちら(一般・法人).

次の

甘酒で作る絶品お菓子レシピ紹介!!お菓子を食べて美しく健康に!!

甘酒 パン レシピ

料理研究家の小島喜和さんが教える、基本の甘酒レシピ。 数あるレシピのなかでもとくにシンプルな、簡単&失敗しない米麹を使った美味しいレシピです。 ほのかに甘くてやさしい口当たりの甘酒は、温めても冷やしても美味しく、朝の目覚めやおやつタイムに小腹を満たすのにぴったりですよ。 炊飯器で作る基本の甘酒レシピ 小島さんの甘酒レシピは「米と麹が1:2」と覚えておけば大丈夫。 砂糖は使わず、米の自然な甘さを引き出します。 材料を混ぜて炊飯器に入れるだけと工程もシンプルで簡単。 できあがりの目安は8時間です。 米…1合• 米を炊くための水…360ml• 冷ますための水360ml• 生の米麹…400g• 1)やわらかめにご飯を炊く 洗った米に分量の水を入れて、炊飯器で普通に炊きます。 炊きあがりは普通のご飯よりやわらかめ。 2)1に水を加えて冷ます ご飯が炊けたら、保温したまま1に少しずつ360mlの水を入れて混ぜながら冷まします。 この後麹を加えていきますが、麹は60度以上で死滅してしまうので、温度計で測って60度をキープ。 温度が下がらなければ少し水を足します。 「この『温度調整』は甘酒を作る上での唯一のポイント。 あとは炊飯器に任せるだけなので失敗しません」 3)麹を加える 3に麹を加え、全体をしっかり混ぜる。 4)濡れぶきんをかけて8時間保温する 炊飯器のふたを開けたまま濡れぶきんをかけて発酵させます。 6時間以降で甘くなりはじめ、完成目安は8時間。 「途中で1〜2度ふきんを湿らせて乾燥を防ぎます」 5)ペースト状になったら完成! ヘラですくってトロッとするぐらいのペースト状になったらできあがり! 粒感のない甘酒を好むなら水の分量を100mlほど多めにします。 あるいは、飲む際にブレンダー(スティックミキサー)でなめらかに仕上げるのもあり。 6)密閉容器に入れて保存 清潔な密閉容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存を。 手作り甘酒の消費期限は約1週間なので、使いきれなければ密閉保存袋に入れて冷凍しましょう。 「夏場に冷たくして飲むなら、大さじ1のゆず果汁を加えるとさわやかで美味しいですよ」 甘酒は調味料にも使える! 甘酒は、飲んで美味しいだけのものではありません。 調味料として使う簡単なアイディアを小島さんに教えてもらいました。 「せん切りにしたにんじんに、甘酒、オリーブオイルと塩を少々加えれば、さっぱりした和え物に。 おかずが足りない時にさっと作れて便利ですよ」.

次の