問題ないでしょうか 言い換え。 「とんでもございません」の意味と正しい使い方は?敬語や言い換え方も解説!

間違いないかを尋ねる際の正しい敬語の使い方

問題ないでしょうか 言い換え

「問題ございません」の意味と使い方 「問題ございません」の意味は「問題ない」 「問題ございませんの意味は「 問題ない」という意味で使用される言葉です。 「問題ない」は「 大丈夫である・支障がない」ということを言い表しています。 つまり「大丈夫です」「支障がないです」と伝える丁寧な言い回しが「問題ございません」となります。 目上の人や取引先の相手といった敬意をはらうべき相手に、何かを確認されたときに「大丈夫です」と返事をする場面で「問題ございません」と使用します。 「問題ございません」はビジネスメールで相手の提案に賛同するときに使う 「問題ございません」は、「問題ありません」という言葉を「ございません」という丁寧語に言い換えた表現です。 上述したように「問題ない」には、「大丈夫・支障がない」といった意味があり、 目上の相手の提案に「大丈夫です」「支障ないです」と賛同する場面で使用されます。 特に、顔の見えないビジネスメールでは、「結構です」など冷たく感じられる返信をしてしまうと相手に思わぬ誤解をさせてしまう場合があるので、「問題ございません」と丁寧な言い回しで返信しておくことが無難です。 「問題ございません」は相手の不安・心配を払拭するときにも使う 「問題ございません」は、様々なニュアンスで使用され、 相手の不安・心配を払拭するときにも使用されます。 不安な気持ちがある相手に対して「問題ございません」と伝えることで「心配ないですよ」「大丈夫ですよ」というニュアンスで相手の不安を解消する目的で使用されることがあります。 「問題ございません」の敬語 「問題ございません」は正しい敬語 「問題ございません」は、上述したように「問題」という言葉と、「ありません」という丁寧語の打ち消しを使用した正しい敬語表現です。 「問題ございません」は「問題ありません」を丁寧に表現した言葉であるため、目上の人に対しても使用できます。 「問題ございませんでしょうか」は二重敬語 ビジネスシーンにおいて「問題ございませんでしょうか」と使われていることがありますよね。 実は 「ございませんでしょうか」は間違った表現です。 「ございませんでしょうか」は、「ありません」の丁寧語「ございません」+「だろう」の丁寧語「でしょう」+疑問を表す終助詞「か」で成り立っています。 「ございません」と「でしょう」はともに丁寧語のため、二重敬語となります。 「問題ございませんので」はそのまま行動を促すときに使う 「問題ございませんので」は、「 問題ないので」「 大丈夫なので」という意味でそのまま行動を促すときに使用する言い回しです。 相手に内容に問題がないか確認されたり、提案をされたというような場面での返事として使用されます。 例文 「ご提出していただいた企画の内容で話を進めていただいて問題ございません」 「はい、そちらの内容で問題ございません。 よろしくお願いいたします」 「先日ご提案いただいた工程で問題ございません。 何卒よろしくお願いいたします」 「問題ございませんでしたら」は「問題なければ」の意 「音大ございませんでしたら」は、「 問題なければ」という意味で相手に問題がないかを確認する場面で使用する言葉です。 相手に書類に不備がないかをしてもらう・企画書の内容を確認してもらうといった場面で使用されます。 例えば、「問題なければそのまま進めさせていただきます」といったように使用します。 目上の人に対しては、肯定の意味でも否定の意味でも「結構です」を使用するのはなるべく避けた方が良いでしょう。 なぜなら、元々身分の高い人が自分より身分の低い人に対して 「それで良い、十分である」と、許可を与える意味合いで使っていた言葉であるからです。 そのため、上から目線なニュアンスがあり、「結構です」は、一般的に目上の人が目下の人に対して使う言葉です。 「構いません」も冷たい印象 「構う」には、「世話を焼く」「気にかける」「気を使う」「からかう」とたくさんの意味が含まれます。 その中でも「構う」の否定形「構わない」は、「気にしない」「差し支えない」を意味しています。 「構いません」には 「許可する」「どちらでも良し」といった偉そうなイメージを持つニュアンスが含まれるため、取引先の相手や顧客など目上の人に対しては使用しない方が良いでしょう。 「構いません」は主に、同等や目下の人に対して使用します。 「問題ございません」の正しい言い換え 親しい目上なら「問題ありません」とOK 親しい目上の相手であれば、「問題ありません」という表現で問題ありません。 「問題ありません」は、 「ない」に丁寧表現である「ありません」を使用した表現であるため、親しい間柄であれば十分に丁寧な表現です。 「問題ございません」では逆に堅苦しすぎるという場合もありますので、使用する場面や相手によって判断しましょう。 例文 ・日程の件ですが、提示してもらった日程で問題ありません。 ・内容には問題ありませんのでそのまま印刷をお願いします。 「承知しました」は目上に使える敬語 「承知しました」の意味は、「 内容を理解して、聞き入れること」です。 相手の依頼や、希望、命令などを聞き入れる場面で、「承知しました」という使い方をします。 また、「承知しました」は、「わかりました」の謙譲語でるため目上の人にも使用できる表現です。 例文 ・ご希望の条件、確かに承知しました。 ・連絡先変更の件、了承しました。 つまり、「差し支えございません」は「 問題ありませんよ」「 いいですよ」を表します。 また、「差し支えございませんでしたら〜」という表現は、相手にただ何かを依頼するだけではなく、「都合が悪かったら断っても構いません」という相手に選択の余地を与えます。 「ことをなす妨げとなる物事」という意味のある「支障」という言葉に、「ありません」の丁寧語である「ございません」という否定の意味のある言葉をつけて「ことを進めるにあたって妨げとなるものではない」という意味になります。 例文 ・その件に関しては、そちらの内容で支障はございません。 ・この場所を来場者の荷物置きにしてもらっても使用はございません。 「心配には及びません」 「心配には及びません」は、「 心配するほどのことでもないですよ」「 問題ないですよ」という意味で使用される言葉です。 不安や気がかりを抱くことはないですよという意味で相手を安心させる意味合いで使われます。 例文 ・すぐにこちらで何とかしますので、心配には及びません。 ・少し休めばすぐによくなると思いますので心配には及びませんよ。

次の

問題ないですって英語でなんて言うの?

問題ないでしょうか 言い換え

「大丈夫」の敬語表現とは 普段の生活であれば、「大丈夫ですか?」と尋ねられたら「大丈夫です」と答えるのは至って普通のことです。 しかし、ことビジネスシーンにおいて「大丈夫」はNGワードです。 上司や目上の人に対して使用するのは適切ではありません。 今回は「大丈夫」を中心に敬語への言い換え方を見ていきましょう。 「大丈夫」を敬語に言い換える時は自分が何を伝えたいのか考える 「大丈夫」を敬語に言い換える時はまず、自分が相手に何を伝えたいのか考えることが重要になります。 たとえば、会食の日程について取引先のお客様から提案のメールがあったとします。 その提案に対して了解の返事をしたい時、「大丈夫です」というのは目上の人に対しての言葉遣いとしては不適切です。 当然、「OKです」や「了解しました」もNGとなります。 この場合「その日程で問題ない」ということを伝えたいのでメール文では以下のようになります。 「結構です」は目上の人には使えない 敬語に肯定の意味で使われる 「結構です」がありますが、これは本来、目上の人が目下の人に対して使われる言葉なので、 部下が上司に対して使うのは間違いです。 正しくは「問題ございません」となりますので、意識して正しい敬語を使用しましょう。 また似たような言葉に 「構いません」という表現がありますが、これは 「してもしなくても、どちらでもよいです」という意味が含まれるうえ、上から目線の言葉になってしまうので厳密に言うと上司や目上の人に使用するのにはあまりふさわしくありません。 同期や先輩など少し砕けた言い方でも問題ない相手には使用しても良いでしょう。 ビジネスシーンでの言い換え表現を覚えよう 普段、家族や友人との間で使用する分には問題ない言葉もビジネスシーンにおいてはNGであったり、通用しなかったりすることが多々あります。 敬語への言い換えは1日や2日で習得できるような簡単なものではありません。 言い換えを瞬時にできるようになるためには、普段から意識して使用する必要があります。 以下はビジネスメール(取引先のお客様とのメール)においての言い換え表現になります。

次の

「問題ございません」の言い換え表現・正しい用法・ビジネス文例

問題ないでしょうか 言い換え

新社会人が戸惑う1つとして、言葉遣いがあげられます。 中でも敬語に関しては、学生生活の間に使う頻度が少ないのもあって、苦手意識を持っている人が多いようです。 直接の会話ではなくても、電話やメールで敬語が必要なケースもあります。 覚える敬語がたくさんあって余裕のない日々かもしれませんが、なるべく早く言葉遣いにも慣れていきましょう。 敬語を過剰に使うのも良くない 正しい言葉遣いで表現しようという思いが強すぎると、過剰に敬語を使ってしまう場合があるので注意が必要です。 例えば「ご覧になられますか?」という言葉には、「ご覧になる」という尊敬語に加えて、同じく尊敬語である「れる」が使われており、二重敬語になっています。 「ご覧になりますか?」というシンプルな形が正解となるのです。 細かいなと思う人もいるかもしれませんが、このような小さなミスが重なると、信頼問題に関わってくるケースもあります。 特にメールだと文字で残り、読み返していないと判断される場合もあるので注意が必要でしょう。 「問題ありません」を伝えるシチュエーションは3つに分類できる 「問題ありません」という内容を伝える場面は、ビジネスシーンでは頻繁に訪れます。 メールや電話、対面形式での営業など、伝える手段もさまざまです。 「問題ありません」という言葉を使うシチュエーションは、「連絡に対しての言葉」「提案に対しての言葉」「心配に対しての言葉」という3つに分類できます。 次項からは、これらのケースを1つずつ考えていきましょう。 オーソドックスな敬語は、「問題ありません」ではなく「承知いたしました」です。 例えば、会食の日程が決まったと連絡があったとき、 「承知いたしました、ご連絡ありがとうございます」 と文章に入れると、自然な文章になります。 「承知いたしました」は「わかりました」という意味の敬語ではありますが、了承することでこの日程で「問題ありません」という内容を伝えているのです。 例えば、いっしょに仕事をしているデザイナーさんから提案があったとき、「その案で問題ない」という言葉をしっかりと伝えないといけないので、「問題ございません」や「差し支えありません」といった敬語が適切です。 文章の終わりに「よろしくお願いいたします」とつけると、「問題ありません」という意味で自然な流れになるでしょう。 特に相手がお客さんの場合、不安を継続させないような配慮が必要になります。 「支障はないかと存じます」や「ご心配には及びません」といった敬語を使って、丁寧かつ安心感を与えられるような言葉を選ぶ必要があるのです。 場合によっては謝罪の必要もありますが、謝罪に終始するのではなく、なぜ心配がいらないのかといった説明をして、安心を与える必要があるでしょう。 「問題ありません」の敬語は「承知いたしました」などビジネスシーンによって使い分ける 「問題ありません」という言葉を敬語でどのように表現すればいいのか、という点についてまとめてみました。 「連絡に対しての言葉」、「提案に対しての言葉」、「心配に対しての言葉」といったように、シチュエーションによってふさわしい敬語を選ぶ必要があります。 新社会人にとっては覚える要素が他にもたくさんあり、敬語にまで頭が回らない場合もあるものです。 手本となる先輩の真似をしながら、少しずつ身につけていきましょう。

次の