いずも型護衛艦 改修。 護衛艦「いずも」、最初の利用は米軍機 日本側が伝える:朝日新聞デジタル

ツッコミどころ満載、米企業の『いずも型護衛艦』改装案 : ZAPZAP!

いずも型護衛艦 改修

いずも空母化とF-35B搭載? 12月後半に見直される現防衛大綱の中で、「多用途運用母艦」を導入する方針で、そのため「いずも」型護衛艦を改修することが報じられています。 岩屋毅防衛相は27日の記者会見で、政府が新たな防衛大綱に導入方針を盛り込む方向の「多用途運用母艦」について、海上自衛隊最大の「いずも」型護衛艦の改修を軸に検討していることを明らかにした。 出典: また、艦載機としては、F-35Bが想定されているようです。 航空自衛隊が既に導入しているF-35Aと異なり、F-35Bは短距離離陸・垂直着陸(STOVL)型で、主にアメリカ海兵隊やイギリス海軍での運用が想定されているタイプです。 強襲揚陸艦ワスプに垂直着艦を試みるF-35B 米海軍サイトより) F-35Bは前述の通り、STOVLと呼ばれる離発着方式を行うタイプです。 これは、燃料や武装を搭載して重くなっている離陸時は短距離の滑走を行って離陸し、燃料を消費して軽くなっている着陸時は垂直に着陸するという運用を行うもので、アメリカが保有する空母のような長大な飛行甲板を持たない空母や強襲揚陸艦に搭載することを想定しています。 F-35B搭載に必要な改修 飛行甲板は運用する航空機の重量に耐えられなければいけませんし、排気が下に向く航空機を艦艇で継続的に運用する場合、その排気の熱に耐えられる甲板が求められます。 例えば、タンカーを改修したアメリカ海軍の病院船マーシーは、従来からヘリコプターを運用する甲板を持っていましたが、V-22オスプレイ運用に適さないため、オスプレイを運用できるよう改修が予定されています。 では、具体的にどういう改修が必要となるでしょうか。 F-35Bの運用を想定している艦艇を見てみれば、いずもに必要とされる改修内容も見えてくるでしょう。 例えば、イギリス海軍の空母クイーンエリザベスでは、ジェット・ブラスト・ディフレクターと呼ばれる「盾」が甲板に仕組まれています。 これは、高熱で強力な排気の直撃から甲板上の乗員や機材を守るための装備で、甲板からせり出た盾で排気を上空に逃すことで乗員を守っています。 単なる板ではなく、排気の熱に耐えるため、内部には冷却水が循環する構造になっています。 F-35によるジェットブラストディフレクターの地上試験(米海軍サイトより) また、飛行甲板自体にも熱対策が必要です。 F-35Bを継続的に運用するには、米海軍航空システム・コマンドの研究によれば、華氏1700度(摂氏約927度)以上の熱に耐える飛行甲板が必要とされています。 そのため、アメリカ海軍のアメリカ級強襲揚陸艦、ワスプ級強襲揚陸艦も、F-35Bを運用するために飛行甲板に耐熱コーティングを施すなどの改修を受けています。 以前、いずもの飛行甲板でV-22オスプレイが離着陸したことがあり、オスプレイの排熱に耐えられるのではないか? という推測がされたことがありました。 しかし、オスプレイの継続的な運用に必要な耐熱温度は華氏380度で、摂氏約193度とF-35Bと比べればずっと低い要求です。 F-35Bはオスプレイとは桁違いの排熱を出しており、いずもの飛行甲板も改修が必要になることでしょう。 F-35Bの航続距離や多用途性を考えれば、ハード面に留まらずソフト面でも、いずも以上の管制・指揮能力が求められるでしょう。 機材の更新・追加に加え、より広いスペースの確保や、人員の増員がなされると考えられます。 有用性は? しかし、仮に艦載機としてF-35Bが導入されるとなると、運用的には現用機の後継ではなく、新規の導入という形になります。 厳しい財政が続く中で新たな戦闘機を導入することの是非や、F-35B運用を担うのは海上自衛隊か航空自衛隊かといった問題も出てくるでしょう。 いずれにせよ、いずもの空母化とF-35B導入がされたならば、海上自衛隊が新たな時代を迎えることになるのは間違いないでしょう。 小型の空母・強襲揚陸艦と少数のF-35Bの組み合わせの有用性については議論がありますが、これが目論見通りに行くか、中途半端に終わってしまうのか、それともまだ他の「本命」が控えているのか。 結果が判るのは、まだまだ先になりそうです。

次の

「いずも」空母化へ/19年度にも改修/防衛省 調査結果を公表

いずも型護衛艦 改修

「いずも」型改修:「自公合意」と「防衛大綱骨子案」「中期防骨子案」 護衛艦「いずも」改修問題について協議した与党・防衛大綱ワーキングチーム 11日 F-35Bステルス戦闘機を離発艦できるようにすると、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」は、「空母」や「攻撃型空母」になるのか。 策定中の「防衛計画の大綱」の焦点のひとつ、海上自衛隊の護衛艦「いずも」の改修問題について、与党の自民、公明両党は、12月11日、ようやく合意した。 具体的な内容は下記の通りだ。 過去、極めて大きな破壊力を有する爆弾を積めるなど、大きな攻撃力を持つ多数の対地攻撃力を主力とし、 2. 援護戦闘機や警戒管制機などを搭載して、これらの全航空機を含めてそれらが全体となって一つのシステムとして機能するような大型の艦艇は、憲法上許されない性能上もっぱら相手国の国土の破滅的破壊のためのみに行われる「攻撃型空母」となりうるとされている。 改修後の「いずも」型護衛艦については、運用可能な航空機などを勘案すれば、到底こうした艦艇には当たらないのは明白であり、現在の国際情勢や科学技術などに鑑みれば、憲法上保有を禁じられるものではない。 ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」 以上の通り、改修後の「いずも」型が、いわゆる「攻撃型空母」にはあたらないという趣旨の覚書を交わした。 そして「平成31年度以降に係る防衛大綱の骨子(案)」には以下の事柄が書き込まれた。 STOVL機を含む戦闘機体系構築等により、太平洋側を始め空の対処能力を強化。 戦闘機の運用の柔軟性の向上のため、必要な場合に現有の艦艇からの、STOVL機の運用を可能とするよう、必要な措置。 さらに、同日まとめられた「中期防衛力整備計画(平成31年度~35年度)骨子(案)」には、「必要な場合にSTOVL機の運用が可能となるよう検討の上、海上自衛隊の多機能のヘリコプター搭載護衛艦(「いずも」型)の改修を実施」と明記された。 F-35Bステルス戦闘機のリフトファン STOVL機とは、短距離離陸/発艦+垂直着陸/着艦が出来る航空機のことである。 F-35Bステルス戦闘機は、機体のほぼまん中にある巨大なリフトファンで、下向きに強い風を送り、さらに、ジェットエンジンの噴射口を下に向けることで、垂直に着陸/着艦、短距離離陸/発艦が出来るSTOVL機の典型だ。 海自「いずも」型と米海軍強襲揚陸艦「WASP」 米海軍の強襲揚陸艦「WASP」 「いずも」は、平らな甲板を持つが、もともと、対潜水艦作戦用のヘリコプターを載せて運用する護衛艦である。 米海兵隊のF-35Bステルス戦闘機を運用している米海軍の強襲揚陸艦「WASP」の飛行甲板の長さは257mで、「いずも」型の平らな飛行甲板の全長248mは、WASPに少し足りない程度。 さらに、飛行甲板の下にある飛行機の格納甲板やエレベーターも、F-35Bの大きさ、重量に基本的に問題のない性能を持っている。 「いずも」型改修のカギは、飛行甲板の耐熱処理 ただ、F-35B戦闘機は着艦の際に、ジェット・エンジンの噴射口が、真下に向くため、熱い排気が甲板に叩きつけられる。 甲板が熱に耐えられる必要があるのだ。 改修の必要があるのは、まずこの点だろう。 次に、F-35Bを着艦させる際の誘導をどうするのか。 発艦する前のF-35Bに、ミサイルや爆弾をどのように搭載するのか。 そして、F-35B戦闘機をどのように発艦させるのか等、課題は山積みとなる。 「WASP」から発艦するF-35B また、今回、F-35Bは「必要な場合に現有の艦艇からのSTOVL機の運用を可能とする」と大綱案に明記されているので、F-35Bの運用は基本、地上の基地からであり、必要な場合にのみ、改修された「いずも」に搭載されることがわかる。 つまり、「いずも」型を改修しても、「空母」ではなく「ヘリコプター搭載護衛艦」であることには変わらない、というのである。 艦載戦闘機の目、早期警戒機 改修した「いずも」に搭載できるF-35B戦闘機の機数は、最大で12機から14機程度とされる。 F-35B戦闘機自体、強力なセンサーの塊とされ、開発時には、その赤外線センサーは、1000km先から発射、飛行するロケットが捕捉できたとされる。 つまり、F-35Bに搭載されたセンサーで、1000km先の弾道ミサイルの追尾が出来る可能性があるのだ。 E-2D早期警戒機 とは言え、「いずも」の場合、戦闘機の空の目となる空飛ぶレーダーサイト=早期警戒機の搭載は、甲板の長さから、現有機のE-2ホークアイでは、ほぼ不可能であるため、「改修された『いずも』型+F-35B戦闘機」の実力は、制限的にしか発揮できないのではないだろうか。 米海兵隊F-35B運用の米海軍艦は、西太平洋では1隻のみ 「WASP」の甲板上:F-35B しかし、「いずも」の改修は、周辺国や同盟国には、注目を集めるだろう。 それは、米海軍が、現在、西太平洋、インド洋で、F-35B戦闘機を運用できる軍艦は、唯1隻、佐世保を母港とする強襲揚陸艦WASPしかないことにある。 F-35Bを搭載したWASPが、作戦行動中に、故障や敵の攻撃等で「航行できない」、「フネが傾く」等の事態になったら、F-35Bは、行き場を失うことになりかねない。 WASPに搭載しているヘリコプターなら、着艦できる同盟国の軍艦であっても、F-35B戦闘機は、着艦の際、高温度の熱を甲板に叩きつけるので、飛行甲板を耐熱処理していなければ、受け入れるのは、極めて困難だろうからだ。 WASPは、2019年中にも次の揚陸艦に交代するとも伝えられているが、F-35Bを搭載し、西太平洋で睨みを利かせる米海軍の軍艦は、当面、1隻しかない状況が続くことになりそうだ。 豪海軍、米F-35Bに甲板を貸す? 豪海軍キャンベラ級揚陸艦「アデレード」 こうした点を睨んだためか、オーストラリア海軍のキャンベラ級強襲揚陸艦2隻は、F-35B戦闘機の発艦に適した、飛行甲板の前の部分が反り返った「スキージャンプ甲板」を持っている。 WASPの作戦行動中に、変事があれば、米海兵隊のF-35B戦闘機を受け入れられるというわけだ。 これは、オーストラリアから近い、南シナ海や、インド洋では、役にたつ考え方かもしれない。 ヘリコプター搭載護衛艦「かが」 しかし、東シナ海や日本海、それに、フィリピン海は、オーストラリアより、日本の方が近い。 その日本で、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」と「かが」をF-35Bの離発艦可能に改修することになれば、物理的には、米海兵隊のF-35B戦闘機も受け入れることは可能になるだろう。 日本の安全保障上も、「日米」または「日米豪」による抑止の強化と、周辺国には見えるかもしれない。 「F-35B」STOVL戦闘機を地上から運用する意義 また、改修された「いずも」に搭載されていない「F-35B」戦闘機が、存在することになっても、日本の安全保障上は重要だ。 前述のとおり、F-35Bは、250m前後の滑走路があれば、離発着の運用が可能な戦闘機だ。 物理的には、戦時、災害時に、航空自衛隊の基地の滑走路の使用できる部分が短くなっても、航空自衛隊の基地ではない短い滑走路の飛行場でも、運用できることになるだろう。 これは、日本の戦闘機部隊の運用の柔軟性という意味でも重要なことになるだろう。 これもまた、日本の安全保障という観点からは重要なことになるかもしれない。 (執筆:フジテレビ解説委員 能勢伸之).

次の

護衛艦いずも「攻撃型空母」誕生は本当か 戦後貫いてきたスタンスから外れる

いずも型護衛艦 改修

日本政府が「いずも型」護衛艦をF-35B短距離離陸・垂直着陸戦闘機を搭載する航空母艦に改修する計画を検討中だと、国内外のメディアが報じている。 欧米メディアが日本の現状や課題を比較的冷静に伝えている一方、軍事的ライバル関係にある中国メディアは自国政府の非難声明や批判的な識者の声を取り上げている。 ただ、当の小野寺五典防衛相は26日午前の記者会見で一連の報道を否定。 現段階で改修は検討していないとした。 これが事実で報道が誤りなのか、あるいは中国や野党勢力の非難をかわすための方便なのか。 既に駆け引きは始まっていると言えよう。 垂直に離着陸できる米海兵隊の『F35B』戦闘機の運用を想定するとともに、航空自衛隊が同型機を導入することも視野に入れている」と報じている。 他のメディアも概ね同様の情報を伝えており、出どころは「複数の政府関係者」とされている。 政府の公式発表はなく、小野寺防衛大臣は26日午前の記者会見で「防衛力のあり方に関して、不断にさまざまな検討をしているが、F35Bの導入やいずも型護衛艦の改修に向けた具体的な検討は、現在行っていない」と述べた(ロイター)。 改修を加えれば固定翼機を運用できるとされ、事実上の空母であることは、いわば公然の秘密として就役当初から指摘されてきた。 F-35Bは、航空自衛隊が米国から購入する予定のF-35Aの短距離離陸・垂直着陸型で、小型空母での運用を想定している。 「いずも」型はもともと、F-35Bの運用を前提に設計されたという情報もある。

次の