動画 編集 ソフト youtuber。 Youtuberに人気の動画編集ソフトを10選!初心者からプロまで

YouTuber動画編集ソフトランキング!無料・有料別まとめ

動画 編集 ソフト youtuber

前置き 今回はBlenderでYoutuber風の動画編集ができるということを伝える記事を作ろうと思います 皆さん動画編集ソフトは何をお使いですか? 本格的に動画編集をするとなると、AdobeのPremiaやAfterEffectになると思うのですが、これらは有料ソフトなのでアドビに税を払わないといけません 学生時代はアドビのソフトが全部込みのCreativeCloudが学生料金で使えたので使っていたのですが、社会人になってこれが重税過ぎて払えないのでフォトショップを除いて解約してしまいました そこで無料ソフトを探すことになるのですが、 無料ソフトといえば、昔はWindowsに標準でWindowsムービーメーカーというものが付いていてそこそこ使えたのですが、最近はサポートされていないのでまともに動かなくなっていました AviUtlという無料ソフトがありますが、これは触ってみたのですがプラグインをたくさん入れないと何も機能しないような作りになっていたりUIが特殊だったりと個人的には微妙でした そのほかの無料の動画編集ソフトも色々ダウンロードして使ってみたのですが、どれもまともに動かないものが多くて最近は動画編集を半ばあきらめていました ここで救世主が現れたというわけです blenderのダウンロードはこちら Blenderで動画編集?? 皆さんこんな風に思っていると思います 「Blenderって3Dモデリングソフトなんじゃないの?」 「3Dモデリングソフトを無理やり動画編集に使うの??」 しかしそうじゃないんです Blenderには3Dモデリング用のウィンドウ、UV編集用のウィンドウ、3Dアニメーション制作用のウィンドウなどがあってそれをタブで切り替えられるのですが、そのひとつとして動画編集のウィンドウがさりげなく存在します しかも、それなりに機能がそろっていてちゃんと動く! 前述のとおり無料のソフトはまともに動かないものばかりなのでものすごくありがたい! 操作感的にはAfterEffectに近いです 機能はさすがにAfterEffectよりは劣りますが、AfterEffectより起動が速くて動作が軽いと思います 「Blenderって操作が独特で使いにくいんじゃないの?」 っていう声が聞こえてきそうですが、それについてもBlender2. 8のメジャーアップデートの際に操作感やUIの大幅な改善がなされており、かなり一般的な操作体系に寄ったので使いやすくなっています まとめると、• 機能がある程度そろっていてまともに動く• 動作が軽い• Blender独特のUIの分かりにくさも減っているはず といったところです ほんと最近のBlenderってすごいですね… ちなみに今回の記事で作れるようになる動画はこんな感じです(自分が練習で作った動画です) やってることとしては、• カット編集• 文字入れ• 効果音・BGM入れ• 画像入れ• フェードイン・フェードアウト といったところです あ、別に機能が少ないので Youtuber 風の動画ぐらいしか作れませんという意味でのタイトルではないです! (Youtuber 風の動画編集できました!という報告です) 使い方 動画編集ウィンドウを開く ここです! 設定画面画面を出す 動画編集を始める前にいくつか設定をしておいた方がいいです まず設定画面の出し方ですが、下の画像のどれかをクリックしてください そして、プロパティーエディタを出します Blenderの画面構成について 今回はそれほど必要でもないことですがBlenderが初めての方向けに説明すると、Blenderはウィンドウ内が複数のエディタで分かれていて(下画像)、 先ほどプロパティーエディタを出したように自由に切り替えることができます 先ほど動画編集ウィンドウを開くためにタブをクリックしましたが、 他のタブをクリックすると他のエディタで構成されたウィンドウが出てきます そこに「Video Editing」や「Default」(モデリング用の画面)や「Animation」など色々なタブが並んでいますが、そのどれを選択していても先ほどのように任意のエディタを出してカスタマイズすることができます(少し変わった実装ですが) また、各エディタの四隅をドラッグすれば画面の分割を増やしたり減らしたりすることもできます (エディタの四隅のどこかから内側にドラックすれば分割が増やせて、外側にドラッグすれば分割が減らせます 2つ以上のエディタがいっきに消えてしまうような方向にはドラッグ出来ないようになっているようです) 設定する 先ほど開いたプロパティエディタで設定をしていきます まず、「出力」のタブを開いてください そして下の画像のように設定します 分かる方は好きに設定してもらえばいいです いくつか注釈しておくと、「終了」フレームは動画の長さを決めます 動画の長さが決まっていない場合は最初はとりあえず適当に莫大な数値を入れておいて、完成して実際に出力する際に入力しましょう ファイルフォーマットは最初は. png 画像の形式になっているので、動画用の ffmpeg(.

次の

YouTuberが本当におすすめしたい動画編集ソフト【まとめ】

動画 編集 ソフト youtuber

YouTuberが動画投稿を行なっていく上で、動画編集という作業は欠かせないですよね。 今回は本当におすすめしたい動画編集ソフトを有料・無料合わせてご紹介します。 高機能で最強の無料動画編集ソフト 無料動画編集ソフトの王道『AviUtl』 高機能でなおかつ無料の動画編集ソフトと言えばコチラ、AviUtl。 AviUtlは無料なのにも関わらず、有料ソフトに匹敵するレベルの動画編集ソフトで、使い方などが分からなくてもサイトや内での解説動画が充実しているためオススメです。 こちらのAviUtlは1997年に「KENくん」という方が個人開発したソフトで、AviUtl単体での動画編集機能に併せて、第三者が作成したを追加することで、有料ソフト顔負けの超高機能動画編集が可能になっています。 見た目は若干古臭いという声も聞かれますが、実力はホンモノなので、是非使ってみてはいかがでしょうか。 一つ注意として、こちらのAviUtlはでしか使えないため、ユーザーは別のソフトを探す必要があるようです。 詳しくは後述させていただきます。 有料で一番最強の動画編集ソフトは? 有料ソフトの王道『 PremierePro』 有料の動画編集ソフトで一番有名なのが PremierePro。 こちらのソフトは後述するFinalCutProXと同様に人気のあるYouTuberが良く利用する動画編集ソフトとして知られています。 PremiereProの特徴として、、共に利用可能な点、高機能かつ分かりやすいUIなどが挙げられます。 注意するポイントとして、こちらの PremiereProはパッケージ購入ではなく、利用している間は毎月一定額支払い続ける型のソフトだということです。 現在の PremireProの値段は、単体の場合、年間契約の1ヶ月毎支払いで2180円。 PremierePro以外に、有名な画像編集ソフトであるや、PremiereProだけでは作れないモーショングラフィックを作成出来るAfterEffectsなど、沢山のソフトが利用できるコンプリートプランで、月4980円となっています。 高いクオリティのサムネイル作成が行えるなども一緒に使えることから個人的にはコンプリートプランの方がお得かとは思いますが、やはり若干高いという感じは否めないですよね。 しかし、AdobePremiereProは後述するのFinalCutProXには無い機能を使用できたりするので、ある程度動画編集の経験を積んだ方はPremiereProを使うことをオススメします。 学生や教職員は製品が安いのでオススメ 実は製品には、学生・教職員向けのプランが用意されており、そちらのプランだと通常価格の半額以下になります。 コチラの学生・教職員向けプランはPremiereProの単体プランが用意されていないため、コンプリートプランのみの販売となっていますが、の製品がほとんど使えて月1980円ととてもお得なので対象の方は是非購入してみてはいかがでしょうか。 有料ソフトならこっちも外せない。 限定の有能編集ソフト『FinalCutProX』 FinalCutProXはあのから販売されている高機能な動画編集ソフト。 有名なYouTuberさんも多数使用しているこのソフトの特徴として、製品との親和性の高さが挙げられます。 ユーザーの方はFinalCutProXを使うことは出来ませんが、こちらのソフトはから出しているため、を使用している方は高い安定性を保ちながら編集することが出来ます。 よくAdobePremiereProとFinalCutProは比較されることが多いですが、どちらも普段使っている者としては、そこまでこだわらないサクサクとしたYouTuber的編集であればFinalCutPro、テロップにこだわりたい人やを使っている人、と併用して使っている人にはPremiereProをオススメします。 FinalCutProの弱点として、テロップを動画に入れる際、複数の外枠をPremiereProの様につけることが出来ないため、テロップ重視のYouTuberさんには敬遠される傾向にあります。 PremiereProと比べると、始めから使いこなしやすいため、パソコンにそこまで強くない方や、編集時間をあまり掛けたく無い方はFinalCutを使うと良いと思います。 PremiereProも慣れてしまえばFinalCutProと大差なく編集出来ると思うので、AviUtlを使っている方で有料ソフトに移行を検討している方はPremiereProを使うことをオススメします。 他に良い動画編集ソフトはないのか 動画編集に長く携わる中で様々な動画編集ソフトを触ってきましたが、こちらで紹介したAviUtl、AdobePremierePro、FinalCutPro以外に良いソフトがあるのか、というと個人的にこれ以外にオススメできる編集ソフトはありません。 AdobePremiereProの下位版であるPremiereElementsも、以前使っていた時期がありましたが、付いている編集機能、使いやすさ的な面を見ても、あまり他の人にオススメできるソフトではありませんでした。 Tubersでは当記事以外にもYouTuberになりたい方やリスナー向けの記事を随時発信しておりますのでよろしければ購読よろしくお願いします!!! (作成:Tubers編集部) Tubers.

次の

【YouTuber必見】無料ロゴなし動画編集ソフト&アプリ10選|tabibito blog

動画 編集 ソフト youtuber

この記事は、 ゲーム実況者やYouTuberを目指している人、実際に活動してる人向けの記事です。 どうも。 鳥の爪団 総統です。 筆者は をしています。 現在のチャンネル登録者数は約65000人です。 説得力の為に書きますが、筆者は実際にYouTubeのゲーム実況で生計を立てています。 興味を持った方は是非見に来てくださいね。 今回は「動画編集ソフト」についてです。 7年近く使っていた無料の動画編集ソフト『AviUtl』からAdobeの『Premiere Pro』に切り替えて1ヶ月以上が経ちました。 Adobe Premiere Pro導入しました! 7年近く使ってた編集ソフトから移行するので、分からないことだらけで時間かかると思いますが、少しずつ覚えていきたいです😌 とりあえず、ちょっと触ってみて「あれがしたいのに出来ん!!」状態です🙉ガンバルゾ — 鳥の爪団 総統🦉とりつめブログも見てね! torinotume 無料のソフトと有料のソフト、どちらも使用してみて分かったことや感じたことなどを共有していこうと思います。 ・どんな動画編集ソフトを使ったらいいのか分からない• ・動画編集ソフトを買うか迷ってる• ・有料と無料の違いが知りたい こういった人の参考になれば幸いです。 7年近く使用した『AviUtl』 出典:AviUtl 筆者は7年近くという無料の編集ソフトを使用して動画を作っていました。 なんでそんなに長いこと使っていたのかは以下の通り。 ・他のソフトを学び直すのが面倒だった• ・慣れたソフトなので編集が速い• ・大抵のことは『AviUtl』で出来るので不便していなかった• ・エンコード時間も有効活用していた こんな感じです。 無料のソフトでそれほど困ってなかったので、 有料にするメリットをあまり感じていなかった訳ですね。 エンコード時間がめちゃくちゃ長い『AviUtl』 『AviUtl』を使っている時は比較する編集ソフトがなかったので、一種の感覚麻痺だったのですが、『AviUtl』めちゃくちゃエンコード時間が長いです。 エンコードとは 編集した動画を書き出して 「mp4」など動画の形式に変換する作業です。 特別な作業は必要なくて、ボタン一つで出来ます。 エンコードが開始されるとパソコンはその作業に集中するので、 他のソフトを立ち上げたり、ネットサーフィンなども重くてできない状態になってしまいます。 要は数分〜数時間ほどパソコンが使えない状態になる訳です。 エンコードをしている間は他の作業ができないので、当然動画を撮ることもできません。 『AviUtl』の場合、20分の動画を作って2パスでエンコードすると、 余裕で2時間〜4時間近くかかります。 エンコード時間がもったいないので、その間に家事をしたり、食事の時間にしたり、こうしてブログの記事を作ったり、時には睡眠時間に当てていました。 しかし、そのエンコード時間も『Premiere Pro』なら4分1程、 今まで2時間かかってたものが30分以下で終わるようになりました。 エンコード時間を有効活用するようにしてましたが、この差は大きいです。 PCスペックが影響してるのか 一見、PCスペックがエンコードに影響してそうですが、それほど低いという訳でもないです。 現在使用しているゲーミングPCのスペックは以下の通り。 ・OS Windows 10 64bit• ・CPU Intel R Core TM i7-4790 CPU 3. 60GHz 3. 60GHz• ・メモリ 16. 0GB• ・グラボ NVIDIA GeForce GTX 970 GPUに依存したエンコードができない 何でこんなにエンコード時間が長くなってしまうのかというと『AviUtl』は GPUに依存したレンダリングができないようです。 GPUについては下記の記事も参照してほしいのですが、要は映像処理に特化したパーツの力が借りられない状態です。 せっかく性能のいいグラボを使っていても意味がありません。 この事実を理解していながらも当時の筆者は腰が重く、『AviUtl』を使い続けていました。 関連記事 ぶっちゃけ『AviUtl』も『Premiere Pro』も差は少ない 出典:Adobe Premiere Pro:AviUtl 無料ソフトと有料ソフトを比べたら「きっと、有料ならすごい編集が出来るようになるんだろうな!」と夢のある感じを想像するかもですが、 ぶっちゃけやれることの違いはそれほどないです。 毎日のように動画を投稿するクリエイターなら 編集にどこまで時間をかけるのかも重要です。 あまり時間をかけすぎてもキリがないので、大抵のユーチューバーは「カット編集」「字幕入れ」「強調表現」「OP・ED」くらいだと思います。 これくらいの編集量であれば、『AviUtl』でも全く問題ないです。 『AviUtl』はプラグインなどで機能を拡張できるので、おそらく無料の動画編集ソフトなら最強ですね。 ・GPU依存のレンダリング エンコード ができる• ・音声波形を見ながら編集できる• ・ショートカットキーの充実• ・ユーザーが多いので日本語の情報が多い• ・他のAdobe製品と連携できる 繰り返しになりますが、『Premiere Pro』はエンコードが速いです。 『Premiere Pro』でなくても 有料ソフトを使うならGPUの性能をフルに発揮できるかどうか、ここだけは重要視するべきですね。 エンコードが速いと何が起きるのか ここかなり重要なんですが、エンコードが速いと何が起きるのか 「日本最速、世界最速を目指せます。 」 YouTuber・ゲーム実況者などは常にスピード感が求められます。 今、日本で、世界で起きてるトレンドを読み、 「これから起きるブーム」や「今この瞬間需要のある動画」をどう発信するかが重要です。 そのトレンドは数分、数時間でドンドン変わっていきます。 ただ早ければいいというものでもなくて、当然クオリティも求められます。 その 「スピード感とクオリティ」の両方を実現できるのが有料ソフトや『Premiere Pro』の魅力です。 第一線のクリエイター達の嗅覚は凄まじいので、「日本最速、世界最速」を狙うべく常に電波を張っています。 仮にその「これ次、来るな」を誰より早く見つけたとしても、編集した後のエンコード時間で足踏みしてしまうと、その間にチャンスが逃していたり、出遅れる形になります。 筆者が7年近く「不便していないし、有料はいいや」と目を背け続けた結果、気づかなかった失敗です。 このエンコードの待ち時間に何度チャンスを逃してきたか、今考えると恐ろしいですね。 スピード感を意識して動画投稿してみた結果 動画編集ソフトを『Premiere Pro』に切り替えてから上記の事実に気づき、「試しに一度全力でやってみよう」とスピード感を意識して投稿頻度を爆上げしてみました。 アナリティクスです。 9日間で投稿本数17本、毎日2本近い動画を出しています。 今までだったら新作ゲームの発売直後の夜中や午前中に動画を出すことは 物理的に不可能に近かったのですが、この期間では出来るだけ速く、クオリティの高さも意識して投稿してみました。 結果として、有難いことに投稿から5日間で10万再生を超える動画も現れました。 優秀で使いやすいソフトですが、『 AviUtl』では世間のスピードについていけてなかったのです。 ただ、その料金で 「エンコードを短縮する時間」と「YouTubeでチャンスを掴める可能性」を買ってると思えば安いと思いませんか。 今まであまり意識していなかった人は、この機会に有料編集ソフトの導入も検討してみてはいかがでしょうか。 複数のAdobe製品版を使いたい場合は、コンプリートプラン『Adobe Creative Cloud』がお得に利用できるのでオススメですね。 YouTuberに人気の編集ソフト• まとめ いかがだったでしょうか。 今回は「動画編集ソフト」についてお話してきました。 無料の動画編集ソフトにも有料の動画編集ソフトにもそれぞれ魅力があります。 自分にあったソフト選びをして、他のYouTuberたちと差を付けてみてはいかがでしょうか。 今回は以上です。 この記事が少しでもいいな。 と思ったら是非シェアしてみてくださいね。 是非こちらもチェックを。 おすすめ記事 おすすめ記事 よく読まれている記事 よく読まれている記事 記事の更新告知は でしています。 こちらも是非フォローお願いします。 また別の記事でお会いしましょう。

次の