名古屋 市 デイ サービス コロナ。 名古屋市、休業のデイサービス再開へ コロナ抑圧と判断 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【新型コロナウィルス】愛知県(名古屋)の感染者(住所・病院・行動範囲・電車)を徹底調査!相談/問い合わせ先は?

名古屋 市 デイ サービス コロナ

名古屋市緑区の高齢者デイサービス事業所2カ所の利用者ら14人が新型コロナウイルスに感染していることが関係者への取材で分かった。 市は感染拡大を防ぐため、 緑区と隣接する南区のすべての高齢者デイサービス事業所に2週間の休業を要請している。 関係者によると、市内の共同住宅に住む80代女性の感染が1日に判明。 その後、この女性が利用する事業所で新たに5人の感染が6日までに明らかになった。 さらにこの5人のうち80代女性が利用する別の事業所でも8人の感染が確認された。 感染者14人のうち40代女性1人を除くと、70~90代の男女が占める。 市は「感染者の多くを高齢者が占めており、感染した場合は命にかかわる」と判断。 6日、高齢者デイサービス事業所126カ所に7日から2週間の休業を要請した。 利用者は約5800人に及ぶという。 市によると、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、高齢者デイサービス事業所へ広域で休業を要請したのは全国で初めてという。 朝日新聞社 引用元: 最近の投稿• カテゴリー• 4,106• 2,983• 606• 362• 139• 354• 700• 126• 104• 106• 268• 176• 152• 180• 164• 11 ブログ村ランキング 黒門も今まで地元民見捨てて観光客向けに鞍替えしやがった癖に 今さら何をムシのいい事言ってるのか?ふざけんな! アーカイブ• 716• 561• 726• 651• 539• 380• 388• 188• 136• 103•

次の

名古屋のデイサービス2か所で集団感染…126事業所に2週間の休業要請 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

名古屋 市 デイ サービス コロナ

「新型コロナウイルス」への現在の考え方や留意事項について、厚生労働省より事務連絡が届きましたので、お知らせいたします。 (2 月14日下部に掲載しておりますVol. 759により廃止となりました。 ) (2 月28日下部に掲載しておりますVol. 772により廃止となりました。 ) 引き続き「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」等に沿ってマスク着用や手洗い、アルコール消毒等により感染経路を断つとともに、概ね過去2週間以内に 介護保険最新情報Vol. 790に記載のエリア から帰国した方、または帰国した方と濃厚な接触をした方について該当がある場合は、各区保健センター感染症対策等担当に報告して指示を求めてくださいますようお願いします。 (2月14日浙江省を追記。 2月28日大韓民国2地域を追記。 3月9日大韓民国7エリア、イラン3エリアの追加に伴い表記を修正。 3月12日エリア等の追加に伴い修正。 3月23日エリアの追加に伴い修正。 ) また併せて介護保険課へも感染症用の事故報告様式にてご報告をお願いします。 (介護保険課用事故報告様式は052-972-4147までFAXにてご送信ください。 ) なお、新型コロナウイルスに関しては現段階では不明な点も多く日々状況が変化しております。 事務連絡に記載のホームページ等により情報収集のうえ、職員の方、ご利用者・ご家族への情報提供・相談対応に努めていただくことや同ウイルスを理由とした偏見が生じないようにご配慮いただくことについてもお願いいたします。 本市保健所にて「介護事業所における新型コロナウイルス感染症対策」として対策をまとめた文書を作成しましたので、こちらも参考に感染予防対策を講じてくださいますようお願いします。 (2月17日追記)厚生労働省より、咳エチケットや手洗いの啓発ポスター等の提供がありました。 ポスターの掲示など、引き続き職員の方、ご利用者・ご家族への情報提供等をお願いいたします。 (2月19日追記)厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 新型コロナウイルス感染症の患者等への対応等により一時的に人員基準等を満たすことができなくなる場合の取り扱いです。 2月17日に公表された「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」の周知です。 利用者等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合等の対応についてです。 (2月25日追記)厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 Vol. ((2月28日追記)データ中4ページから14ページはVol. 772にて廃止されたものです。 ご注意ください。 ) Vol. 759に国立感染症研究所等が作成した医療関係者や保健所向けの文書を追加したものです。 感染拡大防止に向けた職員、利用者への対応について、入所、入居系サービスに着目した詳細版です。 感染拡大防止に向けた職員、利用者への対応について、通所、短期入所、訪問系サービスに着目した詳細版です。 ((2月26日追記)要介護認定に関する認定調査を行う認定調査員の方も参考にしてください。 ) 通所、短期入所サービスにおいて、新型コロナウイルス感染症患者等への対応で別事業所や居宅においてサービス提供した場合の取り扱いです。 上記の通知を踏まえ、罹患が確認されていない場合においても利用者や職員の健康状態への留意等、感染拡大防止のため、適切に対応していただくようお願いします。 (2月27日追記)厚生労働省より新型コロナウイルス感染症対策の基本方針が示されておりますので、掲載します。 感染症についてわかっていることや対策等の現状および今後の方向性について記述されています。 (2月28日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 医師・看護師の配置が必須ではないグループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅での感染拡大防止対応についての事務連絡です。 (3 月9日下部に掲載しておりますVol. 778により廃止となりました。 ) 韓国の大邱広域市と慶尚北道清道郡に滞在歴がある方が上陸拒否対象となったことを踏まえ、Vol. 759を廃止して新たに発出されたものです。 (対象地域の追加以外に大きな変更はありません。 ) (3月2日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 介護事業所等が行うべき感染防止対策のポイントをまとめたリーフレットです。 2月19日追記で掲載しました人員基準等の臨時的取り扱い(第1報)と、2月25日追記で掲載しましたVol. 小、中、高等学校等の臨時休業に伴い医療介護福祉分野専門職が休暇を取得せざるを得ない状況の中、継続的な各サービスの提供に向けて今までに発出された事務連絡をまとめなおしたものです。 (3月4日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 介護予防・日常生活総合事業等においても今までの感染拡大防止対策の事務連絡を参考に、対応を徹底していただきたいといった内容です。 (3月9日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 Vol. 768、769にて入所施設系、通所・短期入所系・訪問系に分けて各サービス種別ごとに検温等の対応を求める通知が出ておりましたが、新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合の対応について、より詳細に示されたものです。 (3 月12日下部に掲載しておりますVol. 784により廃止となりました。 ) 上陸拒否の対象に韓国の3つの市と4つの郡、イランの3つの州に滞在歴のある方が加わったことから、Vol. 772を廃止して 新たに発出されたものです。 (対象地域の追加以外に大きな変更はありません。 ) 2月19日掲載の 人員基準等の臨時的取り扱い(第1報)と、2月25日掲載のVol. 770(第2報)、3月2日掲載のVol. Vol. (3月10日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 3月、4月の報酬請求について新型コロナウイルス感染症の影響によりやむを得ず期日に請求できなかった場合の取り扱いです。 該当の場合はそれぞれの月の請求期日までに愛知県国民健康保険団体連合会介護福祉室(電話番号:052-962-1307)までご相談ください。 (3月12日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 集団感染を防ぐために、換気が悪く人が密に集まって過ごす空間に集団で集まることを職場外でも避けるなどの対応を社会福祉施設等職員に周知・啓発するリーフレットを作成したものです。 (3 月23日下部に掲載しておりますVol. 790により廃止となりました。 ) 上陸拒否の対象にイランの8つの州、イタリアの4つの州、サンマリノ共和国に滞在歴のある方、香港発船舶ウエステルダムに乗船していた方が加わったことから、Vol. 778を廃止して 新たに発出されたものです。 (対象地域の追加以外に大きな変更はありません。 ) (3月18日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 Vol. (3月19日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 新型コロナウイルス感染症への対応に伴う労働基準法上の労働時間の制限等の緩和について、都道府県労働局へ示された内容が提供されたものです。 ご質問等は所管の労働基準監督署へお尋ねくださいますようお願いします。 愛知県内の労働基準監督署窓口() (名古屋市内を所管する監督署においては「監督」の部署へお問い合わせください。 ) (3月23日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 Vol. 788、789ともに、国における新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策により配布されることとなっていた再利用可能な布製マスクについて、具体的な配布方法等が示されたものです。 順次、国から各施設・事業所へ直接送付されますので、お受け取り等よろしくお願いいたします。 上陸拒否の対象地域の拡大に伴い、Vol. 784を廃止して 新たに発出されたものです。 (対象地域の追加以外に大きな変更はありません。 ) (3月27日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 経営の安定に支障が生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で80%の保証を行う保証制度「セーフティネット保証5号」の対象業種に介護関係事業が追加されるということで周知があったものです。 (令和2年4月1日から同年6月30日までの間となりますのでご注意ください。 ) 制度利用のご相談にあたっては信用保証協会までお願いします。 () また、制度利用時には売上高の減少等について、法人登記上の所在地または事業実態のある事業所の所在する市町村の認定を受ける必要があります。 名古屋市においては経済局中小企業振興課金融係が窓口となります。 () 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避ける等の対応を社会福祉施設等の職員に徹底いただくよう、リーフレットによる周知依頼がなされたものです。 Vol. 788、789にて順次国から直送されることになっていました布製マスクについて、電話相談窓口を設置したことやマスクの利用・洗濯方法等の説明の案内がなされたものです。 (3月31日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 2月19日掲載の 人員基準等の臨時的取り扱い(第1報)と、2月25日掲載のVol. 770(第2報)、3月2日掲載のVol. (4月3日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 石けんやハンドソープを使った手洗いによる効果や、食器・手すり・ドアノブなど身近な物の熱水又は塩素系漂白剤による消毒方法について説明するリーフレットが作成されたものです。 vol. 792で周知のあった「セーフティネット保証5号」の追加業種に含まれる具体的なサービス種別が示されたものです。 (4月13日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 軽症の方や無症状の方など、入院勧告の対象とならず都道府県の用意した宿泊施設や自宅での療養となる対象者等について取りまとめたものです。 入所・居住系サービスと通所・短期入所系サービス、訪問系サービスそれぞれにおける感染防止に向けた対応について整理したものです。 また、今までに発出された事務連絡をカテゴリ別に整理した資料も掲載されております。 vol. (4月16日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 サージカルマスクや長袖ガウン、ゴーグルおよびフェイスシールドについて、使用機会に優先順位を設けることや複数の患者を診察する場合に継続して使用することなど、例外的取り扱いと注意点をまとめた医療機関等関係者向け通知が参考に示されたものです。 (4月23日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 感染拡大防止に向けた取り組みの再徹底について依頼があったものです。 (4月28日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 vol. 介護サービスを継続的に提供していくために留意すべき点をまとめたものです。 (5月1日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 通所介護サービス事業所がサービスを継続していく上で活用可能な人員基準、介護報酬の特例についてリーフレットにまとめたものです。 (5月7日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 訪問介護事業所等の職員が居宅訪問時に留意すべき感染防止策について動画を作成したというものです。 5月、6月の報酬請求について新型コロナウイルス感染症の影響によりやむを得ず期日に請求できなかった場合の取り扱いです。 該当の場合はそれぞれの月の請求期日までに愛知県国民健康保険団体連合会介護福祉室(電話番号:052-962-1307)までご相談ください。 (5月8日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 (参考)濃厚接触者等に対する非医療従事者向け感染対策動画について 手指衛生方法、個人防護具(手袋、長袖ガウン、ゴーグル・フェイスシールド等)の着脱方法等について、以下のとおり厚生労働省のYouTubeチャンネルにおいて動画が公開されておりますため参照いただきますようお願いいたします。 URL: 介護老人保健施設、介護医療院における感染拡大防止のための留意事項を再度整理したものです。 vol. vol. 827で示された訪問介護員の感染防止策に関する動画の第2弾、第3弾を公開したとのことです。 (注)第1弾のURLも変更になっておりますのでご注意ください。 (5月12日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 vol. 763で発出されておりました「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」について改訂版が示されたものです。 (6月2日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 訪問サービスを受ける方が安心してサービスを受けられるよう、サービス利用時の感染対策ポイントについて動画を作成したというものです。 本ホームページの一般向けページにも掲載いたします。 (6月24日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 vol. 788、789、794にて案内のありました布製マスクの国からの配布について、再度配布を行うというものです。 今回は職員、利用者それぞれ1人2枚に枚数が増えておりますが、その他の取り扱いは前回と同様になります。 4ページ目に記載のとおりコールセンターが開設されておりますので、お問い合わせはそちらまでお願いします。 (6月25日追記) 厚生労働省より追加の事務連絡等がありましたので、掲載します。 vol. 827、830にて訪問介護事業所向けの感症対策に関する動画の案内がありましたが、新たに特別養護老人ホーム向けに感染対策のポイントに関する動画を作成したという案内です。 なお、訪問介護事業所向け、特別養護老人ホーム向けともに他の種別においても参考にしていただける内容とのことです。

次の

家電量販店で「俺コロナだよ」男に懲役10か月の実刑判決 名古屋地裁

名古屋 市 デイ サービス コロナ

集団感染が起きたのは、同市緑区の2か所のデイサービス事業所。 今月1日から5日にかけて、市内の共同住宅に住む80歳代女性の感染が確認され、この女性が利用していた緑区のデイサービス事業所で他の利用者を検査したところ、新たに5人の感染が判明。 さらに、このうちの1人が通っていた別のデイサービス事業所でも5人の感染がわかった。 また、デイサービス事業所の集団感染とは別に、80歳代女性と同じ共同住宅に住む別の女性2人も感染しており、この共同住宅を訪れるなどした2人も陽性と判明した。 6日には、集団感染が起きたデイサービス事業所の一つで、新たに3人の感染も確認された。 市はこうした事態を受け、両事業所でクラスター(小規模な感染集団)が発生していると判断。 担当者は「法的根拠はないが、感染の拡大を防ぐ緊急措置」としている。 7日からの休業が難しい場合も、早期に2週間休業するよう求めた。 同市からの2週間の休業要請に、デイサービスの利用者や事業者からは戸惑いの声が上がった。 週4回、義母が同市緑区のデイサービス事業所に通っているという女性(75)は、デイサービスがない日に自身で義母を介護しており、「急なことで驚いた。 本人も通うのを楽しみにしているので、休業は困る」と困惑した様子だった。 週2回、認知症予防のためにデイサービスを利用しているという男性(89)は「施設で楽しむ体操やゲーム、おしゃべりが気晴らしになっている。 行けなくなるのは寂しい」と残念がった。 デイサービスも行っている同市南区の特別養護老人ホーム「オレンジタウン笠寺」は9日から休業することを決め、利用者らへの連絡に追われた。 真田昌代施設長(44)は「感染が広がり、市も苦渋の決断だったのだろう。 やむを得ない」と語った。 一方、同市南区のデイサービス事業所「道」は要請に応じず、営業を続けることにした。 小鹿泰治郎代表(70)は「一人暮らしの高齢者はデイサービスがなければ生活できない。 誤嚥 ごえんや 徘徊 はいかいなど、高齢者を1人にすることの危険性にも注意を払うべきだ」と話した。 全国約161万人が利用 デイサービスは、高齢者らが自宅などから通って受ける介護サービス。 送迎があり、食事や入浴のサポートなどを受けられる。 全国で約161万人(昨年9月現在)が利用し、毎日通う人もいれば、週1回利用している人もいる。 認知症で目が離せない親を仕事中に預けるといった利用の仕方も多い。 厚生労働省は2月18日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、都道府県などの判断で感染者が出たデイサービスなどに、休業を要請するよう通知した。 利用できなくなった人には、訪問介護サービスなどの利用を想定している。 2009年に新型インフルエンザが流行した際も、初期に感染者が出た大阪府や兵庫県などが、感染者が出た地域のデイサービス事業者などに休業を要請したが、高齢者が必要なサービスを受けられなくなるなどして問題になった。

次の