ステロイド ホルモン と は。 ステロイドホルモン

ステロイドホルモン

ステロイド ホルモン と は

ステロイドとは~広い意味で~ 広い意味で言うとステロイドとは、 ステロイド核と呼ばれる形 3つの六角形と1つの五角形が合体している構造 を持った物質のことを言います。 この形をしていればステロイドなので、• 男性ホルモン• 女性ホルモン• 胆汁酸 脂質を消化する成分• コレステロール もステロイドの一種となります。 スポンサーリンク ステロイドとは~少し狭い意味で~ 数あるステロイドの中で、ホルモンとして作用するものをステロイドホルモンと呼びます。 ホルモンとは、体の特定の場所で作られて体の機能を正常に維持するために働く物質のことです。 このステロイドホルモンを略してステロイドと呼ぶ人達もいます。 副腎皮質ホルモン• 性ホルモン に分けられます。 副腎皮質ホルモンは腎臓の上にある副腎が作っています。 性ホルモンは精巣や卵巣が作っています。 さらに副腎皮質ホルモンは• 糖質コルチコイド グルココルチコイド• 鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイド) の2種類にわけられます。 糖質コルチコイドは炎症や免疫を抑えたり、血糖・脂質・骨の代謝に関与します。 鉱質コルチコイドはナトリウムやカリウムなどの電解質を調節して高血圧にも関与します。 医師や薬剤師にとって重要なのは糖質コルチコイドです。 炎症と免疫を抑える作用があるためです。 この糖質コルチコイドを人工的に作り出したものを副腎皮質ステロイドと言います。 医師や薬剤師は、狭い意味でこの副腎皮質ステロイドをステロイドと呼びます。 男性ホルモン アンドロゲン• 女性ホルモン 卵胞ホルモン=エストロゲン、黄体ホルモン=プロゲステロン があります。 男性ホルモンの一つであるテストステロンは筋肉を増強する作用があります。 スポーツに従事する人たちは、この男性ホルモン またはそれと同じような物質を人工的に作ったもの をステロイドと呼ぶことがあります。 スポンサーリンク まとめ 以上のことをまとめてみました。 言葉というのは省略して使われてしまいます。 省略されることで正確な意味がわからなくなった言葉の一つに「ステロイド」があるのではないでしょうか? テレビや新聞でも「ステロイド」という言葉に出会います。 どのステロイドのことを言っているかは前後の話の文脈で読み取るしかないでしょう。 ちなみにステロイドに関する本は、以下の2冊があります。 知識のない人で読みやすくて、情報量も豊富です。

次の

ステロイド

ステロイド ホルモン と は

化学構造上ステロイド化合物に属するホルモンの総称。 各種の性ホルモン(エストロン、テストステロン)や副腎皮質ホルモン ふくじんひしつほるもん (アルドステロン、デオキシコルチコステロン)が含まれる。 ステロイドホルモンは疎水性の脂質であるので、血流中では特異的な輸送タンパク質に結合している。 たとえば糖質コルチコイドの抗炎症作用は糖質コルチコイドが遺伝子発現の促進を介してリポコルチンとよばれるタンパク質の産生を誘導し、リポコルチンがホスホリパーゼ(フォスフォリパーゼ)A 2の活性を阻害することによるものである。 : Williams Textbook of Endocrinology, 12th ed, pp3-99, Elsevier Saunders, Philadelphia, 2011. Jameson JL, DeGroot LJ: Principles of endocrinology and hormone signaling. In: Endocrinology, 6th ed, pp3-14, Elsevier, Amsterdam, 2010. 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について の解説 ステロイドホルモンには、糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、エストロゲン( 卵胞 らんぽう ホルモン)、プロゲステロン( 黄体 おうたい ホルモン)、アンドロゲン(男性ホルモン)、ビタミンDなどがあります。 副腎皮質には、さまざまな「ステロイドホルモン合成酵素」という名前の酵素があり、これがコレステロールに段階的にさまざまな作用をすることで、糖質コルチコイド、鉱質コルチコイドがつくられていきます。 これらのホルモンの合成は、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)によって調節されています(アルドステロンに関してはレニン・アンジオテンシンという物質が最も強力に調節する)が、一方でACTHの分泌は糖質コルチコイドによって抑えられます。 糖質コルチコイドを作りだすのに必要な酵素が損なわれると、コルチゾールの低下とアンドロゲンの増加など、副腎皮質でのステロイドホルモン産生のバランスが大きく乱れます。 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について の解説.

次の

ステロイドホルモンとは

ステロイド ホルモン と は

Q:湿疹がひどいときにステロイド剤の軟膏をもらいました。 とてもよく効いたので、その後も残りを時々使っています。 よくないっていう人もいますが、どうなんでしょうか。 A:ステロイド剤は、人間の体のなかの副腎皮質という器管から分泌されるステロイドホルモンを基礎にしてつくられた医療品です。 ステロイド剤の軟膏には、作用の弱いものから強いものまで何十種類もあり、湿疹が重症の場合には比較的強いものを、軽症の場合には弱いもの使います。 しかし顔や首、外陰部など皮膚の弱い部分には、湿疹が重症でも強力なステロイド剤は使いません。 薬剤が吸収されやすく、皮膚が萎縮したり、薄くなったり、 赤みを帯びてきた、多毛になるなどの副作用が現れやすいためです。 よく効くからといって、自己判断で全身どこにでも同じステロイド剤を同じように塗ると、副作用がおこりやすくなります。 皮膚科の医師は湿疹がよくなってく ると、弱いステロイド剤に切り替えるのが一般的です。 塗り方も強くすり込まず、いったん手にとって薄くのばし、患部をなでるようにして、指示された回数 塗ってくさい。 ステロイド剤は、すばらしい効果をもっていると同時に、使い方を誤ると重い副作用を生じる可能性ももっています。 飲み薬、吸入薬、軟膏いずれの場合でも、 ステロイド剤が処方され、副作用が心配であれば、医師や薬剤師に納得するまで発明してもらいましょう。 治療の主人公は患者さんなのですから。 Q:喘息で治療を受けています。 プレドニンという薬をもらいました。 こわい薬だと友人にいわれたのですが、大丈夫ですか。 A:プレドニンもステロイド剤の一種です。 強力な抗炎症作用、抗免疫症作用をもっているために、リウマチなどの膠原病、喘息、ネフローゼ、皮膚炎などで使われ ています。 喘息の患者さんの場合、重症の発作時にステロイド剤の点滴などで発作を鎮め、その後数日間、再発作予防のためにプレドニンなどの飲み薬のステロ イド剤を使う場合があります。 お友だちがプレドニンを「こわい薬」といったのは、副作用としてムーンフェイス(月のように丸い顔)や胃潰瘍、高血圧、糖 尿病、骨粗鬆症などをひきおこすことがあるとどこかで聞いたためだと思います。 これらの副作用はステロイド剤を大量に、長期に使用した場合におこりやすくなりますが、短期間の使用では、こういった副作用の心配はほとんどありませ ん。 長期に使用す場合であっても、医師はこれらの副作用に十分に注意して、必要最小量の薬を処方していますので、医師の指示に従って服用してください。 副作用 を恐れて、急に服用を中止すると、リバウンドといって症状の急激な悪化をひきおこすことがあるので注意が必要です。 いつでも元気 1997. 5 No.

次の