こちらの都合により電話をお繋ぎすることができません。 eo公式|eo光電話のオプションサービスについて知りたい。|よくあるご質問(お困りごと・トラブルの解決)|eoユーザーサポート

NTT「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」のメッセー

こちらの都合により電話をお繋ぎすることができません

A ベストアンサー お答えします。 各社共にメッセージ内容を随時変更を行っておりますので情報が古い可能性があります。 平成19年11月1日現在の日本語ガイダンスは以下のようになります。 「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」といった単体でのガイダンス見当たりませんでしたので、呼び出し音が一度も鳴らない場合は恐らく迷惑電話ストップサービスをご利用のお客様の電話回線をNTTドコモの都合側でお止めしている可能性が高いのではないかと思われます。 鳴る場合は端末による拒否かと思われます。 (接続状況により呼び出し音が鳴らずにすぐ拒否に繋がる場合もあります。 )尚ここに記載したのは、ネットワーク側によるものであり端末固有のものではありません。 NTTDoCoMo 紛失盗難による回線停止 「こちらはNTTドコモです。 」 紛失・盗難による回線停止(迷惑電話ストップサービスつけている場合) 「この電話は、お客様のご要望によりお繋ぎできません」 迷惑電話ストップサービス 「この電話は、お客様のご要望によりお繋ぎできません」 KDDI au 紛失・盗難による回線停止 「こちらはauです。 おかけになった電話は、お客様の申出により現在お繋ぎ出来ません。 」 迷惑電話撃退サービス 「こちらはauです。 おかけになった電話番号への通話はお客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 KDDI Tu-ka 紛失・盗難による回線停止 「おかけになった電話番号は、お客様のご都合によりお繋ぎ出来ません。 」 ソフトバンクモバイル 紛失・盗難による回線停止 「こちらはソフトバンクです。 おかけになったお客様への通話はお客様のご都合によりおつなぎできません。 」 ナンバーブロック 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 「こちらはソフトバンクです。 おかけになったお客様への通話は、お客様のお申出により現在お断りしております。 」 「この電話は、お受けできません。 」 「この電話は、お繋ぎすることが出来ません。 」 「この電話は、お客様のご都合によりお繋ぎ出来ません。 」 「せっかくお電話をいただきましたが、この電話をお受けすることは出来ません。 」 「電話番号をお間違いではないですか?このお電話はお繋ぎ出来ません。 」 「お掛けになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 お答えします。 各社共にメッセージ内容を随時変更を行っておりますので情報が古い可能性があります。 平成19年11月1日現在の日本語ガイダンスは以下のようになります。 「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」といった単体でのガイダンス見当たりませんでしたので、呼び出し音が一度も鳴らない場合は恐らく迷惑電話ストップサービスをご利用のお客様の電話回線をNTTドコモの都合側でお止めしている可能性が高いのではないかと思われます。 鳴る場合は端末による拒否かと思われます。 (接続状況により... Q 今朝、友人の携帯に電話をしたら 「こちらはauです。 おかけになった電話はお客様の都合により、 おつなぎできません」 と音声ガイダンスが流れました。 何度かかけてみましたが、やはりつながりません。 auとWILLCOM、docomoでもためしてみたのですが、 やはり同じ音声ガイダンスが流れます。 メールももちろんエラーで返ってきました。 料金未納かな?と思ったのですが、 未納なら携帯とめられるのが少し早すぎないか?と思いまして…。 ちなみに6月の10日頃からつながりません。 その前はつながっていました。 これは私の番号、アドレスが着信拒否されてるのでしょうか? あと、もし料金未納の場合はメールもとめられてしまうのですか? 何度やってもエラーで返ってきてしまいます。 分かる方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー あくまでもドコモの一般の番号に発信した場合ですが、概ね下記のようです。 (ただし、ガイダンス内容で受信者側の対応状況が明らかなケースは省略させて頂きました。 ) 「こちらはNTTドコモです」で始まって 1.解約・休止など 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 」 2.電話番号変更 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 この電話はおかけ出来ません。 」 5.料金滞納 「おかけになった電話はお客様の都合により通話が出来なくなっております。 」 6.電波状況又は電源OFFなど 省 略 7.ドライブモードなど 省 略 8.番号通知お願い 省 略 9.ドニーチョ 通話時間帯以外 省 略 なお、いわゆる端末側での着信拒否の場合には、話中音?が鳴るだけのようです。 あくまでもドコモの一般の番号に発信した場合ですが、概ね下記のようです。 (ただし、ガイダンス内容で受信者側の対応状況が明らかなケースは省略させて頂きました。 ) 「こちらはNTTドコモです」で始まって 1.解約・休止など 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 」 2.電話番号変更... あとで相手の人に訊ねてみると(寝ぼけているので怪しいですが)、 前者はコールに気づかずそのまま眠っているときで、何もしなくても勝手に切れる。 後者はコールに気づいたけれど、通話すると通話料がかかるから、気を遣って途中で止めたとのことでした。 (着信拒否みたいなもの?) ここで気になったのが通話料。 メッセージが流れている時点で通話料がかかっているのか、かかっていないのか・・・ auの方の話では、どちらにしてもメッセージが流れた時点で、通話料は発生。 しかも1秒でも30秒ぶんの通話料がかかっている、というお話でした。 (私のプランは「プランEシンプル」なので、30秒/20円) 「お繋ぎできませんでした」で通話料がかかるのも変な気がしますが、そんなものでしょうか? auの方もあまりお詳しそうではなかったので、半信半疑になってしまいました。 あとで相手の人に訊ねてみると(寝ぼけているので怪しいですが)、 前者はコールに気づかずそのまま眠っているときで、何もしなくても勝手に切れる。 後者はコールに気づいたけれど、通話すると通... A ベストアンサー こんにちは お繋ぎできませんでした、と答えている存在次第だと思いますよ。 恐 らく相手の端末(スマホ・携帯電話)が自動返答していると思います が、返答しているのが相手の端末なら通話成立していますので、通話 会社からみれば通話料が発生して当然だと思います。 通話できない理 由は相手にあると考えられます。 30秒単位で契約しているなら1秒 だろうと29秒だろうと1カウントはかわりません。 モーニングコールなんて久しぶりに聞きましたが、音声通話でかけ るよりIP電話とか使った方が経済的に賢そうですね。 こんにちは お繋ぎできませんでした、と答えている存在次第だと思いますよ。 恐 らく相手の端末(スマホ・携帯電話)が自動返答していると思います が、返答しているのが相手の端末なら通話成立していますので、通話 会社からみれば通話料が発生して当然だと思います。 通話できない理 由は相手にあると考えられます。

次の

NTT「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」のメッセー

こちらの都合により電話をお繋ぎすることができません

アナウンスによる違い 「ただいま電話に出ることができません」の後に続くアナウンスも以下のとおり2種類あります。 「ただいま電話に出ることができません。 しばらくたってからおかけ直しください。 ご利用ありがとうございました。 「ただいま電話に出ることができません。 ピーと言う発信音の後に、お名前ご用件等を、お話しください。 」 上記のアナウンスの違いは、相手が留守番電話サービスを利用しているかどうかです。 留守番電話サービスが設定されている場合は、相手のスマホが電源OFFになっていたり圏外であっても留守番電話が流れます。 逆にアナウンスが留守番サービスに繋がらないからといって、着信拒されているわけではありません。 相手が拒否ボタンを押しているケースも iPhone・Androidで留守番電話サービスを設定している場合、着信時に拒否ボタンをタップすると留守番電話のアナウンスを流すことができます。 そのため、「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスが流れた場合は、相手が着信には気づいたが留守番電話に切り替えたケースも考えられます。 この場合、着信拒否されているわけではありませんが、電車内や病院など、電話に出られない場所に相手がいることが考えられます。 着信拒否されている時のアナウンス 着信拒否された時のアナウンスは、スマホ・固定電話の機種、相手が使用しているサービスによって異なります。 結論から言うと、どの着信拒否設定でも「ただいま電話に出ることができません」というアナウンスは流れません。 スマホの着信拒否機能や着信拒否サービスを使った場合のアナウンスは次の通りです。 スマホで着信拒否設定している時のアナウンス 相手がiPhone・Android本体で着信拒否を設定している場合、 アナウンスが流れることはなく「プープープー」という話し中の音が鳴ります。 そのため、相手に電話をして話し中の音が聞こえなければ、着信拒否されているわけではありません。 キャリア別「着信拒否サービス」のアナウンス 本体設定以外でもキャリア(docomo、au、Softbank)の着信拒否サービスを使って着信拒否を設定することができます。 着信拒否サービスで着信拒否を設定した場合は、相手にキャリア別の専用アナウンスが流れます。 キャリアの着信拒否サービスであっても、今回の「ただいま電話に出ることができません」とは別のアナウンスになります。 キャリア別でどのような着信拒否メッセージが流れるのか具体的に見ていきましょう。 docomoの場合… docomoでは無料で着信拒否サービスを提供しています。 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」というメッセージが流れます。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 この電話はお受けできません。 この電話はお繋ぎすることができません。 この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 This is SoftBank. いずれのアナウンスも「ただいま電話に出ることができません。 」で始まるメッセージはありません。 相手に着信履歴は残る? 「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れた場合でも、 相手のiPhone・Androidの電源が入っている状態であれば着信履歴は残ります。 また、圏外だったり電源が入っていない場合は、相手がキャリアで設定できる「着信お知らせ機能」を利用していれば、SMSで着信履歴が相手に届いています。 ただし、 相手が「着信お知らせ機能」を使っていない場合は、着信履歴が相手に残らないケースも考えられます。 そのため、大事な用件であればメールやLINE、SMSを送っておくことをおすすめします。 まとめ iPhone・Androidの相手に電話して「ただいま電話に出ることができません」のアナウンスが流れる場合は、相手が通話できない状況か、スマホ自体が通話に出れない状態です。 着信拒否されているわけではないので、時間をおいてから相手に電話を掛けるようにしましょう。

次の

自宅の固定電話に通話できない

こちらの都合により電話をお繋ぎすることができません

もくじ• 「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れる場合は着信拒否されているのか? 電話をかけてみて、「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れる場合は、以下の3パターンに限られます。 電話をかけた相手のスマートフォンの電源が入っていない状態。 (電源が切れている状態)• 電話をかけた相手のスマートフォンが機内モードに設定されている状態。 (機内モードは、飛行機に搭乗しているときなどに通信を遮断する機能のことです)• 電話をかけた相手が電波の届かない圏外にいる状態。 結論から言うと「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れる場合は、着信拒否の設定はされていません。 「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れるのは、基本的に電話をかけた相手のスマートフォンが通信できない環境にある状態のみです。 あらかじめ着信拒否されている場合に、「ただいま電話に出ることができません」とアナウンスが流れることはありません。 あらかじめ着信拒否されている場合はどんなアナウンスが流れる? あらかじめ着信拒否されている場合は、携帯電話会社によって流れるアナウンスが異なります。 NTTドコモの「迷惑電話ストップサービス」で流れるアナウンス NTTドコモでは、「」と呼ばれる着信拒否機能が用意されています。 この「」を使って着信拒否された場合は、• 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません。 」 とアナウンスが流れるようになっています。 ちなみに「」は、申し込みは不要、料金は一切かかりません。 NTTドコモのユーザーであれば、誰でも利用できるサービスとなっています。 auの「迷惑電話撃退サービス」で流れるアナウンス auでは、「」と呼ばれる着信拒否機能が用意されています。 この「」を使って着信拒否された場合は、• 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。 」 とアナウンスが流れるようになっています。 ちなみに「」は、申し込みが必要となっており、月額の利用料が100円かかるようになっています。 ソフトバンクの「ナンバーブロック」で流れるアナウンス ソフトバンクでは、「」と呼ばれる着信拒否機能が用意されています。 この「」を使って着信拒否された場合は、• 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 「この電話はお受けできません。 「この電話はお繋ぎすることができません。 「この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 「せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 「This is SoftBank. 」 と9種類のアナウンスが流れるようになっています。 9種類のうち、どのアナウンスを流すかについては、着信拒否を設定する際に着信拒否をするユーザーが選択できるようになっています。 ちなみに「」は、auの「」と同様に申し込みが必要、月額の利用料が100円かかる仕組みになっています。 着信拒否されていた場合はどうすればいいのか? NTTドコモ、au、ソフトバンクなど携帯電話会社の用意している着信拒否機能を使って着信拒否されている場合は、すでに述べたように特定のアナウンスが流れるため、はっきりと着信拒否されていることがわかります。 完全に着信拒否されているのがわかっている場合は、どうすればいいのでしょうか? 結論から言うと、電話を発信する側はどうすることもできません。 あくまでも電話を受けるか拒否するかの権利は、電話を受信する側が決めることです。 この辺りについては人によって大きく事情が変わるため、一概にこうすべきと断言することはできませんが、着信拒否された相手に無理やり電話を受信させることはできないということだけは肝に銘じておくべきです。 関連記事•

次の