不 登校 中学生 ブログ。 不登校中学生日記

中学生で不登校になった時、克服方法はブログが参考になる理由

不 登校 中学生 ブログ

中学生活を問題なく過ごせていても何かのきっかけで学校に行かなくなってしまう場合がありますよね。 ある日突然学校に行かなくなることはあまりなく、何が前兆がある場合が多いです。 学校での不平を口にする。 学校を休む理由を作る。 学校に行く時間になると体調の不調を訴え出す。 親としては体調の不調を訴えられると、取り合えず休ませて様子を見ようか、と思う事が普通だと思います。 不登校初期の特長として、学校に行く時間は体調が悪いのですが、昼間は何ともないようになる事がよくあることなんです。 子供自身も「少し休もう」と軽い感じで考えていると思いますが、そういった日が一日・二日と次続き、その後学校に行ったり、行き渋ったりする五月雨登校が続きだすと注意する必要があります。 この頃の対応をしっかりとすると「学校に行くのが当り前」と子供に理解させると不登校にならないことにもなります。 子供が学校に行かなくなると、まず休ませてしばらく様子を見る事がありますよね。 学校に相談した時もしばらく様子を見ることを勧められる事も多くあることですね。 ケガや病気なら体調が良くなるまで様子を見ることも必要な場合がありますし、様子を見ながら再登校する時期を考えればいいです。 しかし、学校に行かなくなる原因が体調の事ではない場合不登校の初期の段階だと思ってみることが重要なんですね。 何故か学校に行かない、学校に行こうとしても玄関から出ると家に戻ってくることや、電車で通学している場合などは駅まで行っても改札に入らず引き返してくるようなことが続いている。 不登校の初期の段階での学校に行き渋る事は通常の学生生活ではまずない事だということを理解する事が重要です。 そうなった頃、親はまさかこれが不登校の始まりだとは思う事が出来ないものなんですね。 「まさか自分の子供が不登校に・・・」そう思うのですが不登校を経験して、後から気付く事ですがそれこそが不登校の初期の状態だったんですね。 その状態でしばらく様子を見る為に学校を休ませてしまう事が多くあります。 不登校の初期の対応は難しいですが長期不登校になってしまわない為にもまず休ませて様子を見ることはおすすめする事が出来ないと経験上感じるのが父親としての本当の気持ちですね。 子供が中学生で不登校になると「なぜ学校に行かなくなったのだろう?」と原因を探すことが普通です。 息子が不登校を経験したからわかるのですが不登校の原因を探しても不登校の問題が解決する事はないと思っています。 中学生の場合、次の進路「高校受験」がありますので時間に限りがあり、原因探しに時間を取られるとあっと言う間に月日が流れ高校受験や次に進路に進む際に希望通りに行かなくなる事もあるもあります。 不登校の原因を探す事はもちろん重要な事ですが、中学生の場合は学校に行かなくなった時、まず初期対応を迅速にする必要をわかってもらえばと思っています。 初期対応が適切に出来ればスムーズに復学に繋がることもあります。 中学生は義務教育ですが時間に限りがある事を頭に入れておいておく事が重要ですね。 ブログだからこそ書ける事ですが・・・ 不登校初期の対応時「まず休ませて様子を見る」事もありますし、相談機関によっては「まずはゆっくり休ませましょう」とアドバイスされる事もあります。 けどその方法を続けた結果不登校になる子供がいつまでも減ることがないと思っています。 しばらく休ませて、その後不登校にならずに学校に普段通り登校すればいいのですが、中学生にもなると一度休み出すと、勉強の進み方も早いので子供自身が勉強の遅れが気になって学校に行きづらくなる事もありますよね。 そして、しばらく休んでしまう事で学校に行った時、クラスの友達に「何て言われるかわからない」事も学校に行きにくくなってしまう理由になるんですよね。 なので学校への行き渋りや休みかけたら「学校に行く事が当り前」という態度で子供に接する事を意識する必要があると思っています。 息子が学校を休みだした時、まさかこれが不登校の始まりだとは全く考えていませんでしたね。 インフルエンザが流行っていて息子も症状があり、そのタイミングでちょっとした嫌な事が学校でありましたが体調が戻れば登校すると思っていました。 実際に体調が戻った時には制服を着て家を出るのですが途中で帰って来る日が続きました。 なぜ学校に行かない(行けない)のはその頃はわかりませんでしたので、とにかく「学校に行くように」と強く言っていました。 そんな事が不登校の始まりだとは思っていませんでしたので対応のしようがありませんでした。 その頃は不登校になる事は全く考えていなかったので対応方法は何もわかっていませんでした。 誰も自分が子供が不登校になるとは思っていません。 対応方法も知っている方が不思議な事だと思います。 それ程、不登校は突然始まってしまうものなんです。 既に息子が不登校を克服した今なら、学校に行かなくなる以前の兆候があった事が把握できますが、その頃それが兆候だった事を知る事は出来ませんでした。 それ程、不登校になった時の初期の対応方法は難しいと思いますし、何をどうすればよいかわからないと思います。 中学生の不登校を経験した父親だからわかるのですが、少し休んだ事からその後長期不登校になるとは全く考えてもいませんでした。 学校を休みかけた頃、担任の先生にも色々相談をし家庭訪問をしてもらい息子本人とも先生が会いはしましたがそれでもその後息子は学校に行くことはありませんでした。 中学生の不登校、始まってしまうとそれまでの事に根本の問題がある事が多いので一度休む事をしてしまうと再登校する事は難しい事が多いと感じています。 学校を休みだす事がないように気をつけないといけないのですが、何せそれまで親の意識の中にも自分の子供が不登校になるとは誰も思っていない筈です。 自分の子供が学校に行き渋った時の対応を少しでも知っていれば不登校にならずに済む事もあります。 初期の対応難しいですが対応しっかりとすれば不登校は防げると思います。 どの子供も不登校になる事がありますので一人でも多くの親が初期対応の方法を理解しておく必要があると感じています。 不登校になる前に学校に行かなくなる前兆の事を多くの人に知ってもらえばと思います。

次の

不登校の中学生の親のブログを見ていて思うこと

不 登校 中学生 ブログ

昨日、大きな包みを抱えて帰ってきたケン太。 ガンプラでした。 ポイント交換で手に入れたらしいです。 「それ何?」と聞いたわけじゃありませんが、見せにきました。 森口博子さんが主題歌を歌っているシリーズらしいです。 先日、その歌も聞かせられましたそういえば、数か月前にも、ガンプラをポイント交換してきて、T君が来た時に組み立てていましたね。 そのせいで、私はT君と5時間も喋ってしまったのですが、それ以来、T君、来ていません。 こんなおばさんの相手させられたからかしら~まあ、しゃあない。 気を取り戻して・・・今日、目についた記事なんですが、あのローランド様のお言葉です。 約1年前の『質問箱』の内容です。 「東大生は君のことを鼻で笑っています。 そんなに自信あるのなら僕らみたいに勉強していい学校に行けばいいのに。 東大で待ってるよ。 」これに対... 学歴とは?ローランド編 今日、番組で「おしえてイチロー先生」の内容を紹介していたのですが、ここでも、お~という言葉があったので書き留めておきたいと思います。 あの野球のイチロー選手ですよ。 小学校や大人とか?教室で、皆の質問に答えるという企画をやっているみたいです。 「他人から嫌われるのは怖くないですか?」という質問に対し・・・「僕は他人から嫌われるのが大好き!その人たちは僕に対するエネルギーが半端ないでしょ?僕にとっては無関心が一番、辛いですよ。 大嫌いと言われたらゾクゾクします」皆、「お~」です。 ここまで迷いなく言いきってくれるとは。 気持ちいいです。 「無関心が一番辛い」って、ほんとそうだと思います。 いじめも、「無視が一番つらい」と聞いたことがあります。 いたずらされたり陰口をたたかれたり・・・とても傷つくけど、それはまだ自分のことを意識して... 親の受け止め方が「子育て」にも反映? 朝まで討論トラ子ミュ?命いのちについて・・・ 熊本「赤ちゃんポスト」設置! 中絶や出産の「選択」という時代に 出産後「子育て」できない親のために こうのとりのゆりかご=「赤ちゃんポスト」が 熊本の慈恵病院に設置されました。 「捨て子」を助長するものだ!という意見 「虐待防止」装置だという意見ありますが 基本的に僕は賛成の立場をとります。 非常に「命いのち」の重さを考える 大事な問題を抱えています。 孤児院をインドで行っていた マザーテレサならどうかんがえたでしょうか? セーブ・ザ・チルドレン・・・・ たとえば犬猫が捨てられる問題があります。 同じような「子犬子猫」「ポスト」があれば 犬猫が救えます、救わないと可哀想です。 人間を「捨てる」時代になりましたということを、 貴方はどう考え感じましたか?自由にどうぞ! 「子育てブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

中学生で不登校になった時の初期対応をブログで紹介します

不 登校 中学生 ブログ

こんにちは。 小幡和輝と申します。 全国100箇所で不登校の経験がある人を中心にイベントを開催したり「」などの教育系の書籍を出版したりしております。 今回はそんな私が中学生の不登校について考えてみました。 中学生になると、男女ともに思春期に突入し、小学生よりもも複雑な人間関係の中で生活します。 また授業の難易度も格段に上がるため、勉強ができる子とできない子で大きく差がついてしまうことも少なくありません。 そんななか、自分の子どもが不登校になってしまうと、親としては将来が心配。 何とかしてもう一度学校に行かせたいと思いますよね。 お気持ちはよくわかりますが、 僕は「不登校は悪いことではない」と考えています。 はたして、お子様が嫌がる気持ちを抑え込み、強引に学校へ連れていくことが本当の幸せなのでしょうか? 学校に行く以外にも、お子様が幸せになる方法はたくさんあるはずです。 この記事では中学生が不登校になる原因と、その対策方法について紹介します。 お子様が不登校になった原因をしっかりと考え、最も幸せになれる対策を行ってあげてください。 この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。 全国で10万人以上。 中学生の不登校の統計的データ まずは、中学生の不登校が全国的にどれくらいいるのか確認しましょう。 文部科学省が小学校での不登校者について調査した資料によると、 平成29年度は全国で108,999人もの不登校の子どもがいます。 (病気・経済的理由などを除く) (参考:) 10万人と聞くとピンと来ないかもしれませんが、 全体の人数からすると約30人に1人という計算になるので、1クラスに1人は不登校の生徒がいるというということです。 この数は小学生・高校生と比べても格段に多く、いかに中学生が多くの悩みを抱え、学校に行くことに疑問を持っているかがよくわかります。 不登校と聞くといじめや暴力、不良行為などが思い浮かぶかもしれませんが、決してそれだけが要因ではありません。 学校の先生との関係がうまく行っていなかったり、そもそも学校に行く意味を見出せなかったりと、いろいろな要因が考えられます。 学校に行かないことをネガティブに捉えるのではなく、本人にとって最も幸せと思えるような道を考えてあげることを第一として行動してあげてください。 中学生が不登校になってしまう原因5選 こちらでは中学生が不登校になってしまう原因を5つ紹介します。 不登校になる理由は1人1人違うため、全てが紹介した内容に当てはまるというわけではありません。 ただし比較的よく上げられるものをピックアップしているので、お子様がどのような悩みを抱えているのか、こちらを参考にしつつ確認してみてください。 【中学生の不登校の原因その1】 暴力・言葉などによるいじめ 中学生は小学生に比べて、自身が抱えるコンプレックスに悩むようになります。 ニキビやフケなどの肌荒れ、身長、声など、大人から見ればささいなことであっても、本人にとっては大きな問題です。 そのコンプレックスを同級生に指摘されることで自尊心を大きく傷つけてしまい、不登校になってしまいます。 また理由の無い暴力や暴言を浴びせられたり、ちょっと行動が他の人と違っているだけで変な目で見られたりと原因は様々です。 【中学生の不登校の原因その2】 仲の良いグループから外されるなど、人間関係のもつれ 中学生になると、仲の良い友達同士でグループを組んで遊ぶことが多いです。 ところがささいな出来事がきっかけとなって、そのグループから外されて孤独になり、学校に行かなくなるというケースが存在します。 他にもクラス替えで仲のいい友達と同じクラスになれなかった、担任の先生と話が合わなかったなど、人間関係が不登校の大きな理由となることは多いです。 実際に文部科学省の調査でも 「いじめを除く友人関係をめぐる問題」を不登校の理由としている人が全体の25%以上という結果が出ています。 (参考:) 他人との関係を重視しがちな年齢だからこそ、人間関係が嫌になって学校に行かなくなる子どもは多いです。 【中学生の不登校の原因その3】 学業不振 勉強についていくことができず、自分の学力の低さにコンプレックスを抱いてしまい、学校に行かなくなってしまうケースです。 中学生は小学生に比べて勉強内容が難しく、定期的なテストも行われるため、しっかりと勉強を行わなければなりません。 学校によっては順位を公開されることもあり、勉強ができる人とできない人の差は顕著に表れてしまいます。 勉強は一度つまずいてしまうとズルズルと置いて行かれることが多いうえに、受験には必須です。 勉強ができない=将来が見えないと考えてしまい、不登校になることも十分にあり得ます。 【中学生の不登校の原因その4】 学校のきまりなどをめぐる問題 学校によっては規則が厳しく、頭髪や衣類、所作などをしっかりとチェックされることがあります。 その決まりにうまく適応できず、不登校になってしまうことが考えられます。 家から出なくなるというタイプの不登校ではなく、学校に行かず外のコミュニティに属し、非行に走るということも少なくありません。 近年では髪の色がもともと明るい人が黒染めを強要される、「地毛証明書」が必要になるといった規則が話題となりました。 このような学校の規則に疑問を感じ、学校に行くことを避けるようになってしまいます。 【中学生の不登校の原因その5】 進路に関わる不安 高校受験を控え、自分の進路に対して不安を感じ、不登校になるケースです。 中学生になると、ついつい周りと比べてしまうことが多くなります。 友達はいい学校に行けるくらいの成績があるのに対し、自分はダメだと考え込んでしまい、負い目を感じてしまう。 そのような状態が続き、最終的には学校に行かなくなるという選択をとってしまいます。 ぜひいろんな選択肢を考えてみてください。 例えば 通信制高校は、ほぼ受験なしで入学することができるところが多いので、高校は通信制高校にしようと決めてしまえば受験の不安はなくなりますよね。 ここで考えていただきたいのが「 学校へ戻すことが必ずしも正しいとは限らない」ということです。 ぼくも実際に不登校になりましたが、学校以外の居場所を見つけることで人生を変えられました。 お子様にとって何が幸せか、じっくりと考えてから対策をとるようにしてみてくださいね。 【中学生の不登校の対策その1】 学校を休ませる 子どもが「学校に行きたくない」と言ったら、否定せずにとりあえずは学校を休ませてあげましょう。 学校が嫌な原因を特定しないまま強引に学校に行かせてしまうと、自殺や傷害など不登校以上に悲惨な結末を迎えてしまうかもしれません。 子どもと話し合いの場を持ち、原因がはっきりするまで「しばらくは休んでもいい」と、不登校を認めてあげてください。 【中学生の不登校の対策その2】 話を聞く 子どもが不登校になった原因は、本人が一番よく知っています。 しばらく休養させて気持ちが落ち着いたタイミングで、何が原因なのか聞くようにしてください。 中学生は最も多感な時期なので、子どもの気持ちを確認する前に先生に相談するということはなるべく避けましょう。 子どもは特別扱いされることを嫌います。 「行きたくないなら行かないでもいいよ」というスタンスを持ちつつ、じっくりと話を聞きましょう。 【中学生の不登校の対策その3】 自信をつける 学校に行ってない間は、何でもいいのでお子様の自信につながるようなことを体験させてあげましょう。 不登校になってしまう子どもの中には、自己肯定感が低く自分に自信が持てないという人も多いです。 勉強だけでなく、子どもが興味のあることや得意なことに対して、とにかく取り組みを褒めてください。 小さな成功体験を積み重ねることで、自分に自信が付き、学校に戻っても良いと思えるようになるかもしれません。 【中学生の不登校の対策その4】 学校の先生を交えて話し合う 学校の先生を交えて話すという手段も有効です。 進路の相談や学校の制度に関する疑問の解消など、親子だけでは解決しづらい問題が解決できるかもしれません。 ただし不登校の要因が先生にある可能性もありますし、先生と話すことを嫌がる子どもも多いです。 先生に話したことによって他の人間関係が悪化すると考えている場合もあるので、先生を交える場合は先に子どもに話を聞くことを忘れないようにしてください。 【中学生の不登校の対策その5】 学校に行く以外の道を考える ぼくは学校には必ずしも行かなくてもよいと考えています。 学校に行かないと「勉強が遅れる」「交友関係が希薄になる」と思うかもしれませんが、これらは他の場所でも取り返すことができますよね。 例えば勉強であれば塾やといった学習支援サービスがありますし、インターネットを使えば共通の趣味を持った人と簡単につながれます。 受験に関しても、通信制の高校から有名大学に行く人もたくさんいますし、必ず普通の高校に行く必要はありません。 (実際に僕も定時制高校に通い、そこから起業しました) 学校に行かなくなった時間を、他の興味のあることに注げるような環境を作ってあげましょう。 その状況が将来の仕事につながることもあるかもしれません。 学校に行くことが正しいと思わず、子どもが本当に幸せになれる道を考えてあげてください。

次の