北京ダック 皮だけ。 北京ダックは皮だけ?

北京ダックを食べた後の身はどうするの?

北京ダック 皮だけ

中華料理ブームを引き起こした火付け役と言っても過言ではない「北京ダック」。 アヒル肉をオーブンでカリカリになるまで焼きあげて、甘しょっぱく味付けしたのち、表面の皮を頂く贅沢な1品です。 でもなんで皮だけ食べる文化があるのか?疑問に思ったことはないでしょうか。 北京ダックの皮だけ食べる理由ってなに? まず北京ダックのルーツをさかのぼっていきましょう。 北京ダックの発祥は1368年の中国南京です。 南京ではアヒルを使用した料理が盛んで、この時代この土地でアヒルをローストして作る北京ダックが誕生しました。 北京と名付けられたのは、当時の皇帝が都を南京から北京に移した時、お気に入りのアヒル料理も持ち込んだ為と言われています。 前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。 北京ダックの肉を残すようになったのは最近のこと 北京ダックを扱う某有名中華料理店の店主に直接インタビューしたところ、 「そもそも北京ダックは皮を含めてアヒルを丸ごと食す料理」という回答が得られました。 ときは1300年代の明の時代、アヒル料理は超高級料理に値するものです。 ただでさえ高価な動物の肉を、皮だけしか食べないなんてどう考えても狂っています。 現代人は狂っているのかもしれません。 話がそれましたが、肉を残すようになったのは誰でも気軽に海外旅行を楽しめるようになった近年のことです。 日本人観光客が北京を訪れた際、北京ダックの皮が大変人気となり、経営者たちがお金を沢山落としてくれる日本人向けに「パリパリのアヒル皮を食べる中国の珍味」として売り出すようになったのです。 いずれにしても少人数で中国に訪れる日本人観光客は、北京ダック 肉を含む を丸ごと食べてはくれず、結局残して他の料理を注文する傾向がありました。 北京ダックの肉はまずいから捨てるってわけではない 皮は絶品だけど、中の肉は美味しくないから捨てている。 と勘違いしている方も多いかもしれませんが、実際アヒル肉はプリプリとした食感がクセになるくらい美味しい食材です。 ただ、丸ごと1匹食べるとなると、やや脂っこさが気になり少人数となると完食するのは胃袋と相談しなければなりません。 また他の理由では、経済が豊かになった証拠だと言えるでしょう。 食べ物を残すことに何の罪悪感もなく、美味しいところだけつまみ食いする人は、先進国において珍しくありません。 肉まで全部食べると胃が持たれる• 単に経済が豊かになったから この2つの理由から、北京ダックはいつしか皮しか食べられないようになったのです。 ちなみに全部捨てるのはさすがにもったいないということで、中華料理店では主に残った肉はまかない料理に使用している所が多いようです。 まとめ 「アヒル肉の皮しか食べないなんて…中国人はなんて贅沢な民族だ!」 なんて思っていたら、蓋を開けてみると…事実そんな状況を作りあげたのは、経済大国の日本だったのかもしれません。

次の

もっちもち皮の北京ダックが美味しい!大人数で来たい【中国食府 双龍居】

北京ダック 皮だけ

北京ダックは最初に宮廷でのみ食されていたが、(1522年 — 1566年)退職した料理人さんが民間初の専門店を開店した。 今、北京ダックは中国政府を他国の首相などに招待するメイン料理として有名。 現在は、中国に限らず、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなど中華系住民の住む地域に共通して見る事が出来る料理である。 その知名度から世界各地の中華街で看板メニューになっております。 実は日本人が知らない本場の美味しい食べ方 日本人のほとんどが、北京ダックは香ばしい皮だけを食べるもの(肉は食べない)と思っていますが、本場の北京ダックは、皮だけでなく肉も一緒に巻いて食べます。 当店は、横浜中華街で唯一の北京ダック専用薪窯を使用し、本場の食べ方でご提供しています。 木の香りが付いているパリパリの鴨皮と直火で焼き上げるジューシーな鴨肉を、ネギやキュウリの千切りと一緒に焼き立てのカオヤーピン(薄い皮)に乗せ、甘口の特製ソースをつけて巻いて食べて頂きます。 焼き方から食べ方まで、本場顔負けの北京ダックをぜひお楽しみください。 北京ダックはヘルシー 北京ダックを含む鴨は中国でも美容と健康の食材とされ、ビタミンA、ビタミンB2、コラーゲン、カリウム、カルシウム、鉄分などが多く含まれています。 また美肌効果があるとされ、脂質の代謝を促す働きもよく知られています。 鴨の脂分は人体に吸収されないという特性を持っているので、食べても脂肪になりづらくダイエットにも最適というわけです。 鴨は安全な産地・飼育環境で育ったものを使用 HACCP認定工場 HACCPという、国連食糧農業機関(FAO)や世界保健機関(WHO)などが推奨する衛生管理手法を採用している工場で飼育を行っており、47ヶ所もの衛生チェックボイントを設けて毎日厳しい検査を行なっています。

次の

北京ダックはぱりぱりとした皮だけ食べてるけど、残りの身の...

北京ダック 皮だけ

北京に5年間住んでいました。 皆さん勘違いをしていますが、北京ダックの有名店で、本当のダックも皮だけ出てくる店はほとんどありません。 普通はダックの皮に薄く身肉が付いて出されます。 このバランス良く薄く切る 削ぐ様に のも技術の1つです。 残った身肉と骨でスープを取ります 鴨湯ヤタンと言います。 同時に注文すれば、タダで出してもらえます。 このスープに香草 香菜シャンツァイと言います を入れて飲むのが北京流です。 蒸した春巻きの皮に 餅ビン 、そぎ落とした薄く身肉の付いたダックの皮を置き、線切りの黄ニラや胡瓜にミソ 醤ジャン をつけてダックの皮の上に置き、ロールに巻いて口に放り込むのが、北京の食べ方です。 広東省で北京ダックを注文すると、本当にダックの皮だけ 全く身の付いていない が出てきます。 皮の脂が焼けた香ばしさと、パリパリの食感が美味しいと言いますが、北京風に慣れた私は、北京の食べ方の方が美味しいように思います。 炭火で余分な脂を落として焼き上げ、パリパリになった皮の香ばしさ。 薄っすらと残った身肉のコクが絶妙のバランスです。 脂っぽさを醤をつけた黄ニラや胡瓜 場合によってはネギ の辛さが味を引き締めて、サッパリと感じさせてくれます。 偶に食べるのは美味しいですが、これが2~3日も続くと、やっぱり脂っぽくて胸焼けします。 美味しいからです。 中国料理は、「食感」を非常に大切にする料理です。 たとえばフカヒレや、燕の巣や、クラゲは、そのもの自体には特有の味や香りは無いに等しいのですが、合わせるスープや、味付けも相まって、その食感、口当たりが非常に珍重されています。 中国料理のメニューの名前に、「脆」(ツイ)という文字が使われていたりしますが、日本語でいうと「パリパリの」だとか「サクサクの」という意味があります。 その他、メニュー名に食感を表す言葉をたくさん使用しています。 ご質問の北京ダックですが、その作りたての時のパリパリ、サクサク感といったらもう! という言葉しか出ません。 残念ながら、このパリパリ感は、時間が経過してしまうと湿気を吸い、どんどんなくなってしまいます。 多くの方々はご質問者様のような北京ダックしか食べていないのが現状で、自分も結構高級な店に行って、自慢の~などと言われますが、提供までの時間がかかって、ふかふかの食感しか出せていないものを見受けます。 私自身も作りたてのものをその場で食べられたのは1回しかなく、お客様に出すタイミングが非常に難しい料理の一つです。 まとめとして、 ・北京ダックは作りたての物を食べる事。 ・皮のパリパリ感を味わうもの。 ・現在の日本で本物の味に出合うのは非常に難しい料理である事。 いつか本物の味に出合える日が来るといいですね。

次の