リモート デスクトップ 接続 できない windows10。 リモートデスクトップの「CredSSP 暗号化オラクル~」エラーの対処法

Chromeのリモートデスクトップ接続ができない時の対処法

リモート デスクトップ 接続 できない windows10

Chromeを起動します。 のページにアクセスします。 画面中央に表示される「使ってみる」をクリックします。 Googleアカウントでログインします。 下部にある「リモートアクセスの設定」をクリックします。 Chromeストアが開くので「Chrome Remote Desktop」をインストールします。 「接続時に使うPIN」を入力します。 Googleアカウントに「リモートのデバイス」として登録されます。 以上でリモートデスクトップの設定は完了です。 設定が完了したら別のPCからアクセスできるようになります。 リモートアクセスの手順 リモートデスクトップ接続を行うには、クライアントPCで次の手順で操作します。 Chromeが起動している場合は終了します。 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「appwiz. cpl」と入力して「OK」をクリックします。 一覧から「GoogleChrome」を右クリックて「アンインストール」を選択します。 画面の表示に従ってアンインストールを実行します。 アンインストールが完了したら、再度「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「Google」フォルダを開きます。 「Chrome」フォルダを右クリックして「削除」を選択します。 削除の確認がでたら「はい」をクリックします。 以上で、Chromeを完全にアンインストールすることができます。 アンインストールが完了したら、の公式ページからインストーラーをダウンロードして、再インストールして下さい。 再インストール後、リモートデスクトップが接続できないか確認します。 対処7: 接続する側とされる側で同じGoogleアカウントにログインする Chromeリモートデスクトップを利用するためには、接続する側とされる側で同じGoogleアカウントにログインする必要があります。 「リモートのデバイス」の一覧にリモート先のPCが表示されない場合、別のアカウントでログインしていることが考えられます。 接続される側のPCで紐付けしたGoogleアカウントでログインできているか確認して下さい。 別アカウントの場合でリモート接続したい場合は、再度の手順で再設定を行って下さい。 対処8: ハードウェア アクセラレーションを無効にする リモート接続時にエラーが出ずに画面が映らない場合は、Chromeのハードウェア アクセラレーション機能をオフにすることで改善する可能性があります。 次の手順で、リモート接続側のChromeのハードウェア アクセラレーションをオフにします。 関連: セキュリティソフトを無効にして接続できた場合は、セキュリティソフトが原因であると判断できます。 Chromeのリモートデスクトップの通信をファイアウォールで許可するように設定します。 今回は、Windows標準のWindowsセキュリティで許可設定する手順を紹介します。 許可の設定は、アプリかポートで設定を行って下さい。 方法1: リモートデスクトップのアプリを許可する Windowsのファイアウォールで、Chromeリモートデスクトップのアプリを許可設定するには、次の手順で操作します。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択して「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。 左ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。 「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。 「設定の変更」をクリックします。 「リモートアシスタント」の「プライベート」「パブリック」にチェックが入っているか確認します。 「別のアプリの許可」をクリックします。 パスで「参照」をクリックします。 次のフォルダへ移動します。 一番新しい数字のバージョンのフォルダを開きます。 例:「79. 3945. 10」など• 次のexeファイル選択して「開く」をクリックします。 exe」• exe」• exe」も追加してみて下さい。 「追加」をクリックします。 「プライベート」「パブリック」のチェックを入れて「OK」をクリックします。 Windowsセキュリティ以外の場合は、プロトコルと通信方向の設定が必要なケースがあります。 その場合は、加えて次のように設定して下さい。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択して「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。 左ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。 「詳細設定」をクリックします。 ユーザーアカウント制御がでたら「はい」をクリックして下さい。 「受信の規則」をクリックします。 「新しい規則」をクリックします。 「ポート」にチェックを入れて次に進みます。 「TCP」にチェックを入れます。 特定のローカルポートの入力欄に「443,5222」と入力して次に進みます。 「接続を許可する」にチェックをつけて次に進みます。 「プライベート」「パブリック」にチェックをつけて次に進みます。 「名前」「説明」を任意で入力して「完了」をクリックします。 対処10: ルーターのファイアウォールも確認する ここまでの設定で解決しない場合、ルーターのファイアウォール機能がリモートデスクトップの通信を遮断しているケースが考えられます。 ルータ設定を確認して、Chromeリモートデスクトップで利用するポートの開放を設定してみて下さい。 ルーターで開放すべきポートは次の通りです。

次の

リモートデスクトップ 接続できない

リモート デスクトップ 接続 できない windows10

動作環境 この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。 他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。 ソフトウェア バージョン Windows10 Pro 64bit 1909 リモートデスクトップが有効になっているか 基本的なことですが、Windows10のデフォルト設定では、リモートデスクトップは無効化されています。 リモートデスクトップを有効化するには、Windowsの「設定」から「システム」をクリックします。 左メニューから「リモートデスクトップ」を選択し「リモートデスクトップを有効にする」のスライダーをオンに設定します。 確認画面が表示されるので「確認」をクリックします。 以上で、リモートデスクトップが有効になります。 なお、既定では管理者ユーザーのみがリモートデスクトップ接続でき、標準ユーザーでリモートデスクトップ接続したい場合は、設定画面の「ユーザーアカウント」にある「このPCにリモートでアクセスできるユーザーの選択」をクリックして、接続に利用するユーザーを追加する必要があります。 ここでは、GUI操作でリモートデスクトップを有効化する方法を紹介していますが、コマンドで有効化したい場合は以下の記事をご覧ください。 セキュリティ設定が合っているか Windows以外のマシンからリモートデスクトップ接続する場合にありがちなこととして、リモートデスクトップのセキュリティ設定が、接続する側とされる側で合っていないために接続できなパターンです。 そのようなときは、以下に挙げる設定を調整することで解決することが多いです。 ネットワークレベル認証 Windows10でリモートデスクトップを有効化すると、デフォルトで「ネットワークレベル認証」が有効化されています。 WindowsマシンからWindows10にリモートデスクトップ接続するなら、ネットワークレベル認証が有効化されたままで問題ありませんが、Windows以外のマシンからリモートデスクトップ接続する場合、利用するツールによってはネットワークレベル認証に対応していない場合があります。 そのような場合は、以下の手順でネットワークレベル認証を無効化します。 さきほどの、リモートデスクトップの設定画面で「詳細設定」をクリックします。 詳細設定画面が表示されるので「ネットワークレベル認証の構成」にある「コンピューターの接続にネットワークレベル認証の使用を求める(推奨)」のチェックをオフにします。 チェックをオフにすると、以下のような確認画面が表示されるので「このまま続行」をクリックします。 以上で、ネットワークレベル認証を無効化できます。 セキュリティレイヤー ネットワークレベル認証と同じように、Windows以外のマシンからリモートデスクトップ接続する場合、利用するツールによってはデフォルトの暗号化方式(SSL)に対応していない場合があります。 その場合は、暗号化方式を変更する必要があります。 暗号化方式の変更方法は、次のとおりです。 タスクバーにある検索ボックスなどに「gpedit. msc」と入力して「ローカルグループポリシーエディター」を起動します。 ローカルグループポリシーエディターを起動したら、左ペインで「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「リモートデスクトップ サービス」>「リモートデスクトップ セッションホスト」>「セキュリティ」を順に選択します。 右ペインに設定項目の一覧が表示されているので「リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする」をダブルクリックします。 設定画面が表示されるので「有効」を選択し「セキュリティレイヤー」から「ネゴシエート」を選択し「OK」をクリックします。 セキュリティレイヤーを「ネゴシエート」に設定しても接続できない場合は「RDP」を選択してみましょう。 ファイアウォールで許可されているか Windows10に標準搭載されている「Windows Defender ファイアウォール」を利用している場合、GUI操作でリモートデスクトップ接続を有効化すると、ファイアウォールの設定も自動的に変更され、リモートデスクトップ接続が許可されます。 ですが、レジストリ設定などでリモートデスクトップ接続を有効化した場合は、「Windows Defender ファイアウォール」の設定は変更されないため、リモートデスクトップ接続を許可する設定を、手動で有効化する必要があります。 また、サードパーティーのセキュリティ対策ソフトを利用している場合は、セキュリティ対策ソフト上でリモートデスクトップ接続を許可する必要があります。 個別の設定方法は、利用しているセキュリティ対策ソフトのマニュアルなどを参照していただくとして、設定したはずなのにリモートデスクトップ接続できない場合は、一時的にセキュリティー対策ソフトの機能を停止してリモートデスクトップ接続してみることで、セキュリティ対策ソフトが原因かの切り分けができるでしょう。 また、インターネット経由でリモートデスクトップ接続するような場合は、マシンの設定だけでなく、ネットワーク経路上の機器(ファイアウォールなど)の設定もチェックする必要があるでしょう。 あとがき 正しく設定したはずなのにリモートデスクトップ接続できないといったときに、ここで紹介した項目をチェックしてみてください。

次の

Chromeのリモートデスクトップ接続ができない時の対処法

リモート デスクトップ 接続 できない windows10

こんばんは。 不可思議絵の具です。 Windows 10にリモートデスクトップで接続したいのに、つながらない。 リモートデスクトップは許可したのに、何故…? 「ネットワークの場所」が 【パブリックネットワーク】になっていませんか? Windows10のインストール直後は「ネットワークの場所」が【パブリックネットワーク】になっていますが、この状態だと、このPCに対して リモートデスクトップ接続できません。 「ネットワークの場所」は Windowsファイアーウォール設定と連動しているため、【パブリックネットワーク】だと 制限が厳しいためです。 リモートデスクトップ以外にも色々問題が発生します。 自宅LANに接続している場合は安全なので、制限無くやり取りしたいところです。 そこで、「ネットワークの場所」を 【プライベートネットワーク】に変更します。 以下、変更方法を解説します。 変更方法• 設定を表示 (スタートメニューの「設定」をクリック)• 「ネットワークとインターネット」をクリック• 左側メニューの「イーサネット」をクリック• アイコンの「イーサネット」をクリック• 『このPCを検出可能にする』をクリックして【オン】にする ネットワークの場所が【プライベートネットワーク】になっていれば成功です。 リモートデスクトップも繋がるようになっていると思います。 まとめ Windows10の「ネットワークの場所」を【プライベートネットワーク】に変更すると、ネットワークの制限が緩くなり、リモートデスクトップ接続できるようになります。 ハマっている方は、項目を確認してみて下さい。

次の