慈 しい 意味。 鬼滅の刃 日本一慈しい鬼退治

慈しみとはどういう意味?

慈 しい 意味

最終回の展開が読み解ける? ただのキャッチコピーのように思われますが、鬼滅の刃の物語を一言で表していることから、 物語の確信に迫る意味が込められている可能性が高いです。 物語の核である 最終回の展開を暗喩しているのではないかと、一部ファンの間で話題になっています。 実際に「日本一慈しい鬼退治」という言葉を意訳してみると、「、」の位置次第で2つの最終回の展開を予想することができます。 2つの最終回について• 日本一慈しい鬼、退治• 日本一慈しい、鬼退治 つまり、この言葉が最終回を暗喩しているならば、 「慈しい鬼」を退治する、もしくは 「慈しく」鬼を退治する、ことで鬼滅の刃は終わりを迎える可能性が高いです。 無惨の寄生により可能性が高まった? なぜ今、一時期話題となった「日本一慈しい鬼退治」を再び取り上げるかというと、鬼滅の刃 201話にて無惨が炭治郎に寄生し、この説通りの最終回を迎える可能性が高まったためです。 そこで今回は、「日本一慈しい鬼退治」という言葉に込められた意味から、最終回の展開を考察していきます。 「日本一慈しい鬼、退治」の場合 日本一優しい鬼「禰豆子」を倒して終了か 「日本一慈しい鬼」で文章が区切られる場合、鬼滅の刃のラストは「 優しい鬼を倒すこと」で幕を閉じることになります。 鬼の中で最も優しいと考えられるのは、間違いなく「 禰豆子」でしょう。 鬼の中で唯一、人間の血すら口にせず人を守り通した禰豆子。 日本一慈しい鬼に最も当てはまる人物です。 禰豆子はまだ鬼に戻っていない? 実際に200話の巻頭イラスト時点では、禰豆子は未だに「 髪の毛の色が鬼のまま」でした。 禰豆子に鬼の力が残っていることを、作者が意図的に示唆しています。 無惨の血に一度は耐え抜いた禰豆子。 日の光を回避したい無惨の寄生先としては、これ以上とないでしょう。 再び無惨の血で体を乗っ取られ、首を切られてしまうという展開が十分にあり得ます。 鬼滅の中で1番優しいのは「炭治郎」 禰豆子が退治される可能性をお話ししましたが、「優しい」に当てはまる該当者を人にまで広げると、鬼滅の刃の 作中で最も優しい人物は間違いなく炭治郎です。 善逸からは、泣きたくなるほど優しい音がすると言われ、無限列車では人の心を救うほどの温かい優しさを持っていたことが判明しています。 炭治郎が鬼となった場合、日本一優しい鬼は禰豆子ではなく炭治郎でしょう。 無惨による寄生で炭治郎説が有力に さらに、「優しい鬼が炭治郎であること」を裏付ける展開が201話で見られました。 201話にて無惨が生き残る最終手段として選んだのは、炭治郎に寄生すること。 炭治郎の体に血を注ぎ込み、 炭治郎は鬼と化してしまうのです。 加えて、炭治郎は過去に、自身が 鬼となる伏線のようなセリフを残しています。 それは「鬼に堕ちたとしても必ず鬼殺隊の誰かが俺の頸を斬ってくれるはず」という言葉。 読んでいた当時は特に気になりませんでしたが、炭治郎が鬼となった今、伏線としか考えられない発言です。 「干天の慈雨」で最後を迎える? 作中で1度だけ使用された、水の呼吸・伍の型「 干天の慈雨」という技。 この型で斬られた者には、ほとんど苦痛がありません。 干天の慈雨には「 待ち望んでいた物事の実現」という意味が込められており、この技によって鬼殺隊が待ち望んだ 無惨討伐がなされる可能性が高いです。 鬼となった炭治郎の首を切る際には、炭治郎に痛みを感じさせないため、また無惨を倒すという目的を達成するため、この技が使用されるのかもしれません。 炭治郎の首を切るのは義勇か 「干天の慈雨」で無惨戦が最後を迎える場合、この技を使うのは 水の呼吸の使い手である義勇だと考えられます。 鬼滅の刃の前身となった作品「鬼殺の流」では、義勇に瓜二つのキャラが主役を務めていました。 首を斬るのであれば、元主役であった義勇になりそうです。 無惨戦でほとんどの柱が亡くなった中、生き残った義勇には必ず意味があるはずです。 炭治郎を前にして刀を握り締めていたのも、伏線なのではないでしょうか。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の

【鬼滅の刃 201話】日本一慈しい鬼退治は、日本一慈しい鬼を退治、になるのか??

慈 しい 意味

私の推しの実弥さんはたった2コマの登場で天使の寝顔でしたが笑、やっぱり主人公であり、優しい優しい炭治郎のあんな姿見たくなかったし周りのみんなの反応も辛かった。。。 本当に見てられない。。。。。 と思いつつ、落ち着いて今後の気になる展開、特に、 日本一慈しい鬼退治 というキャッチフレーズはどうなるのか、など、予想したり考えたりしたいと思います。 日本一慈しい鬼退治とは 最近だと、単行本18巻発売の宣伝としてポスターやポストカードで使われていたキャッチフレーズで話題になりましたね。 これですね。 ですが、最初にこのキャッチフレーズが使われたのはもっと前の、2017年5月、単行本6巻発売のときの宣伝で、100万部突破のときのようです 私まだこの時は鬼滅の刃の存在自体知らなかった〜泣 ジャンプ本誌で言うと、大体、無限列車編あたりのようです。 映画化されるところですね この自粛ムードで映画どうなっちゃうんだろう、、、 で、この、 日本一慈しい鬼退治 普通に考えると、主人公炭治郎がとにかく優しいキャラクターで、鬼を殺すときも慈しみをもって殺している、ということを表しているのですが、ここ最近では多くの人が、 日本一慈しい鬼を退治 という意味なんじゃないかって話をしてるんですよね。 いつから誰が言い出したかは不明ですが、炭治郎が何らかの形で鬼化して、その慈しい鬼炭治郎を退治するんじゃないか、ということです。 ここからの、本当に201話の炭治郎の鬼化ですよ、、、、。 更に、義勇さんは炭治郎を殺そうとしているという、、、、。 このキャッチフレーズ、ワニ先生 吾峠先生 が考えたものなのか、編集側の誰かが考えたものなのか、は調べたんですけどわかりませんでした。 このキャッチフレーズが初めて出た2017年までのストーリーは、炭治郎が鬼を倒すときの慈しみの様子ってかなりしっかりめに描写されてると思うんです。 特に、遊郭編の妓夫太郎と堕姫を倒した後のシーンは本当に感動しました。 しかし、遊郭編から後の半天狗や猗窩座を倒すときは、そんな慈しんでないですよね、、、、まあ半天狗は回想見開き2Pのみってのもあるけど笑。 まあ、優しいは優しいんだけどね、、、鬼本人に対して慈しんでるか、っていうと、直接的な描写は無いような気がします。 と、なってからの、単行本18巻でまた 日本一慈しい鬼退治 のキャッチフレーズ。。。。 なぜここでぶり返してきたんだろう、という怖さもちょっとありますね。 ただ、個人的には一般的な解釈である 日本一慈しい、鬼退治 であってほしいと願うばかりです。 だって、炭治郎を退治するとかやっぱり嫌じゃん 結局嫌だって話w ちなみに、この18巻のときのポスター見に行って写真もあるし、自粛中でお家にいるばかりだから、今更の記事にしよかな笑 炭治郎の鬼化を止めるには? そんなこんなで本当に 鬼化してしまった炭治郎 Twitterなどで色んな方の感想や意見読ませて頂いたんですけど、もう色んな方向性が考えられますね。 その色んなパターンに対して、私の考え、感想を書いていこうと思います。 義勇さんが干天の慈雨で炭治郎を斬る これみーんな言ってましたね!!! たしかにねぇ、、、、でも悲しすぎるでしょ。 弟子を殺すジャンプ漫画なんてあります??笑 にしても、義勇さんの200話からの201話の感情を考えると本当にいたたまれない。。。 こんな状況、現実に生きてたら絶対にありえないからわかりえないけど、弟のように可愛がってた弟子で、ほんの数時間前まで猗窩座戦で一緒に戦って、炭治郎を殺す前に俺を殺せって言ってたのに、その炭治郎を殺せって指示するって、もう考えられないよねぇ。。。 でも 干天の慈雨って、 水の呼吸の唯一 鬼を苦しませず斬る型で、那田蜘蛛山編で出てきたっきり使われてないんですが、言ってしまえばそんなマイナーな型で主人公が殺されるなんてことあるかね。。。 あるかね、っていうか嫌!!!笑 あとこの辺の話をして出てくるのが、そもそも 日輪刀が効かないという話。 私これ全然気づいてなかったよ。。。。 本当みんなよく気が付くよね。 私最新話読んでて常にこーゆーこと起きるんだけど頭弱め笑。 日光克服したら確かに日輪刀で刺しても意味ないよね。 そしたら殺せないじゃんね。 炭治郎(in無惨様)死ぬ方法無い苦笑。 炭治郎が自害パターン これはまじでやめて!!! もう無理すぎるー!!! でもさ、これも日輪刀使えなきゃできないよねえ。 ただ無惨様の心臓と脳はもうないのよね。 ってことは、鬼化した炭治郎の心臓と脳は、元々の人間の炭治郎の心臓と脳だから、そこを斬ったりしたら死ねるのかなぁ、、、、って、もう考えたくもないよー(涙 愈史郎が珠世様の人間戻りの薬を使う 珠世様の人間に戻す薬が禰豆子に効いて、無惨様に効かなかったのは、無惨様が薬を分解したから、だと思うので、使っても戻れるかどうかは微妙よねえ。 あとまたここで薬使いだしたら、ちょっと薬使い過ぎ問題www 禰豆子の爆血を使う 爆血使えるのかなぁ。 上手いこと爆血使って炭治郎が鬼じゃなくなったら良いよね、、、これはかなりのハッピーエンド!! 炭治郎が鬼化してる間に誰も殺さなければね、、、、 怖 青い彼岸花を探す旅に出る これもみんな言ってるよね!!! たださ、そもそも 青い彼岸花 って何なのってのを、単行本15巻127話を読み返しました。 あと、この127話で、禰豆子が日光克服したから、無惨様が 青い彼岸花もう探す必要無いって 言っちゃってたし、もう 青い彼岸花の伏線回収されない気もする。。。。 若干気になるけど致し方無いのかなぁ。。。 まあ、何かしらの手がかりにはなるのかなぁ。。。 炭治郎の鬼化が進んだらどうなるの? もう嫌な予感しかないよね。 これもいくつかパターンと感想書いていきます。 禰豆子を食べちゃう こんなバッドエンド嫌だー!!! これはもう希望の欠片も無いよね、、、、。 禰豆子を鬼にしちゃう そもそも炭治郎が誰かを鬼にする能力があるのかどうかわからないけど、無惨様をそのまま引き継いでるなら出来そうですよね。 もはや、鬼にして、でも兄妹ふたりともちゃんと自我が戻って人間を傷つけないで、もう永遠に2人で幸せに過ごしてほしい笑。 あ、珠世様と愈史郎みたいな感じで、、、って、珠世様死んじゃったけど。 これ一瞬幸せそうだけど、それこそ善逸や伊之助がおじいちゃんになって死んでも、竈門兄妹だけ生き続けなきゃいけないのはちょっとつらいし、煉獄さんが猗窩座と戦ったとき、いかなる理由でも鬼にならないって言ってたから、まあ炭治郎の意思では無いけど鬼になり続けることは無いのかなぁ。 炭治郎のそんな姿見たくない 涙 無差別的に隠の人らとか鬼殺隊の誰かとかも悲しいけど、何よりメインの登場人物も嫌!! と言ってもメインの登場人物も大概お亡くなりになられてるけど、、、。 かまぼこ隊も義勇さんも実弥さんもカナヲも愈史郎も誰だとしても嫌だぁ。 誰かを死なせちゃうとさ、炭治郎に自我が戻ったときそれこそ自害しちゃいそうだし、自我戻らないでただ人間を食べ続ける鬼になったとしても悲しいし、ひとつも良いことない。。。 稀血の実弥さん食べられる ものすっごい栄養が寝てますよね笑。 さすがに無いと思いたいけど笑。 実弥さんが生き残った理由がこれとか本当いや笑。 ただ、私これは前から疑問なんですが、鬼滅の刃、意外と戦場にいない人間には優しい気がするんですよね。 猗窩座戦のときは、炭治郎と義勇さん交代交代で戦って、戦ってないほうはあんまり襲われないイメージ笑。 あと、黒死牟戦でもお腹縫ってる実弥さんは絶対襲われないじゃんね笑。 その他今後の展開で気になること 21歳組の寿命は? 痣を出した 義勇さん と 実弥さん 痣を出すと25歳までに死ぬ、とされてるけど、この2人はどうなっちゃうんだろう。。。 これは、このままもうすぐ最終回を迎えるにしろ、続いていくにしろ、ちゃんと伏線回収してくれないと、、、、、、、推しの生死がかかってるからなんとかして笑。 炭治郎の刀はどこ?? これ地味に気になってます笑。 なぜなら、 煉獄さんの鍔ついてるから! 鬼化した炭治郎が刀持って、黒死牟みたいになったらめちゃくちゃかっこいいだろうね 現実逃避w 鍔見て、煉獄さんのこと、思い出してほしいなぁ、、、、。 日の呼吸の継承はどうなる?? 炭治郎に自我が戻ればそんな問題無いと思うし、無惨様が完全に死んだらもう不要なのかなとも思うけど、なんとなく炭治郎ならまたヒノカミ神楽として繋いでいってくれるんじゃないかなと、なんとなく思っています。 禰豆子と無事にお家に帰って、新年に仲良くヒノカミ神楽舞ったらよいよ、、、、。 それを善逸や伊之助も見に来たらよいよ! なんなら義勇さんも実弥さんも来ちゃえよ! 意味不明 天国からみんな見に来たらよいよ、、、 涙 と、現実逃避したところで、終わりたいと思います笑。 それにしても、最近木曜日からジャンプの早バレがめちゃくちゃ出てくるのが怖すぎて怖すぎて、、、、。。。 私はちゃんと本誌できちんと読みたいんだあぁぁぁ!!! 長々と読んでくださり、ありがとうございました!!! 201話読んですぐの感想文 kimetsu-yukichan.

次の

「日本一慈しい鬼退治」に隠された意味とは?鬼滅の刃の最終回を予告していた?

慈 しい 意味

善逸が女の子です。 ご興味ある方は、「鬼伝説の真相」で調べてみてね。 反乱を起こした兵士=鬼を討つ為にまた兵士(鬼)を生む。 不老不死の身体と人並み外れた戦闘能力は重宝されたがしかし、人間の鬼に対する扱いは酷かった。 いつしか人間を恨むようになった鬼が反乱を起こし、人間を襲いだす。 そして鬼に対抗し、討伐する為に出来たのが鬼殺隊だった…みたいな。 それを炭治郎に食べさせるという行為には性行為そのものを隠喩してたり、してなかったり。 予定では善逸に桃を噛み砕かせて炭治郎に口移しで食べさせる筈だったけどなんかそこに至る前に終わってしまった。 女だけが住まう女護が島。 男だけが住まう青ヶ島。 それぞれから選ばれし特別な遺伝子を持つ男女が一年に一度だけまぐわう事を許される。 それが古くからの仕来りだった。 男から授かった特別な遺伝子と、女が持つ特別な遺伝子が合わさってさらに強い特別な遺伝子を持つ子を孕む。 そうしてこの地に産み落とされてきた子を、鬼と呼んだ。 鬼は最強の戦士となり、闘いそしてまた鬼を産む。 何代にも渡って繰り返されてきた事だ。 すべては、我が國を護る為に。 16になる年、初夏の朝。 下腹部に感じる鈍痛に、厠へ入りそっと着物を捲った。 やっぱり。 唇から溢れた言葉。 襦袢に着いた真っ赤な鮮血を目にした時、浮かんだのはまるで他人事の様な気持ちだった。 ……嗚呼、ついに、来たんだ。 此の度は誠に目出度う御座います。 初潮を迎えた俺に大人達は口を揃えて言う。 耳にこびり付いた声が幻聴を聴かせるくらいには何度も、何度も。 そして、その都度頭を下げるのにもいい加減嫌気がさしてきた頃だった。 では、支度を整えましょうと一人が手を鳴らした。 それが合図だったのか、あっという間に囲まれて、あれよあれよと服を脱がされた。 湯を浴びせられ、自身でさえ触れるのも憚られる様な恥ずかしい場所まで綺麗にされる身体。 上等な衣を着せられたかと思えば、仕上げにあの鮮血のような真紅の紅を差されて。 そうして出来上がった自分の姿を姿見で見た時に、初めて実感した。 大人になる、という事を。 他の誰でも無い。 この、自分が。 連れて来られたのは人の住まう屋敷から追い出された様にぽつりと佇む小さな離れだった。 たった一つあるだけの部屋に入ると、そこには不釣り合いな程大きな寝台が置かれているだけ。 その上に座らされ、目の前に出されたのは一口分の赤飯。 促されるままに箸で掴むと口へ運んだ。 たっぷり拾を数えて咀嚼した後、殆ど形を無くしたそれを嚥下する。 ごくりと鳴った喉が上下し赤飯が食道を通って胃へ落ちていったのが分かった。 一部始終を傍で見守っていた大人達が赤飯の入っていた椀を回収し、代わりに別の椀を置いて出ていく。 一人残された部屋は、先程まで窮屈な程の狭さを感じていた筈なのに今は広過ぎるような気さえした。 訪れた静寂。 置かれた椀に視線を落とす。 その中にあるのは、溢れるほどの水分を含んだ瑞々しい桃の果実だった。 むかしむかしの御伽噺では、ややこに恵まれずしかしそれでも仲睦まじく暮らしていた老夫婦が川から流れてきた桃を食べて若返り、子を授かったという。 それから人々は信じてきた。 桃を食べると子宝に恵まれる。 精力がつく。 催淫効果があり、同衾が捗る。 また、桃は邪気を祓う薬とされており、しまいには不老不死の力があるとまで。 本当かどうかは知らないし興味もなかった。 兎にも角にも、俺はこの桃の果実を食べさせるだけ。 相手の、男に。 あなたは特別、神に選ばれた鬼の子。 それは大変名誉なことなのだと、幼い頃からそう言い聞かされ刷り込まれてきた。 そして歳が10を過ぎた頃、闘い方を学んだ。 無理矢理教え込まれたのは重い重い、刀の振るい方。 嫌で嫌で、仕方がなかった。 隙を見て逃げ出しては捕まって、また刀を持たされた。 今度は手から離れないように麻の布で縛り付けられて。 また、次に教えられたのは床での男の悦ばせ方だった。 より優れた子種を身に授るように、この身体の全てで精一杯奉仕する。 男性器を模した禍々しい張形を口に頬張らせられては涙で目を腫らし何の為にこんな事をさせるのだと喚いた事もあった。 それでもやめる事は許されなかった。 そうして月日が経つにつれ剣術も、床での過ごし方も上達していった俺は、心を殺す事も覚えた。 この役目に自分の意思など必要無い。 ただ全うするだけ。 わかっていた、筈だった。 相手がどんな男なのかなんてどうでも良い。 子種を貰えたら誰だって一緒だと。 なのに、一瞬だった。 トン、と叩かれた襖。 部屋を隔てたその向こう側。 その男の音に、胸を打った。 なんて。 なんて酷い事だろう。 こんなにも、やさしい、音。 涙で視界が滲んでいく中、襖が敷居を擦る音がして出来た隙間から覗く赫に一目で奪われる。 俯きながら入って来た男が座して床に拳を突くと深々と頭を下げた。 「竈門炭治郎です」 部屋に響く凛とした声。 そして顔をあげたその双眸が俺を真っ直ぐに貫く。 胸の奥底に何かが芽生えるのを確かに感じた。 この男とだけは出逢いたくなかったと。 殺した筈の心が、息を吹き返して震えるのを。

次の