このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています。 エクセル外部ソースへのリンクを探したい

EXCEL このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

Excelで外部参照リンクを解除する方法です。 ビジネスでは Excel ファイルが添付されているメールのやり取りが頻繁に発生します。 特に影響のない Excel ファイルならいいのですが、たまに 外部参照リンクされたファイルが添付されてくることがあります。 そのファイルを開くと、「 このブックには更新できないリンクが 1 つ以上含まれています。 」のメッセージが表示され、驚かれる方も多いのではないでしょうか? このブックには更新できないリンクが 1 つ以上含まれています。 ・リンク元を変更するか、再度値の更新を試す場合は、「リンクの編集」 をクリックしてください。 ・リンクをそのままにするには、[続行] をクリックしてください。 ここでは 外部参照リンクの解除方法 を紹介します。 Sponsored Links 上記のメッセージが出た場合は リンクの編集 を選択します。 下図の画面が出たら リンクの解除 を選択します。 すると「 リンクを解除すると、既存の値への外部参照と数式が変更されて元に戻すことはできません。 このバージョンを保持するには、新しい名前を付けてファイルを保存して再度リンクの解除を実行してください。 今リンクを解除しますか?」のメッセージが表示されます。 解除してよい場合は リンクの解除 を選択しましょう。 リンクを解除 をすると、そのリンク元ブックの値を使用する数式は、すべて現在の値に変換されます。 リンクを解除 をした後では元に戻せないので、必要に応じて転送先ファイルを保存しておくことをおすすめします。 メッセージをキャンセルした後にリンクの解除をするには、「データ」タブの リンクの編集 を選択します。 リンクされたデータがない場合には「リンクの編集」ボタンは利用不可となっています。 リンクの編集画面が表示されたら、上述と同じ方法で リンクの解除 を選択します。 以下のように「 このブックには、ほかのデータ ソースへのリンクが含まれています。 」のメッセージが表示された場合は 更新しない を選択しましょう。 リンク先ファイルの場所がわかっていて、ネットワーク上に存在するのであれば 更新する を選択しても構いません。 しかし、このようなファイルを受け取った時は、たいてい更新できないので 更新しない でいいと思います。 「更新する」を押下するとブックを探しにいくので時間がかかります。 定義された名前がリンクで使用されていた場合、その名前は自動的には削除されません。 必要に応じて名前も削除しましょう。 名前を削除するには「数式」タブで 名前の管理 をクリックします。 名前の管理画面で削除したい名前を選んで 削除 ボタンを押下します。 「OK」ボタンを押下すれば削除されます。 Sponsored Links.

次の

Excelのリンクエラーに負けるな!更新出来ないリンク元の探し方と解除の方法

このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

Excelのブックを開くと以下のポップアップメッセージが出る場合があります。 もしくは、シート上部に以下のようなメッセージが表示されます。 原因 Excelは異なるブックに外部リンクを貼る事ができるのですが、 今回のメッセージは、 存在しないブックへの外部リンクが含まれている事が原因です。 実際に外部リンクを貼って説明していきます 以下のように、同じディレクトリ内に「A. xlsx」と「B. xlsx」の2つのブックを作成して用意します。 この2つのファイルを外部リンクで繋いでいきます。 まず「A. xlsx」を開いて、任意のセルに数字「500」を入力して上書き保存。 その際に、 リンク貼り付けで貼ります。 これで「B. xlsx」のセルB3に数値500が入りました。 リンク先のアドレスを確認してください。 xlsx]Sheet1! xlsx]という記述は、同じディレクトリー内にある「A. xlsx」を外部参照しているという意味です。 さらにそのブック内のシート1のB3セルにリンクを参照しているという意味です。 これで「A. xlsx」と「B. xlsx」間でリンクを貼れました。 イメージ図 外部リンクの自動更新 試しに、「A. xlsx」に入力していた数字を「500」から「12500」に書き換えます。 xlsx」を開くと、参照元の値が反映されて「12500」に変わります。 これをリンクの自動更新と言います。 外部リンクを無理やり外してみます すべてのExcelファイルを保存して閉じた状態で、「A. xlsx」のファイル名をリネームします。 試しに「AAAA. xlsx」に変えてみてください。 これで「B. xlsx」から「A. xlsx」への外部参照が切断されます。 この状態で「B. xlsx」を開いてみてください。 例のセキュリティ警告が出ます。 「外部リンクの参照元が存在しないので、リンクの自動更新されませんよ」という意味の警告です。 「コンテンツの有効化」ボタンを押して、一度Excelを閉じてみてください。 そして、再度「B. xlsx」を立ち上げると例のメッセージが出ます。 存在しない未知の外部参照が記述されているので、Excelが確認を促してくれているのです。 ファイル名を変えるだけでなく、ファイルを削除した場合、ファイルのディレクトリを移動させた場合にも外部参照は切断されます。 再利用した場合、入力データだけを入れ替えても、外部リンクは残っています。 特に自分が作ったファイルではない場合、 どこに外部リンクが入っているのか?、何を参照しているのか?が分からない場合が多いのです。 対処法は、外部参照を一つ一つ探してリンクを消すか、新しく参照先を指定するなどして修復する事です。 外部参照は必ずブック名を鍵カッコで挟んだ名前で指定されています。 探し出した外部参照は、自分で参照元を用意してリンクを貼り直す必要があります。 以上になります。

次の

Excelで外部ソースへのリンクを解除したい

このブックには更新できないリンクが1つ以上含まれています

理由がわからないけど、Excel2013でファイルを開いたときに次のメッセージが出てきてきました。 「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています。 リンクを信頼できる場合、リンクを更新し最新データを取り込みます。 信頼できない場合は、データをそのまま手元で処理してかまいません。 」 リンクを解除します。 Excelの画面で、「データ」「リンクの編集」を選びます。 リンクの編集の画面が表示まします。 リンク元を確認し、不要でしたら、「リンクの解除」を行ないます。 確認のメッセージが出てきますが、問題なければ「リンクの解除」選びます。 検証ソフトウエア:OfficeExcel2013.

次の