スライム 材料。 スライムの作り方特集!ホウ砂なしの作り方や安全な材料をご紹介

【子どもとスライム遊び】学童で作り方/種類/材料☆ホウ砂や毒性

スライム 材料

クラウドスライム スノーパウダーなしなら? クラウドスライムをスノーパウダーなしで作るなら、代用できるものとして• 携帯用トイレ を使う方法があります。 スノーパウダーの原材料は『高吸水性樹脂』といって、数グラムで1リットル程の水を吸収することができるんです。 見た目は白い粉なんですが、水をかけるとあっという間にかたまります。 かたまると見た目が雪のようになるので「スノーパウダー」や「人工雪」と呼ばれているんですね^^また、一度吸収した水は逆流することがないので「紙おむつ」や「携帯トイレ」にも使われているという訳なんです。 100円ショップに売っている「携帯用トイレ」の中には、この高吸水性樹脂の粉が付いているので、それをクラウドスライムを作る時にスノーパウダーの代用として使うことができます。 ただ、100円ショップの携帯用トイレに入っている高吸水性樹脂の粉の量は、手のひらサイズのスライムが3~4個作れる位の量になるので、たくさん欲しい場合はネットで購入するのもひとつです。 スポンサーリンク ホウ砂は、あらかじめ水と混ぜておいて「ホウ砂水」にすることでスライムの固さを調節しながら作ることができるのでオススメです。 100均のドレッシングボトルに入れて使うと適量が出せていいですよ^^ ホウ砂水の作り方はこちらです。 >> 着色料はお好みのものを用意してくださいね。 今回は、フワフワしたクラウドスライムには透明感のある色の方が発色がきれいかなと思ったので「インク」を選びました。 スライムの着色方法についてはこちらでくわしく解説しています^^ >> 携帯用トイレは「ダイソー」のものを用意しました! クラウドスライムの作り方 材料が準備できたら、いよいよクラウドスライムを作っていきます! クラウドスライムの作り方 1.まずは「スライム」を作ります。 ボウルに作りたい量の洗濯のりを入れます。 2.色を付けたい場合は、ここで着色します。 洗濯のりとインクをよく混ぜて、好みの色の濃さにします。 3.ホウ砂水を少しずつ加えて、その都度よく混ぜながらスライムにしていきます。 4.スライムが完成しました。 5.次に携帯用トイレの高吸水性樹脂を取り出して、水を加えていきます。 袋を開けると、中身は「黒い袋」と「白い粉が入っている携帯トイレ」が入っています。 携帯トイレをハサミで切って中の粉を取り出します。 混ぜ込む高吸水性樹脂の量は、「水と混ぜて膨らんだもの」と「スライム」とが同じ量になる位が目安です。 手のひらサイズのスライムに混ぜる量としては写真のようにボウルの底が見えなくなる位の粉の量が丁度良かったです。 後で混ぜる時に増やしたり減らしたりすれば大丈夫ですよ^^ 水を入れるとすぐに固まります。 粉と水とをよく混ぜ合わせると、こんな風にホロホロしたものになります。 6.スライムに混ぜ込んでいきます。 目安はスライムの大きさと同じ位の量を混ぜ合わせますが、好みの感触のクラウドスライムになるように少しずつ混ぜていくのがオススメです。 伸ばして丸めてをくり返して、混ぜ合わせます。 これまで作ったいろいろな「スライムの作り方」を見やすくこちらでリストにしてまとめました!作り方の工程はすべて【写真付き】なので、参考にしていただけると嬉しいです^^ >>.

次の

クラウドスライム スノーパウダーなしなら?材料や作り方を【写真付き】で解説します!

スライム 材料

Sponsored Links スライムの材料が売ってる場所 スライム作りに必要な材料が分かりましたが、気になるのがこの材料が売っている場所ですよね。 スライムの材料は比較的簡単に手に入れることができます。 一般的にはスライムは以下の場所で購入することができます。 【ホウ砂】 ・薬局 ・ドラッグストア ・ネットショップ(Amazon、楽天など) 【洗濯のり】 ・スーパー ・ホームセンター ・ドラッグストア ・ネットショップ(Amazon、楽天など) 洗濯のりは一般的に洗濯用に使うものなので、洗剤などを売っているコーナーがあるお店では販売されていることが多いです。 ホウ砂の場合は店舗で見つけるのに少し苦労する場合があります。 薬局なら売っていることが多いですが、ドラッグストアにはないこともあります。 一番確実なのがネットショップ購入することですね。 Amazonや楽天などの大手会社なら確実に売っていますし、値段も安めなのでおすすめですよ。 スライムの材料詳細 以下に、スライムづくりに使用する材料の詳細を紹介していきたいと思います。 普段あまり使わないモノなので、スライムの基礎知識として材料の特性をしっかりと学んでおきましょう。 【ホウ砂】 ホウ砂は『ほうしゃ』と読み感じでは『硼砂』となります。 鉱物の一種で、四ホウ酸ナトリウムの十水和物です。 塩湖が乾燥した跡地で取れることが多く、アメリカやロシア、トルコなどで産出されることが多いです。 ホウ砂は水溶液にすると弱アルカリ性になり、洗浄作用・消毒作用があります。 そのため、スライムの材料として使用する際には少し注意が必要です。 人体には少しばかり毒性があるため、以下のような注意点を守りましょう。 また、ホウ砂の裏に詳しい取り扱い注意事項が書かれていますので、そちらも確認しましょう。 当然のことながら、スライムにもホウ砂が含まれていますので、上記のホウ砂の注意事項と同じように取り扱いましょう。 【洗濯のり(PVA)】 洗濯のりは洗濯物にハリやコシを与えるためのものです。 洗濯のりには『でんぷんのり』と『合成のり』がありますが、スライムで使う洗濯のりは『合成のり』のほうです。 PVAはポリビニールアルコールの略で、防シワ性に優れています。 スライムでしようする洗濯のりは液体タイプで、触るとドロドロぬるぬるした感触です。 しかし、スライムのような弾力はなく、ホウ砂水溶液と合わせることにより、弾力を増してスライムになります。 【絵の具】 スライムに色を着けるための着色料です。 絵の具以外にも様々な塗料も使えます。 夜光塗料を使用すれば、暗闇に光るスライムが作れます。 まとめ 今回はスライムで使用する材料について詳しく紹介していきました。 スライムづくりに購入すべき材料は『ホウ砂』と『洗濯のり』です、これらは薬局やドラッグストア、ホームセンターなどに売っています。 また、Amazonや楽天などネットショップにも売っていますので、簡単に購入することができます。 スライムを作ったことがない人も材料を揃えて、是非作ったみましょう。

次の

クラウドスライム スノーパウダーなしなら?材料や作り方を【写真付き】で解説します!

スライム 材料

合成洗濯のり(PVAと表示があるもの)• ピカちんキットアメーバーをつくろう!(ホウ砂が入っています)• 絵の具• わりばし 2個• プラスティックコップやヨーグルトなどの空容器 2個• 軽量スプーン• 計量カップ• お湯 もし、ダイソーにキットがなかった場合や たくさん、スライムを作りたい! そんな方は、 薬局でホウ砂が売っていますので、 そちらを購入しましょう。 こちらのホウ砂は50g入っています。 ホウ砂は薬局で販売されているのですが 置いていない所が多いんですよ。 ですので、買いに行かれるときは、 お電話して確かめてから 行かれた方が良いですよ! ダイソーのキットも人気ですので、 電話して在庫状況を確認してみてくださいね。 お時間に余裕があるときは、 コチラでも購入できます。

次の