警視庁 災害 対策 課 マスク。 【マスク売切れ対策】耳が痛くならない「簡易マスク」作ってみた!警視庁ツイートはやっぱり凄い

目からウロコ…警視庁の「マスクの捨て方」が話題!

警視庁 災害 対策 課 マスク

前回は警視庁のホームページに載っていたキッチンペーパーで作る簡易マスクを100均材料で作ってみました。 普段マスクをしていなかった方には特に辛い問題ですよね。 今回も警視庁警備部災害対策課の公式Twitterの情報を参考にマスクゴムで耳が痛くならない方法を試してみました。 もう片方は片結びをすれば完成です。 娘に装着してみました。 感想は「全然痛くない!」 感想は、 全然痛くないよ!でした。 そして何よりも物凄く簡単ということが気軽に試せるポイントです。 耳の負担にならないので長時間つけても不快になりにくいと思います。 輪ゴムを2個繋げればサイズUPも出来ますね。 クリップの場合 クリップは伸びませんが、はめるだけなので輪ゴムより簡単に作る事が出来ます。 首の後ろに装着したり……。 結んだ髪の上にすると楽に使用できます。 2つ使いもできた! 警視庁警備部災害対策課のツイートでは輪ゴムとクリップを別々に使用していましたが、両方を一緒に使う方が楽に使用出来ると思いました。 輪ゴムを片結びすると、マスクからゴムを外す時取れにくいですし、クリップだと伸びないのでサイズUPが難しい。 それなら片方はゴムを通して、もう片方はクリップに繋げば伸びることも可能ですし、マスクゴムから外す時も便利です。 災害時のホコリ防止や花粉症対策にも使用出来るアイデア。 身近にあるもので出来ますので是非試してみてくださいね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました!.

次の

警視庁おすすめの“手作りマスクの作り方”が話題に

警視庁 災害 対策 課 マスク

この世の中、ちょっとしたアイディアや小技で劇的に生活が便利になることがある。 いわゆる「ライフハック」というやつだが、本気で使えるものからそうでもないものまで種類はさまざまだ。 知っておいた方が得する知識はぜひとも知っておきたいが、まさに今ある知識が話題沸騰中。 これは使えそうだ! ・簡易マスクは簡単に作れる 今ではコンビニでも手に入るほど身近なところにあるマスク。 しかし、意外と欲しい時にないものでもある。 そんな時は警視庁Twitter のライフハックを覚えておくといいだろう。 やり方は Twitter で以下のように発信している。 『キッチンペーパーで簡易マスクを作成。 キッチンペーパーを蛇腹に折り両端に輪ゴムをつけホチキス止め。 ホチキスの位置で大きさを調整でき、とても簡単に作ることができました。 娘に着けてもらったところ「苦しくない。 いい感じ。 」とのこと。 密閉性には少し欠けますが、砂ほこり等は十分に防げます。 』 なんと Twitter では作り方を教えてくれるだけでなく、 娘さんに装着してもらって感想まで聞いている。 相手のことを考えた優しい行為にネットも感激。 現在、猛烈な勢いで拡散中だ。 ・知っておいて損なし このライフハックは、家ですぐに作ることができるので、知っておいて損なしと言える。 マスクがない時はもちろん、すぐにでも必要な緊急時にも役に立つことだろう。 もしもの時のため、実際に一度作ってみるのもいいかもしれないぞ。 参照元:Twitter 執筆:.

次の

「マスクの上下・裏表が分からない」ときの判別法を警視庁がツイートし反響

警視庁 災害 対策 課 マスク

マスクの供給不足が続いています。 そんな中、行きつけのスーパーの「ご自由にお取りください」コーナーで、気になるチラシを発見! 【警視庁災害対策課が公開! キッチンペーパーで簡単マスク】 と書かれていて、作り方が掲載されていました。 そこで早速チラシを持ち帰り、家で作ってみました。 それがこれ! 制作時間1〜2分、材料は家にあるものでOK。 一見すると耳にかけるゴムの部分が痛そうですが、 意外と耳も痛くならず、メガネをかけても曇りにくいです。 呼吸も苦しくありません。 5センチで蛇腹に折ります。 これで完成!はやい。 上の写真が子ども用。 ホッチキスを若干、内側にとめています。 下のが普通の大人用です。 つけ心地 子ども用と私用の2種類つくり、家でマスクをしてみました。 最初に見たときは、「輪ゴムを耳にかけるって、痛そう~」と思ったのですが、実際につけてみると、ゴムをあまり伸ばさなくていいせいか、意外と痛くなりませんでした。 そして、隙間が多いせいか、メガネをかけていても、あまり曇りません。 息もしやすいです。 隙間が多い(密封性が低い)ということは、ウイルスや花粉も入りやすいということです。 でもまあ、市販の使い捨てマスクでも完璧にウイルスなどを防ぐのは難しく、ちょっと昔のデータでは40%ほど漏れるので、どっちにしてもマスクでウイルス感染の予防は難しいです。 自分が咳やくしゃみをしていた場合に、飛沫を飛ばすのを防いだり、ベタベタいろいろ触った手が口や鼻にしてそこから感染する、というのには役に立ちます。 もちろん、警視庁防災対策課が考案しただけあって、砂やほごりは十分に防げそうです。 このマスクの最大の欠点は、 外で着けるのが 恥ずかしい!ということです(笑) とてもじゃないけど、わたしは通勤電車でつける勇気はありませ~ん。 警視庁がこの簡易マスクづくりのページを公開したのが2018年8月27日。 それから2年以上たって話題になるなんて面白いですね。 話題からは超遅れての作成ですが、キッチンペーパーが一瞬にしてマスクに早変わりします。 では、今日はこのあたりで! ponchan-club.

次の