ご理解のほど 類語。 「ご承知おきください」の意味と使い方3つ|敬語・類語

ご容赦・ご了承くださいの意味や類語と使い方!メールや上司への正しい言い方とは?|語彙力.com

ご理解のほど 類語

「ご確認のほど」の意味について正確に理解したいのであれば「ご確認のほど」を2つに分けて意味を考えることができます。 1つ目の部分は「ご確認のほど」の「確認」という言葉になります。 辞書などで調べてみると「確認」には「確かにそうだと認めること」もしくは「はっきり認めること」という意味が含められています。 そのため、まだはっきりと認められていないことを認めることができるように促したいのであれば「確認」という言葉が使われることになります。 「ほど」の意味 「ご確認のほど」の後半の部分の「ほど」という言葉には「断定を避けて、表現を和らげるのに役立つ」という意味が含まれています。 つまり「ほど」というフレーズに独特の意味が含められているわけではありませんが、強い言い方を避けたい時に「ほど」を使用できることがわかります。 例えば「ご確認お願いします」というフレーズと「ご確認のほどお願いします」では、表現している意味はほとんど同じになります。 しかし、大切な点として、相手に対して与える印象が異なることになります。 この2つのフレーズのどちらの方が、優しい響きがするでしょうか。 おそらく、ほとんど全ての人が、後半の「ご確認のほどお願いします」の方が、やさしくお願い事をされているイメージを受けるに違いありません。 そのため、相手に厳しいイメージを与えたくないのであれば「ほど」を使うことをお勧めいたします。 ご確認のほどよろしくお願いいたします 実際に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」というフレーズを職場の同僚との会話の中でも使用することが可能です。 このフレーズの中で使用されている、敬意の込められた表現に注目することができます。 例えば「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」では、謙譲語が使われていることになります。 なぜなら、語尾の部分に「いたします」という表現が使用されているからです。 この表現を使用すれば、かなり目上の人に対しても深い敬意を示すことが可能になります。 「いたします」という謙譲語で、自分の身分を下にみなして相手に対して深い敬意を示すことができているからです。 普段からかなり目上の人と会話する機会が多いのであれば「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を習得する必要があります。 ご確認のほどいかがでしょうか 他にも「ご確認のほど、いかがでしょうか」という敬語の使用されている質問を会話の中に取り入れることができます。 この場合は「確認の結果はどうでしたか」という意味の質問をしていることになります。 まだ、職場の同僚が確認を終えていないのであれば「ご確認のほど、いかがでしょうか」というフレーズを使用することはできません。 相手も何を答えたら良いか分からないからです。 それでも、何かの書類を確認し終えた周りの人に「ご確認のほど、いかがでしょうか」と質問するのであれば、敬意を込めながら確認の結果を確かめることができます。 職場で周りの人と意思の疎通が多いのであれは、この質問を習得すると非常に実用的です。 お手数ですがご確認のほど 相手に対して確認を依頼することに非常に申し訳なさを感じているのであれば「お手数ですが、ご確認のほど」というフレーズを使用することができます。 「お手数ですが」というフレーズを使用することによって「面倒ですが」や「手間を取らせて恐縮ですが」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 そのため、何かの確認を依頼することが、相手にとって迷惑なことであるのであれば「お手数ですが」という言葉を最初につけることによって、相手の人の怒りを買うのを避けることができるはずです。 目上の人を怒らせることや、人間関係のトラブルを避けるためにも「お手数ですが、ご確認のほど」というフレーズは非常に便利になります。 ビジネスメールでの「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という文章をビジネスメールの中でそのまま使用することができます。 しかし、使い方に注意する必要があります。 なぜなら「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」を文章の初めに使用してしまうと、意味が伝わりにくくなってしまうからです。 相手からしても「何をお願いされているのかなんだかわからない」という気持ちになってしまうはずです。 そのような混乱を防ぐためにも、お願い事をした後に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を使用することができます。 相手の人にメールの返信を促すことは気の引けることですが、メールの最後の部分に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という文章を使えば、間接的に「確認をした後にメールの返信をしてください」という意味を伝えていることにもなります。 確認結果を返信してほしいときに使用できるフレーズです。 相手別「ご確認のほど」の使い方 「ご確認のほど」の含まれているフレーズを使うことのできる場面はたくさんあります。 それでも「ご確認のほど」は、会話をしている相手によって使い方を変えなければなりません。 そのため、これから「ご確認のほど」の具体的な使い方について紹介します。 上司 上司と会話をしているのであればある程度緊張するはずです。 しかも、あまり面識のない上司と会話をしている時には、相手を苛立たせることのないように注意する必要があります。 その時でも「お忙しいところ、大変お手数ではございますが、ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現を使用することができます。 単純に「ご確認のほど、よろしくお願いいたします」という敬語表現だけを上司に使うこともできます。 しかし、怒りやすい上司や、不機嫌になっている上司と会話しているのであれば、他の表現をプラスして、柔らかい表現をすることができるよう工夫しなければなりません。 その時に役立つのが、例文でも使用されている「お忙しいところ、大変お手数ではございますが」というフレーズになります。 相手が忙しいことを前提に、しかも、気遣いを示しながら会話をしているので、気難しい上司にも受け入れやすい表現です。 「ご確認のほど」の類語 「ご確認のほど」の含まれている例文を会話の中で積極的に使用することによって、目上の人とのスムーズなコミュニケーションを図ることが可能になります。 しかし「ご確認のほど」を不必要に会話の中で使ってしまうと、周りの人に違和感与えてしまう可能性もあります。 そのような事態を避けるためにも「ご確認のほど」の類語について詳しく紹介します。 見極める 「ご確認のほど」の類語の1つに「見極める」という言葉があります。 「見極める」には「徹底的によく見て知る」という意味が含まれています。 そのため、何かのことについて徹底的に調べて欲しいのであれは「見極める」という言葉を使用することが可能です。 「ご確認のほど」の代わりに「見極めてくださいませんか」と言うのであれば、調査が徹底的に行われます。 確証を得る 世の中には似ているフレーズがたくさんあります。 例えば「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズもほとんど同じ響きがあります。 しかし「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズの間に意味の違いはあるのでしょうか。 「ご」は「敬意の意」 「ご確認のほど」と「確認のほど」という2つのフレーズの違いは、たった1文字です。 「ご」がついているのか、ついていないのか、が唯一の違いになります。 そして「ご」には「敬意の意」という意味が含まれていることになります。 そのため、より深い敬意を示したいと感じているのであれば「ご確認のほど」という フレーズを選択するのが賢明であることがわかります。 敬語での「ご確認のほど」の使い方 目上の人と会話をしているのであれば「ご確認のほど」の敬語表現を使うのは当然のことです。 そして「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます」という敬語表現を目上の人と会話しているときに使用することが可能です。 「申し上げます」は正しい敬語ですし「言う」が謙譲語である「申す」に言い換えられていることに注目できます。 そのため、社長など、かなり目上の人と会話をしている場合であったとしても「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます」という敬語表現は使用することが可能です。 仲の良い人にこのフレーズを使うと、相手に違和感与えてしまう可能性もあります。 そのため、かなり目上の人に対してだけ、このフレーズを使用することをお勧めいたします。 「ご確認のほど」で優しく依頼する 何かの仕事を依頼されているのであれば、仕事の内容だけでなく、どのような言い方で仕事を依頼されているかを誰もが気にするはずです。 強い失礼な言い方で、仕事をお願いされたのであれば、誰もその仕事を受け入れたいと感じないはずです。 しかし、敬意を込めながら優しく仕事を依頼されているのであれは、難しい仕事でも受け入れたいと誰もが感じるはずです。 そのような、敬意のこもった優しい依頼を職場の人に対してしたいのであれば「ご確認のほど」というフレーズを使用する必要があります。 短いフレーズではあるものの「ご確認のほど」には、深い敬意が込められているからです。 しかも、お願いしている内容を和らげる役割も果たしてくれます。 「ご確認のほど」を会話の中で積極的に使って、職場の人とのより良い関係を構築していきましょう。

次の

ご容赦・ご了承くださいの意味や類語と使い方!メールや上司への正しい言い方とは?|語彙力.com

ご理解のほど 類語

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の意味 「理解」の意味は、 ・物事の道理を悟り知ること。 意味を飲み込むこと ・人の気持ちや立場がよくわかること となります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「理解」+「する」の謙譲語「いたす」で成り立っています。 「〜のほど」は 断定を避け、表現をやわげる表現です。 「〜のほど」は相手に何かを依頼するとき、してもらうときに使います。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、 「理解してもらえるよう」「理解してくれるよう」ということを意味しています。 「ご理解よろしくお願いいたします」でも十分丁寧な言い方ですが、「ご理解のほどよろしくお願いいたします」とするとより改まった場面などで使うことができます。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は口語だけでなく、ビジネスメールや文書などでも使います。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は相手に対して、相手に対してこちらの事情を汲み取ってもらいたい場合に使用し、納得を求める言い方になります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、主に相手に何かをお願いするときに使います。 何かをお願いする際は、相手に前もって理解をしてもらう必要があります。 なぜなら予め理解してもらわないと、一方的お願いしていることになってしまうからです。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使うことで相手に分かってくださいとお願いをすることになります。 「ご理解」を使った他の言い回し 「ご理解」を使ったその他の言い回し ・ご理解ください ・ご理解いただければ幸いです ・何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます ・ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします ・ご理解していただけますようお願い申し上げます ・ご理解してくださいますようお願いいたします ・ご理解いただけますでしょうか ・ご理解ご了承のほどお願いいたします 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は目上の人に使える? 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は敬語ではありますが、顧客や取引先などの社外の目上の人に使うには丁寧さに欠けてしまう言葉です。 あくまでも「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は社内の上司に使えるレベルの敬語になります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」には、一方的に相手に理解することを強いるようなニュアンスが含まれますので注意しましょう。 では、ビジネスシーンでの目上の人にどうすれば理解してもらいたい旨を伝えることができるでしょうか? 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の対策方法としては、 ・クッション言葉を付ける ・類語に言い換える の2通りになります。 対策方法について具体的に見ていきましょう。 「了承」という漢字を一つずつ見ると、「理解する」という意味の「了」と「相手の意向を受け入れる」という意味の「承」から成り立っていることがわかります。 「ご了承のほどよろしくお願いいたします」は自分が行ったことに対して、「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味も含まれています。 「ご了承のほどよろしくお願いいたします」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承のほどよろしくお願いいたします」は「どうかご理解いただき、受け入れてください」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しになります。 何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 どうぞご了承のほどよろしくお願いいたします。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承のほどよろしくお願いいたします。 ご容赦のほどよろしくお願いいたします 「容赦(ようしゃ)」は 「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦のほどよろしくお願いいたします」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 また「ご容赦」には、相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 「ご容赦のほどよろしくお願いいたします」は、比較的軽く申し訳ない気持ちを表現する場合と、近い将来起こると予想される相手にとって都合の悪いことに対して、前もって謝罪する場合に使います。 例文 ・突然の連絡ではございますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 ・その商品は販売数に限りがありますので、売り切れの際はご容赦のほどよろしくお願いいたします。 お含みおきください 「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解しておいてほしい」「心に留めておいてほしい」という意味になります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。 「含みおく」のみだと「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができますが、 「お含みおきください」とすると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に念を押すようなニュアンスが含まれます。 また「お含みおきください」には、「公にできない事情があるからどうか察してください」という意味もあります。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧な内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。 相手に不快感を与えるような言い方にしないよう気をつけましょう。 例文 ・こちらのチケットは、万が一欠席されたとしても払い戻しができないことをお含みおきください。 ・明日より一週間入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・本日は大雪の影響により、運行状況が悪くなっております。 目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきください。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の例文 通常の例文 ・工事は10日ほど続きます。 騒音や振動などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご期待に添うことができず誠に恐縮ですが、あしからずご理解ほどお願いいたします。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 メールの例 ・明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・本案件へのご理解のほどよろしくお願いいたします。 恐れ入りますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・明日から出張に出るため、連絡がつかないことがあるかと思います。 何卒ご理解の穂よろしくお願いいたします。 電話の例 ・先ほど企画書を送らせていただきました。 ご確認の上、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご応募をキャンセルさせていただくことになりましたが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・今回は応募者多数のため貴意に添いかねることになりました。 あしからずご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・風邪を引いてしまったのでお休みをいただきます。 恐れ入りますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の英語 「ご理解ください」は英語で、 ・I appreciate your understanding. ・Thank you for understanding. と表現します。 「Please understand」では直接的なので、このような言い方をネイティブはしません。 前もっと感謝することで、丁寧で柔らかい依頼を意味します。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!.

次の

「ご確認のほど」の意味と使い方・類語|ビジネスメール/上司

ご理解のほど 類語

「ご理解」とは、上司など目上の相手にこちらの事情を汲んでほしい時に使う敬語です。 社内でも社外でも、いろんな場面で言ったり言われたりするので、使い方をしっかりマスターしておきたい言葉でしょう。 「ご理解」に含まれている「理解」は、「物事の意味を知ること」「道理がわかること」「相手の気持ちや立場、事情などをよく把握すること」といった意味を持っています。 「理解」に丁寧な表現である接頭語の「ご」をつけることで、相手に対する尊敬の気持ちを示しながらも自分の事情を考慮してほしいという思いを伝える表現となります。 そのため、「ご理解」を含んだ言い回しである「ご理解ください」は、会話の中だけでなく、ビジネスメールや書類の文章でもよく使う表現です。 ビジネスシーンでの「ご理解」の正しい使い方 「ご理解」と混同されがちな言葉として「ご了承」という言葉があります。 「ご了承」も「ご理解」と同じく、こちらの立場や事情を汲み取ってもらいたいとお願いする場合に会話やメールの中で使いますが、相手からの意見や反論は求めていません。 提案したことや進めていることについて納得してほしい、そのまま受け入れてほしいという気持ちが含まれています。 もし相手が違う意見を持っていたとしても、こちらの主張は受け入れてもらいたいという意味が強いです。 また、 「ご理解」がすでに起きたことや今進行していることについて理解を求めているのに対し、「ご了承」はこれから始めることに対して理解を求める際に使う言葉でもあります。 「ご了承」を使った例文 「ご理解」の類語のひとつである「ご勘弁」も、ビジネス状の会話やめメールの文章でよく使う言葉でしょう。 読み方は「ごかんべん」です。 「勘弁」という言葉は、失敗やそれにともなう不都合を許すという意味が含まれます。 「ご理解」が単に自分の立場や事情を汲み取ってほしいという気持ちを伝えるのに対して、「ご勘弁」は許可を求める気持ちがより強い言葉です。 上司など目上の人に対して使うものであり、目下の人には使いません。 またメールではあまり使わない傾向にあります。 許可を得る言葉としては「ご容赦」よりももっと強い表現で、許可というよりは懇願に近いニュアンスがあることを例文からも確認しておきましょう。 「ご勘弁」の使い方• I hope you will understand. (何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします)• Thank you for your understanding. (ご理解のほどお願いいたします)• Please do forgive me. (ご容赦くださいませ)• Please forgive my responding in Japanese. (日本語で回答しますことをご了解ください)• I hope you understand the above information. (上記の連絡事項についてご承知おきください)• If by any chance I should be unable to come, please excuse me. (もし伺えない場合はご勘弁ください).

次の