ダイハツ タフト コンセプト。 「TAFT コンセプト」は使い倒せる頼れる相棒。ダイハツの担当デザイナーに聞いてみた

似ているようで似ていない? 「ダイハツ・タフト コンセプト」と新型「スズキ・ハスラー」を比較する

ダイハツ タフト コンセプト

インテリアも遊び心あるインテリアデザインとしながらも機能に優れたレイアウト、収納装備を充実。 ラゲッジの高さを2段階に変えられる「 フレキシブルボード」を採用。 リアシートバックを倒せばフラットで広いスペースができる、更に汚れにくい樹脂製「 シートバック加工」を施している。 汚れた荷物を載せても気になりません。 前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。 軽自動車では現在ない「サンルーフ」をタフトに採用となる。 「 9インチスマホ連動ディスプレイオーディオ」を採用。 SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。 カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「」を採用している。 新型「」「」に続く「 DNGA」第3弾。 サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「 DNGA-Aプラットフォーム」である。 「マルチスパーク(複数回点火)」を採用。 トランスミッションには 世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「 DCVT(Dual mode CVT)」更に先進技術「」を採用する。 約3年半振りにステレオカメラを一新し知性能向上や夜間歩行者へ対応。 更に「全車速追従機能付ACC」(上位グレードのみオプション)などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。 ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。 「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。 車体前後各二つのコーナーセンサー装備 さらに進化した「次世代スマートアシスト」が、運転中の「ヒヤッ」とするシーンで事故の回避を図り、あなたの安全運転を支援します。 ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、世界最小ステレオカメラを新搭載。 歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。 衝突を回避したり、被害を軽減します。 車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。 更に車線内に戻すようステアリン グ操作をアシスト。 先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。 更にブレーキ制御を付加した。 オートハイビーム ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。 これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。 [Xに標準装備] アダプティブドライビングビーム ハイビームで走行中に、対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光。 [Gターボ、Gに標準装備][Xにメーカーオプション] 新型タフト 先進技術「スマートアシストプラス」 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車 まで制御。 [Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション] レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。 [Gターボに標準装備、Gにメーカーオプション] 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメ ラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 [全グレードにメーカーオプション] サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。 パノラマモニター 車両の前後左右に搭載した4つのカメラにより、クルマを真上から見ているような映像を表示。 運転席から確認しにくい車両周囲の状況を把握できます。 障害物までの距離に応じて警告音を変えてお知らせ。 縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポート。 新型タフト ガラスルーフ「スカイフィールトップ」標準装備 前席上に設置した大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。 広大 な視界による開放感と非日常感を実現。 ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。 9kW(2. 3kW(3. ダイハツニュースリリース タフト.

次の

【ロッキー&タフト最新情報捕捉!!】大ヒット必至のダイハツ自信作と「先祖」の実力

ダイハツ タフト コンセプト

ダイハツ 新型タフト• ダイハツ タフト ボディカラー:レイクブルーメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:フォレストカーキメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:レイクブルーメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:フォレストカーキメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:レイクブルーメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:フォレストカーキメタリック• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト• ダイハツ タフト ボディカラー:レイクブルーメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:フォレストカーキメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:サンドベージュメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:ブライトシルバーメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:レモンスカッシュクリスタルメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:スプラッシュブルーメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:ブラックマイカメタリック• ダイハツ タフト ボディカラー:シャイニングホワイトパール• ダイハツ タフト ボディカラー:コンパーノレッド• ダイハツブース タフト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツ タフトコンセプト 東京オートサロン2020• ダイハツブース タフト 東京オートサロン2020• ダイハツブース タフト 東京オートサロン2020• ダイハツブース タフト 東京オートサロン2020• ダイハツブース タフト 東京オートサロン2020• ダイハツブース タフト 東京オートサロン2020• ダイハツ 新型ロッキー/トヨタ 新型ライズ• ダイハツ 新型ロッキー/トヨタ 新型ライズ•

次の

ダイハツの新しい軽クロスオーバーモデルの提案形、タフト・コンセプトがワールドプレミア!

ダイハツ タフト コンセプト

2020年1月20日に発売されるスズキ・ハスラー(左)と、2020年央の発売が予定されているダイハツTAFTコンセプト。 2019年12月24日(火)に発表され、いよいよ20年1月20日(月)に発売される二代目スズキ・ハスラー。 それに対抗するのが、2020年央に市販化されると見られているダイハツTAFTコンセプトだ。 打倒ハスラーの急先鋒であることは間違いないが、そのキャラクターはかなり異なっている。 ハスラーの発売を直前に控えた今、ひとまず見た目と、現段階でわかっているスペックを比較してみよう。 エクステリア タフト 両者とも「アウトドアテイストを強調したSUVデザイン」ながら、こうして見比べてみると個性の違いが際立つ。 ハスラーは先代よりもボディの絞り込みを抑えることで室内スペースを稼ぎ、ハイト系に肉薄するユーティリティを実現している。 それでいて先代ハスラーのアインデンティティをまったく失っていないのは見事だ。 一方のTAFTコンセプト(以下「タフト」)は、より一層、直線基調でまとめられている。 どことなく愛嬌を感じさせるハスラーに対し、こちらはタフなアウトドアのツールといった風情だ。 フェンダー回りの樹脂パーツも、タフトのほうが無骨なデザインだ。 そのほか、タフトはワイパーの根元まであえて剥き出しとしていたり、前後バンパーの下部の角を切り落とすなどしてタイヤのトレッド面の見える面積を増やすなど、オフローダーらしさを強調する演出がそこかしこに確認できる。 わかりやすく言えば、タフトはハスラーとジムニーの中間的なデザインテイストなのである。 タフト ボディサイズは軽自動車ゆえ、規格ギリギリ。 だから数字だけ並べてもあまり面白くないが……。 ひとまずコンセプトカーであるタフトはまだ一部のスペックしか公開されていないため、わかっている項目に絞ってハスラーのスペックも引っ張り出してみよう。 だが全高はタフトがハスラーよりも50mmも低い。 これは外から見ても明らかで、ウインドウの天地が浅いチョップドルーフのようなスタイルなのだ。 これによって、軽自動車に普遍的に漂いがちな可愛らしさが抑えられ、タフなオフローダーらしさが増している。 天地が抑えられ、直線基調のデザインであることも相まって、離れてみるとハスラーよりもややボディサイズが大きいような錯覚も受ける。 パワートレインに関しては、まだ比較するほどの情報はない。 タフトはターボとFWDであるとされているが、市販化される際には当然ながら自然吸気と4WDもラインナップされるのではないか。

次の