コミュファ光 wpsボタン。 ぴから コミュファ WH822NのWi

コミュファ光でWi

コミュファ光 wpsボタン

WPSとは、()機器の接続先や暗号化、認証などについての設定を簡単な操作で行えるようにする機能。 特定のボタンを押すなどの操作によって、親機の持つ設定情報を子機へ転送して自動的に設定を完了する。 有線通信の場合にはケーブルを接続するだけで通信相手の特定や外部からのある程度の通信内容の秘匿が可能だが、無線LANはが広範囲に広がるため、通信を開始する前に接続先の識別符号()やなどの入力が必要となる。 これが初心者や専門家以外の人が無線機器を使用するのを困難にしていた。 親機自体の設定は必要となるが、家庭で使用するような機種には工場出荷時にすぐ使用できるよう最低限必要な内容が設定済みになっていることが多い。 具体的な方法はいくつか用意されており、それぞれの機器にある専用のボタンを押すプッシュボタン方式、親機の発行する数桁の数字を子機に入力する方式、近距離無線通信のを使って設定情報を送信するNFC方式、に設定情報を記録して子機に転送するUSBメモリ方式などがある。 このうち最もよく用いられるのはプッシュボタン方式で、まず設定したい子機のWPS用ボタン(「」などと書かれていることが多い)を押し、すぐ(通常は2分以内)に親機側の同じボタンを押す。 親機から子機に設定情報が送信され、通信できるようになる。 外部の攻撃者が設定情報を盗み取るにはボタンが押される正確なタイミングが分からなければならないため、管理者や利用者に知られずに攻撃することは難しい。 簡単に設定する機能は、バッファローの「」やNECの「らくらくスタート」など従来から各メーカーが提供してきたが、メーカー独自の方式のため他メーカーの製品では使えないなどの問題があった。 2007年にWi-Fi Allianceが標準規格としてWPSを定めたことにより、各社は製品のWPS対応を進めており、WPS対応機器ならメーカーの区別無く使えるようになってきている。

次の

ぴから コミュファ WH822NのWi

コミュファ光 wpsボタン

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... WPSとは? Wi-Fi Protected Setup(ワイファイ・プロテクテッド・セットアップ/WPS)は、無線LAN機器同士の暗号化設定を容易に行えるようにするため、Wi-Fiアライアンスによって2007年1月に策定された規格。 無線LANの接続や暗号化などに関する設定は項目数や選択肢が多く用語も難解なため、初心者にとってはそれらを設定するのは、大きな困難だったが、WPSの規格に対応した機器同士では簡単な操作で自動で設定を行う事ができる。 簡単に設定する機能は従来からあったが、各メーカー独自の方式のため他メーカーの製品では使えないなどの問題があったが、WPSが登場したことにより各社は互換性の有るWPS対応化を進めていて、WPS対応の機器同士ならばメーカーの区別無く使えるようになってきている。 WPS機能について WPSとは、Wi-Fiアライアンスが策定した無線LANの接続設定を簡単に行うための規格です。 <ご注意> ・無線LAN親機で「MACアドレスフィルタリング」が「使用する」になっている場合、WPS機能が使用できないので注意してください。 「ESS-IDステルス機能」が「使用する」になっている場合、WPS機能では失敗することがあるので注意してください。 無線LAN親機側の設定をしてください。 ・本商品の暗号化モードを「WEP」に設定した場合はWPSを使用することが出来ないので注意してください。 ・Android端末をご利用の場合プライマリSSIDの暗号化モードが「WEP」に設定されているとWPSを使用することが出来ないので注意してください。 これでいつでも、WPS対応の無線子機が接続が出来る様に準備が出来ました。 本体に「設定ボタン」が有る場合は、「設定ボタン」を1秒以上押して、接続を開始してください。 本体に設定ボタンがない場合は、ユーティリティの[WPS]ボタンをクリックして接続を開始してください。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! WPSに関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

無線LAN接続(Wi

コミュファ光 wpsボタン

ぴから、コミュファ、メガエッグインターネットでレンタルされるWH822NのWi-Fi無線LANを繋ぐ手順の説明です。 スマートフォンや3DS、PSVITAやもちろんパソコンを自宅のインターネット回線に繋いぐ事が出来ます。 特にスマートフォンなら3G通信費の節約になります。 本体のらくらくスタートボタンを確認します 本体の図の下の方にあるボタンがらくらく無線スタートボタンです。 このボタンを端末別Wi-Fi設定時に押す指示が出たら一度目は前にあるランプ類POWERランプが緑点滅するまで長押しして頂いて、二度目に端末の方からもう一度押す指示が出たら同じらくらく無線スタートボタンをPOWERランプが橙色点灯するまで長押しします。 そうすれば後は自動的に無線が繋がりインターネットを利用できるようになります。 本体ボタンの場所を確認したららくらく無線対応端末別にWi-Fiに繋いで下さい。 (でも手動でも設定出来ます。 一時的に有線で繋いでダウンロードしてください。 WEPキーとSSID名を確認 iOS系の方は無線ブロードバンドルータの本体設定画面を開いてSSIDと暗号化キー(パスワード)を調べて控えてから設定頂く必要があります。 を参考に設定画面を開き、下記を参照に必要な情報を控えてください。 設定画面を開いて、無線LAN設定メニューを開くと確認頂けます。 ネットワーク名はWARPSTAR-xx任意の番号xxです。 画面下の方にあるWPA暗号化キーがパスワードになります。 スポンサーリンク 備考、何らかの理由でWPA暗号化キーが認証できない場合は、セカンダリSSID設定のWEP暗号化キーで設定してみてください。 確認方法は同じ設定画面で対象ネットワーク選択プルダウンメニューからセカンダリSSIDに切り替えると確認頂くことが出来ます。 手動で設定する方は各種資料及びマニュアルを参照下さい。 (手動設定になります、次のSSIDとKEY説明を確認) AndroidスマートフォンやタブレットでWi-Fiを繋いでみる をダウンロード出来ない状態にある方は次の手順で手動で設定します。 設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワークを開いてデータ通信を有効にするのチェックを外します。 (外出時はチェックを入れておく必要があります) 同様に設定から無線とネットワークを開きWi-Fi設定に戻ってで説明したSSID名WARPSTAR-xxxxをタッチしてください。 パスワードもで説明したルータ本体記載のMACアドレスにZを足したものを入力すれば繋がります。 以上で作業完了です。 iOS(iPod iPad Iphone) iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまず3G通信を切ってしまってください。 を参考 Wi-Fiメニューをタッチします。 Wi-Fiは必ずオンとしてください。 で確認したSSID名WARPSTAR-xxxxをタッチしてください。 パスワード入力画面にはルータ本体記載のMACアドレスにZを足したものを入力して下さい。 これで繋がるはずです 説明は以上です。 テレビやビデオを繋ぎたい方はコンバータが必要です。。 また近年電波が届かない等のご質問をよく頂きます。 こちらを参考に導入のご検討をお願いいたします。

次の