デリフト 背 番号。 マタイス・デ・リフトの背番号4は、アヤックスでは伝説の番号?

【ウイイレ】マタイス・デ・リヒトのプレースタイルと背番号、確定スカウト!

デリフト 背 番号

まだ19才ということを考えますと、とんでもない成長スピードですよね… アヤックスのファンからしたら、たまらないでしょうね。 チームのキャプテンが生え抜きって、羨ましいです。 何故か2018ワールドカップ予選の記憶をなくしているオランダ代表ですが、 この マタイス・デ・リフトがスタメン確保し始めてからは、 9試合で4勝3分け2敗と、それなりに安定感を取り戻してきています。 負け2つはイングランドとフランスとまあしょうがないと言えますし、 勝ちの中にはドイツをボコった試合もありますから、かなりいい数字だと思います。 マタイス・デ・リフトのポジション・プレースタイルは? マタイス・デ・リフトのポジションは センターバックです。 サイドバックでのプレーは見たことないですね、 バルセロナの話があるのが納得できる 足元の技術を有しており、最後尾から長短問わず精度のいいパスや持ち運びが出来、統率力や読みを駆使して守備を展開するのが特徴となります。 スポンサーリンク 光る攻撃性能、現代的CBらしい足元の技術 現代サッカーでは最後尾から精度の高いパスを供給したり、ボールを前に持ち運んだりと、後ろから試合を作ることを求められます。 昔は特別な存在でしたが、もう最近ではどのリーグでも上位チームには、ビルドアップが長けているセンターバックがいますよね。 ピケ、ストーンズ、フンメルス…などなど。 そんな世界屈指の攻撃性能を持っている選手たちと負けずとも劣らない 足元の技術があると思います。 ロングパスも出来ますが、 細かいショートのパスのやり取りを交わして、チームのリズムを作るほうが得意な印象です。 ポゼッション率を高めながら、時に鋭いパスで攻撃の起点となる、そんなシーンが良く見られます。 しかも両足共にレベルが高いんですよね、ボランチに入っても問題なくプレーできる選手だと思います。 また パスを受ける時の動き方、もらい方も上手くて、下がってボールを貰う中盤の選手に対して、斜めの位置に入り、パスコースを用意してくれているんですよね。 こういうクレバーなプレーが出来るのも、アヤックスでしっかりと学んできたおかげなのでしょうか。 フィジカルもあり、状況判断も優れている もちろん本職の守備の仕事もしっかりとこなせます。 ほとんどの新聞にて、 落ち着きが合って読み・状況判断が優れていると書いてあるマタイス・デ・リフト。 どこまで通用するかは分かりませんが、オランダエールディビジでのプレーを見る限りでは、 先に入る動きや、スペースを事前に潰すといったことは難なく出来ていました。 数的不利な状況では、サイドに追い込みながら、味方の帰陣を待つといったプレーもしていました。 また試合中、周りへのコーチングも欠かさず行っているので、周りをしっかりと見ているということなんでしょうね。 確かにどの局面でも落ち着きがなかったり、集中力が欠けてたりするようなこともありません。 まだ19歳なのに、 プレー全体から余裕のようなものを感じるんですよね。 そりゃあ人気出ますよね… また 対人戦や空中戦でもかなりの強さを誇ります。 そもそもフィジカル自体が恵まれていますので、相手を押しのけるプレーも得意としていますね。 足元の技術があるからといって、非常にクリーンですというわけでもなく、厳しさや激しさも兼ね備えています。 総じて 完成度の高い、オールマイティーなセンターバックと言えます。 後必要なのは、ビッグクラブ特有のプレッシャーに耐える力くらいなのではないでしょうか? もちろん噂に出ている多くのクラブと現在のアヤックスでは求められるものが違いますので、 多少の適応の時間はかかるかもしれませんが、最終的にはいい買い物だったと思える選手になると確信しています。 少し褒め過ぎですかね…いい若手を見つけると興奮してしまうんですよ… 笑 マタイス・デ・リフトのプレー動画です。

次の

ユベントス加入のデリフト、背番号は「4」に決定。「大きな一歩になった」

デリフト 背 番号

— 2016年 8月月11日午後10時56分PDT デ・リフトはオランダの南ホラント州ライデルドルプという地域で生まれます。 オランダ人の両親のもと長男として育てられ、弟と妹がいます。 そんなデ・リフトはFCアップカウデという地元クラブのユースチームで本格的にサッカーを始めます。 FCアップカウデでは際立ったプレーを見せ、 2008年(当時9歳)にはオランダの強豪アヤックス・アムステルダムの下部組織に加入します。 アヤックスではアンダーカテゴリーを順調に駆け上がり、2016年8月のFCエメン戦でヨング・アヤックス(オランダ2部リーグ所属)デビューを果たします。 ちなみにこの試合はコーナーキックからの得点を上げ、トップチームでの初ゴールも記録しています。 — 2016年 9月月21日午後3時46分PDT その後2016-17シーズン中盤からトップチームに帯同するようになり、2017-18シーズンからはトップチームでのレギュラーに定着します。 そして 2018-19シーズンはクラブ史上最年少となる19歳でキャプテンに就任し、公式戦55試合に出場、7ゴール4アシストをマーク。 ビックマッチでも10代とは思えない落ち着きを見せ、エールディビジ優勝とKNVBカップ制覇を果たしました。 この活躍を受け、 2019年7月にはセリエAの強豪ユベントスFCへの移籍が決定。 移籍金は7500万ユーロと10代のディフェンダーとしては高額な移籍金で取引され、この金額からも期待値の高さが伺えます。 デ・リフトの強み ・予測&対人守備 ・高さを活かした攻守での貢献 ・ビルドアップ 以下からデ・リフトのストロングポイントを1つずつ解説していきます。 予測&対人守備 守備における予測と1対1の状況における守備が優れたプレイヤーです。 予測という部分ではパスコースやシュートコースを事前に読んでボール保持者のアクションに合わせて シュートブロックやパスカットができます。 寄せが早く、相手選手に自由を与えずボールを奪う場面が多々見られます。 また対人守備では ボールに足を延ばして相手選手の前に体を入れボールを奪取できる選手です。 後方にスペースがある場合は慎重な守備が見られ、 相手の仕掛けに対しても重心を崩さずに裏をとられない守備ができます。 フィジカルが強く相手選手とのフィジカルコンタクトでも強さを見せ、またスピード勝負を仕掛けてくる場合にも素早い対応で相手選手の突破を防ぎます。 高さを活かした攻守での貢献 189cmという高さを活かしたプレーも得意とするプレイヤーです。 相手の後方から前線へのロングボールやサイドからのクロスボール、セットプレーなどの際には チャンスを作られる前にボールをはじき返します。 さらに 自チームのセットプレーのときは打点の高いヘディングからゴールを奪えます。 2018-19シーズンはアヤックスで7得点を上げ、その多くはセットプレーからのゴールとなっています。 アヤックスの公式YouTubeチャンネルではデ・リフトのトップ10ゴールが紹介されていますので興味がある方はチェックしてみてください。 ビルドアップ ドリブルやパスも得意としているプレイヤーで、ビルドアップ能力に長けた現代的なセンターバックです。 スペースがあればドリブルで持ち上がり、相手選手を引き付けて味方の選手にパスを出します。 また長短のパスも上手く、 味方の相手ディフェンダーの背後を取る動きに合わせたロングフィードやサイドで幅を取る選手へのロングパス、前線の選手へのスルーパスなどで敵陣でチャンスを作れます。 ちなみに 2018-19シーズンのアヤックスではエールディビジ(オランダ1部リーグ)で89. com参照)し、リーグでもトップクラスの成績を残しています。 前線への効果的なパスが供給でき、尚且つパスミスが少ないという現代サッカーにおいては希少なセンターバックです。 まとめ 今回はデ・リフト特集ということで生い立ちやポジション、プレースタイルを解説しましたがいかがでしたでしょうか。 アヤックスでプロキャリアをスタートさせたデ・リフトはその後トップチームデビュー、レギュラー定着、キャプテン就任とクラブに欠かせない存在に成長しました。 2019-20シーズンからは守備の国イタリアで新たなキャリアをスタートさせます。 プレースタイルとしては守備やビルドアップの両面で優れた能力を持った選手で今後どのように成長するのか、非常に楽しみな選手です。

次の

Soccer D.B. : オランダ代表 背番号変遷

デリフト 背 番号

ヴォイツェフ・シュチェスニ 2. マッティア・デ・シッリョ 4. ミラレム・ピャニッチ 7. クリスティアーノ・ロナウド 14. ブレーズ・マテュイディ 17. マリオ・マンジュキッチ 19. レオナルド・ボヌッチ 20. ジョアン・カンセロ 21. ゴンサロ・イグアイン(チェルシーから復帰) 23. エムレ・ジャン 24. ダニエレ・ルガーニ 25. ロドリゴ・ベンタンクール 31. カルロ・ピンソーリョ 33. フェデリコ・ベルナルデスキ 34. レアンドロ・ロリア 35. アレッサンドロ・ディ・パルド 36. ルカ・コッコーロ 37. ピエトロ・ベルアット 39. グリゴリス・カスタノス 40. イドリサ・トゥーレ 41. シモーネ・ムラトーレ 43. ニコライ・フレデリクセン 44. ステフィー・マヴィディディ 45. マテウス・ペレイラ 77. インテルから獲得するかもしれないマウロ・イカルディのために9番を空けてあるという話も…。

次の