歯 が 痛い 時 の 食事。 抜歯後必ずみておきたい食事と痛み、5つの注意点

噛んだ時に歯が痛い場合は要注意です。

歯 が 痛い 時 の 食事

目次 -INDEX-• 詰め物をした歯が痛くなる原因 虫歯を削ってしっかりと治療を終え、詰め物をした後に歯が痛むことがあります。 やっと虫歯の痛みから解放されたと思ったのに、また痛み出したなら、一刻も早く解消したいですよね、痛みの原因はひとつではありませんので、考えられるものをいくつかご紹介します。 詰め物をすると一時的に痛むことがある 虫歯が表面だけではなく、内側まで到達してしまっている場合、象牙質の神経に刺激を与えてしまうことがあります。 そのため、詰め物をすることで痛みや歯がしみるなどの症状がでることがあります。 銀歯を入れた後などには、金属は熱が伝わりやすいという特性があるため、温かいものや冷たいものを食べると歯が痛くなったりすることがあります。 治療後におこる一時的な歯の痛みは、長く続くことはなく、次第におさまってきます。 虫歯がさらに進行していた 虫歯の治療を終えたはずの歯でも、実は虫歯が根まで進行していたといった場合は、詰め物をした後に痛み出します。 この場合は、放置しておくと虫歯がどんどん進行してしまう恐れがありますので、早めに歯科医院で詰め物をはずして再治療をする必要があります。 詰め物が痛みの原因になっている 虫歯治療で歯の神経が露出してしまった部分があり、その部分に詰め物を被せてしまったことにより痛みが出てしまうことがあります。 また、詰め物が歯にぴったりと合っていないことが原因で痛みになることも考えられます。 痛みが継続しなければ心配いりませんが、続く場合は歯科医師に相談しましょう。 詰め物をした歯で食事をすると痛む原因 詰め物をした後の歯に感じる違和感の中に、食事をするときなど歯を噛みしめた際の痛みがあります。 この痛みの原因をご紹介します。 詰め物の高さが合っていない 歯の詰め物の高さが合っていない場合、噛みしめる度に痛みを感じることがあります。 この場合は、何もしていない状態では痛みを感じませんが、噛みしめると痛みが出てきます。 詰め物で高さが合っていない状態は、噛み合わせも合っていないということになります。 この状態を放置しておくと、歯並びなど、さまざまなことに影響を及ぼす可能性があります。 痛みは我慢せず、早めに歯科医院に行くようにしましょう。 根の治療をした後は痛みがでることも 虫歯治療で、根の治療を行うと痛みがでることがあります。 根の治療は神経の通っている管を治療することになりますので、人によっては治療中や治療後にも痛みを感じることがあります。 何らかの原因で刺激が残ったままの状態だと、噛みしめたときに痛みを感じるようになります。 こういった場合も、再度治療が必要になることがあります。 詰め物をした歯が時間がたってから痛む原因 治療をしてすぐに痛みが出てくることが多いですが、治療を終え、時間が経過してから痛くなってくることもあるようです。 虫歯が再発した可能性 虫歯の治療を終えた後の歯であっても、再び虫歯になることはあります。 詰め物をし、虫歯治療を終えたはずの歯がしばらくたってから再び痛み出したのでしたら、二次虫歯の可能性があります。 詰め物が原因で歯に隙間ができてしまい、そこが虫歯になってしまったり、詰め物が劣化したことが原因であったり、二次虫歯の原因はさまざまです。 再度治療をする必要があるため、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。 治療が不十分だった 歯科医でも治療が難しい、根の部分や神経に細菌が入り込んでしまった虫歯などは、治療を終え時間が経過してから痛み出すことがあります。 ひどくなると歯茎がはれてしまったり、痛みで食事がとれなくなったりするまで症状が進んでしまうこともあります。 根の部分の治療が不十分だった場合は、原因を調べるだけでも時間がかかり、再治療も時間がかかります。 詰め物をした歯が痛むときの対処法 詰め物をした歯が痛むときは、なるべく早めに歯科医院に相談することをおすすめします。 しかし、仕事や学校で忙しい毎日を過ごしていると、歯科医院に行く時間がとれないこともあります。 そこで、自分でできる、痛みの対処法をご紹介します。 痛み止めを服用する 歯の痛みはつらいため、すぐにでも痛みを消したいと思うものです。 そんなときは、市販の鎮痛剤で痛みを一時的に、なくすことができます。 鎮痛剤は、すでに痛みが発生している場合、効果があらわれるまで時間がかかってしまうことがあります。 冷たいもの・熱いものは避ける 痛みの原因がわからない状態ですが、歯に刺激を与えることはよくありません。 刺激になる、冷たいものや熱いものを口にすることはやめておきましょう。 頰から冷やす 痛みを感じる歯の部分を頰から冷やすことも、効果が期待できます。 ただし、痛みがある歯に直接、氷をあてないようにしましょう。 原因がはっきりしていない状態なので、さらに痛みが悪化してしまうことも考えられます。 氷枕や濡れタオルを使用するといった方法で、頰から冷やします。 血行の流れが穏やかになることで、痛みがやわらぎます。 口の中を清潔に保つ 痛みがあるときは食べかすなどを残さず、口の中を清潔に保つよう心がけます。 歯磨きの刺激で痛みがある場合は、無理に痛みのある歯を磨く必要はありません。 その場合は、ぬるま湯やうがい薬などを使用して、うがいをしましょう。 痛みの原因によっては、うがいや歯磨きだけでは対処できないこともあります。 お酒やお風呂は避けたい 血行がよくなる行為をすることで、痛みが増してしまうことがあります。 お酒や長風呂をするといった行動は、歯に痛みがあるときは避けたほうが無難です。 痛みを忘れるために飲酒をしても、さらに状況を悪化させてしまいます。 お風呂もできるだけシャワーで済ませるなどして過ごしましょう。 詰め物をした歯の痛みが続くときは歯科医院で相談 詰め物をした歯に痛みがあっても、「治療が終わったのだから痛くなるはずはない」と考えて、痛みを我慢してしまう方も多いかもしれません。 しかし、痛みの原因には治療が必要な場合も数多くあります。 痛みが続く、痛みが強いといったときは、我慢せずに歯科医院に相談しましょう。 早めに処置すればすぐに治療が終わる症状でも、対応が遅れることで、長時間の治療が必要となる症状まで悪化してしまうかもしれません。 痛みは我慢せずに、信頼できる歯科医院で早めに治療をし、歯の健康を保ちましょう。 当医院では、患者様が治療中の痛みをなるべく感じないよう、心がけております。 治療の際はなるべく「痛くない・歯を削らない・抜かない」治療を行い、また治療できる方法をすべて提示し、患者さまに納得していただくまでご説明します。 歯に関するお悩みがありましたら、どうぞお気軽にご来院、またご相談いただければ幸いです。 asakusa-hexa-dc.

次の

柔らかい食べ物22選。歯が痛いときはこれがオススメ!

歯 が 痛い 時 の 食事

とはいえ、 人間、食べなければ生きていけません! なんとか食事をしなくてはいけませんよね。 しっかり栄養を摂ることは 歯の治りにも影響してきます。 食べやすく、かつ栄養分を しっかり補えるように食事を摂りたいところです。 そこで今回は、 歯が痛いときにおすすめの7つの食べ物、 また、NGな4つの食材について 詳しく紹介していきたいと思います。 歯が痛いときの歯磨きのポイントや、 避けた方がいい食べ物についても 紹介していますので合わせて参考にしてください。 スポンサーリンク 2. 茶碗蒸し 茶碗蒸しは、するするっと 食べることができるので歯が痛いときにはおすすめです。 作るのに少し手間がかかってしまいますので、 スーパーでお手頃な値段で買うことができるので利用してみましょう。 卵豆腐も茶碗蒸しと同じ感覚で食べられますよ。 豆腐料理 お豆腐は栄養価も高く、柔らかいのでおすすめです。 冷や奴で食べてもいいですし、 湯豆腐、豆腐のサラダにしてもいいですね。 ポン酢、ゴマダレ、ドレッシング等お好みの味付けでどうぞ。 味噌汁 味噌汁などスープ類はかまずに 栄養分もしっかり摂れるので、歯が痛いときでも食べやすいでしょう。 一つポイントがあるとすれば、 具材は小さめにするということです。 とろとろに煮込んだオニオンスープ、 キャベツたっぷりの中華スープ、 牛乳と生クリームベースのクリームスープなどもおすすめです。 痛みが緩和する4つの食べ物 では続いて、歯の痛みの緩和を期待できる 食べ物についても紹介していきます。 前章で紹介した食べ物と合わせて メニューを決める参考にしてくださいね。 ・大根 大根に含まれる辛味成分に抗菌効果が期待できます。 ・ニンニク ニンニクには抗生物質に似た働きが期待できます。 ・たまねぎ たまねぎの消毒作用と抗菌作用が歯の痛みを軽減してくれます。 ・緑茶 殺菌作用があるので飲むだけでなく、うがいをするのも効果的。 避けるべき4つのNG食材 続いて、歯が痛いときに 避けた方がいい食べ物もチェックしておきましょう。 NG1. 甘いもの 歯が痛むとき、特に虫歯の治療中は 甘いものを避けるようにしましょう。 チョコレートやクッキーなどのお菓子類、スイーツ類は避けます。 NG2. 固いもの ものをかんだ時に痛みが出る場合は、 固いものを食べないようにしましょう。 固い食べ物は噛むことにも力が必要になるので 歯や歯茎に負担がかかり、痛みが強くなる可能性もあります。 NG3. 粘着性のあるもの ガムやキャラメル、お餅などの粘着性がある 食べ物は歯の治療中で詰め物をしている場合、 詰め物が取れてしまう危険性があるので避けた方がいいでしょう。 NG4. アルコール飲料 アルコールには血行促進効果があります。 血行が良くなると、歯の痛みが 強くなりやすい傾向があるので、 アルコールの摂取を控えた方がいいでしょう。 特に抜歯後は血行が良くなることで 傷口の治りも悪くなるのでアルコールは控えましょう。 スポンサーリンク スポンサーリンク 歯が痛い原因や理由 「歯が痛い!」とは言ってもその原因は様々です。 ここでは、歯が痛いときに 考えられる原因についてみていきましょう。 【虫歯や歯髄炎】 ものを食べた時に歯が痛んだリ、 歯がしみるという場合は虫歯、歯髄炎かもしれません。 虫歯はミュータンス菌という虫歯菌が 歯を溶かしてしまった状態で、歯髄炎は 細菌感染により歯髄に炎症が起きている状態です。 【歯周病】 歯の間に溜まった食べかすの中にいる細菌が 歯肉を炎症させてしまうと歯周病になってしまいます。 歯の骨にまで進行してしまうと 最後には歯が抜け落ちてしまいます。 歯磨きをすると出血したり、 口臭が強くなるなどの症状が見られます。 【根尖性歯周炎】 歯髄炎が悪化して、さらに歯の神経にまで 炎症が進むと根尖性歯周炎となります。 歯髄炎よりも痛みが強く長く続くのが特徴です。 【智歯歯周炎】 親知らずが炎症を起こした状態を 智歯歯周炎といいます。 炎症が起きている親知らずの部分だけでなく その周辺の歯肉やあごまで腫れることがあります。 【抜歯後の痛み】 抜歯したあとに歯が痛むこともあります。 特に麻酔が切れるときに痛みが強くなります。 処方されている痛み止めを飲んでやり過ごしましょう。 【ストレス】 虫歯がなくてもストレスで歯が痛む というケースもあります。 ストレスが原因で筋肉が緊張し痛みが出たり、 精神的に不安定になり自律神経が乱れることで 痛みが出る場合もあります。 歯の痛みについてはこちらの記事で 詳しく解説しています。 こちらもご参考に! スポンサーリンク 歯が痛いときの歯磨きの仕方 歯の磨き方が悪いと、歯や歯茎を傷つけてしまい、 歯の痛みを余計に悪化させてしまうこともあります。 ですから、歯が痛いという時は 歯を痛めないような磨き方をする必要があります。 もし歯の治療中で詰め物をしている場合には 詰め物の周辺はあまり強く磨かないようにしましょう。 詰め物が取れてしまう可能性があります。 うがい薬で口ゆすぐのもNGです。 うがい薬のアルコール成分が傷口にしみて 痛みがひどくなってしまいます。 また、抜歯したあとであれば、 抜歯後24時間は歯磨きをしないようにします。 普通のうがいもできるだけ避け、 もしするのであれば軽くすすぐだけにしましょう。 以上を踏まえて、 歯の正しい磨きかたのポイントを見ていきましょう。 ポイント1 食後すぐに歯を磨かない 食後すぐは口の中が酸性になっています。 その状態で歯を磨いてしまうと、 歯のエナメル質を傷つけてしまう可能性があります。 特に柑橘類、炭酸など酸性の物を食べた後は 歯のエナメル質が溶けやすい状態になっています。 酸性になった口の中を唾液がアルカリ性にしてくれるので 歯を磨くのであれば、食後30分を過ぎてからにしましょう。 ポイント2 歯ブラシをぬらさない 歯ブラシをぬらすと 歯磨き粉が泡立ちすぎてしまいます。 歯磨き粉の研磨剤が泡立ちすぎることで、 歯のエナメル質まで削ってしまう原因にもなります。 歯ブラシはぬらさずに 乾いたまま歯磨き粉を付けて磨きましょう。 ポイント3 うがいをしすぎない 歯を磨いた後は、 しっかりうがいをしたくなりませんか? ですが、これは間違い! 歯を磨いた後うがいをしすぎると、 歯磨き粉のフッ素成分まで淡い流してしまうことになります。 歯磨きの後のうがいは2回程度で十分です。 うがいのし過ぎに注意しましょう。 まとめ 以上が、歯が痛いときのおすすめ食べ物 でしたが、いかがでしたでしょうか 歯、口臭ついてはこちらの記事もご参考に 虫歯や虫歯の治療中で歯が痛いという時は、 ・固いもの、刺激のある食べ物は避ける ・柔らかくて消化の良いものを食べる 当たり前のようですが、 これらに注意し、歯や歯茎に負担がかからない 食事を摂るように気をつけましょう。 また、歯が痛いときには、 歯の磨き方にも十分気を付けてくださいね。 辛い歯の痛みに、少しでも参考になれば幸いです。

次の

歯科医直伝!親知らず抜歯後の食事で注意すべき6つのこと。

歯 が 痛い 時 の 食事

スポンサーリンク 歯が突然痛くなって寝れない 歯の痛みってどんな痛みよりも辛くて 我慢する事が出来ないですよね。 風邪で頭痛がしたり、喉が痛くなったり するのも辛くて大変ですが、まだ我慢する 事が出来ますし寝る事も出来ますが 歯痛だけは全く寝る事が出来ません それも今まで大丈夫だったのに突然襲って くるのが歯痛です。 日中に痛くなった場合は、学校や会社を 早退したり一時外出の許可を貰って歯医者 に行く事が出来るのですが 夜中だとそういうわけにはいかないので 歯医者にいけずただ強烈な歯の痛みと 格闘しなければいけません 当然ズキズキしてじっとしている事も 出来ないので眠る事も出来ないですし 布団に入っていてもジタバタもがいて しまいます。 僕は丸まってみたり寝返りを繰り返したり してかなり落ち着きがなくどの体勢が一番 痛みが少ないか探していますが どの体勢をとっても痛みが無くなる事は ありません笑 そのまま朝を待つしかないという辛い 時間の始まりになってしまうので 夜中突然歯が痛くなって眠れなくなった 場合の対処法を探していました。 即効性のある対処法と応急処置は3つ 実際に僕が夜中の歯痛と闘いながら どんな対処法や応急処置があるのか これまで試した中で これは効果があった方法について これから3つ紹介しますね。 正露丸を詰める まず一番効果抜群で歯の痛みをとる事が 出来たのは正露丸を詰める事です。 本当は鎮痛剤や歯痛の薬があれば一番 いいのですが、なかなか家になかったり しますよね。 でも正露丸は常備してある確率が結構 高いので探してみてください。 方法は歯痛の原因となっている場所の 虫歯を探して、その 虫歯の穴に正露丸を 入る大きさにして突っ込みます。 これだけで約30分くらいで歯の神経が麻痺 してきて歯の痛みが和らいできます。 正露丸は飲む物と思って飲まないように してくださいね、痛い場所の歯に詰め込む 事で効果が高くなりますからね。 ただあの正露丸の臭いはしてしまいますが それは痛みを和らげて寝るためだと思って 割り切る事が大事です。 氷水で冷やす 次は氷水で冷やす事ですね。 正露丸や薬が無い場合は、氷水を口に 含んで冷やします。 歯が痛いということは、その場所が炎症を 起こしている事が多いので、その炎症を 押さえるために氷水で冷やします。 そして 口の中を冷やすのと同時に外からも 冷やすとより効果的なのでタオルやバスタオル に氷を入れて 歯が痛い場所のほほの部分を冷やして ください。 こうすることで正露丸と同じで、神経を マヒさせて痛みを和らげる事が出来ます。 痛みが和らいでくると寝る事が出来ますからね。 スポンサーリンク しかし虫歯での痛みではなくて 歯周病や 知覚過敏などの痛みの場合は逆効果に なってしまう恐れがあうので注意してください。 手のツボを押す 最後は歯痛に効く歯痛点 しつうてん と 合谷 ごうこく という手のツボを刺激して 押すことです。 あんまり聞いた事がない名前のツボですが この2つのツボは歯が痛い時に痛みを和らげて くれるツボとして有名です。 どの場所か説明ではなかなかわからないと 思うので実際に僕の手の画像で説明しますね あまり綺麗な手ではないので申し訳ないですが・・・ まずは歯痛点です 中指と薬指の中間部分の付け根ですね。 次は合谷です 親指の斜め下の部分ですね。 この2カ所の場所を 左右交互に強く 指で押してほしいのですが、かなり 強めに押す事がポイントです。 なので指が疲れたりなかなか強く押せない 場合は、爪楊枝を数本逆さに持って 押し合っててください。 ピンポインで刺激されて効果が高いですが あまり強く押し過ぎて血が出てしまっては ダメなのでそこは注意してくださいね。 歯が痛い時にやってはいけない事に ついてはコチラの記事に詳しく書いて あります。 突然襲われる歯の痛みは本当に辛くて 大変です。 日中ならすぐに歯医者に行く事が出来る のですが、夜中だと歯医者も閉まっていて 治療して貰う事が出来ません ひたすら我慢して寝れない時間を 過ごして行かなければいけないので そんな時におすすめの対処法 僕が実際にやって効果があった応急処置の 方法を紹介したので試してみてください。 ・正露丸をつめる ・氷水で冷やす ・手のツボを押す しかしこの紹介した方法はあくまでも 応急処置として痛みを和らげて眠る為の 方法です。 なのでこれで 虫歯が治ったりといった 治療法ではないので注意してくださいね。 歯が痛い原因となっている虫歯は歯医者に 行ってしっかりと治療しなくては絶対に 治らないので ひどくなる前にしっかりと歯医者にいって 治しておきましょう。 歯痛と頭痛が長引いている時は副鼻腔炎 になっている可能性があるので、症状と 原因についてコチラの記事に詳しく書いて あります。 口内炎にも色々な種類があるので症状や 原因についてコチラの記事に書いてあります。

次の