頭痛 対処。 【片頭痛のセルフチェック】原因や症状、治し方、予防薬、予防法

虫歯が頭痛を引き起こす!知っておくべき対処法と痛みの原因を紹介

頭痛 対処

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 生理中には様々な不快症状があらわれますが、よく見られる症状の一つに、頭痛があります。 普段から頭痛持ちだと生理中の頭痛がさらにひどくなることもあり、なかには吐き気を伴うという人もいます。 つらい症状は、できるだけ緩和したいですよね。 今回は、生理中の頭痛の原因や対処法、吐き気を伴うときの対策などをご説明します。 生理中の頭痛の原因は?吐き気もある? 生理中の頭痛は、原因によって以下の二つに分類できます。 原因はまだよくわかっていませんが、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。 痛みが続く時間が長く、一般的な片頭痛の治療ではなかなか改善されないのが特徴です。 症状は普通の片頭痛とほぼ同じで、こめかみ付近がズキズキと痛むほか、音や光に敏感になったり、吐き気がしたりする人もいます。 関連記事 生理中の頭痛の治し方は?吐き気にも効く? 月経関連片頭痛と緊張型頭痛は原因が異なるので、発症したときの解消法が異なります。 対処を間違えるとかえって痛みを強くすることもあるので、まずどちらの頭痛なのかを把握し、以下のような方法で対処してみてください。 月経関連片頭痛 月経関連片頭痛による痛みや吐き気を緩和するには、外部からの刺激を抑えることが大切です。 光や音などの刺激を避けて、暗く静かな部屋で目を閉じて横になりましょう。 そのときに、頭や首筋を冷たいタオルなどで冷やすと、痛みが和らぎやすくなります。 こめかみなど、痛みがある部分を圧迫するのも効果的です。 逆に、温めてしまうと痛みが強くなるので、注意しましょう。 緊張型頭痛 緊張型頭痛の人は、血行を良くして、筋肉の強張りを緩めてあげましょう。 痛みを感じたら、横になるか座るかして、後頭部や首、肩など、痛みを感じる部分を温めます。 蒸しタオルや湯たんぽなどを使うといいでしょう。 首や腕を回したり、伸ばしたりと、軽い運動やストレッチをするのも効果的です。 また、頭の血行を良くするツボを押すのもおすすめです。 首の後ろ側の髪の生え際辺りにある「天柱」や、頭のてっぺんにある「百会」というツボが、頭痛を和らげてくれるツボとしてよく知られています。 痛みがひどいときは 生理中に頭痛や吐き気がひどいときは、前述のとおり、プロスタグランジンという物質が影響している可能性があります。 プロスタグランジンは子宮周りの血行が悪いとたくさん分泌されるので、生理が始まったら、意識的にお腹周辺を温めるようにしましょう。 腹巻を巻いたり、カイロを貼ったりすると効果的です。 また、普通の頭痛薬ではなく、プロスタグランジンの分泌を抑える成分が入っている鎮痛剤を飲むのも一つの方法です。 関連記事 生理中の頭痛は予防できる? 月経関連片頭痛と緊張型頭痛、どちらがあらわれていても、その痛みを予防するためには日頃の生活習慣が大切です。 月経関連偏頭痛の場合、ホルモンバランスの乱れが痛みを強くすると考えられるので、疲れやストレスをためず、不摂生をなくすことで、ホルモンバランスを整えたいですね。 難しいことをする必要はなく、規則正しい生活を心がけ、しっかりと眠りましょう。 適度な運動をしたり、自分の趣味の時間でストレスを解消したりすることも大切ですよ。 緊張型頭痛の場合、日頃から血行を良くする生活を心がけましょう。 血行をよくするには、血の原料となる鉄分やマグネシウムなどの栄養素を多く含む食事をとるのがおすすめです。 鉄分は、ほうれん草や小松菜、プルーンなどに、マグネシウムは、アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類に含まれています。 また、1日の終わりには湯船に浸かるようにしたり、適度な運動をしたりして、体を温めるのも効果的です。

次の

寝起き頭痛の原因と治し方!めまいや吐き気の対処法。治らない原因は?

頭痛 対処

冷やすのがいいのか、温めるのがいいのか?これは頭痛のタイプによって異なるので注意しましょう。 こめかみがズキンズキンと痛む 偏頭痛の場合は、血管の拡張が原因なので、痛むところを冷たいタオルなどで冷やしてみましょう。 小さな保冷剤をタオルで包むと手軽に冷やせます。 いっぽう、締め付けられるように痛む 筋緊張性の頭痛の場合は、血行不良が原因なので、温めるのが基本。 蒸しタオル(電子レンジでぬれたタオルを温める)で凝ったところを温めたり、半身浴をしたりして血行をよくする工夫をしましょう。 軽いストレッチもいいですね。 筆者のおすすめは、大きな筋肉が集まる肩甲骨回り。 肩を回して筋肉をほぐしたり、肩甲骨のくぼみをマッサージしたりすると(これはパートナーに手伝ってもらいましょう)、たちまち上半身がポカポカしてきます。 頭痛は安静にして体も心もリラックスすることが一番。 特に妊娠初期はホルモンバランスに大きな変化が起こっているので、疲れやすく神経も過敏になっている時期です。 ふだんは平気な人も、妊娠して頭痛に悩むこともあります。 仕事や家事はできるだけ量を減らして、つらいときは無理をせずに休息する習慣を。 また、妊娠時期と症状から、自分の頭痛のタイプを知ることも大切。 偏頭痛タイプだったら冷やし、筋緊張性タイプなら温めるなど、症状に合った対処法を選びましょう。 セルフでできるツボ押しやマッサージですが、パートナーと一緒に楽しく行えば、リラクゼーション効果も倍増!それでも治らないなら、無理をせずに産婦人科で相談して薬を処方してもらうことも大切です。 妊娠中にストレスは大敵。 少しでも不快な痛みはなくして、スッキリ気持ちのいい毎日を過ごしましょう。

次の

寝起き頭痛の原因と治し方!めまいや吐き気の対処法。治らない原因は?

頭痛 対処

1、労作性頭痛の場合は患部を冷やすのではなく、温めましょう。 運動中や運動後に出た頭痛は、頭や首、肩から背中にかけての筋肉が緊張により起こります。 これらの筋肉が緊張すると筋肉が収縮して血流が悪くなり、乳酸などの老廃物がたまり、神経を刺激した結果、頭痛が起こるということです。 労作性頭痛は肩や首の筋肉のコリからきている緊張型頭痛と同じタイプの頭痛です。 筋肉が緊張していることで出る頭痛の場合は冷やすのではなく、蒸しタオルなどで温めることで筋肉の緊張が和らぎます。 2、運動の内容を通常よりも少なくするまたは軽くする。 運動中に頭痛が起きた場合は予定した運動内容や量を少なくするか、軽くしてみてください。 痛みの度合いによっては無理をせず運動を中止しましょう。 また運動中に痛みが出た時はケガのリスクも高くなるので注意が必要です。 これは私の例なのですが、私は筋トレが趣味で週に4日くらいはジムに行くのですが、筋トレ中に痛みが出たときはすぐに筋トレを中止するというマイルールを作っています。 例えば、肩の筋トレをしている時に肩に少しでも痛みや違和感が出たらすぐに中止する。 という感じです。 運動中に頭痛が出てしまう方はケガのリスクを避けるためも自分なりのルールを作るのも良いと思います。 3、深呼吸をしてみる。 運動中や運動後に頭痛が出ている方は脳の酸素が減っている可能性も考えられます。 深呼吸をして脳や全身の筋肉に酸素を送り込みましょう。 深呼吸をするときは、空気を口から吸う口呼吸ではなく、鼻から空気を吸う鼻呼吸をしましょう。 鼻呼吸は口呼吸にくらべ、取り込める酸素の量が増えるからです。 深呼吸をするときは10回~15回くらいを目安に行いましょう。 姿勢を正して深呼吸することで頭がスーッとしますよ。 4、首や肩のストレッチをする。 労作性頭痛の方は首の後ろの筋肉や肩や背中の筋肉が緊張してこっています。 首や肩を動かして筋肉の緊張と筋肉のコリをゆるめて、頭痛を和らげましょう。 首と肩のセルフケア法をご紹介します。 肩こりのストレッチ 労作性頭痛が何度も出てしまう方は、慢性的な首や肩の筋肉の緊張や関節のズレによって頭痛が長引いている可能性があります。 関節や骨格、筋肉や靭帯を専門的に診療してくれる 『整形外科』などの医療機関での検査をして異常がないか調べてもらいましょう。 労作性頭痛は背中や肩にかけての大きい筋肉を使う、エクササイズ、筋肉トレーニングや水泳、格闘技や首の上下に動かす動作の多い、 バドミントン、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツに起こりやすいとされています。 労作性頭痛を未然に防ぐために、十分な準備運動や、ストレッチおこない、首や肩、背中の関節の可動域や筋肉の柔軟性を高めた上で運動をしましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 このブログ記事を書いた人 はじめまして、鎌田雄大です。 当整体院のホームぺージ・ブログにご訪問頂きありがとうございます。 このホームページ・ブログではおもに頭痛改善に関する情報を定期的に発信しています。 実は、私も頭痛専門の整体院を開く前は、あなたと同じように辛い頭痛の悩みを抱えていた過去がありました。 その辛い頭痛を経験し、頭痛を完治させていたったことで頭痛専門の治療家になりました。 プロフィール物語では私が治療家になるまでの経緯と治療に対する想い・理念を書いています。 追伸:頭痛改善メルマガやっています。 『頭痛人生を卒業するためのメールマガジン』という頭痛改善のためのメールマガジンをはじめました。 このメールマガジンでは、ホームページやブログには書いていない、特別なコンテンツを配信していこうと思っています。 お届けする内容としては、ネットに載っていない、頭痛を根本的に改善するための方法や、頭痛を再発を防ぐ方法です。 『偏頭痛や群発頭痛・閃輝暗点は決して体質などではなく、根本的に改善できる症状です。 』 このメールマガジンを読むことで、薬を使わずに頭痛を根本から改善できる方法知ることができます。 あなたも頭痛人生を卒業して、頭痛のない世界に出会ってください。

次の