スカイ ピース じん たん お 風呂。 スカイピース腐向け イニ☆ × テオ

スカイピースのテオくんと仁(じんたん)を紹介!年齢や大学など

スカイ ピース じん たん お 風呂

人気YouTuber スカイピースのテオくんじんたん。 それの片方である俺は今日、プライベートの友人と久し振りに遊ぶ為に外に出ていた。 だが特に変装も何もしていなかった俺は、友人と会って数十分、数人のリスナーさんに声をかけられてしまった 『写真撮ってもらってもいいですか?』 『いつも見てます…っ大好きです!』 など、悪い印象を与えてはこれからの活動が大変なので、なるべく笑顔でありがとう、と返していた その度に友人に申し訳ない気持ちにはなるが、友人も友人で『俺のことはいーから、相手してあげて笑』とこっそり言ってくれた。 「いやーやっぱりYouTuberって凄いんだな。 」 「あは、まぁねー。 プライベートだからって油断せずに変装してくれば良かったかな。 何よりお前に悪い」 「俺はいーってば笑確かに久し振りだけど、お前のモテ具合を見れて面白いし笑」 なんて、含み笑いで返してくれる友人を見て、あぁいい友達を持ったものだと1人、勝手に心中で喜んだ 「さて、じゃあ次はどこ行こっかー てかもう昼だし、何か食べるか」 「あ、じゃああそこ行かね?駅前の…」 「あー!!新しく出来たところか!いいじゃん!行こっ!」 俺の言葉を遮ってまで興奮している友人に1歩引きながらも、走り出した友人を追いかけた。 そこまで、気になるかなぁ、、 「美味かったぁ来てよかったな!」 「ん、うん」 「なんか元気無くね?食べ過ぎた?」 「あー、いや別に…笑」 「ふーん、まぁいいや。 次はー……」 軽い昼食を終えた後、店を出てすぐ。 友人が次はどこに行こうかと悩み出したところで自分のスマホが振動するのが伝わった。 なんだろうと画面を覗く。 電話だったらしい。 そこに映し出された名前を見た途端、一瞬にして身体中が針に刺されたように固まった やばい、と思いつつ、友人に何も言わず通話ボタンを押した。 「も、もしもし、!?」 『…………………遅い』 「っ、ごめん…」 通話相手は俺の相方、兼、愛方。 機械越しに冷たい相手の声が心臓にまで響いてくる ……痛い。 【相手からの電話は3秒以内】。 ルールを破ってしまった。 後で、何されるか… 後から友人に聞いたのだが、この時の俺は相当深刻な表情をしていたらしい。 友人の顔すら見ずに、ただ、何かに支配されているような。 『今日は友達と一緒なんだっけ』 「うん、今お昼、食べ終わった」 『そっか、何時に帰ってくる、?』 「あ、えと、も、もう帰るよ…!」 『ん…ならいいや、待ってるね?』 「う、ん…」 息が詰まるたった1分程の通話が終わった後、俺の額には恐怖を抱いた時にだけでる汗が滲み出ていた。 早く、帰らないと それだけが気がかりで頭から離れない これ以上破ったら、俺は、終わる。 「ごめん、もう帰んないとだわ…」 「え、あ、今の、電話…?誰だったの、?」 「…相方、だよ」 「え」 「ごめんホントにもう帰んないとだから…!! 今度また埋め合わせさせて!」 友人の叫ぶ声を後ろに、すれ違う人が2度見する程の形相、全力疾走で家に向かった ここからそう遠くはない。 10分もあれば帰れる 痛む足を抑えながら。 それとも… 「ね、一緒に入ろっか」 「え、あっ、うん」 この家での俺が休める時と言えば、1人で入る風呂と自分の部屋で寝ているとき。 その1つを潰されてしまった でも、今日は友人との遊びを許可してもらったんだ これくらいしないと。 「明日、久し振りにデート行こっか」 「デート、?」 「ほら、この前は変な人に絡まれて楽しめなかったし。 」 「そういえばそうだったね、じゃあ行こっか」 流石に成人男性2人で湯船はキツイが、手だけは絶対に離さない。 取ってつけたような笑顔を貼り付け、必死に相方の会話に追いついていく。 明日…本当は事務所に呼ばれていたのだけれど。 先の予約よりも相方の急な予約を優先しなければならない 事務所には適当な理由をつけて別日にしてもらおう そこまで優先すべきことでもないだろうから。 「あーぁ、こいつも要らないなぁ、」 大事な恋人の頼みだから許可してあげたけど、この友人、好きじゃない 俺の恋人の隣を堂々と歩いたりして。 はぁ、いつになったら俺だけのことを見てくれるんだろうか。 そろそろ別の手を考えないと。 GPS、盗聴器、監視カメラ… やれるだけのことは全部やったつもりでいたけど、これじゃあまだ足りないらしい。 「あ、」 そうだ。 なんでこんな簡単なこと思いつかなかったんだろう。 無駄な時間と費用をもう使わなくていい方法。 これならずっと一緒にいられる。 それに……ふふっ、決めたら早く行動しないと。 「こんなの、おかしいよ…」 「何が、?だって好きなんだから、これくらい普通でしょ」 感覚が狂ってしまったのかもしれない それ程までに依存してしまったのだろうか 本当はもっと綺麗な関係でいたかったという思いも何処かにはあったハズ いつからか、それが無くなってしまったけど 「「もっと俺のこと愛してよ」」.

次の

#スカイピース X イグピース

スカイ ピース じん たん お 風呂

じんたんの個人YouTubeチャンネル「 JIN DA HOUSE」。 ここではじんたんが替え歌やラップアレンジしている動画がメインになっています。 今でこそクオリティーの高い歌を披露しているじんたんですが、最初からこれほど上手だったわけではありません。 素人のままラップを始めたので、それなりに挫折や苦労があったようです。 自力でここまでの実力をつけた彼は、それを自慢もせず努力をしている感じさえも表に出しません。 ただいつも明るくテンション高めのじんたん。 そんな彼の姿勢が視聴者にきちんと伝わっているからこそ、これだけの人気が出ているのでしょう。 そしてそうした頑張り屋で明るいじんたんを、世の女性たちが放っておくとは思えません。 きっと彼女がいるのではないでしょうか。 モテないアピールしていますが、ファンからは「じんたん可愛い」という声が多く聞かれます。 本当に非リアだったら、こんなに女性から黄色い声を浴びることなんてありえません。

次の

スカイピース 【テオじん】

スカイ ピース じん たん お 風呂

じんたんの個人YouTubeチャンネル「 JIN DA HOUSE」。 ここではじんたんが替え歌やラップアレンジしている動画がメインになっています。 今でこそクオリティーの高い歌を披露しているじんたんですが、最初からこれほど上手だったわけではありません。 素人のままラップを始めたので、それなりに挫折や苦労があったようです。 自力でここまでの実力をつけた彼は、それを自慢もせず努力をしている感じさえも表に出しません。 ただいつも明るくテンション高めのじんたん。 そんな彼の姿勢が視聴者にきちんと伝わっているからこそ、これだけの人気が出ているのでしょう。 そしてそうした頑張り屋で明るいじんたんを、世の女性たちが放っておくとは思えません。 きっと彼女がいるのではないでしょうか。 モテないアピールしていますが、ファンからは「じんたん可愛い」という声が多く聞かれます。 本当に非リアだったら、こんなに女性から黄色い声を浴びることなんてありえません。

次の