かく しごと アニメ。 TVアニメ『かくしごと』本PV

アニメ「かくしごと」村野佑太監督が語る制作裏話「一番念頭に置いたのは”雑味をなくす”こと」

かく しごと アニメ

「かくしごと」ラストや結末はどうなるのか? 18歳と小学4年生の2つのストーリーを同時進行しているのがめっちゃ好き😆🎺 — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp マンガ「かくしごと」では冒頭と末端のカラーページが18才になった姫が登場しています。 なのでマンガ「かくしごと」は ・小学4年生の姫 ・18才の姫 の同時進行で物語が進んでいる作品になります。 小学4年生の姫は中目黒に住んでいますが、18才になった姫は七里ヶ浜にいます。 なぜかそこには中目黒と同じ間取りの家があります。 そこに後藤のアシスタントの墨田羅砂(すみたもすな)と十丸院五月(とまるいんさつき)が案内しています。 なぜかそこを案内しているのは後藤ではなくアシスタントです。 またアシスタントの墨田羅砂は意味しげな発言をしています。 墨田「ついに知っちゃったか」 十丸院「鍵渡したの?羅砂ちゃん?」 墨田「まさか、わたしにそんな権利あるわけないでしょう」 このやり取りからして ・姫は可久士が漫画家だということに気づくことになる ・アシスタントの墨田羅砂は可久士から頼まれて姫を七里ヶ浜につれてきた ・可久士は自ら連れていっていない ということがわかります。 中学生になった姫は可久士の職業に気づくことになる バレたとしても隠してきたことに意味はあるよね! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp Sponsored Link 中学生の姫は七里ヶ浜の可久士の家を訪れています。 その家はなんと中目黒の家とまるで同じ間取りだったのです。 そして その家には大量の漫画がありました。 姫はその時、父は漫画家だったということを知ったのです。 zuJzOooivPJBuwp 可久士の娘の姫は可久士のアシスタントの墨田に連れられて七里ヶ浜の家を訪ねています。 普通なら、可久士がみずから連れて行くはずですが、 可久士の姿はありません。 これは可久士に頼まれていたのではないかと考えれます。 ここで疑問が浮かびます。 それは アシスタントに可久士が頼んだのはいつなのか? ということです。 墨田は可久士からいつ頼まれていたのか? 七里ヶ浜の家には年齢の書かれた箱がありました。 これは中目黒の家にもありました。 中目黒の家の箱は姫の母が、姫がその年になったら開けるように用意してくれていたものです。 それが七里ヶ浜にもありました。 しかし姫はそれが開ける前から、今までの箱と違うことを見抜いているようでした。 そして開けてみるとそこには漫画が入っていました。 なのでこれは可久士が作ったと考えれます。 出典:かくしごと(作者:久米田康治) しかも年齢は17歳~20歳までの箱です。 姫が七里ヶ浜の家を訪ねたのは18歳です。 つまり、 可久士は姫が17歳の時点で本来七里ヶ浜の家に行かせる手はずを組んでいた と考えれます。 なので可久士はアシスタントの墨田に少なくとも1年以上前に姫を七里ヶ浜の家につれていくように頼んでいたと考えられます。 ではそんなことをする必要があったのでしょうか? 可久士は自分の手で渡せなかった可能性があります。 可久士はすでに死亡しているのか? 死亡フラッグたってるよね・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp 可久士は墨田に少なくとも1年以上も前に姫を七里ヶ浜の家に連れていくように頼んでいたと考えられます。 なぜそんな前もって頼んでいたのでしょうか? おそらく病気ではなく、漫画が書けなくなったか、何かしらの事情があって失踪したからだと予測しています。 引用元:「かくしごと」10巻より 可久士は記憶喪失になってい ました。 可久士は何かしらの理由があって漫画家を引退したと考えられます。 そのあと肉体労働をしていました。 しかし ある日工場で高く積まれていたマンガが倒れてきて事故にあいます。 そして病院に運ばれますが、意識は回復しませんでした。 しかしある時可久士は目覚めます。 ただ 姫を見てもそれが誰だか分からないという状態になっていました。 姫はその時もう高校生にです。 がしかし可久士は 「姫はまだ10才だ」 引用元:「かくしごと」10巻より と言い出しました。 昏睡状態は1年近くということが判明しているので 事故に会ったのは姫が高校生の時だと推測できます。 なので 可久士は最近の記憶は失って1番楽しかったころの記憶に戻ってしまったのでしょう。 「かくしごと」ラストのその後は? 可久士の記憶は戻るかどうかはわかりません。 しかしここからは ・記憶は戻らず、全てを誰かから聞き理解して生きていく ・記憶は戻り、隠していたことを白状して生きていく のどちらかになるでしょう。 この 「かくしごと」は漫画家が漫画家の苦労を作品(かくしごと)に込めた物語だと感じられます。 なので 作者はヒロインの姫にそういった漫画家としての可久士の苦労や葛藤をすべて受け止めて生きていく姿を書いていくのではないでしょうか。 まとめ ついに「かくしごと」スタートしたーーーーー! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH ・可久士の娘の姫は父が漫画家だったということに気づきます。 またそれを中目黒の家と同じ間取りをした七里ヶ浜の家で知ります。 ・姫は可久士が隠していた嘘などを見抜き、すべて受け止めて立派に生きていくと考えられます。

次の

【かくしごと】アニメ OP・ED主題歌 / アーティスト情報

かく しごと アニメ

4月2日より好評放送中のアニメ「かくしごと」。 同作は「月刊少年マガジン」(講談社)で連載中の久米田康治氏が手掛ける同名漫画が原作。 娘に自分の職業を隠している漫画家・後藤可久士(CV:神谷浩史)と、彼の一人娘・後藤姫(CV:高橋李依)の日常を描いたハートフルコメディだ。 今回ABEMA TIMESでは、村野佑太監督にインタビューを実施。 作品の魅力や、制作の裏話を語ってもらった。 「かってに改蔵」や「さよなら絶望先生」ではブラックコメディの印象が強かったので、「かくしごと」のような明るい空気感と親子愛が中心となっている物語に強く惹かれました。 視聴者が久米田康治作品と聞いてまず期待するのはいわゆる「絶望先生」的なシニカル要素だと思いますし、実際「かくしごと」にもそういう部分は含まれているのですが、最終的にはこの作品特有のほっとする日常感が印象として際立つように心がけています。 双方の意見は食い違っているようでいて、実は制作サイドが一番求めていたバランスなんですね。 なので素直に嬉しいです。 久米田先生が1話をご覧になられて「自分はアニメ化に恵まれているなあ」とおっしゃってくださったらしいんですが、それを聞いた時は肩の荷がおりました。 」と呟いてらっしゃいました。 監督は今回アニメ化にあたり、プレッシャーを感じてらっしゃったのでしょうか? 村野:監督という立場で作品を預かるのは毎回プレッシャーですし、原作つきだと特にそうです。 まず第一に、自分自身小学生の頃から久米田先生の漫画が大好きなんですね。 なので、監督目線と同時にいわゆる「面倒臭いファン」としての目線も加わるわけで…しょうもないものを作ってしまったらと考えた時の落胆度が激しいんですよ。 村野:アニメ化にあたり一番念頭に置いたのは「雑味をなくす」ことです。 久米田先生の漫画は立ち姿、顔の角度、表情や間の捉え方一つ一つに様式美が確立されているんですね。 そこに演出家やアニメーターの解釈を加えていくと、途端に世界観のバランスが崩れてしまうことがあるんです。 アニメーターはまずキャラを描く際に、そのキャラが何をどう考えているかを理解してから描き始めますから、表情や動きに必然的に感情が出てしまいがちになります。 ただ、この作品においては、姫ちゃんが何を考えているかわからないからこそ可久士が勘違いして物語が転がるのであって…理解し咀嚼しようとするのではなく、客観的に捉えてもらうバランス感は難しかったですね。 漫画を描いていて、つい思いついたえげつないネタは多々あれど、この作品の雰囲気には合わないのでそこは自制して描かれていると。 そのネタを見てみたい気もしますが 笑 アニメでも、映像がシニカルに尖り過ぎないよう、それこそ姫ちゃんくらいのお子さんが見ても問題ないテンポになるよう気を配っています。 個人的にも可久士の子を想う気持ちに共感する部分は多いのですが、僕の解釈を込め出すとそれは雑味になるので 笑 自己を重ねるというよりも、こんな素敵な親子の形があるんだなあ…と一種の理想像に触れる気持ちで作品に接しています。 作品の構造上、姫ちゃんは自分を投影したり感情移入をする対象としてあまり描かれていないんですね。 見た人間が自分の経験や思い出を重ねて感情移入出来るのは可久士のはずです。 可久士の悩みは「大事な人に自分の恥態を晒したくない」という、ある種普遍的なものなので、程度の差はあれど皆共感しやすいと思います。 だから彼の行動や言動は笑えるんですね。 先生にあらかじめ用意していただいた最終話想定のネームを元に絵コンテを作成し、同時進行で映像を制作中です。 ちょっとした差異はあれど、本誌掲載で見た漫画の話がすぐアニメで見られるというのは近年ない試みだと思うので、是非楽しみにしていただきたいです。 親子の姿を喜劇と悲劇の両面から丁寧に描いて、可久士と姫の幸せの形を紡いでいきたいと考えてますので、優しく見守っていただければなと思います。

次の

【ネタバレ】かくしごと原作感想/評価。アニメは何クールでどこまで?|あふさの館

かく しごと アニメ

「かくしごと」ラストや結末はどうなるのか? 18歳と小学4年生の2つのストーリーを同時進行しているのがめっちゃ好き😆🎺 — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp マンガ「かくしごと」では冒頭と末端のカラーページが18才になった姫が登場しています。 なのでマンガ「かくしごと」は ・小学4年生の姫 ・18才の姫 の同時進行で物語が進んでいる作品になります。 小学4年生の姫は中目黒に住んでいますが、18才になった姫は七里ヶ浜にいます。 なぜかそこには中目黒と同じ間取りの家があります。 そこに後藤のアシスタントの墨田羅砂(すみたもすな)と十丸院五月(とまるいんさつき)が案内しています。 なぜかそこを案内しているのは後藤ではなくアシスタントです。 またアシスタントの墨田羅砂は意味しげな発言をしています。 墨田「ついに知っちゃったか」 十丸院「鍵渡したの?羅砂ちゃん?」 墨田「まさか、わたしにそんな権利あるわけないでしょう」 このやり取りからして ・姫は可久士が漫画家だということに気づくことになる ・アシスタントの墨田羅砂は可久士から頼まれて姫を七里ヶ浜につれてきた ・可久士は自ら連れていっていない ということがわかります。 中学生になった姫は可久士の職業に気づくことになる バレたとしても隠してきたことに意味はあるよね! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp Sponsored Link 中学生の姫は七里ヶ浜の可久士の家を訪れています。 その家はなんと中目黒の家とまるで同じ間取りだったのです。 そして その家には大量の漫画がありました。 姫はその時、父は漫画家だったということを知ったのです。 zuJzOooivPJBuwp 可久士の娘の姫は可久士のアシスタントの墨田に連れられて七里ヶ浜の家を訪ねています。 普通なら、可久士がみずから連れて行くはずですが、 可久士の姿はありません。 これは可久士に頼まれていたのではないかと考えれます。 ここで疑問が浮かびます。 それは アシスタントに可久士が頼んだのはいつなのか? ということです。 墨田は可久士からいつ頼まれていたのか? 七里ヶ浜の家には年齢の書かれた箱がありました。 これは中目黒の家にもありました。 中目黒の家の箱は姫の母が、姫がその年になったら開けるように用意してくれていたものです。 それが七里ヶ浜にもありました。 しかし姫はそれが開ける前から、今までの箱と違うことを見抜いているようでした。 そして開けてみるとそこには漫画が入っていました。 なのでこれは可久士が作ったと考えれます。 出典:かくしごと(作者:久米田康治) しかも年齢は17歳~20歳までの箱です。 姫が七里ヶ浜の家を訪ねたのは18歳です。 つまり、 可久士は姫が17歳の時点で本来七里ヶ浜の家に行かせる手はずを組んでいた と考えれます。 なので可久士はアシスタントの墨田に少なくとも1年以上前に姫を七里ヶ浜の家につれていくように頼んでいたと考えられます。 ではそんなことをする必要があったのでしょうか? 可久士は自分の手で渡せなかった可能性があります。 可久士はすでに死亡しているのか? 死亡フラッグたってるよね・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp 可久士は墨田に少なくとも1年以上も前に姫を七里ヶ浜の家に連れていくように頼んでいたと考えられます。 なぜそんな前もって頼んでいたのでしょうか? おそらく病気ではなく、漫画が書けなくなったか、何かしらの事情があって失踪したからだと予測しています。 引用元:「かくしごと」10巻より 可久士は記憶喪失になってい ました。 可久士は何かしらの理由があって漫画家を引退したと考えられます。 そのあと肉体労働をしていました。 しかし ある日工場で高く積まれていたマンガが倒れてきて事故にあいます。 そして病院に運ばれますが、意識は回復しませんでした。 しかしある時可久士は目覚めます。 ただ 姫を見てもそれが誰だか分からないという状態になっていました。 姫はその時もう高校生にです。 がしかし可久士は 「姫はまだ10才だ」 引用元:「かくしごと」10巻より と言い出しました。 昏睡状態は1年近くということが判明しているので 事故に会ったのは姫が高校生の時だと推測できます。 なので 可久士は最近の記憶は失って1番楽しかったころの記憶に戻ってしまったのでしょう。 「かくしごと」ラストのその後は? 可久士の記憶は戻るかどうかはわかりません。 しかしここからは ・記憶は戻らず、全てを誰かから聞き理解して生きていく ・記憶は戻り、隠していたことを白状して生きていく のどちらかになるでしょう。 この 「かくしごと」は漫画家が漫画家の苦労を作品(かくしごと)に込めた物語だと感じられます。 なので 作者はヒロインの姫にそういった漫画家としての可久士の苦労や葛藤をすべて受け止めて生きていく姿を書いていくのではないでしょうか。 まとめ ついに「かくしごと」スタートしたーーーーー! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH ・可久士の娘の姫は父が漫画家だったということに気づきます。 またそれを中目黒の家と同じ間取りをした七里ヶ浜の家で知ります。 ・姫は可久士が隠していた嘘などを見抜き、すべて受け止めて立派に生きていくと考えられます。

次の