アイコス サブスク。 【徹底解説】アイコス定額が神サブスク。まだ使ってないの?

【サブスク】IQOS(アイコス)定額プランで電子タバコを楽しもう!

アイコス サブスク

フィリップ・モリスさん、やりますなぁ~• デバイスの14日間無料レンタル• デバイスの月々定額制のレンタル 最初見たとき、「お!アイコス吸い放題?」とか思ったけど、デバイスだけだった 笑• アイコス3デュオ、アイコス3マルチを14日間無料でレンタル。 そのまま買い取ってももいいし、もちろん返却してもよし。 返却時も、送料など一切不要• アイコス未登録者のみ申込み可 まずは「14日間無料」でお試し。 なんとかアイコス人口を増やしたい! 喫煙人口減少には危惧してるんでしょうねぇ。 契約期間は1年で、1年間品質保証、自損を含めて3回まで交換、などの特典があるようです。 でわ!.

次の

JTがサブスク参入!プルーム・テック・プラスを月額230円から使える…けど途中解約は可能?色々聞いてみた

アイコス サブスク

「プルーム・テック」を月額230円、「プルーム・テック・プラス」を月額270円で、利用することができる月極定額サービス• 定額プランに入ると、製品本体の利用とともに、5つの特典が利用できる• 特典を鑑みると実質1260円お得 ざっくりいうと、 プルームテックの定価は2500円ですが、これを分割して特典付きである程度お得に購入することができるものになります。 わかりやすく表にまとめます。 定額プラン 通常の購入 価格(プルーム・テック Ver 1. ものの、1500円分のクーポンによって実質的には安くなっている。 という形になっています。 さて、ここまでが一般的な情報ですが、ここから実際に契約するにあたり気になったことがいくつかあったので、実際にJTに聞いてみたことをまとめます。 途中解約は可能なの? 途中解約は可能です。 ですが、解約時に残っている残債を請求請求させていただきます。 例ととして…「プルーム・テック」であれば、月額は230円で年間支払総額は2,760円(税込)となります。 例えば、2ヶ月使った場合、それまで支払った金額(460円)は除き、2,300円を請求させていただく形になります。 なるほど。 途中解約は可能だけど、結局1年契約分の料金は支払わないといけないようでした。 聞いて理解したのですが、 あくまで2,760円の商品を買ってそれを分割支払いするサービスと言ったほうが正しそうでした。 なんとなく「定額プラン」と聞くと、「途中解約できて当然」みたいな感覚があったのですが違いますね。 そう考えると「サブスク」という表現は違うかもしれません。 あくまで 製品に特典がついた「サービス」の分割支払可能な商品ということでした。 支払い方法は?コンビニ支払いとか可能? たばこカプセル…リフィルをつけるなどのサービスは定額プランには含まれていません。 しかし、定額プランならではの特典がついています。 例えば、自損の保証。 洗濯機にいれてしまったとか。 不意の故障の交換を2回まで行うことができます。 また、紛失の保証も行っております。 落としてなくしてしまった場合、警察署で発行される遺失届の受理番号がわかるものを所定送付先に郵送いただければ、交換の対象になります。 すごい無邪気な質問をしたのですが、やはりたばこカプセルが送られてくるサービスは「Ploom定額プラン」には含まれていませんでした。 ただし、Ploomでは公式にたばこカプセルが毎月届くも実施しています。 欲しい方はそちらを利用すると良いってことかな。 一方で、自損保証と紛失補償はたしかに普通に買うとできるものではないので、人によってはありがたいものかもしれませんね。 もう一台欲しくなったら買うべき?追加契約すべき? ここまでプルーム定額プランの詳細を見てきました。 実際に契約しようと思った時に気になったことも沢山質問させていただきました。 ここまで定額プランのことを聞いて、純粋に保証が通常より多くなるのだったりプラチナステータスになるのは、 多く利用する方ほどありがたいことだなと思いました。 つまり、逆をいえば「あまり吸わない」というライトな方にとっては過剰なものになる可能性があります。 実際、1500円分のクーポンもついていますが、プルーム関連商品を買えるクーポンです。 なので、持ち運びケースなど買えるのでとても良い!と思うものの、ライトな方にとっては不要でしょう。 しかし、月額230円という低額から利用できる 感というのは大きい気もします。 ただし、「感」と書いたとおり、実際には1年分の料金を支払わないといけないため、契約後に後悔することがないように注意しましょう。

次の

アイコスがサブスク(デバイスの定額レンタル)開始!

アイコス サブスク

関連記事• トヨタ自動車が、クルマを定額制で乗り換えられるサブスクリプションサービス「KINTO」を都内で始める。 今夏以降、全国展開する計画だ。 ホンダがCES 2017で展示した「Honda Riding Assist」に大きな注目が集まっている。 担当者に来場者の反響や開発の理由を聞いた。 人工知能(AI)搭載の二輪車のコンセプトモデル「MOTOROiD」をヤマハ発動機が開発。 オーナーの声に反応し、倒れることなくゆっくりと自律走行する。 二輪車を操縦するヤマハ発動機の人型ロボット「MOTOBOT Ver. 2」が、時速約200キロでサーキット走行に成功。 関連リンク•

次の