アメリカ 留学 おすすめ 地域。 アメリカ留学前の準備、必要・おすすめな持ち物をチェック

アメリカ西海岸、おすすめの街&学校 [留学] All About

アメリカ 留学 おすすめ 地域

私立学校の「全人教育」と公立学校の「義務教育」 アメリカの教育の大きな特徴が、公立学校よりも私立の学校のほうが先に発展していったことです。 私立大学であるハーバード大ができたのも、まだ国家としての体制が整う前のことです。 アメリカにおける私立の学校は、国や州の規制を受けずに、それぞれに独自の教育理念を掲げていますが、とくに「全人的な教育」に力を入れていることでは共通しています。 全人的な教育、とは、豊かな人間性をはぐくむ教育のことです。 一方で公立の学校は、国家が成立し、「すべての人に教育を授ける」という理念のもとで発展してきました。 アメリカは高校までを義務教育としていますので、アメリカにおける公立高校の役割は、義務教育を修了させることにあるといえるでしょう。 優れた私立学校は東部に多くあります マサチューセッツ州を含む「ニューイングランド地方」と呼ばれるアメリカ北東部には、伝統的で格式の高い私立の大学や、「高校ランキング」で紹介している私立のボーディングスクールが数多くあり、The Ten Schools(伝統的な名門10校)をはじめとして、世界に名を馳せている学校もこの地方に集中しています。 一方で、南部や西部では公立学校がよく整備され、私立学校の数は多くありません。 以下に、それぞれの地域におけるボーディングスクールの数を紹介しますが、ボーディングスクールを「地図から探す」際には、まずは東部の学校から調べていくことをおすすめします。 伝統的でオーソドックスなボーディングスクールをいくつか見ていくうちに、ボーディングスクールのありかたや教育方針を把握できるようになるでしょう。

次の

アメリカ大学、地域や州ごとの特色:アメリカ大学ランキング

アメリカ 留学 おすすめ 地域

世界の中でもトップレベルのプロアスリートを輩出しているスポーツ大国、アメリカ。 特に、アメリカ国内で絶対的人気を誇る4大スポーツであるベースボール、バスケットボール、アメリカンフットボール、アイスホッケーのプロ選手になるというアメリカンドリームは、スポーツを志す多くの人にとって憧れであり、大きなチャンスとなっています。 そんなアメリカスポーツ界において4大スポーツの人気には劣るものの、 今後アメリカで注目されるプロスポーツのひとつとしてサッカーが人気を集めています。 大観衆が熱狂するフィールドで活躍するプロリーガーへの夢を持つアメリカ人も増えてきており、 アメリカ屈指のスポーツトレーニング施設として有名なIMGアカデミーをはじめ、各都市をホームとするサッカーリーグチーム、高校や大学でもサッカーチームで活躍するサッカー選手が増えてきています。 アメリカのサッカー界では、今まで日本で培ってきたサッカースキルを生かして日本人がアメリカのサッカーチームで活躍することも夢ではありません。 充実したトレーニング施設とコーチがいるアメリカの学校で、サッカーチームに所属しながらアメリカで活躍することを考えてみませんか? 1.アメリカのサッカー事情とサッカー留学する流れ 日本では国民的スポーツとして野球とスポーツ人気を二分するほど大人気のサッカーですが、 アメリカ国内ではその人気度や事情は日本とは少々異なるようです。 どのスポーツリーグも歴史が古いためアメリカの中でもファンが多く、また、スポーツを志す人ならその超高額な年棒からアメリカンドリームとして多くの人が憧れています。 一方で、アメリカでは2007年にサッカー(MLS の設立とその歴史はとても浅く アメリカスポーツ界におけるサッカーの認知度はそれほど高くありません。 しかし。 記憶にも新しい ベッカムやカカ、ランバードなどサッカー先進国で活躍していた超有名選手がMLSに移籍したこと、そしてワールドカップ杯への出場からアメリカ国内でも一気に注目されるようになったスポーツなのです。 そのため、 常に優秀なサッカースキルを持つ選手を求めているサッカーリーグは、日本ではプロ選手へのチャンスを逃した人も大きなチャンスを掴み取ることができる可能性あふれるフィールドでもあるのです。 もちろん、同時に志望校を絞り込む必要がありますが、 まずは大学入学できる程度の英語力向上に努めましょう。 大学のほとんどは毎年1月上旬が出願受付時期となりますので、12月までにはSATやTOEFLのスコアクリア、GPAや推薦状などを準備しましょう。 そのため、 日々の勉学と合わせて、英語の勉強、サッカーにおける実績などかなりハードな流れになりますが、ここは夢に向かう需要な通過点として頑張ってみましょう。 アメリカサッカー留学するきっかけとしては、 高校生活での長期休暇を利用してアメリカで行われる短期サマーキャンプやトライアウトに参加してみるとよいでしょう。 サッカーリーグチーム、大学のサッカーチームの関係者が見学に来ている可能性が高く、スカウトやオファーを受けるチャンスが一気に増えます。 特に、 大学のサッカーチームからスカウトされると高い授業料が免除される奨学金を受ける可能性も一気に広がります。 ただし、FIFAは海外に移住するやむを得ない事情がない限り、サッカーを目的とした留学をはじめ、18歳未満の選手が海外へ移籍することを禁止しています。 そのため、 高校卒業する18歳以上、語学留学や高校、大学留学などの勉学をメインにした留学スタイルにサッカーを含めるといった留学スタイルになる場合がほとんどです。 2.アメリカにサッカー留学するメリットとは? アメリカにサッカー留学するメリットは、学生として勉学に励みながらサッカーを続けることができることでしょう。 アメリカの大学は日本以上に文武両道が求められるため、サッカーの実績だけでなく学業においても一定の成績を修める必要があります。 専攻科目に応じてその分野の学士取得が大学在学中の最優先すべき目的となるため、サッカー選手としてだけでなく、専攻分野の業界で活躍する可能性が広がります。 この 将来への幅広い選択肢がアメリカサッカー留学の最大のメリットと言えるでしょう。 大学在学中に大学サッカーチームに所属すると、 大学完備の充実したスポーツ設備を利用することができるだけでなく、コーチやトレーナーも知識と経験が豊富な人が多いため、恵まれた環境の中でサッカー選手としてサッカースキルを上げながらそのチームで活躍するこことができます。 また大学チームが所属するサッカーリーグの試合での活躍によっては、プロリーグからスカウトされることもあります。 日本でなかなか掴めなかったプロサッカー選手へのチャンスをアメリカで掴む可能性も少なくありません。 3.アメリカサッカー留学の費用と奨学金について アメリカへサッカー留学を検討する時に気になるのが、やはりその留学費用でしょう。 ここでは、留学費用と奨学金についてご紹介しましょう。 そのため、長期のサッカー留学の場合は大学在学期間と同様に最長4年間と年単位の長期留学になります。 留学費用は留学先となる都市や学校に応じて変動しますが、 大学の学費が主な留学費用を占めるため、出願前に大学の公式ホームページや願書で必ず大学の学費を確認するようにしましょう。 一般的な大学留学概算費用については、別コラム「」で詳しくは説明しているのでぜひ参考にして下さい。 しかし、サッカーの練習などのかかるスパイクや練習着、個人トレーニングなどにかかる費用のほかに、 個人的に参加する2週間~1ヶ月程度の短期トレーニングキャンプやトライアウトなどは自己負担となるので、留学費用については余裕をもって準備しておくと良いでしょう。 短期のキャンプやトライアウトに参加すると留学費用が高額になるかもしれませんが、トライアウトやサマートレーニングキャンプに参加すると、 スカウトマンの目に留まりやすくサッカー選手としてステップアップできるチャンスが一気に広がると言えるでしょう。 4.アメリカサッカー留学先の学校の選び方とおすすめの留学地域 サッカー留学には湿度が少なく温暖な地域である西海岸のほかにフロリダ州などの人気が高く、屋外フィールドでの練習や試合に最適な気候な地域は全米でもおすすめの留学地域といえます。 ただし留学先となる大学によって滞在する地域は異なるため、留学する地域は人それぞれ異なります。 近年のアメリカでのサッカー人気上昇に伴って、アメリカの大学でもサッカーチームを設立する大学が増えてきています。 その充実したスポーツ施設と環境が整っているため、アメリカはもちろん、日本、その他世界各国から大学のサッカーチームに所属するためにアメリカの大学に進学、留学する人が増加する傾向にあります。 ただし、あくまでも勉学とサッカーが両立できる環境であることがアメリカサッカー留学する最大の注意点となるため、 チームのサッカーレベルだけでなく、留学生であってもサッカーと勉学にしっかり集中できる環境であることが留学先の大学選びの大きなポイントと言えるでしょう。 5.アメリカサッカー留学後の進路について 留学前から考える人は少ないかもしれませんが、 実はアメリカでサッカー留学を終えた後の進路にはサッカー選手になる他にも選択肢があることをご存知でしょうか? 今後アメリカにおけるサッカーはますます人気が上がり、必ず注目されるスポーツです。 もちろん、プロリーグのMLSでもサッカーのプロ選手の発掘に余念がありません。 大学のサッカーチーム所属からプロリーグチームへスカウトされ、プロサッカー選手になる人も少なくはありません。 アメリカのサッカーフィールドでプロリーガーとして活躍する人もいるでしょう。 アメリカのリーグにスカウトされなくても、日本の社会人チームから声を掛けられ、 大学卒業後に企業就職と同時に企業チームに所属してサッカー選手として活躍する人もいます。 ただし、サッカー選手として活躍できる年齢には限界があることはサッカーをする人であれば誰もが承知していることでしょう。 そのため、大学でスポーツ学やNATA(全米アスリートトレーナーズ協会)認定のトレーナープログラムを学び、 自身の選手経験を活かして今後の活躍する選手をサポート育成するトレーナーやチームマネージメントなど、選手以外の形でサッカー界で活躍する人も多くいます。 その他にも留学先の大学で専攻したサッカーとは異なる分野や業界で活躍する人もいますが、 サッカーによって培われた精神力と卓越した英語力、国際感覚を持つ優秀な人材として各業界からも需要が高く就職にも有利と言えるでしょう。 サッカーと学業をしっかり両立することが学生の本分とするアメリカの大学のスタンスは厳しくもありますが、たとえサッカー選手として活躍する未来に限界を感じたとしても、 一つの夢だけに固執せず自分の可能性を幅広く広げる可能性を常に準備してくれるのがアメリカの大学の懐の大きさであり最大の魅力と言えるでしょう。 サッカーはスポーツの中でも天賦のサッカーセンスをもつ選手が早い段階から注目され活躍するスポーツと言われていますが、 精神的にも身体的にも安定する18歳を迎えて挑戦するアメリカサッカー留学は、より豊かな人間形成と国際感覚の修得に適していると言えるでしょう。 たとえ日本ではサッカーでなかなかチャンスが掴めなかったとしても、 サッカーに思う存分打ち込むことができる環境の中でその才能を一気に開花させること、そして更なるステップアップにつながるチャンスを掴むことができる点が、アメリカサッカー留学の大きなメリットです。 自分のサッカーへの夢を信じて、新しいアメリカというフィールドで挑戦してみませんか? アメリカにてサッカー留学が出来るプログラムも実施中です。

次の

アメリカ留学、東海岸と西海岸どっちがおすすめ?

アメリカ 留学 おすすめ 地域

滞在方法で選ぶ 寮があるコミュニティカレッジ 元々は地域の学生向けの学校ということもあり、学校に寮があるというコミュニティカレッジはあまり多くありません。 弊社でご紹介している学校の中でも寮付きのコミュニティカレッジは17校中4校のみとなっています。 4校とも留学生に非常に人気のある大学です。 寮が人気の理由としては、• 学校まで近い• 自立した(自由度の高い)生活を送れる• 同世代の学生との共同生活・友達作り• 安全面(学生しか住んでいない) などが挙げられます。 寮があるコミュニティカレッジ• (ワシントン州)• (オレゴン州)• (ワイオミング州) 寮があるコミュニティカレッジについての詳細はこちらのページ()をご覧ください。 コミュニティカレッジは基本的にホームステイが多い! 寮がないコミュニティカレッジでの滞在方法は、• ホームステイ• アパート• シェアハウス などがあげられます。 渡米する前からアパートやシェアハウスを探す(契約する)というのはかなり大変なので、弊社では寮がない場合の滞在方法としてホームステイをおすすめしています。 ホームステイは現地の家族と暮らすことでアメリカの生活を体験できたり、日常的に英語を使うことができるというメリットがあります。 弊社から留学した生徒の中には、寮からホームステイに移って英語を話す機会も増えた。 会話もかなり上達したという生徒もいました。 一方、寮と違いなかなか自分の思い通りの生活できない点(食事の時間が決まっているなど)、少し大学から離れてしまう(移動時間がかかる)点などもあります。 寮とホームステイについては、どちらが良いということもないので、自分の希望にあった滞在方法を選ぶのが一番良いでしょう。 ホームステイでおすすめのコミュニティカレッジ• (ワシントン州)• (オレゴン州)• (カリフォルニア州)• (イリノイ州) ロケーションで選ぶ ザ・カリフォルニアなコミュニティカレッジ 憧れのカリフォルニア留学生活を送りたい方にはサンタバーバラシティカレッジがおすすめです。 キャンパスはサンタバーバラビーチの目の前にあり、ビーチを一望することができます。 サンタバーバラ市自体も有名な観光地であるため、生活面で苦労することもありません。 また教育の質も高く、2013年にはThe Aspen Prizeにて 全米No. 1のコミュニティカレッジという評価を受けています。 (カリフォルニア州) シリコンバレーエリアのコミュニティカレッジ カニャダカレッジ、スカイラインカレッジ、そしてカレッジオブサンマテオの3校は今IT関連で世界で最もホットな場所と言われている シリコンバレーエリアにあるコミュニティカレッジです。 カニャダカレッジは、STEM分野(サイエンス、テクノロジー、エンジニア、数学)で全米でも非常に高い評価を受けているコミュニティカレッジです。 スカイラインカレッジはEnergy Systems Technology Managementというソーラーエナジーなど、近年注目を集めているクリーンエナジーの分野での学問も盛んな大学です。 また、この3校の中では一番サンフランシスコに近いコミュニティカレッジとなります。 カレッジオブサンマテオは大学近くに世界的に有名な会社がたくさんあり、かなり刺激的なロケーションにある大学です。 (カリフォルニア州)• (カリフォルニア州)• (カリフォルニア州) ご紹介した3校は全て同じ大学群(姉妹校)のカレッジとなります。 もし英語力に不安のあるという方(英語力が入学基準に達していない方)は、カニャダカレッジにあるSVIEPという英語プログラムから留学をスタートさせることができます。 SVIEPを修了後には、カニャダカレッジだけでなく、他のスカイラインカレッジ、カレッジオブサンマテオにもTOEFLやIELTSといった英語試験のスコア提出不要で入学することができます。 都会の近くのコミュニティカレッジ せっかくアメリカの大学に留学するなら都会の近くに留学したい!という方にはこちらのコミュニティカレッジがおすすめです。 (シアトル市内)• (ポートランド近郊)• (ロサンゼルス郊外) サウスシアトルカレッジはシアトルのダウンタウンからバスで10分ほどのある大学です。 シアトルまでかなり近いコミュニティカレッジとなります。 クラークカレッジはワシントン州にあるコミュニティカレッジですが、大学のあるバンクーバー市からオレゴン州の中心地ポートランドまでは車で20分ほど。 バスでも50分ほどで行くことができます。 カレッジオブザキャニオンズはロサンゼルスまで車で40分ほどの場所にあるコミュニティカレッジです。 また大学のあるサンタクラリタ市は非常に安全な都市として知られています。 いずれも都会のど真ん中にあるわけではないのですが、車では比較的都会までアクセスが簡単な大学となります。 基本的には落ち着いた大学に通いつつ、都会が近くにあったほうがいいという方にはおすすめの3校です。 田舎のコミュニティカレッジ 周りに誘惑の多いところでなく、都会の喧騒から離れた静かなところで勉学に集中したい!という方には比較的田舎のコミュニティカレッジがおすすめです。 田舎は田舎で楽しむところもあるので、平日はしっかり勉強に励み、土日はゆっくりするorちょっと足を延ばしてという方にもおすすめです。 (ワシントン州)• (ワシントン州)• (オレゴン州)• (ワイオミング州)• (イリノイ州) 学費・費用で選ぶ 比較的費用の安いコミュニティカレッジ コミュニティカレッジ自体は4年制大学と違い、あまりどの大学へ行っても学費が大きく変わることはありません。 授業料は履修する単位数によって異なりますが、1年間で大体8,000ドル~12,000ドル位です。 滞在費(生活費)を抑える なるべく費用を抑えたいという方には、滞在費が比較的安いカレッジをおすすめしています。 オレゴン州のレーンコミュニティカレッジは、寮費が他のコミュニティカレッジの寮よりも良心的です。 他にも弊社から留学した生徒の中には奨学金を獲得したり、学校内で働いて学費を安くしたりした生徒がいるなど、費用面でもかなりおすすめの大学です。 同じくオレゴン州のチェメケタコミュニティカレッジは、州の中心地ポートランドから車で約1時間ほどの場所にある大学ですが、滞在費(ホームステイ代)が非常に良心的です。 サウスピュージェットサウンドコミュニティカレッジとセントラリアカレッジはどちらもワシントン州では比較的田舎にある大学で、滞在費が都市部の大学に比べて割安です。 なるべく費用を抑えたい方におすすめしたい学校です。 (オレゴン州)• (オレゴン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (ワイオミング州) プログラムで選ぶ 特殊な専攻(プログラム)があるコミュニティカレッジ せっかくアメリカに留学するなら英語だけでなく、少し特殊なスキルも身につけてみませんか? コミュニティカレッジには日本の専門学校のように卒業後そのまま就職を目指す方向けのキャリアプログラム(職業訓練コース)があります。 航空整備学(Aviation Program まず、エバレットコミュニティカレッジ、サウスシアトルカレッジ、レーンコミュニティカレッジの3校には、全米でも珍しい航空整備学(Aviation Program があります。 取得しなければならない単位を多く、かなり大変な専攻ではありますが、卒業後には、世界中の空港で飛行機の整備士として働ける資格が取得できるということで、人気のプログラムとなっております。 調理学 サウスシアトルカレッジには他にも特殊な専攻が多く、調理学やお菓子アート、ワインテクノロジーなど食に関わる専攻がたくさんあります。 調理学についてはレーンコミュニティカレッジ、エルジンコミュニティカレッジにもあり、コミュニティカレッジ卒業後すぐに就職したい方にはかなりおすすめのプログラムとなります。 ホスピタリティ(観光学) 留学生に人気の専攻としてはホスピタリティがあげられます。 卒業後は、ホテル、旅行会社、レストランなど観光業界で働きたい人におすすめの専攻です。 レーンコミュニティカレッジとエルジンコミュニティカレッジで専攻できます。 (ワシントン州)• (ワシントン州)• (オレゴン州)• (オレゴン州)• 各試験には、それぞれの大学で設定している基準点があり、その基準点以上のスコアを提出することが入学条件となります。 4年制大学の中には高校の内申点の基準がある大学も多くありますが、コミュニティカレッジの場合、高校の成績はあまり関係ないケースが多いです。 英語が苦手な方はESLからスタート! では、英語が苦手、または現時点でTOELFやIELTSといった英語試験のスコアをクリアできてない人は留学できないか?というと、そんなことはありません。 大学(コミュニティカレッジ)によっては、留学生用に【ESL English as Second Language 】や【IEP Intensive English Program 】と呼ばれる大学課程への語学準備プログラムを開講しているところがあります。 そしてコミュニティカレッジの場合、このプログラムを修了すると次の学期から英語試験のスコア提出不要でその大学のカレッジコース(大学課程の授業)へ進むことができます。 (オレゴン州)• (オレゴン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (カリフォルニア州)• (カリフォルニア州)• (ワイオミング州)• (イリノイ州) 4年制大学編入を目指す皆さんへ アメリカのコミュニティカレッジの特徴として、コミュニティカレッジ卒業後に3年次から4年制大学への編入を目指す【Transfer Degree】というものがあります。 実際に現地のアメリカ人だけでなく、多くの留学生がコミュニティカレッジから4年制大学へ編入を果たしています。 (弊社代表もワシントン州のコミュニティカレッジを卒業後、ウィスコンシン州の4年制大学へ編入し卒業しています) 直接最初から4年制大学へ行かず、コミュニティカレッジから3年次編入を目指すメリットとしては、• 学費を抑えられる(コミュニティカレッジの方が学費が良心的な場合が多い)• 入学が簡単な場合が多い(早く大学の単位を履修し始められる)• 実際にアメリカに行ってから4年制大学を探すことができる などの点があげられます。 コミュニティカレッジから編入できる大学については、全く編入生を受け入れていない大学を除き、ほぼほぼどの大学(特に州立大学)へでも編入することが可能です。 レベルの高い大学に編入を目指す場合、それなりの学力とコミュニティカレッジの成績が必要となりますが、特に「このコミュニティカレッジからはあの大学には編入できない」といったルールはありません。 一方、「このコミュニティカレッジからあの大学へは行きやすい」というケースはあります。 各コミュニティカレッジには、提携している4年制大学というのがあり、その大学には編入しやすい、単位が移しやすいなど編入の際にメリットがある場合があります。 コミュニティカレッジから4年制大学への編入を目指すという方は、ぜひ留学後なるべく早めに学校やインターナショナルオフィスの編入アドバイザーに相談し、情報収集をすることをおすすめします。 自分の希望にあった大学を教えてくれるはずです。 編入を目指す方におすすめのコミュニティカレッジ• (オレゴン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (ワシントン州)• (カリフォルニア州)• (カリフォルニア州)• (ワイオミング州)• (イリノイ州) まとめ 以上が弊社がおすすめするタイプ別のコミュニティカレッジとなります。 これほど候補があると学校選びもかなり悩むかと思います。 正規エージェントだからこそ、 手続き代行手数料無料で留学のお手伝いをさせて頂いております。 まずは、資料請求からお気軽にお問い合わせください。

次の