紀子 さま 若い 頃。 雅子さまの若い頃の写真が綺麗!エリート外交官から皇室に嫁ぐまで

紀子様の学生時代の素行や恋愛遍歴がスゴイ?怖い正体が結婚後に発覚したのは本当?!

紀子 さま 若い 頃

名前:文仁親王妃紀子(ふみひとしんのうひ きこ 旧姓:川嶋紀子 生年月日:1966年9月11日 身位:親王妃(秋篠宮妃) 敬称:殿下 お印:檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ) 紀子さまは秋篠宮文仁親王の妃で、眞子内親王、佳子内親王、悠仁親王の母親です。 幼少期は、父親の都合でアメリカや日本、オーストリアなどを転々とし、1979年に帰国し、父親が助教授を務める学習院の女子中等科に編入し、その後は学習院女子高等科・学習院大学文学部心理学科へと進学しました。 学習院大学で1つ年上だった秋篠宮文仁親王 当時礼宮文仁親王 と出会い、自然文化研究会などのサークル活動を通じて仲を深めます。 1986年に求婚されるも即答はせず、1989年に紀子さまが大学院 社会心理学専攻 に進学した同年8月に婚約内定が報じられ、翌9月に皇室会議にて可決されました。 1990年1月12日の納采の儀を経て婚約成立し、同年6月に結婚の儀が行われました。 秋篠宮文仁親王との間には1991年10月に眞子さま、1994年12月に佳子さま、そして2006年9月に悠仁さまが生まれています。 悠仁さまの皇室における男児誕生は、秋篠宮文仁親王以来41年ぶりで、また皇室としては初の帝王切開でのお産となりました。 秋篠宮家料理番の暴露? かねてから秋篠宮家の元料理番による暴露報道が出ています。 天皇家や皇太子一家のための「宮内庁大膳課」ではなく、宮家の技官として雇われているのだが、秋篠宮家の「元料理番」はその内情をこう証言している。 昨年には「料理番」が解雇されるという一件も起こっていた。 しかもその原因は紀子妃の「料理番」への不満が積もりに積もり、遂に逆鱗に触れたためだという。 引用: さらに料理番ではありませんが、きつめな物言い 態度 をされていると報じられたことも。 相手がどんな立場の人であれ、紀子さまはときどき、にわかには信じられないようなお言葉を吐かれる。 秋篠宮家の次女、佳子さまが学習院大学からICUに移られ、5月、新一年生が参加する一泊二日の合宿にタンクトップにジーンズ姿で現れ、周囲を騒がせた。 このときのファッションは、たちまちネットにあふれた。 そのころ、ある会合で美智子さまは紀子さまにこう注意されたという。 「少し控えめに…」 「国民の皆さんに不快な感情を与える恐れのないように」 ところが紀子さまは 「もう時代が違いますから」と返されたという。 別の機会に、周囲から悠仁さまの教育について助言されたとき、紀子さまは 「私はこれから皇后になる人です。 みなさんにどうこういわれる筋合いではありません」とピシャリ。 「みなさん、平民に……」ともいわれたともいう。 紀子さまは以前、周りから指摘されると、「わかりました。 そのようにいたします」と応じられておられた。 それがこの数年で変わられた。 嫌なことをいわれると、すぐ横を向き、 「舌打ち」されるようになった。 引用: ここまでくると逆に信ぴょう性が低くなるような言動ですね。 ただ一口に厳しいといっても、たとえばですが悪く言えば「きつい・性格が悪い」よく言えば「規律正しい」など、言い方によってだいぶ印象が変わるものでもあります。 紀子さまはきつい性格?雅子さまとの軋轢報道 不仲? いろいろと対照的なお二人。 やがて軋轢やライバル視しあっているなんていう見方をされることも。 紀子さまが雅子さまに「私は病気ではありませんよ」発言。 雅子さまがある会合に出られて、久しぶりに笑顔を見せられていたとき、紀子さまが雅子さまの前で 「私はご病気ではありませんよ」といわれたこともあった。 ライバル意識と言えばそれまでだが、雅子さまからその後、しばらく笑顔が消えた。 引用: ただかと思えば、雅子さまが紀子さまを牽制するような発言があったとも言われます。 順序が違うのではありませんか 平成24年(2012年)2月18日天皇陛下心臓冠動脈バイパス手術は世に大きく伝えられたが、その後のお見舞いを巡って、まともに打診もせずぐずぐずしていた東宮家の雅子が、秋篠宮妃殿下からのお見舞いスケジュール打ち合わせのための打診を知ったときに強い不快を示したと伝えられる台詞。 引用: 果ては、さまざまなメディアでの「雅子さま上げ、紀子さま下げ 逆もまた然り 」は、彼女たちの権力争いの余波ではないかという深読みまで存在します。 紀子さまには悪い噂ばかりではない! 紀子さまの性格について見てみると、上記でご紹介してきたように、きつそうな言動が取り上げられていることがあります。 ただもちろんそれだけではありません。 これまでの歩みや、紀子さまのご両親の教育方法を讃えるもの。 紀子妃は、ご成婚の際、さまざまないわれのないバッシングをお受けになった。 たとえば、学習院の職員宿舎育ちの世間知らずとか、在学中に秋篠宮殿下に近づいて意図的に妊娠したというとんでもないものもありました。 それでも、紀子妃は笑顔を絶やさなかった。 それは男性に守ってもらうためではなく、女性がみずからを守るために必要な笑顔だったと思います。 あのたくましさ、あの覚悟はもっと高く評価されるべきです。 幼い頃や学生時代は少々頼りなく見えた秋篠宮殿下が、あれほどご立派にご公務を果たしているのは、紀子妃の支えあってのことだと思います 紀子妃の父親の川島辰彦教授は、ご成婚の記者会見のとき『自由闊達に育てた。 オールウェイズ・スマイル』と言いましたが、その直後、お母様が『あまり自由過ぎるのもどうかと存じます。 私はある程度の規制を持って育ててまいりました』とおっしゃった。 紀子妃は、ユーモラスなお父様にのびのびと育てられながらも、あのお母様から、徹底的に『妻』としての教育も受けた。 非常に人としてバランスよくお育ちになられたのだと感心しました。 引用: そして紀子さま自身の子供達への教育方針は、固定概念にとらわれずに自由に。 そしてもっとも大切にしていたのは「あいさつと感謝の心」だといいます。 眞子さま然り、秋篠宮家のお子さま方は学業も優秀である。 ところが勉強は、「周りが強要しない」「本人がやる気を見せるまで待つ」、と驚くほどのびのびとした方針を軸に据える。 そう教えてくれたのは、先の髙清水さん。 「両殿下は全てのお子さまに『早期教育』を実践なさっています。 しかし、それはいわゆる英才教育や能力開発ではありません」 秋篠宮家の早期教育。 その柱は、「あいさつ」と「感謝の心」。 この2本柱を身を持ってお子さま方に示す。 なかでも生後数カ月から習慣化させるのは、あいさつである。 悠仁さまがまだ赤ちゃんの頃の話だ。 紀子さまは毎朝、赤ん坊の悠仁さまを抱っこしてまずは、父の秋篠宮さまのところへ、「おはようございます」とあいさつに行く。 お姉さま方、そして水槽の魚や庭の草花と順番に回っていたそうだ。 早期教育の2つ目の柱である、「感謝の心」。 佳子さまが小学校の卒業文集に寄せたある文章を見てみよう。 皇室の方の文書・ニュース等により聞くお話は、いずれも模範的な印象で紀子さまも普段どんな性格をしているのかなというところまでは読み取りづらく、こういったゴシップ的な話が出回るのみでどこまでを信じて良いのか難しいですね。 ただ紀子さまのこれまでの行動を見ていると十分すぎるほどその役割を果たされてきたのではといった印象も受けますし、実際のところはどうであれ、そこまで突っ込む必要もないように思います。 (また日本人の高い関心をひく皇室のお話ということで、メディアの皇室ネタは売上・話題のためといった話も聞きますね…。 ) 今後皇室は天皇陛下の譲位をはじめ変革の時を迎え、秋篠宮家も深く関わっていくものになりそうです。 これからの紀子さまにも注目です。

次の

雅子様の若い頃写真画像が溜息が出る程美しい…外務省ファッションと値段もやばい

紀子 さま 若い 頃

名前:文仁親王妃紀子(ふみひとしんのうひ きこ 旧姓:川嶋紀子 生年月日:1966年9月11日 身位:親王妃(秋篠宮妃) 敬称:殿下 お印:檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ) 紀子さまは秋篠宮文仁親王の妃で、眞子内親王、佳子内親王、悠仁親王の母親です。 幼少期は、父親の都合でアメリカや日本、オーストリアなどを転々とし、1979年に帰国し、父親が助教授を務める学習院の女子中等科に編入し、その後は学習院女子高等科・学習院大学文学部心理学科へと進学しました。 学習院大学で1つ年上だった秋篠宮文仁親王 当時礼宮文仁親王 と出会い、自然文化研究会などのサークル活動を通じて仲を深めます。 1986年に求婚されるも即答はせず、1989年に紀子さまが大学院 社会心理学専攻 に進学した同年8月に婚約内定が報じられ、翌9月に皇室会議にて可決されました。 1990年1月12日の納采の儀を経て婚約成立し、同年6月に結婚の儀が行われました。 秋篠宮文仁親王との間には1991年10月に眞子さま、1994年12月に佳子さま、そして2006年9月に悠仁さまが生まれています。 悠仁さまの皇室における男児誕生は、秋篠宮文仁親王以来41年ぶりで、また皇室としては初の帝王切開でのお産となりました。 秋篠宮家料理番の暴露? かねてから秋篠宮家の元料理番による暴露報道が出ています。 天皇家や皇太子一家のための「宮内庁大膳課」ではなく、宮家の技官として雇われているのだが、秋篠宮家の「元料理番」はその内情をこう証言している。 昨年には「料理番」が解雇されるという一件も起こっていた。 しかもその原因は紀子妃の「料理番」への不満が積もりに積もり、遂に逆鱗に触れたためだという。 引用: さらに料理番ではありませんが、きつめな物言い 態度 をされていると報じられたことも。 相手がどんな立場の人であれ、紀子さまはときどき、にわかには信じられないようなお言葉を吐かれる。 秋篠宮家の次女、佳子さまが学習院大学からICUに移られ、5月、新一年生が参加する一泊二日の合宿にタンクトップにジーンズ姿で現れ、周囲を騒がせた。 このときのファッションは、たちまちネットにあふれた。 そのころ、ある会合で美智子さまは紀子さまにこう注意されたという。 「少し控えめに…」 「国民の皆さんに不快な感情を与える恐れのないように」 ところが紀子さまは 「もう時代が違いますから」と返されたという。 別の機会に、周囲から悠仁さまの教育について助言されたとき、紀子さまは 「私はこれから皇后になる人です。 みなさんにどうこういわれる筋合いではありません」とピシャリ。 「みなさん、平民に……」ともいわれたともいう。 紀子さまは以前、周りから指摘されると、「わかりました。 そのようにいたします」と応じられておられた。 それがこの数年で変わられた。 嫌なことをいわれると、すぐ横を向き、 「舌打ち」されるようになった。 引用: ここまでくると逆に信ぴょう性が低くなるような言動ですね。 ただ一口に厳しいといっても、たとえばですが悪く言えば「きつい・性格が悪い」よく言えば「規律正しい」など、言い方によってだいぶ印象が変わるものでもあります。 紀子さまはきつい性格?雅子さまとの軋轢報道 不仲? いろいろと対照的なお二人。 やがて軋轢やライバル視しあっているなんていう見方をされることも。 紀子さまが雅子さまに「私は病気ではありませんよ」発言。 雅子さまがある会合に出られて、久しぶりに笑顔を見せられていたとき、紀子さまが雅子さまの前で 「私はご病気ではありませんよ」といわれたこともあった。 ライバル意識と言えばそれまでだが、雅子さまからその後、しばらく笑顔が消えた。 引用: ただかと思えば、雅子さまが紀子さまを牽制するような発言があったとも言われます。 順序が違うのではありませんか 平成24年(2012年)2月18日天皇陛下心臓冠動脈バイパス手術は世に大きく伝えられたが、その後のお見舞いを巡って、まともに打診もせずぐずぐずしていた東宮家の雅子が、秋篠宮妃殿下からのお見舞いスケジュール打ち合わせのための打診を知ったときに強い不快を示したと伝えられる台詞。 引用: 果ては、さまざまなメディアでの「雅子さま上げ、紀子さま下げ 逆もまた然り 」は、彼女たちの権力争いの余波ではないかという深読みまで存在します。 紀子さまには悪い噂ばかりではない! 紀子さまの性格について見てみると、上記でご紹介してきたように、きつそうな言動が取り上げられていることがあります。 ただもちろんそれだけではありません。 これまでの歩みや、紀子さまのご両親の教育方法を讃えるもの。 紀子妃は、ご成婚の際、さまざまないわれのないバッシングをお受けになった。 たとえば、学習院の職員宿舎育ちの世間知らずとか、在学中に秋篠宮殿下に近づいて意図的に妊娠したというとんでもないものもありました。 それでも、紀子妃は笑顔を絶やさなかった。 それは男性に守ってもらうためではなく、女性がみずからを守るために必要な笑顔だったと思います。 あのたくましさ、あの覚悟はもっと高く評価されるべきです。 幼い頃や学生時代は少々頼りなく見えた秋篠宮殿下が、あれほどご立派にご公務を果たしているのは、紀子妃の支えあってのことだと思います 紀子妃の父親の川島辰彦教授は、ご成婚の記者会見のとき『自由闊達に育てた。 オールウェイズ・スマイル』と言いましたが、その直後、お母様が『あまり自由過ぎるのもどうかと存じます。 私はある程度の規制を持って育ててまいりました』とおっしゃった。 紀子妃は、ユーモラスなお父様にのびのびと育てられながらも、あのお母様から、徹底的に『妻』としての教育も受けた。 非常に人としてバランスよくお育ちになられたのだと感心しました。 引用: そして紀子さま自身の子供達への教育方針は、固定概念にとらわれずに自由に。 そしてもっとも大切にしていたのは「あいさつと感謝の心」だといいます。 眞子さま然り、秋篠宮家のお子さま方は学業も優秀である。 ところが勉強は、「周りが強要しない」「本人がやる気を見せるまで待つ」、と驚くほどのびのびとした方針を軸に据える。 そう教えてくれたのは、先の髙清水さん。 「両殿下は全てのお子さまに『早期教育』を実践なさっています。 しかし、それはいわゆる英才教育や能力開発ではありません」 秋篠宮家の早期教育。 その柱は、「あいさつ」と「感謝の心」。 この2本柱を身を持ってお子さま方に示す。 なかでも生後数カ月から習慣化させるのは、あいさつである。 悠仁さまがまだ赤ちゃんの頃の話だ。 紀子さまは毎朝、赤ん坊の悠仁さまを抱っこしてまずは、父の秋篠宮さまのところへ、「おはようございます」とあいさつに行く。 お姉さま方、そして水槽の魚や庭の草花と順番に回っていたそうだ。 早期教育の2つ目の柱である、「感謝の心」。 佳子さまが小学校の卒業文集に寄せたある文章を見てみよう。 皇室の方の文書・ニュース等により聞くお話は、いずれも模範的な印象で紀子さまも普段どんな性格をしているのかなというところまでは読み取りづらく、こういったゴシップ的な話が出回るのみでどこまでを信じて良いのか難しいですね。 ただ紀子さまのこれまでの行動を見ていると十分すぎるほどその役割を果たされてきたのではといった印象も受けますし、実際のところはどうであれ、そこまで突っ込む必要もないように思います。 (また日本人の高い関心をひく皇室のお話ということで、メディアの皇室ネタは売上・話題のためといった話も聞きますね…。 ) 今後皇室は天皇陛下の譲位をはじめ変革の時を迎え、秋篠宮家も深く関わっていくものになりそうです。 これからの紀子さまにも注目です。

次の

紀子さまの若い頃がアイドル級に可愛いと話題(画像あり): GOSSIP速報

紀子 さま 若い 頃

紀子さまの生い立ち・学歴は? 紀子さまは、秋篠宮さまと出会われる前は、どのような家庭で育ったのでしょうか。 幼少時代はアメリカで過ごした紀子さま 紀子さまは、1966年(昭和41年)9月11日 に、東京大学の学生であった川嶋辰彦と妻の和代夫妻の長女として静岡県に生まれます。 父親の辰彦さんが、ペンシルベニア大学大学院に留学したのを期に、母親と紀子さまも渡米し、 6歳までアメリカの幼稚園に通います。 紀子さまのお父様は、学生結婚だったのですね。 しかも留学先にちいさなお子様を連れていく大胆さもスゴイです。 ちなみに紀子さまには、川嶋舟(しゅう)さんという弟がいらっしゃいます。 日本に帰国も再び海外へ英語とドイツ語を習得 父親が学習院大学助教授に就任することをきっかけに、紀子さま一家は日本に帰国します。 紀子さま11歳の頃に、再び父親の仕事で、オーストリアで生活することになります。 オーストリアでは、ウィーンのアメリカインターナショナルスクールに通い、そこで英語とドイツ語を習得します。 現在の紀子さまの外交にも、この語学力が役立っているのですね。 同じ皇室に嫁いだ女性の雅子さまとも、よく比較されることがありますね。 そんな二人にプリンセスについては以下に記事で。 紀子さまの若い頃の画像がかわいすぎる!秋篠宮さまとの馴れ初め 大学で出会った秋篠宮さまと紀子さまは、どのように交際しご結婚まで至ったのでしょうか。 その馴れ初めにも迫ってみます。 サークル活動で急接近 大学構内の売店の店員から、「こちらが川嶋教授のお嬢さんです」と紀子さんを紹介された1年先輩の秋篠宮さまは、 自然文化研究会というサークルに紀子さまをお誘いします。 そのサークル活動を通して二人は急激に仲良くなっていきます。 兄の皇太子さまとは違い、自由奔放な秋篠宮さま。 ご友人と、お酒もタバコも楽しみスナックにだって行っちゃいます。 トレードマークの口髭もこのころから、金のブレスレットもしていたそうです(笑) サークル仲間との飲み会に参加した紀子さまは、いつも隅でニコニコと笑って座っていたそうです。 今の紀子さまらしく、素敵な笑顔と控えめな性格だったようですね。 初デートで両陛下に紹介 紀子さまが、叔母といとこと伊豆にホテルへ滞在していた時に、 ちょうど葉山に来ていた秋篠宮さまがフォルクスワーゲンで紀子さまをデートに誘いにきました。 「では、紀子さんをお借りします」と丁寧に挨拶し、紀子さまをドライブに誘い、 三浦半島を散歩中の両陛下に、紀子さまを紹介されたというのです。 ドラマに出てきそうなデートの誘い方ですね。 秋篠宮さまから紀子さまへプロポーズ 6年ほど交際していた頃に、サークル仲間とスナックで楽しんでいた秋篠宮と紀子さま。 紀子さまが先に帰るというので、「送っていくよ。 」と紀子さまとお店を出た秋篠宮さま。 目白駅近くの横断歩道で 信号待ちをしている時に、「私と一緒になってくれませんか?」とプロポーズしたのです。 これまたトレンディドラマみたいですね。 紀子さまは驚きのあまり「よく考えさせていただけませんか?」と即答は避けたそうです。 その後、紀子さまはプロポーズを承諾し、お二人は結婚することになったのです。 皇太子さまと雅子さまの馴れ初めは以下に記事にまとめてありますので、ご覧ください。 3LDKのプリンセス誕生 平成になってからのの初めての慶事とあって、若く初々しい二人のご結婚に国民が祝福しました。 学習院大学教授だったお父様のお仕事の関係で教職員用の3LDKの共同住居に住んでいたことから、 マスコミには 「3LDKのプリンセス」「一般家庭から誕生した現代のシンデレラ」と名付けられました。 そのかわいらしい容姿と、一般家庭出身の親しみやすさから、「紀子さまブーム」が巻き起こったほどです。 それから、29年たち将来の天皇のお子を産む重役を果たし、ご夫婦仲良く過ごされています。 まとめ 一般家庭出身と言われていながら、お父様は学習院大学の教授で、幼少期を海外で過ごした紀子さまは、十分、育ちの良いお嬢様の経歴でした。 そして学生時代は弱い立場の人に寄り添う活動をなさるなど、皇室にふさわしい女性であることがわかりました。 これからも、将来の天皇である、夫と息子を支えながら紀子さまスマイルで精力的にご公務をこなしてくれることでしょう。

次の