ご 不便 を おかけ し ます。 ローソン社長「色々なご不便をおかけしてしまっている」 PB新パッケージを一部変更へ: ついバズあんてな

「ご不便をおかけしますが」の意味とビジネスでの使い方、類語、英語表現

ご 不便 を おかけ し ます

ローソン社長、PB新パッケージを一部変更へ 賛否の声に「公共性あるコンビニとして解決していく」 ローソンの竹増貞信社長が6月9日夜、ハフポストのライブ番組「ハフライブ」に出演。 賛否両論が起きていた同社PB(プライベートブランド)商品の新しいパッケージデザインについて、「お店で選びにくかったり探しにくかったり、色々なご不便やお手数をおかけしてしまっている」とコメントした。 「お客さんのニーズや価値観に寄り添いながらお客さんとつくっていくのがPBだ」として、「NATTO」などのローマ字で書かれ、分かりにくいとされていた「納豆」や「豆腐」を始めとした一部商品のパッケージを早くても7月には変更する方針を明らかにした。 三菱商事出身で、ローソン副社長から2016年に昇格した竹増氏。 6月9日夜、ハフポスト日本版がTwitter上で配信しているライブ番組「ハフライブ」に出演し、反響は想像以上だったと語る。 「注目いただいていることに感謝を申し上げたいと思います」と述べ、批判があがっている点について、「お店で選びにくかったり探しにくかったり、色々なご不便やお手数をおかけしてしまっている。 そのあたりは真摯に反省し、次に活かさなくてはいけないと思っています」とコメントした。 さらに、竹増氏は「意見を真摯に正面から受けて、そうした意見とともにPBを作り上げていきたい」とした。 竹増氏によると、この間も店舗に直接足を運び、高齢者ら様々なお客さんの話を聞いた。 さらに店舗のスタッフやネットの声などの意見もふまえ、デザインを改良していくという。

次の

輸入家電のジンアンドマリー株式会社

ご 不便 を おかけ し ます

「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 過去に起こったことについての謝罪文のビジネスメールに使われます。 「多大な」の意味は「数や量が非常に大きいさま」なので、この文例は、他の謝罪文よりもよりいっそう深く謝罪する場合に用います。 前述のように「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 「大変な」と「深く」という言葉を入れることで、よりいっそう強く謝罪する姿勢を示すフレーズです。 この言い回しは、起こったトラブルについて、相手側がこうむった心労や心配に言及して、謝罪するフレーズです。 「お手数」とは、「他人や相手にかけさせた面倒や手続きの数」のことで、「この度はお手数を煩わせまして申し訳ありませんでした」とは、相手に賭けた面倒なことの多さについての謝罪なのです。 「ご面倒」とは、「お手数」と同じで相手に対して賭けたトラブルについて言及する言葉です。 このフレーズはクレーム処理に使われることが多く、「この度はわたくしどもの手違いから、不都合が生じましたことを深くお詫び申し上げます」という使い方をすることが多いです。 このフレーズは「ご不便をおかけします」という言葉が、「ご理解ください」「ご了承ください」といった言葉とセットで使われることが多い言い回しで、工事現場などでよく見かける表現です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」に似た間違いフレーズは? 間違いフレーズ「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」というフレーズは、よく使っているのを目にしますが、実は間違いです。 「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのが最適なので、まだ何も起こっていない段階で使うのは間違いなのです。 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」の正しい言い回し まだ不利益が生じていないので、「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」という言い方は間違いです。 「ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します」とか、「不利益を生じさせてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します」という言い方であれば適切なフレーズになります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のご迷惑の意味と類語は? 「ご迷惑」は「迷惑」を丁寧に表現した言い回し 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「ご迷惑」とは、「迷惑」という名詞に「ご」をつけて、丁寧に言い回しにしたものです。 漢字では、「御迷惑」と書きます。 単語の頭につくことで丁寧な言い回しに変える「御」という漢字は、「オン」と読むことも多いのですが、「迷惑」という言葉につく時には「ゴ」と読みます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「迷惑」という言葉の意味 「迷惑」の意味は、「人のしたことに困ったり、不快になったりすることや、そんな有様のこと」「困ること」「どうしていいか迷うこと」です。 「迷惑」という漢字をそのまま分析すると、「迷ったり戸惑ったりすること」となります。 簡単に言うと「トラブル」こそ「迷惑」の意味そのままです。 「困難」という言葉の意味は、「不幸なもしくは苦痛な状態」や「よい結果を出すのにトラブルとなる要因、あるいは悪い結果になってしまう要因」などを指します。 「困難な状況」イコール「相手に迷惑をかけた状況」として、謝罪文を書くことがあります。 「手数」という言葉は「てすう」とも「てかず」とも読みます。 「面倒な手続きや努力などの数のこと」を「手数」といい、相手に面倒をかけることを「お手数をおかけしますが」と表現します。 ご面倒をおかけいたしますという言い方によく使われるこの単語は、「煩わしさ」や「大変さ」など、「対処することが難しい」ことを指します。 「厄介」という言葉の意味は「煩わしいこと」または「難しい懸念」です。 「ご厄介になります」という言い回しは、人に面倒を見てもらったり、あるいは新しいグループに入るときに誓ったりするフレーズです。 「不快で不便でなこと」や「悪い方へ変化する出来事や事態」「面倒な努力」の意味を持つのが「不都合」という言葉です。 「不都合なことがありましたら、お知らせください」という言い回しがよく使われます。 」 謝罪の英語表現の1つ目は「I'm sorry for troubling you. 」です。 「I'm sorry for troubling you. 」の意味は「ご迷惑をおかけします」とか、「お手数を煩わせてすみません」です。 英語の関連記事がほかにもありますので、合わせてお読みください。 「I sincerely apologize for the inconvenience I have caused. 」といえば、「私が起こしましたことで、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」という意味です。 「I deeply apologize for having troubled you」という文の意味は、「大変なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」です。 「apologize」は、英語で謝罪の敬語にあたります。 たとえば「Please accept our apologies for the trouble this matter」の文章は、「この件で、大変ご迷惑をおかけしたお詫びを、どうか受け入れてください」という意味になります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」以外の謝罪文例は? 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪の言葉 前述のように、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪をする場合の典型的なフレーズで、日常的にもビジネスメールでも頻繁に使われる言葉です。 日本語の文章では謝罪に使われる言い回しはとても多いですが、簡単な謝罪と難しい表現の謝罪があります。 堅苦しい言い方である「陳謝」ですが、「陳謝」とは「欠点、短所または失敗を認めること」や「誰かに困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」という意味があります。 「お詫び」とは「困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」のことです。 たとえば「詫び状」とは昔から、謝罪のために書く手紙のことを言います。 「お詫びいたします」という謝罪の表現もあります。 「弁解」とは「謝罪することによって防御や説明をしたりする行為のこと」です。 また「謝罪や言い訳をすることによって事態を修復して片づけること」という意味もあります。 「ご容赦ください」というフレーズは、「どうか勘弁してください」という意味があります。 「ご了承ください」とは全く違う言葉なので混同しないように注意したい表現です。 政治家の言い訳としてよく聞くこのフレーズは、「私の人格に徳がなかったせいで事態が起こりました」というニュアンスがあります。 ほかにも謙譲語の記事がありますので、合わせてお読みください。 「ご迷惑」の使い方はぜひ身に付けたい!謝罪が上手な日本人 日本のビジネスメールには、例えば英語のビジネスメールに比べると、格段に謝罪を意味するフレーズの言葉が多いです。 また普段から、たいしたことではなくても「すみません」とか「ごめん下さい」といった、「謝罪の意味」のある言葉をお互いにかけ、敬語にも気を遣う姿勢は日本人の日常生活に浸透しています。 このように、日本人は比較的謝ることが好きな民族といえます。 言い換えれば、謝罪や感謝の言葉を頻繁に使うことによって、人の集団の人間関係が円滑に回るようなシステムを、日本語は持っているのです。 いわば相手に対する配慮の言葉として、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズは使われているのです。 なので、ビジネスメールに精通したいと願っておられる方は、いろいろな謝罪の言葉をたくさん知っておくといいと思います。 普段から謝罪の言葉になれていると、ビジネスメールを書く時だけではなく、ビジネスのいろいろなシーンでも、必ず役に立つはずです。 言葉というものは、仕事を順調に進めるのに不可欠なものなのです。

次の

ローソン社長「色々なご不便をおかけしてしまっている」 PB新パッケージを一部変更へ: ついバズあんてな

ご 不便 を おかけ し ます

「ご不便をおかけしますが」の意味 「不便をかける」は正しい日本語 「不便をかける」は正しくない日本語なのではないか、という議論がネットなどで存在します。 「迷惑をかける」「苦労をかける」などとは使うが、「不便」に対して「かける」を使うのは不適切ではないか?という議論です。 結論から言うと、 「不便をかける」は正しい日本語です。 「不便」を広辞苑で調べるても、「不便をかける」という例文が出てきます。 「不便をかける」の「かける」は「掛ける」と書き「好ましくないことを及ぼす」の意 「不便をかける」の「かける」は、「 好ましくないことを相手に与える、不都合なことを相手に及ぼすこと」です。 「かける」は漢字だと「掛ける」と書きます。 「苦労をかける」「迷惑をかける」などと使われています。 「不便」は「便利ではないこと、支障をきたすこと」を意味します。 不便なことも相手にとっては好ましくないです。 よって、「不便をかける」は正しい表現になります。 「ご不便をおかけする」も正しい敬語 「ご不便をおかけする」という敬語はどうでしょうか? 「ご不便」の接頭語「ご」は 丁寧語です。 「不便」をただ丁寧に言い表しているだけです。 「おかけする」の「お」は 謙譲語です。 自分の動作をへりくだっていうことで、その動作の対象である他人に敬意を示しています。 丁寧語と謙譲語は違う種類の敬語なので、二重敬語にはあたりません。 したがって、「ご不便をおかけする」も正しい敬語表現になります。 「ご不便をおかけしますが」の使い方 ビジネスシーンで使う「ご不便をおかけしますが」のフレーズは、ほとんどの場合、 ・不便をかけていることへの謝罪・お詫び ・不便をかけるいることへの理解を求める の2通りの言い回しになります。 下記に紹介する5つの例文は、前半の3文が謝罪するフレーズ、後半の2文が理解を求めるフレーズになっています。 ご不便をおかけして申し訳ございません 「ご不便をおかけして申し訳ございません」は「 ご不便をかけてしまい、弁解の余地もない」という意味です。 謝罪の気持ちを述べる場合に使う言い回しです。 例えば、工事で道路が使えないときに、「ご不便をおかけして申し訳ございません」と謝罪することができます。 他にも、あるサービスが改善して、今までよりも便利に使えるようになった場合に「今までご不便をおかけして申し訳ございません」などと言います。 「申し訳ございません」とただ謝るよりも、「ご不便をおかけして」と入れる方が丁寧な表現となります。 ご不便をおかけしますがご容赦くださいませ 「ご容赦」は「 ごようしゃ」と読みます。 「容赦」は「相手の間違いを許す」という意味です。 「ご容赦ください」は「ミスを大目にみてください、許してください」という意味になります。 「ご容赦」を使うことで、申し訳なく思っていることを表現できます。 「ご不便をおかけしますがご容赦くださいませ」は「 不便をおかけしますが、大目にみてください」ということを表します。 「ご容赦くださいませ」は相手への謝罪だけではなく、理解を求める意味合いも含まれます。 ご不便をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます 「ご不便をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」は、 不便をかけてしまったことを謝る言い回しです。 自分のミスで相手に迷惑をかけてしまったり、損害を与えてしまった場合に使うのが適します。 「お詫び申し上げます」は「お詫びします」の謙譲表現なので、より丁寧な表現となります。 不便をかける理由を述べた後に、「お詫び申し上げます」と述べます。 「お詫び申し上げます」でも丁寧ですが「心より」「心から」をつけることで、お詫びの気持ちを強めることができます。 丁寧な表現のため、ビジネスシーンにおいてよく使われます。 ご不便をおかけしますがご了承くださいますようお願い申し上げます 「ご了承」という言葉がセットでよく使われます。 「了承」は「理解していただき、受け入れる」という意味です。 「ご了承ください」とすると、「理解して受け入れてください」と 相手に納得を求める言い方となります。 例えば、道路工事のため、道が使えなくなることをお詫びする場合に「工事期間中、ご不便をおかけしますがご了承くださいますようお願い申し上げます」などと使います。 これは「道が使えなくなり不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします」という意味です。 このように「ご了承ください」は、相手にお願いをする場合に使う表現となります。 ご不便をおかけすると存じますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします 「ご理解」も「ご不便」とセットで使われることが多い言葉です。 「ご理解」は「相手が思っていることや立場を察すること」を意味します。 「ご理解の程よろしくお願いいたします」だったら「わかってくださいますようお願いします」という意味になります。 「ご不便をおかけすると存じますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします」は「不便をおかけするとは思いますが、わかってもらえますようお願いします」という意味です。 例えば、「工事を実施するため騒音などご不便をおかけすると存じますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします」などと言います。 このように、 相手にお願いする場合に使う表現となります。 「ご不便をおかけしますが」の場面別の例文集 不便について謝罪する場面の例文 ・この度は当方の不手際によりご不便をおかけして、大変申し訳ございませんでした。 ・先日お送りした資料に一部間違いがありました。 ご不便をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。 ・この度はこちらの落ち度により、ご報告が遅くなってしまいました。 ご不便をおかけして申し訳ございません。 ・今のところ復旧の見通しが立っていません。 ご不便をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。 ・ご返事が遅くなってしまいました。 ご不便をおかけして大変申し訳ございません。 ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ご不便をおかけするかと存じますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。 ・ビルの建設に伴い、工事を実施いたします。 ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。 ・メンテナンス中は一部サービスがご利用いただけなくなります。 ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。 ご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。 不便をかけることを謝罪しつつ、何かを依頼・お願いする場面 ・こちらの手違いによって、本日お送りする予定だった品物が遅れております。 ご不便をおかけしますがご容赦くださいませ。 ・資料をご用意いただけますでしょうか。 ご不便をおかけするかと存じますが、よろしくお願い申し上げます。 ・当日は公共交通機関でのご来場をお願い申し上げます。 ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。 ・ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、アプリのメンテナンスを実行いたします。 メンテナンスが終了後、アップデートの実行をお願い申し上げます。 長らくご不便をおかけいたしましたが、今後ともよろしくお願い申し上げます。 ・ご利用いただけるクレジットカードの数を増やしましたので、今後はご不便をおかけすることが少なくなると思います。 ・改装工事のため休業させていただきましたが、来週より営業再開いたします。 ご不便をおかけしていましたが、今後とも変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 ・システム不備のためお客様にはご不便をおかけいたしましたが、復旧作業が完了いたしました。 ・工事のためご不便をおかけしておりましたが、来週より新店舗がオープンいたしますのでよろしくお願い申し上げます。 「ご不便」の類語 ご迷惑 「ご迷惑」は「 相手が不利益を受けたり、不快感を感じたりすること」を意味します。 「ご迷惑をおかけしますが」という言い回しが使われます。 例えば、相手に資料の作成を依頼する場合に「ご迷惑をおかけしますが、資料の作成をよろしくお願いいたします」と言います。 これは「相手に不利益が生じることは理解している上で、依頼をしていること」になります。 ただ、場合によっては失礼に当たる可能性があるので他の言葉に言い換えるのが無難です。 依頼だけではなく、謝罪をするときにも使えます。 自分のミスで相手に不利益を生じさせてしまったら「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝ることができます。 例文 ・この度は当方の不手際により大変ご迷惑をおかけいたしました。 誠に申し訳ありません。 ・システム不備のため、一部のサービスがご利用いただけません。 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。 お手数 「お手数」は「 おてすう」と読みます。 「お手数」は「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」という意味です。 「お手数をおかけいたしますが」といった言い回しが使われます。 「お手数」には申し訳なく思っているだけではなく、もし検討していただけるとありがたいと、感謝の気持ちも含まれています。 例文 ・お手数をおかけいたしますが、今週中までにご返信いただければ幸いです。 ・先日の件についていくつかお聞きしたいことがあります。 大変お手数をおかけしますが、明日お伺いしてもよろしいでしょうか。 お手間 「お手間」は「 ある物事に使う時間や労力」を意味します。 「お手間を取らせる」というフレーズが多く使われます。 「お手間を取らせる」は「相手がある物事や自分のために時間や労力を費やしてくれること」を表します。 例えば、何かをお願いする場合に、「お手間を取らせてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」と言えます。 これは「自分のためにお時間を取らせてもらって申し訳ない」とお詫びする気持ちが含まれます。 例文 ・お手間を取らせてしまい誠に申し訳ありませんが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・先日はお忙しいにもかかわらず、お手間を取らせていただき申し訳ありませんでした。 ご不都合 「ご都合」は「 物事を行う上での事情や、具合の悪いこと」を意味します。 「ご都合」は相手に日程を確認する場合や、スケジュールの調整を行う場合に使う表現です。 例えば、会議の日程を決めたい場合に「会議を開催するにあたって、皆様のご都合をお聞かせください」といったように使います。 「ご都合はいかがでしょうか」というフレーズもよく使われます。 自分が提案した日程でよいかどうか尋ねる場合に使う表現となります。 「都合がよろしい日を〜」「都合がつく」などと言うよりも、丁寧語の「ご」をつけた「ご都合」を使うことで相手に対して失礼のない言い方となります。 ご都合はいかがでしょうか。 ・新しい企画についての打ち合わせを行いたいと思っています。 ご都合のよろしい日時をお聞かせください。 差し支え 「差し支え」は「 さしつかえ」と読みます。 「差し支え」は「 物事を行う上で都合の悪い事情」を意味します。 「差し支えなければ」という言い回しがよく使われます。 これは「事情が悪くなければ、都合が悪くなければ」という意味です。 相手に依頼する場合に使う表現で、お願いしたことが相手にとって都合の悪いものでなければ、と定めた上で依頼しています。 ただ依頼するのではなく、「都合が悪かったら断っても構いません」という相手に選択の余地を与えます。 「差し支えなければ」はクッション言葉として用います。 お願いをするときに「差し支えなければ」をつけることによって、印象を柔らかくすることができます。 例文 ・企画の内容について、差し支えなければ前もって詳細をお聞きしたいのですがよろしいですか。 ・ご相談したいことがあります。 差し支えなければ、この後少しお時間いただいてもよろしいですか。

次の