大阪 コロナ ウイルス。 阪大が三つのワクチン開発を手がける理由 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

阪大が三つのワクチン開発を手がける理由 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大阪 コロナ ウイルス

2019年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が世界各地で多数報告されており、日本国内でも関連する患者の発生が報告されています。 市民の方におかれては、新型コロナウイルスに限らず、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行ってください。 特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方、妊婦の方については、人混みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防を心がけてください。 新型コロナウイルス感染症はウイルス性の風邪の一種です。 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 そのような症状が出た場合は、を参考に「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」にご相談、医療機関への受診をお願いします。 また、大阪市では、「」に参画し、大阪府や関係機関と情報共有するとともに、医療機関等と連携し、感染防止に向けて、全力で取り組んでまいります。 国内では、散発的に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。 この段階では、濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。 今重要なのは、今後の国内での感染の拡大を最小限に抑えるため、 小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことの防止です。 このように、集団感染の共通点は、特に、 「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 (注)以下啓発資料について、配布や媒体掲載など、使用可能です。 掲載の場合は『出典:首相官邸HPより』を記載してください。 会社・学校や人の集まる場所での掲示、周知など、用途に限らずご自由にダウンロード・印刷してお使いください。 (加工・改変等はおやめください) 次の症状がある方は、新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていましたが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 今回新たに報告された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)については、まだ未知の部分が多くありますが、発熱やのどの痛み、咳が長引くことが多く、強いだるさが特徴で、重症化すると肺炎を起こすと考えられています。 また特に高齢者や基礎疾患のある方等は重症化しやすい可能性が考えられています。 詳しくはをご参照ください。 高齢者施設や不特定多数が利用する施設内での消毒について下記のように推奨されています。 患者が発生した際、大がかりな消毒は不要であるが、長時間の滞在が認められた場所においては、換気をし、患者周囲の高頻度接触部位などはアルコールあるいは0. 急性の下痢症状などでトイレが汚れた場合は、その都度清拭する。 症状のない濃厚接触者の接触物等に対する消毒は不要である。 【注意】次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は性質が異なります。 取り扱いが異なりますのでご注意ください。 日本時間3月9日午前0時以降に中華人民共和国又は大韓民国、3月21日午前0時以降にヨーロッパ諸国又はエジプト、3月26日午前0時以降に米国、3月28日午前0時以降にインドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、イスラエル、カタール、コンゴ民主共和国、バーレーンを出発され日本に到着する航空機及び日本の港に入港する船舶に乗って来られた方、又はそれ以外の全ての国・地域を出発された方で、4月3日0時以降に日本に到着する航空機及び日本の港に入港する船舶に乗って来られた方には、 検疫法での隔離・停留が必要な場合のほか、検疫所長が指定する場所(自宅等)において14日間の待機をお願いすることとなります。 また、 御自宅等へは公共交通機関を使わず、ご家族やお勤めの会社等による送迎でのお帰りをお願いすることとなります。 そのような状況を踏まえたうえで、渡航、帰国を検討いただくよう御願いします。 (参考) 【病院・診療所】 大阪市に割り当てられたマスクについて、地区医師会のご協力を得ながら、市内の病院・診療所に対してマスクを配布しています。 <1回目 令和2年4月上旬> ・病院 各400枚 ・診療所 各50枚 <2回目 令和2年5月上旬> ・病院 各250枚 ・診療所 各50枚 【歯科医院・薬局・訪問看護ステーション】 大阪市に割り当てられたマスクについて、地区歯科医師会、地区薬剤師会、大阪府訪問看護ステーション協会のご協力を得ながら、市内の歯科医院・薬局・訪問看護ステーションに対してマスクを配布しています。 <1回目 令和2年4月下旬> ・歯科医院 各50枚 ・薬局 各50枚 ・訪問看護ステーション 各50枚 NEW!! <2回目 令和2年5月下旬> ・歯科医院 各50枚 ・薬局 各50枚 ・訪問看護ステーション 各50枚 <配布方法> 医療機関所在区の区ごとに配布 <問い合わせ> ・大阪市保健所感染症対策課 06-6647-1006 ・各区保健福祉センター 各区の局番+9882.

次の

【新型コロナウイルス】大阪府が5日連続でコロナ感染者ゼロの意外な理由|日刊ゲンダイDIGITAL

大阪 コロナ ウイルス

大阪府では10日、新たに男女18人の新型コロナウイルス感染者が確認され、計73人となった。 うち少なくとも6人は大阪市内のライブハウスで開かれたイベントに参加。 府内の複数のライブハウスで小規模な感染者集団「クラスター」が発生し、全国各地から訪れた人へと感染が拡大した最大の要因は何だったのか。 ライブハウス「Arc」でクラスターが発生したのは先月15、16日。 窓のない会場に100人を超える観客が訪れ、身動きも取れないほどにぎわっていたという。 大阪市保健所も「閉鎖された空間に大人数が集まり、ライブなので声も発していたと思われる。 今、専門家会議などで一番危険といわれている状況だったのだろう」と推測する。 ライブハウスは音漏れ防止などのため、気密性が高いところが多い。 重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時には「スーパースプレッダー」と呼ばれる多くの人への感染源となった患者の存在が指摘されたが、新型コロナでは、一部で疑わしい事例はあるものの、感染者の8割は他人に感染させていないという厚労省のデータも示された。 保健所も「はっきりとは分からないが、うつす人、うつさない人の個人差もあるし、感染した側の免疫力の問題もあるのでは」とみている。 大阪のライブハウスだけに感染を拡大する原因があるわけでもない。 ある医療関係者は「たまたま大阪のライブハウスに行った人の中に、症状がひどくなった人が出た。 それでPCR検査を受けて陽性と判明し、行動が洗い出されて、ライブハウスに行ったことが判明。 参加者を調べたら、どんどん出てきたということ。 ライブハウスの形状は全国でそう大差はなく、無症状でPCR検査を受けていないだけで、どこでも起きている可能性がある」と指摘する。

次の

阪大が三つのワクチン開発を手がける理由 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大阪 コロナ ウイルス

緊急事態宣言が解除されても収束しないコロナ禍。 5日の東京都の新たな感染者は20人で、5日連続の2ケタ台だった。 一方、大阪府の感染者は5日連続でゼロ。 この2週間を見ても大阪の感染者はわずか2人だけだった。 東京の感染者はホストクラブなど夜の街の接待を伴う飲食業の従業員と客が約3割を占め、ここ1週間で感染が確認されたホストは十数人に上るという。 あるホストは、客に入れてもらったシャンパンをラッパ飲みし、さらにホスト同士で回し飲みして感染が広がった。 東京の人口は大阪の約1. 5倍強とはいえ、この差は何なのか。 どうして大阪は感染者ゼロが続いているのか。 大阪・ミナミで4店舗を展開する大手ホストクラブの従業員がこう明かす。

次の