白血球 少ない 精密 検査。 白血球数:病院で受ける検査事典:日経Gooday(グッデイ)

血小板数(PLT)が多い?少ない?PLTを基準値に戻す方法!

白血球 少ない 精密 検査

倦怠感• 月経過多• 傷の治りが悪くなったり化膿しやすくなる• 感染症に罹りやすくなる 普段から自分の体調を気にしておかないと気づきにくい症状が多いので、健康診断や、感染症になって医療機関を受診した際に、初めて白血球減少症であることに気づくという方が多いです。 白血球減少症の原因 白血球減少症の原因は、 薬剤によるもの、疾患によるもの、更にストレスによるものの3パターンがあります。 薬剤による白血球減少症 白血球減少症の原因として多いのが、薬剤の接種や服用によるものです。 特に 「無顆粒球症」は、そのほとんどが薬剤によって引き起こされます。 原因となる薬剤には、抗がん剤や糖尿病薬、抗甲状腺薬、抗痙攣薬、抗ヒスタミン薬、精神安定剤の他、抗生物質や消炎鎮痛剤、降圧薬など、市販されている薬剤や漢方薬も含まれます。 疾患による白血球減少症 骨髄腫や白血病、再生不良性貧血などを患っていると、白血球数が減少します。 また、感染症や膠原病などの免疫疾患になった場合も、白血球数が減少します。 ストレスによる白血球減少症 長期間にわたりストレスを感じることで、白血球が減少することもあります。 ただ、 白血球減少症と呼ばれるほど著しく数値が低下することはあまりないようです。 白血球減少症になったら気を付けること 白血球減少症になったら、免疫力が低下しているので、 細菌が体内に侵入することを防ぐことが肝心です。 そのためには、以下のような対策法を行うことをおすすめします。 マスクを必ず着用し、病気に罹っている人との接触はできるだけ避ける• こまめな手洗い・うがいを心掛け、うがいは含嗽液を使用する• 皮膚や衣類のを清潔に保ち、室内の清掃を徹底する• 調理後はできるだけ早く食事を摂り、生ものは食べない• カミソリの使用など、体に傷を作ってしまうような行為は避ける• 虫歯がある場合は、早めに治療する ただ、これらの対策をしていても、感染症に罹ることはあります。 もし、 のどの痛みや発熱、倦怠感などがあり、感染症に罹った疑いがある場合は、早急に医療機関にかかり、治療を行うようにしましょう。 また、日頃から体温を測定し、異常にすぐに気づけるようにしておくことも大切です。 健康な時に比べて、一般的な感染症でも病状が早く進行し、重症化してしまうこともあります。 しっかり予防をして、医師の指示通りに行動するようにしましょう。 白血球減少症の治療法 薬剤性の白血球減少症の場合は、 原因となっている薬剤の接種や服用を中止します。 また、疾患が原因となっている場合は、その疾患を治療することが大事です。 また、抗がん剤の使用や血液の病気などが原因で白血球数が減少している場合は、 グラン注射液を使って白血球を増やすこともあります。 いずれも、個人でできる治療はないので、医療機関を受診し、医師による治療を受けることになります。 白血球数が少ない場合は再検査を! ストレスや感染症が原因で白血球数が減る人もいますが、中には白血病など、早く治療に取り掛かるべき病気が隠れていることもあります。 再検査を受ければ、その数値が一時的なものなのか、慢性的なものなのか確かめることが可能です。 白血球数が基準値より少なかったら、まずは医療機関を受診し、再検査を受けるようにしましょう。

次の

白血球数が少ないとどうなるのか?

白血球 少ない 精密 検査

先日、半日ドッグを受けてきたのですが、白血球が基準値より少なく、 「要精密検査」という結果が返ってきました。 基準値内ではない=良い状態ではないんだろうなぁ~とは思うのですが、 本人に自覚症状がなく、先生からも、まぁ受けといた方がいいとは思うけど~という雰囲気の ゆるい感じの指摘だったので、 わざわざ受けに行くのも 時間・お金がかかるし、逆に風邪をもらってきそうだな~と躊躇して先延ばしにしてしまっている状態です。 白血球が少ない(2100)と何か病気の兆しがあるのでしょうか? ちなみに。 昔の血液検査の数値を見てみると(働いていた時のものなのでもう10年ほど前ですが) 4600と、少なめながらも一応基準値は満たしていました。 (なので、生まれつき低いというわけではないようです) 宜しくお願いします。 Q 健康診断で白血球数が少ないと診断されました。 今回初めてではなく、2回目です。 そのクリニックでは、正常値が3300~9000とされています。 2008年 2500 2009年 4000(正常) 2010年 2700 現在28歳、女、喫煙せず。 食事は1日3食きちんと。 営業職です(内勤より歩いているはず…)。 2008年に念の為病院で再検査しましたが、 「細菌が入ってきた時に増えれば問題ない」と、血液検査以外は何もせずでした。 類似の質問を見たり、検索したりしたのですがしっくりくるものがなく… 気にせずにいようと思うのですが、どこかで気になってしまって質問させていただきました。 このまま気にせず経過を見ていれば良いでしょうか? また、原因・増やす方法はあるのでしょうか? お手数ですがよろしくお願い致します。 Q 先日、会社の健康診断の結果、白血球数が通常3200~8500のところ、 2400という数値が出て、再検査と書かれていました。 昨年は、5400、一昨年も5800という標準値でしたので少し不安です。 この1年、妊娠・出産を経験し、4月から仕事に復帰して また7月下旬の暑い時期だったということもあり、 元気だと思っていましたが、子育てによる睡眠不足、 仕事の疲れなどがあったのでしょうか。 それとも違う病気なのか、不安です。 仕事を休んでまで、至急再検査に行った方がいいでしょうか。 ネットでも検索しましたが、同じような症状が 見つからなくて・・。 似たような症状があった方、アドバイスいただければ有難いです。 Q 旦那の話なのですが、会社の健康診断の結果、 白血球の数が去年に比べて倍近く増加していて、3ヵ月後に再検査が必要とのことでした。 (去年:5,400、今年:11,900) 検査の時、特に風邪など体調が悪いことはありませんでした。 また、この時の尿検査の結果で潜血も引っかかりました。 こちらは、軽度異常で日常生活には問題なし、来年また経過を見ましょう・・というものでした。 何かで、白血病の影響で血尿が出ることがあると読みました。 検査結果では、3ヶ月後とのことですが、もっと早くちゃんと検査をした方が良いのでしょうか? ・・無知な為、白血球増加=白血病 と結びついてしまい、不安です。 どなたか詳しい方、アドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 3ヵ月後の再検診で十分であると考えます。 白血球というのは、感染防御のための細胞です。 つまりからだの中にばい菌が入ってくると、これをやっつけるために増加します。 たとえば、転んでひざ小僧をすりむくと、化膿していなくても多少なりとも傷口からばい菌が入るため、15,000ぐらいまではすぐに増加します。 私はご主人を診察したわけではないので、ご主人の白血球が増加した原因はわかりませんが、健康診断を行った医師が、3ヵ月後に再検査を行うのが適当である。 と判断したとしたら、 それは白血病の可能性は少なく、本人も気がついていないような小さな外傷による可能性が高いので、その傷が治りその傷による白血球数の増加の影響がなくなった頃に再検査を行って、他の病気の可能性がないことを確認しよう。 と考えたものと思われます。 さほど心配する必要はないと思います。 Q できれば医療従事者もしくは経験者の方にお伺いしたいです。 私は現在、悪性リンパ腫で抗がん剤治療をしています。 他にも料理をしてても包丁で手を切ったら…とか。 慎重に生活するにこしたことはないかもしれませんが、 不安ばかりでも辛いのでどなたかに(個人の主観でも) 伺ってみたいと思いました。 よろしくお願いします。 できれば医療従事者もしくは経験者の方にお伺いしたいです。 私は現在、悪性リンパ腫で抗がん剤治療をしています。 A ベストアンサー こんばんは。 呼吸器内科医です。 血液疾患は専門外ですが、抗癌剤は使用しているので…。 まず、血液検査のWBCが白血球です。 その下か近くに、好中球(SEG、SEGMENT、NEU と略語になっているかも)の項目(単位は%です)はないでしょうか? これが好中球という細菌と戦う血球です。 (No. 1の方がコメントしている顆粒球とほぼ同じと考えてください。 5)で計算できます。 しかし、その時は主治医の先生から「低いです」と言われて具体的な指示があると思います。 ここからは、私の主観ですが、血液検査での白血球数を感覚的に表現すると、 (抗癌剤を使用している患者さんという前提です) 白血球数が、 3000あれば十分、 2000~3000はちょっと低目かな?でも大丈夫 2000以下では少し気をつけて、生ものなどを食べないようにしてもらう 1000以下でG-CSFの注射(好中球を増やす)を考慮する ってとこでしょうかね。 あと重要なことは、熱がでたら、すぐ病院を受診して下さいね。 お大事にして下さい。 ちなみにNo. 2の方のコメント中の「ケモセラピー」(化学療法)は抗癌剤治療のことです。 こんばんは。 呼吸器内科医です。 血液疾患は専門外ですが、抗癌剤は使用しているので…。 まず、血液検査のWBCが白血球です。 その下か近くに、好中球(SEG、SEGMENT、NEU と略語になっているかも)の項目(単位は%です)はないでしょうか? これが好中球という細菌と戦う血球です。 (No. 1の方がコメントしている顆粒球とほぼ同じと考えてください。 5)で計算できます。 しかし、その時は主治医の先生から... A ベストアンサー 端的にいえば(はっきりとはいえない)だと思います。 今わかっているデータではあまりにも一般的なデータ過ぎます。 MCV:109、NEUT:82. 6、リンパ球:11. 9 このうちNEUTは好中球のことだと思います。 通常の比率は好中球:リンパ球は50:40です。 これに対して現在の状況は好中球が多いですね。 MCVは赤血球の体積です。 特に問題なさそうです。 その中で一般的によく知られているのは白血球がたくさん増殖するものです。 さらに白血球の分化のいろんな段階で問題が起こると、それぞれの段階の未熟な白血球が増加します。 (ただし慢性白血病ではすべての段階のものが増加します)その結果、正常な血球の増殖が抑制されて、貧血とか出血傾向になるのです。 また、白血球はストレスとかによっても大きく変化します。 軽い風邪にかかっても、すぐに一万は超えます。 これらのことから、ひとまず経過観察が対処としておおいのです。 ただ、詳しく採血検査しても、結果が出るまでに長くかかる検査だったりして、結局は1週間後に再検査、がもっとも適当という風になるのではないでしょうか。 しかし、心配ならば結局は残りのデータ確認が、精神衛生的にも重要だと思います。 健康に気をつける人で大病になる人は少ないといわれていますし、病院にかかって、白血病そ否定する検査をしてもらってはいかがでしょうか。 端的にいえば(はっきりとはいえない)だと思います。 今わかっているデータではあまりにも一般的なデータ過ぎます。 MCV:109、NEUT:82. 6、リンパ球:11. 9 このうちNEUTは好中球のことだと思います。 通常の比率は好中球:リンパ球は50:40です。 これに対して現在の状況は好中球が多いですね。 MCVは赤血球の体積です。 特に問題なさそうです。 その中で一般的によく知られているのは白血球がたくさん増殖するもので... Q 30代の主婦です。 先日受けた健康診断の結果が昨日送られてきました。 結果は胃の精密検査を受けてくださいというものでした。 まさか私が!という思いと様々な不安がよぎり昨日は食事も喉を通らずあまり眠ることもできませんでした。 主人からは「精密検査を受けて悪い結果だったら落ち込めば?」と言われ、それはまぁそうなんでしょうが心配性の私はもうどうやって1週間後の検査の日まで過ごせばいいのかわかりません。 かわいい子供達の顔を見ると涙まで出てきてしまいます。 でも今朝、もしこれが子供や主人だったらと考えたらその方がもっと辛かっただろうと思い、私で良かったんだと思ったら少しだけ気が楽になりました。 でもこんなに精密検査を受ける前から泣きたいくらい悩んでしまう私っておかしいんでしょうか?心配しすぎだとは自分でも思います。 皆様は「要精密検査」と言われたら、どんなキモチになりますか?またどうやって検査結果の出る日まで過ごしますか? 経験談でもそうでなくても構いませんので、皆様のお話が聞きたいです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私の場合は病院へ行く or 検査する・・即入院・・というものばかりで 今まで10回以上も過労で倒れ、また事故でも入院して、トータルでは 5年位は入院治療や養生したと思います。 突然の心臓発作から 心停止も経験してますし、事故で三途の川も見ました。 (あれは夢?) 中には後数秒遅れてたら・・と言うのもありましたし、検査の結果まで (合う薬が見つかるまで)3~4ヶ月入院と言うのもありましたし 事故で9ヶ月入院した事も有ります。 (もっと辛い方も居るでしょう) 私なら「精密検査を受けて下さい」と言われても 「そうですか?」と 気にもせず、入院する事に成ったら、その間何をしようか考えるかも。 ( 流石に「内視鏡検査」とか「手術」という言葉には引きますが ) 幾つかの病院へ入院しましたが、面会謝絶の患者さん以外の部屋へは 全ての病院で、全ての階を回って(主に話し相手の居ないお年寄り)、 体調が悪く苦しいながらも、起きてる間中、楽しい会話の毎日でした。 ですから「精密検査」と聞いても「ひょっとして また入院かも?」と 思う程度だと思います。 考えて(悩んで)治る病気なんて何一つ無いのですから、というより 余り不安がると、健康な人でも病気に成る場合もありますので 出来るかぎり考えないようにしましょうよ。 (それが難しいが故のアンケートなんでしょうけれど。。。 ) 私の場合は・・ですが「苦しくて当たり前! 何も無くて神に感謝!」 「この世は修行の場」 という考え方で毎日頑張って生きています。 ちなみに外見的には友人・知人の中で一番健康そうに見られます(笑) 私の場合は病院へ行く or 検査する・・即入院・・というものばかりで 今まで10回以上も過労で倒れ、また事故でも入院して、トータルでは 5年位は入院治療や養生したと思います。 突然の心臓発作から 心停止も経験してますし、事故で三途の川も見ました。 (あれは夢?) 中には後数秒遅れてたら・・と言うのもありましたし、検査の結果まで (合う薬が見つかるまで)3~4ヶ月入院と言うのもありましたし 事故で9ヶ月入院した事も有ります。 (もっと辛い方も居るでしょう) 私なら「精密検査を受... Q 先日の職場の健康診断で、白血球数が低下しており基準値以下の為、要精密検査となっていました。 また、職場では年に春秋二回の健康診断があり、今年の春(半年前)に受けた検診結果では3600でした。 そして過去4,5年の合計10回の検診結果を振り返ると、最初の頃に4500や、一度だけ5000代まであった事もありますが、それ以外は基本的には低めで3000代後半から4000代前半でした。。 今までも低いということは多少気にしておりましたが、特に風邪を引きやすいといったことも無い為、そのまま精密検査には行きませんでしたが、始めて3100まで下がった結果を見てとても心配になっております。 白血球は個人差があり、元々低めの人もいるとは聞いており、重要なのは、数値のみではなく、急激な増減などの変化だと聞いたこともあります。 今回の私のような経過での減少や、一般的な白血球数の増減の幅はだいたいどの位が許容範囲とされているのでしょうか??(( 前回との差はさほど急激では無いのですが年々少しずつ減っていっているのも気になります。。 ))------また、今回の健診では、血液採取の直前に、胸部エックス線検査に加え胃部エックス線検査を追加で受けており、それが前回とは異なっております。 エックス線は白血球を減少させるというお話を聞いたことがあるのですが、もしかして、今回特に低いのにはその影響もあるのか?という可能性は無いでしょうか??心配で何かと理由付けをしたくなってしまいます。 どなたか、お詳しい方、是非教えて下さいますか?どうぞ宜しくお願いいたします。。 今回白血球以外には、中性脂肪が36で前回の半分に減っていた以外は特に問題だった数値はありません。 中性脂肪はジムに通い始めた影響かなと思ってますが・・) 先日の職場の健康診断で、白血球数が低下しており基準値以下の為、要精密検査となっていました。 また、職場では年に春秋二回の健康診断があり、今年の春(半年前)に受けた検診結果では3600でした。 そして過去4,5年の合計10回の検診結果を振り返ると、最初の頃に4500や、一度だけ5000代まであった事もありますが、それ以外は基本的には低めで3000代後半から4000代前半でした。。 今までも低いということは多少気にしており... A ベストアンサー 白血球数が年々下がってきた原因については、精密検査をしないと何も言えないのではないかと思います。 ちなみに、エックス線検査を受けたことが原因で、白血球が減少することはありません。 私も、「放射線(エックス線など)を浴びると白血球が減少する」という話はよく耳にしますが、放射線を使った検査では急性な放射線障害を発症する事は全く無いと言ってよいです。 ただし、放射線によるガン治療であれば、貧血、白血球減少、血小板減少などが発生することがあります。 放射線による白血球の一時的な減少などの身体的な障害は 200mSv 程度以上から起こると言われています。 胃のエックス検査で受ける放射線量は 1mSv 以下であり、身体的な変化は生じないとされています。 nucpal. html 白血球数が年々下がってきた原因については、精密検査をしないと何も言えないのではないかと思います。 ちなみに、エックス線検査を受けたことが原因で、白血球が減少することはありません。 私も、「放射線(エックス線など)を浴びると白血球が減少する」という話はよく耳にしますが、放射線を使った検査では急性な放射線障害を発症する事は全...

次の

健康診断で、白血球が少ないと言われ精密検査が必要と言われました。白血球...

白血球 少ない 精密 検査

目 次• 白血球とは? ・白血球とは? 白血球は、血液に含まれる細胞成分の1つです。 外部から体内に細菌や異物が侵入すると、それらを自分の中に取り込み、殺菌したり処理する働きがあります。 形態的に分類すると、好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の5種類があります。 それぞれ外敵から身体を守るのにとても大切です。 白血球の種類と役割 好中球 外から侵入してきた細菌や真菌を酵素や活性酸素により消化、殺菌 リンパ球 細菌や異物を判断し、攻撃する 単球 外から侵入した異物を食べる 好酸球 細菌を殺す。 アレルギーに関わる 好塩基球 寄生虫などの大きな対象に対して傷害性もつ。 引用元- 白血球の少ない体質の方(質問) 50歳代の主婦です。 少し高めのコレストロールの方ばかり気に掛けて 白血球の少なめは差ほど注意もしていなかったのですが、最近気になりだしています。 医者が言うには「これは病気というよりタイプだから、何かをしたら数値が上がるというものはなく、ただ鎮痛剤 消炎剤のような薬をあまり飲まないように。 数値が下がるから」とのこと。 知り合いの元医者に聞いても「かぜをひきやすいとか、特に抵抗力が落ちたというのでなければ別に心配いらないのでは?」言うのですが、毎年私は風邪をひくとすぐ気管支炎になり、消炎剤を飲まなくては治りません。 今年はもう2回もかぜをひいてしまいとうとう消炎剤を1週間も飲まなくてはなりませんでした。 だんだん抵抗力が落ちているんだなーと思います。 同じようなタイプの方、毎日の生活の中でどんなことに気を付け、何か良いことしていますか? 参考になる事や注意したら良い事などありましたら、ぜひお知らせください。 引用元- 白血球の少ない体質の方(回答) 私も白血球が低く、風邪ひくとリンパ節炎や 気管支炎になり、時には肺炎で入院しました。 血液内科、膠原病科で時々検査をしていますが、原因は分かりません。 今、体調が落ちついているのは 働くのをやめて、専業主婦になり、以下の事を守っています。 ・なるべく外出しない 買い物は宅配や通販 ・雨の日には外出しない・風邪をひいている人には会わない ・体調がちょっとでも悪い時はひたすら寝る ・鎮痛剤などあらゆる薬をなるべく飲まない ・副流煙を吸わない ・外出時はマスク ・体調が良い時だけウォーキング ・ストレスをためない 人間関係で無理するのをやめました ・冷やさない ・部屋の換気をかなりマメに まだまだありますが、もちろん手洗いなどは基本で。 病的に白血球が減少しているなら、風邪や気管支炎程度ではすみません。 病的な白血球減少でなければ、特に気をつけなければならない事は何もありません。 ただ、私はあなたを診察したわけでも、実際の検査値を見ているわけでもないので、やはり、主治医に聞くべきでしょう。 健康や病気についてこのような場所で何か情報を得ようとするのは間違いですよ。 人間の体は一人一人違い、状況も異なるので、個人の体験談はあまり役にたちません。 時に有害ですらあります。 また、実際に会って話を聞き、診察をし、検査をしない限り、確実な事は何も言えません。 限られた情報を基に何かアドバイスをするというのは本当に危険な事なんですよ。 引用元- 血液検査で白血球が少ない! 免疫を担当しているものなので白血球が少ない場合には病気にかかりやすい状態になっていると考えられます。 白血球の数が正常範囲内よりも体質的に少ない人もいます。 これは健康状態でも少ないので免疫を高める食事などで病気に気をつけていれば問題ありません。 また、病気や風邪とは関係なくそのときの体調などでも減ったりすることもあります。 身体がストレスを感じていると白血球が少なくなったり そのため何度か検査してみて経過を見る必要があります。 一時的に下がっていただけなんてことも少なくありません。 それとウイルスや細菌に感染していると白血球がそれらと戦うために一時的に減少していることもあります。 血液検査をした場合にそのほかの項目も検査していると思うので総合的に見て判断すべきだと思います。 引用元- 白血球総数自体が生活と繋がっている 菅原:先生の本の中にもがんであっても、他の病気でもリンパ球と顆粒球のバランスをしっかり見ることでがんであってもなくても、自分の健康状態のどの水準にいるのかがよくわかるから、たとえ、抗ガン剤やるにしてもリンパ球がこれ以下だったら絶対だめみたいな線があるんだよという話が出てきたんですが。 安保:顆粒球とリンパ球の分類に入る前に白血球総数自体が私たちの生活とつながってるんですね。 菅原:白血球というのはつまり、リンパ球と顆粒球の合計の数字ですか。 安保:はい。 だいたい、健康な人は1マイクロリットルあたりの白血球数は5000くらいなんですね。 男性では6000の人もいたり、7000の人もいたり。 女性では、4000とか3000とかすごく少ない人もいてね、これが一日の使用するエネルギーに正比例していくんですね。 菅原:個人差もあると。 生まれつき、総数が少ない人はその中で暮らしていると。 体質改善に目覚めて、ある日突然、白血球数が3000の女性がジョギングとかはじめて、一年くらいたってフルマラソンとかやるようになると、徐々に上がっていくということもあるわけですよね。 安保:はい。 結局、私たちは活発に活動すると守る細胞が必要になるんで増やすという感じですね。 おしとやかに生きると守る細胞は少なくて済むわけですから、そういう調節が働いてね、忙しくしている人が白血球総数が多くなって落ち着いた生き方をしている人は少なくなるっていう法則があるんですね。 たとえば、ある女性が「白血球数が3000とか2800とかしかないから、病気になるんじゃないか・・・」と心配して電話が来るんですけど、「体重いくらですか?」というと「40kg」とかね。 そのくらいやせていると一日に使用するエネルギーも少ないので守る細胞もそのくらいでちょうどよくなっているんですね。 菅原:つまり、血液総量と比例してるから白血球はちょっと薄め。 タンパクも少なくて、ちょっといろんなことをすると、すぐに疲れるけど別に病気じゃない。 そういうタイプの人は白血球数が2800であっても一生涯、病気にならずに暮らすことだってできるわけですね。 安保:そうですね。 引用元- まとめ 心配し過ぎて免疫力の低下を招くなんて事だけは避けたいですね。 母は白血球多い体質だったな。 白血球も赤血球も少ない残念な体質。 鉄分とんないとフラフラになる。 そのせいか、もう何年もガッツリ風邪ひかなくなりましたよ。 ちなみに私は白血球が少ないみたいで、風邪引きやすく、すぐ悪化する体質だったんですが。

次の