プロ 野球 そこそこ 昔話。 ✅ ナイツがMCを務める新番組「プロ野球 そこそこ昔ばなし」(Amazon Prime Video)が来月10月18日(金)にスタートする。

プロ野球 そこそこ昔ばなし動画配信をバックナンバー含め無料視聴方法まとめ!|バラエティ動画配信情報まとめ~バラエティキャッスル~

プロ 野球 そこそこ 昔話

MCにナイツの二人,アシスタントに吉田明世さん,ゲストレギュラーに金村義明さん。 この4人に加え週替りで2人の元プロ野球選手をゲストに迎えます。 まぁーこのゲスト陣がクセが強い方々なんですよ!笑 良いキャスティングなんです。 金石昭人・岩本勉など ポイント・個人的見解• こんなこと書いておいてなんですが,基本的におじさんの昔ばなしなので ,ハードルは低くして観ましょう。 当時のプロ野球の事はそんなに知らなくて良い。 知らなくても見やすいように作ってあると思います。 この手の番組が初見の方は面白い番組です。 この番組はネット番組だから面白いと思う。 TVで放送したらどうなのか?• 番組自体30分が限界。 これ以上は辛い• この手の番組をよく観ている人はどこかで聞いたはなしをしているの場合があるので,辛いときがある。 最後に ちょっと時間が空いたとき,ちょうど良い暇つぶしになるので,ぜひご覧ください。 個人的には『 』の後継番組が出て来たと思ってます。 出典:,.

次の

『プロ野球 そこそこ昔ばなし』Amazonプライムが、おもしろい!!

プロ 野球 そこそこ 昔話

40代以上必見! 巨人戦の全国テレビ放送が絶えて久しい昨今。 40代以上ならば懐かしい80~90年代の「プロ野球」。 イチローのメジャーリーグ活躍前夜、大谷翔平も生まれる以前の話だ。 当時は、プロ野球を専門に取り扱う「プロ野球ニュース」があり、バラエティ番組に出演するアスリートは、プロ野球選手くらいしかいなかった。 人気芸人・ナイツが司会を務める、Amazon プライム・ビデオの番組『プロ野球 そこそこ昔ばなし』は、そんな時代の裏話を、当時の元スター選手たちが語るというコンテンツ。 自他共に認めるプロ野球好き&G党の塙 宣之さん、「野球はそれほど好きでもなかった」という土屋伸之さん。 そして、進行アシスタントには、プロ野球の知識ゼロというフリーアナウンサーの吉田明世さん。 しゃべりも「一流!? 」な元選手たちの話を盛り上げる。 塙僕は、NHK BS1で『球辞苑』という番組の司会をしているんですが、これは、野球の専門的な知識を真正面から取り扱う番組。 ともに振り切っているから面白んですよね。 この番組だと専門的な話になるほうが、空気が悪くなる。 土屋 ゲストの元選手の皆さんは、実績を見ると物凄い人ばかりなんですけどね。 塙 そうそう。 個人的なことだけをいえば、真面目に"打撃のコツは?"みたいな専門的な話を聞きたくなるような人たち。 でも、すぐに脱線しちゃうでしょうけど(笑)。 土屋 脱線がすぎて、真面目な話にたどりつく前に終わっちゃうはず(笑) 番組のテーマは、「プロ野球で活躍していたOBたちが、そこそこ昔の思い出を草野球のテンションで懐かしむ番組」。 実際も、 "こんなこと話しちゃっていいの?"と、聞いているこちらが冷や冷やするほど危ないトークの連続だ。 土屋 草野球のテンションと聞いて、最初は"?"でしたが、番組を進めてなんとなく見えてきましたね。 塙 "しがらみなく楽しく話す"くらいの意味なんでしょうけど。 このテーマに合わせて、イチローも草野球始めたりして、 "そこそこ昔ばなし"に乗っかってきていますね。 土屋 そんなわけないでしょ(笑)。 塙 ゲストは、当時のホームラン王だったり、首位打者だったり、名投手だったりした名選手ぞろい。 選手としての実績の凄さがフリになって、"え、あの選手が"というように裏話でオチるんですよ。 土屋 野球選手としてのピークが、20〜30代だとすると、50代の今こそトークの面白さがピークという感じ。 こちらとしては、会話のキャッチボールを受ける楽しさもありますね。 と、魅力は尽きない模様。 現在進行形のプロ野球ファンも、少しプロ野球から遠ざかっていた元ファンも楽しめる番組となっている。 後編では、出演者についての魅力を、ナイツのふたりに語ってもらう。

次の

パンチ佐藤が、アマゾンブライムテレビ・「プロ野球そこそこ昔話」ではなして...

プロ 野球 そこそこ 昔話

より 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」とは この番組は、そこそこ昔のプロ野球にスポットを当て、往年の名選手達が草野球のテンションで思い出話を繰り広げる同窓会系野球バラエティ。 ビール片手に、ゆる〜く観ることを推奨致します。 今の様な華々しい日本球界とは異なり、パンチパーマにセカンドバッグ、極太金ネックレスをぶら下げ、二日酔いでマウンドに立っちゃうような昭和の日本野球界を当時活躍した選手たちが現場の今じゃ考えられない体験談を語り尽くします。 野球好きはもちろん、野球を知らない人でも楽しめちゃう番組です! というわけで、この記事では 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」のお得な視聴方法、番組の詳細、口コミや評判などについてまとめてみましたので参考にしてみてください。 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」はAmazonプライムビデオで独占配信中! 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」が視聴できる動画配信サービスは Amazonプライムビデオのみ。 Amazonプライムビデオにて毎週金曜独占配信されています! もちろん登録すれば過去回の視聴も可能! 30日間の無料体験登録を利用しよう! さらに、 Amazonプライムビデオなら登録時に30日間の無料体験期間があるのでその期間内は無料で視聴することも可能です! Amazonプライム会員の無料期間である30日間を過ぎると自動的に更新され月額料金500円(税込)もしくは、年会費4,900円が請求されるようになります。 そのため、万が一継続する気がない場合は30日以内に解約しましょう。 30日間の無料体験中に解約してもお金は一切掛かりません。 また、AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員になると利用出来るようになる特典の一つにすぎません。 そのため、月500円以下で 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」を始め、洋邦映画や、ドラマ、アニメ、その他バラエティなどの映像作品を徹底的に視聴できちゃうのは勿論、• 本や雑誌、マンガが読み放題• 対象のKindle本が毎月1冊無料で読める!• 100万曲以上の音楽が聴き放題• プライムフォトで写真を保存し放題• プライム商品は配送料が無料になる• お急ぎ便・日時指定便も無料 などなど… 18個の特典が 動画視聴と同じように楽しめるようになっちゃいます。 Amazonプライムビデオに関するさらに詳しい解説は下記の記事を参考にしてみてください。 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」の詳細・あらすじ 令和のプロ野球はどんなイメージですか?大谷翔平のようなスマートな選手が爽やかに躍動する、そんな感じですよね。 でも、ちょっと昔を思い出してください。 パンチパーマにセカンドバッグ、極太金ネックレスをぶら下げ、二日酔いでマウンドに立つ。 パ・リーグのスタンドには閑古鳥が鳴き、流しそうめんが行われる始末。 昭和のプロ野球はまさにカオス。 この番組は、そこそこ昔のプロ野球にスポットを当て、往年の名選手達が草野球のテンションで思い出話を繰り広げる同窓会系野球バラエティ。 ビール片手に、ゆる〜く観ることを推奨致します。 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」とは一体どんな内容の番組なのか? わかりやすく最初の3エピソードをあらすじと共にピックアップしてご紹介します。 プロ野球界の格差の話 貧乏球団で育ったプロ野球選手OBと一緒にセ・リーグとパ・リーグの格差について話そう!という内容。 金村義明、金石昭人、岩本勉がそれぞれ所属していた 「貧しかった球場の話」や、 「過酷な名護キャンプの話」、当時の 「金遣いが気持ちいい選手の話」などを語り尽くす! 近鉄時代の野茂選手の駐車場の話は時代を感じる面白さ! 広島カープが色々ヤバかった話 今やカープ女子など女性からも大きな支持を集める広島カープ。 第2回は、広島カープのOB選手達と当時の広島が色々とやばかった話について語るという内容。 ゲストは金村義明、金石昭人、そして高橋 慶彦 「遠征用スーツへの抵抗感の話」、「お風呂への抵抗感の話」、「なぜか寮内で消える高橋慶彦の話」、「賞金の多い巨人には負けたくなかったの話」など、どれも昭和の日本野球を感じるトークばかり。 今の野球界とは無縁のパンチパーマや、サングラスに上下白の遠征用スーツ(しかも球場支給)に爆笑必死です! そこそこ昔のモテ男伝説の話 ゲストは金村義明、高橋 慶彦、西崎 幸広 「プロ野球のファッションを変えた男の話」、「バレンタインデーのチョコは子供たちに寄付の話」、「先輩達を見た瞬間、絶対勝てると思った!の話」、 「ラブコールで200万円の話」 より 今の野球界には無い当時のカオスさが感じたければ全てのエピソードが必見ですよ! お酒も美味しく飲めるはずです! 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」口コミと評判は? 「プロ野球 そこそこ昔ばなし」のSNSでの反応をツイッターから拾ってみましたのでご紹介します。 アマゾンプライムの「プロ野球そこそこ昔ばなし」見たけど面白い。 「球辞苑」とはまた違った面白さ🤣ナイツMCだから外さないとは思ってたけど。 — mshkngsk MaNa7636 プロ野球そこそこ昔ばなし 上手くファン目線で話聞く塙さん、上手く突っ込む土屋さん。 無限に引き出し持ってる金村さんが確実に笑いとる。 ゲストの話を引き出すという点でも金村さんありきかもしれない。 あの里崎さんが圧倒されてたのがww世代でも何でもないけど面白い。 30分あっという間。 やべぇ、無茶苦茶面白い! 特に第2回の高橋慶彦のくだりが酷すぎて最高!こりゃ地上波じゃ流せないわw 逆に言えばこういうのを流せなくなった今の地上波に面白い番組を求めるのは難しいだろうね。 VTRはなし、イラストと写真のみという構成ながら、2019年10月に始まったばかりにも関わらず、これが非常に面白いとツイッターでも既にかなり話題のようです。 私も4話まで視聴しましたが、野球のルールなど難しい技術的な話は殆どないので野球に詳しくなくても誰でも楽しむことが出来るでしょう。 特に当時貧乏球団が多かったパリーグの話題が濃いのでパリーグ好きには堪らない番組なんじゃないかと思います。 昭和の野球を観てきた世代は当時の裏側を知られたり懐かしんだりできるでしょうし、若い世代の人は当時のカオスな日本野球界を知ることが出来るだけでもギャップが感じられて面白いはずです! また、漫才師のナイツの気の利いた進行が、クセの強いプロ野球OB達と非常に相性が良く、番組をより一層引き立てているように感じます。 まとめ トークだけで番組を成立させてしまうところが、同じように評判が良いプライムビデオの番組である 「有田と週刊プロレスと」にも近い空気を感じますが、アマゾンプライムビデオはこういった低予算で好内容の番組を生み出すのが非常に上手いと思いました。 最新の情報はAmazonプライムビデオ公式にてご確認下さい。

次の