万引き 家族 りん。 映画万引き家族のりんの最後(ラスト)の意味を考察!その後は?

万引き家族の最後で亜紀(松岡茉優)が家に戻った理由やその後は?

万引き 家族 りん

もくじ• 「万引き家族」のあらすじ 是枝監督の映画「万引き家族」のあらすじは STORY 高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。 彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。 足りない生活費は、万引きで稼いでいた。 社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。 体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。 出典: 「万引き家族」の家族構成は• 柴田初枝・・・樹木希林さん• 柴田治・・・リリー・フランキーさん• 柴田信代・・・安藤サクラさん• 柴田亜紀・・・松岡茉優さん• 柴田祥太・・・城桧吏くん• 凛(じゅり)・・・佐々木みゆちゃん です。 予告動画はこちらです。 今日一日のことしか考えれないような、悲しい家族になった人たちの話です。 貧しさから抜け出せなくなったこの家族は、どのみち崩壊するしかなかったのでしょうが、虐待を受けていた少女を連れて帰ってしまったことから、急な坂を転げ落ちるように壊れ始めます。 では映画の最後はどんな結末になるのでしょうか? スポンサーリンク 「万引き家族」の結末 映画「万引き家族」の予告動画でもあったように、凛の虐待からの保護は誘拐となってしまい、祥太は万引きで捕まってしまいます。 そして結末はどうなるのでしょうか… 子どもたちはどうなる? 「万引き家族」の柴田家の子どもたちは• 柴田亜紀・・・松岡茉優さん• 柴田祥太・・・城桧吏くん• 凛(じゅり)・・・佐々木みゆちゃん ですが・・・亜紀は長女役だけど子供じゃないので、ここでは祥太と凛についてネタバレします。 祥太は万引きで逃げる最中に、橋の上から飛び降りて大怪我をし、警察に捕まります。 わざと、飛び降りたのです。 それがきっかけになって、血の繋がりのない、偽名で生きている柴田家の秘密が明らかになっていきます。 祥太は小さい時、真夏のパチンコ屋の駐車場にいました。 車内の温度が上がる中、親がパチンコが終わるのを待たされていたのです。 そのまま放っておいたら、幼い命は失われてであろう祥太。 そんな祥太を見つけてしまった車上荒らし中の治。 本当の親はどこかにいて、車のナンバーも記憶していたので、探そうと思えば探せるのです。 でも、最終的に祥太は、施設で暮らすことになります。 その後実の両親を探すかどうかはわかりません。 凛は、虐待する実の両親のところに返されてしまします。 そして再び虐待は始まり、ベランダから外を見つめる凛でした。 治と信代夫婦はどうなる? 治(リリー・フランキーさん)は、祥太(城桧吏くん)が橋から飛び降りた時、逃げました。 祥太は実の父親ではない治の気持ちを試したのでしょうか。 祥太は拾われた子供でした。 全てが明らかになり、信代が全ての罪を被り、祥太は施設に行くバスに乗ります。 そのバスを祥太を、治は走って追いかけます。 大切な息子を失うまいと、必死で走るのです。 信代(安藤サクラさん)は、初枝と本物の親類でした。 実は信代は夫からDVを受けていて、その夫をこの世から消してくれたのは治だったのです。 治は刑務所に入ることになり、信代は治が出所するのを初枝と一緒に待っていたのです。 凛とはDVと虐待を受けて育った者同士でしたが、最後はしっかり母として娘を愛していました。 取り調べで警察官が放った言葉を聞いた信代は、演技を超えた涙を流すのです。 スゴイですね、安藤サクラさん。 祖母・初枝と長女・亜紀はどうなる? 初枝は、年齢も年齢なので・・・亡くなります。 それは家族にとって、収入源が無くなるということでもありました。 だから・・・亡くなったことは秘密に。 庭に・・・遺棄するのです。 一見、年金のために初枝が亡くなったのを隠蔽したように見えますが、存在を明らかに出来ない治たちには、葬式を上げることも、墓を作ることも出来なかったのかもしれません。 元々家出少女だった亜紀。 亜紀は初枝に利用されていたのです。 形としてはですが。 亜紀は、初枝を捨てた元夫の孫でした。 家出してきた亜紀を面倒見る代わりに、初枝は亜紀の両親からお金をもらっていました。 信頼していた初枝に裏切られていたと知り、絶望する亜紀。 でも、亜紀は最後に、誰もいなくなった家に帰ってきます。 何を思って帰ってきたのか、帰ってきて何を思ったのか・・・。 スポンサーリンク 最後に 偽りの家族だったけど、本当の家族より家族になってたんですよね。 でも家族に本物も嘘もないと思うので、血のつながった家族では作れない形の家族だとも思いました。 家族は血縁関係より、一緒にいた時間で出来るものだし。 ちょうど1年前に、同じようにやるせない映画があったな…と思ったら「昼顔」ですね。 今年の「万引き家族」は、「昼顔」と別の次元で重いです。 そもそも学がないとか、稼げないとか、貧困から脱出できないのは本人のせいもあるんだけど、やっぱり本人たちのせいだけじゃなくて。 貧困から抜け出すための知識が必要なのか、とか日本中で話し合えればいいですよね。 特に行政や教育に携わる人が、「万引き家族」をフィクションとして終わらせずに話し合うと良いと思います。

次の

【万引き家族】最後のシーンで意見が食い違い嫁と大喧嘩した話し。

万引き 家族 りん

万引き家族を見る前に張った画像なんですが、りんちゃんの今後が不安になるシーンです。 ラス前にりんちゃんが母親の傷を撫でてあげようとして怒られて、謝罪を強要されます。 信代の方がりんちゃんに寄り添ってるよね。 こんにちは。 フレデリカです。 万引き家族 作品情報• キャスト:城桧吏さん さん さん さん 佐々木みゆさん さん• 監督:さん• 脚本:さん• 公開日:2018. ジャンル:人生• 上演時間:120分• レーティング:R12 万引き家族 その1 万引き家族 の3つのポイント• 家族になっていく• 生活することと愛することのすり合わせ。 翔太の中に発生した気持ち。 自分たちだけ世間を出し抜くことへの違和感• りんちゃんの事件は、前の記事にリンクを張ったのでそちらからどうぞ。 あまり多くリンクを張りたくない。 家族が臨ちゃんを受け入れていく速度の違いがすごく心地よかったです。 治が拾ってきました。 初枝は最初から受け入れ態勢万全。 信代は拒否反応から一転。 守るために職を捨てました。 亜紀は拒否もしなかったけど、受け入れもしてませんでした。 それが順当に受け入れていきました。 一番の難題は翔太でした。 自分の居場所を奪われるって思ったんでしょうね。 それがどんどん打ち解けていく。 笑顔が多くなりおしゃべりになったりんちゃんがうれしかったです。 分からなかったこと。 服を買うと叩かれる りんちゃんは服を買ってもらうことに強烈な恐れを持っていました。 服を買ってもらうと叩かれるからです。 「買ってもらっても叩いたりしない?」は涙が出そうでした。 りんちゃんフェーズはそれで終わっていたので今後もそれは続いていくのでしょう。 どういうこと?服を買うと隠されるところが変わるから、その隠されるところをたたかれていたってこと?叩くことに対する謝罪の前渡し? なんにしても悲しすぎる刷り込みです。 生活することと愛することのすり合わせ。 報道と真実の違い 報道と真実の違いはよくあるテーマなので、あまり語る気もしませんが。 「住人を埋めて、他人同士5人が住んでいた」はワイドショーとしては垂涎のネタでしょう。 亜紀のショック 私はお金のためだった? 逮捕(補導?)後、亜紀は親に初枝が金の無心をしていたことを知ります。 金の無心をするために自分を住まわせていたのかとショックを受けた亜紀は埋めた場所を指し示す。 亜紀よ、金のために集まってるだけなら皆で海水浴に行ったりしないよ。 海は楽しかったろ? お金を手に入れるための方法と心は直結してないよ。 お前さんもやったろ? 初枝の埋葬と年金 初枝が亡くなったとき、家族に金はないし、全員が役所に届けると危うい立場になる。 だけどちゃんと埋葬してあげたいから自分たちで埋めました。 その理屈に国に認められたルールは関係ありません。 埋葬したのは 初枝を愛していたからに他ならないです。 その状況を利用して、年金を不正に受け取ったからといって、初枝を金づる扱いをしていたことにはならないでしょう。 初枝の金の無心とJKリフレ 亜紀はJKリフレで4番さんをVIPルームに誘います。 その時点で 4番さんは金にしか見てなかったはずです。 でも、コブシの傷を見て、4番さんを抱きしめました。 金が目当てなら黙って膝枕だけしておけばいいのに。 おばあちゃんの金の無心はそれと一緒です。 (理屈の順番が違うけど) 亜紀はお金が目当てで情が沸いた おばあちゃんは情で一緒に住んで、状況を利用してお金を得た。 理屈が金か情かに100%偏っているということじゃないんだよ。 翔太の万引きに対する拒否反応。 駄菓子屋で万引きを繰り返していた翔太。 りんちゃんに実行犯を任せたときにはじめて店主に呼び止められました。 店主はお菓子をくれて、「妹にはやらせるな」と言います。 店主はすべて知っていました。 それでも翔太が店に出入りすることを許してました。 (そういえば店主は「妹にはやらせるな」でしたね。 「二度と来るな」じゃなかった) 翔太は店主の言葉で、万引きするアイテムにも所持者がいて、それが同じ人間であることに気づきました。 いままで万引きするアイテムの先に誰かがいることを意識したことがなかったんでしょうね。 頭の中で何かが一気につながり広がった瞬間でしょう。 翔太が万引きをやめたかったのは法に触れるからではなく 一般的な感覚として、相手が同じ人間であり、迷惑がかかるからでしょう。 その質問を治にぶつけたとき、「店のモノはまだ誰のものでもない」という屁理屈でした。 屁理屈に違和感を感じた翔太は信代に相談します。 その後、りんちゃんに万引きをさせないために大暴れして店の商品を持って逃げ、足を折りました。 信代の覚悟 刑務所に入った信代は、翔太にさらった時の状況を話しました。 翔太の中に自分たちとは違うものを感じ取りました。 尋問の時に「お母さんと呼ばれたことある?」と言われた時の長い長い沈黙の中で考えたのは、翔太のために翔太と決別することだったかもしれないですね。 治の決断 一緒に雪だるまを作った後、父であることを降りた治。 そのあと、翔太は父ともおじさんとも呼ばずに別れました。 あの時、治は翔太を捨てたのか? 治たち家族は家族ですが、その形はいびつです。 その継続の方法も。 収入は万引きとJKリフレと死んだ初音の年金ですから。 翔太にとっては捨てられたのかもしれないです。 けど、治たちにとっては、警察に預けて翔太を明るい世界の人間に戻す。 だったのかもしれないですね。 りんちゃんの今後は割り切るしかない? 全ては翔太を描くために配置されたと考えることができるなら、ですが。 翔太はりんちゃんを受け入れるのに時間がかかってます。 はっきりとした拒絶から入ってます。 そして家族になり、りんちゃんを愛します。 その後、万引きはしたくないと考え始め、特に何も知らないりんちゃんを巻き込むことはだめだと葛藤します。 (スーパーに入れずに自分だけ入った。 結局りんちゃんも入ってきちゃうけどね) 物語としては、りんちゃんの役目はそこまでです。 そこからの すべてを翔太に焦点を合わせて物語を描くなら、再会することのないりんちゃんのその後を描くのは不要。 お父さんとお母さん以外にも世界があることを知る樹里が中高生まで成長した時に自分の身を守る行動を起こすことを妄想して気持ちを落ち着かせましょう。 万引き家族 のベストシーン 映画のキモ 独りで全部やったと言い切った信代 警察の尋問という形で、世間一般の声を家族たちにぶつけてました。 共犯の方が刑は軽いという警官に、一人でやったと言い切る信代。 信代が守ったのは治だけじゃないですね。 世間の目から子供たちを守りました。 ちなみに、刑が確定した後なら、何しゃべっても問題ないらしいです。 だから刑務所で対面した時の内容(みんなで埋めた)が、警察に話したこと(信代が一人で埋めた)と異なっていても、罪状がひっくり返ることがないらしい。 他には ゆりちゃんがお麩を食べたいと言い出したところ。 それまでは与えられたものを食べていただけでした。 心を開いてくれたのが、うれしかったよね。 冗談 Hの余韻に二人で慕って、いざ2回戦!!とおもったら子供が返ってきちゃって大慌て 笑 きれい・かわいい・色っぽい 夫婦二人でそうめん食べているときの信代。 治に襲い掛かりました。 事後のお尻もかわいかった。 他には、 四番さんを膝枕しているときの亜紀の太もも あれを生で見たら、抑えきれねえよ!! frederica2014.

次の

【ネタバレあり】『万引き家族』解説:登場人物の名前に隠された意味とは?

万引き 家族 りん

Contents• 万引き家族あらすじ 映画『万引き家族』の余韻がすごい。 気持ちが戻らない。 映画『永い言い訳』を観たあとの、あの気持ちが戻らない感じに少し近い。 こうした行動は2人には日常的なこと。 治は 日雇いで工事現場に勤務している。 妻の信代は クリーニング工場でパートに出る。 祖母の初枝は 年金暮らしでのんびりと過ごす。 娘の亜紀は 風俗店で働く。 ある夜、治と祥太はベランダに閉め出され、 震えている少女を目にする。 それはいつものことだったが放っておけなくなった治は、家へ連れて帰る。 信代は警察沙汰になったら面倒だといい、帰してくるように言う。 お腹をすかせていたので、とりあえずその少女、 ゆりに食べ物を与える。 治と信代は眠ったゆりを連れ、帰しに行った。 だがゆりの自宅では、両親が怒鳴り散らしながら、ケンカをしていた。 母親は「 生みたくて生んだんじゃ ない」と喚き散らしていた。 それを耳にした信代は、 ゆりを 自分のところに置いておきたく なる。 初枝はゆりの全身にある傷を手当してやっていた。 ゆりは虐待されていたのだ。 家に不動産屋が訪ねてくる。 初枝がひとり暮らししていることを装っているため、祥太とゆりはバレないよう外出する。 祥太はゆりを連れて、個人商店で万引きする。 治が職場で足の骨にヒビが入るケガをする。 日雇いのため、労災がおりなかった。 そのまま職を失う。 祥太はゆりを受け入れられず、邪魔だと思っていた。 治になだめられ、次第に妹だと思えるようになっていく。 初枝は 離婚した夫の月命日に 後妻の息子の家へ、手を合わせにいくことにしていた。 その際、 後妻の息子から3万円の現金を受け取っていた。 その 息子の長女が亜紀である。 亜紀は店の 常連客( 4番さん)と打ち解け合い、自分と同じように心の闇を持っていることに気づく。 そのことに嬉しくなる亜紀だった。 柴田家にゆりが来て2ヶ月。 すっかり家族の一員になりつつあったが、 テレビのニュースで ゆりが行方不明になっていると 報じられる。 ゆりの本名は 北条じゅり。 「じゅり」を「ゆり」と聞き間違っていたのだ。 信代は身元がバレないよう、ゆりの髪を切り髪型を変える。 名前も「 りん」と呼ぶことに。 りんもまんざらではなかった。 経営が苦しかった信代のパート先から、退職の打診があった。 時給の高い同僚と話し合って、どちらかが辞めなくてはならなくなる。 同僚は 信代がりんを連れている ところをみた、といい脅してきた。 黙ってもらう代わりに、 信代が 退職することになる。 祥太はいつもの店で、りんに万引きさせる。 しかし店の主人は気づいており「 妹には(万引き)させるな」とたしなめられてしまう。 そのことから祥太は万引きが してはいけないことだと考えはじめる。 一家で海水浴へ出かけた。 それぞれが楽しみ、家族にとって最初で最後の良い思い出になった。 この後は 結末のネタバレになります。 続きはこの 記事の下部へ記載しますね。 動画配信で視聴OK! 万引き家族は動画配信サイトで見ることができます。 アマゾンプライムでも配信されています。 こちらは会員になれば見放題。 その他動画サービスで見ることができるのは2社。 U-NEXT フジテレビオンデマンド 万引き家族キャスト 是枝裕和監督の新作『万引き家族』の追加キャストが発表!!先に発表されていたリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林に加え、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、山田裕貴、片岡萌美、森口瑤子、緒形直人、柄本明という豪華な俳優たちが追加キャストととして発表されている。 治は大人としては ろくでなしだ けど、心は優しいですよね。 祥太やりんを拾ったのも、治の優しさから。 結果的に誘拐になってるけど。 柴田信代:安藤サクラ この人はもう、 すごすぎて文句 つけることができません(笑) 30歳そこそこなのに、貫禄があるし安定感が半端ない! 信代は ぶっきらぼうなんだけど 母性がある人。 個人商店主の役で柄本明さんも出演してます。 何気に義父と長男の嫁という関係なんですよね。 ゆり(りん):佐々木みゆ ぶっちゃけ美少女ではないんだけど、 不安そうな暗い表情が すごくうまかったです。 映画初出演とのことなので本気の不安な顔だったかもしれませんけど(笑) AmazonのCMで小麦アレルギーでパンが食べられない子を演じてたのが、みゆちゃんです。 柴田初枝:樹木希林 過去にも是枝作品に多く出演しています。 初枝は どこにでもいそうな、気ま まなおばあちゃんって感じです。 初枝も大胆に万引きしてましたけども、見せかけだけど家族ができて幸せそうなおばあちゃん。 初枝を演じているときは、前歯がなかったですね。 あの歯のせいか、すっかり老人って感じに驚きました。 4番さん:池松壮亮• 柴田譲:緒形直人• 柴田葉子:森口瑤子• 北条保:山田裕貴• 北条希:片山萌美• 川戸頼次:柄本明• 前園巧:高良健吾• 宮部希衣:池脇千鶴 あらすじ続き(結末までネタバレ) ある朝、 初枝が死んでいた。 火葬する費用がないため、家の中に穴を掘り、 初枝の遺体を 埋めた。 祥太はりんに店の外で待っているように言い、万引きをしようとしていた。 だがりんが店内に入ってきて、自ら万引きをし始めた。 店員がりんに気づかないよう、 祥太は自分に目を向けさせ、商品を持って 店の外へ逃げた。 店員にはさみ撃ちにされた祥太は 高所から飛び降り、ケガをする。 警察に呼ばれた治と信代。 詳しい事情を聞かれぬよう、一時帰宅させてもらう。 これまでの悪事がバレる前に一家は夜逃げしようと、外へ出るが待ち構えていた 警察に逮捕された。 治の本名は 榎勝太(えのきしょうた)という。 信代の前夫を殺し、 死体遺棄を した前科がある。 信代は初枝の 死体遺棄の罪と 誘拐の罪をすべてかぶり、刑務所へ入る。 りんは元の家へ連れ戻される。 母の態度は相変わらずだった。 亜紀は父親から 初枝が金を受け取 っていたことを知り、ショックを受ける。 祥太は入院先で警察から事情を聞かれ、 養護施設に送られることになった。 治に連れられ、祥太は信代と面会した。 信代は 祥太を連れ去ったパチンコ 店と車のナンバーを伝えた。 探そうと思えば両親を探せるようにと思ったからだ。 祥太は治の暮らすアパートで一泊する。 治は お父さんからおじさんに 戻る、と祥太に告げる。 祥太は一人で施設に戻った。 治は思わずバスを走って追いかけてしまった。 感想と解釈 是枝監督の作品は、見ている人の想像に任せる部分が多いのが特徴。 そのため人によって解釈が変わる部分があると思います。 私なりに解釈した部分を感想を交えて、ご紹介してみます。 冒頭から貧しいけれど温かい家庭のシーンがあります。 あれは後々わかる、 全員が血の つながりのない人間であることと対比していると思いました。 どこにでもあるような家庭の風景なんだけど、実はまったくの他人。 ストーリー中盤まで 祥太は信代の 連れ子だと思ってました。 逮捕され、取り調べを受けていた信代が返答に困っていたように、祥太とりんは「お父さん」「お母さん」「おばあちゃん」と呼ぶことはなかったのです。 そこは家族じゃないから、でも それ以上の絆があった、と認識するシーンでした。 亜紀だけが初枝を おばあちゃん、と呼んでいます。 「万引き家族」鑑賞。 是枝監督の現段階でのベスト盤にして新作。 例えるなら岡村ちゃんの「早熟」。 観客は共犯者なのだ。 あと 源氏名を妹の名前である「 さやか」としていたこと。 亜紀とさやかの間で何かあったような感じもします。 さやかのほうが可愛がられていたとか? 亜紀の両親は(亜紀は)海外にいる、と答えていましたが、これは他人(初枝)に 家出したと言いたく なかったからじゃないか、と判断しました。 亜紀の父親が 初枝にお金を渡して いたのが、ちょっと 意味がわから なかったんです。 亜紀が初枝のところにいるのを 知っている、と考えると「亜紀のために」と渡しているようにも思えます。 単なる足代とか、そういった意味だったのか・・・ でも初枝がそのお金に手を付けていなかったのは、 あとで亜紀に 渡そうとしていた?と思えます。 結果的に治に見つけられてしまうんですけどね。 治が車上荒らしをしていた時祥太が 僕 を助けた時は?と聞いていました。 (俺っていってたっけ?祥太の一人称を忘れた・・) 祥太は治と信代に助けてもらったと考えているんですね。 パチンコ店の駐車場に置き去りに されていた幼い祥太。 放っておいたら死んでしまう、と思って治たちは助けた、と伝えていたのでしょう。 謎のままのエピソードがもう1つ。 りんが帰ってこない祥太を心配しているシーン。 信代が 虐待されている子が、人の 心配をするか、と疑問に思っていました。 その部分がなぜなのか、はっきりしてないですよね。 おばあちゃんと暮らしていた、と言っていたから、その性格はおばあちゃん譲りだったのかな。 「 万引き」という言葉がストーリーすべてに掛かっています。 信代は「 誰かが捨てたのを拾った だけ」と話しています。 祥太のこともそうだし、りんも捨てられていたようなもの。 初枝も 前夫に捨てられて、一人で寂しく暮らしていたのでしょう。 そこへ信代たちが転がり込んで、初枝を拾ってあげた、となる。 もしかして亜紀もそうなのかもしれませんね。 風俗で働いていたのを知った両親が、家を追い出した? 亜紀の常連客である「 4番さん」は 池松壮亮さん。 主役級の役者である池松さんのシーンが、あれだけ?ってくらい少ないですが、さすが印象に残る演技でした。 4番さんは2人きりで話せる部屋でも、声を出さずにいました。 亜紀に抱きしめられて、何か言いたそうだけど、言葉が出ない様子が 失語症なんじゃないか、と見えました。 それくらい心に深い傷を負っていて、自分を力いっぱい殴るという自傷行為をする人。 個人商店やまと屋(だっけ?)「忌中」となってましたけど、あれは 主人が亡くなったんです よね? その後、初枝が亡くなります。 是枝作品は 老人の死がはっきり描かれますよね。 ちなみに初枝が海で自分の足に砂をかけているシーン。 その後、本当に土に埋められてしまうこととリンクしてる?って思いました。 ところでDV常習男(りんの父)を演じた 山田裕貴さん。 この方、凶暴な役多くないですか?(笑) 普段の山田さんの目も怖く見えるんです・・・ いきなりキレ出すみたいな。 目に表情ないですよね。 『』 本日より公開 血の繋がりが本当の繋がりとは限らない 大人だろうが、子供だろうが、 1人の人間 大事なのは心の繋がりなんだなと 感じられます。 きっともう2人は会うことがないのでしょう。 でも治は父親の気持ちになっていて、思わず祥太を追いかけてしまった、と。 祥太も口だけの動きで「 お父さん」と言ってました。 ラストシーンのりん。 また以前のように部屋から締め出されていたのか、一人で遊んでいたのか、謎でしたね。 外を見たのは 治や祥太が連れ戻し に来てくれる、と期待していたのでは?と思いました。 カテゴリー•

次の