水 転写 デカール 自作。 MDプリンター代替としてのテプラデカール

レーザープリンターで自作デカール

水 転写 デカール 自作

飛行機の尾翼の裏にわずかにデカールを折り返す場合などは ティッシュペーパーに染み込ませてデカールの上に乗せてなじませるとかの 使用方法もできます。 注意点は、デカールの個体差により、印刷の溶け出す速度が変わる点です。 当製品を使用する場合は、模型につきっきりで軟化具合と印刷状態を監視する必要があります。 デカールがなじんでいなくても、早めにふき取り、またソフターを塗り 早めにふきとるを繰り返して、デカールをなじませる方法がおすすめです。 ソフターの使用量は増えてしまいますが、印刷を駄目にするよりは良いと思います。 とくに特定のメーカーのデカールは、30秒ほどで印刷が溶けだす事がほとんどでした。 このような場合は使用しないデカールでテストして、 水でセッターを薄めて使用する様にしています。 ソフターとセッターを使用して接着したデカールは、驚くほど強く模型に張り付きます。 ですが、そのために、乾燥後に、余計なところにはみ出したデカールを除去することは まず不可能となります。 セロテープにくっつけて剥がす技も通用しませんでした。 痛車とか痛戦闘機のストライプのデカールなどは、曲面になじませますと 意外と伸びて規定の位置よりもデカールがはみ出てしまう事がありますので 特に注意が必要です。 半乾きの状態で余分な部分を除去することをお進めいたします。 いろいろな形や文字のデカールがある。 色が金色なので、安っぽくない。 何よりも、どのデカールも大きいことがいい。 ナイチンゲールは巨大なプラモなので、主張するくらい大きいデカールがちょうど良い。 私はナイチンゲールが好きだ。 二十数年して、納得のいくものがバンダイから出た。 素組して感動した。 ガンダムマーカーで部分塗装して興奮した。 もっとカッコ良くしたいと思い、デカールを探した。 自作も考えたが、絵が下手なので、デカールを買うことを選んだ。 このデカールを貼り、非常に満足している。 例えば、サンライズのDVDやバンダイのプラモを複製して安く売ったら、問題だと思う。 しかし、このデカールはナイチンゲールの魅力をUPさせるためのものであり、バンダイの商売を邪魔していない。 ジオンのマークで騒ぐなら、それはサンライズの版権に対する考え方がおかしいと思う。 このような商売が成り立つのは販売元の考えとユーザーの要望にギャップがあるからだ。 こういうものが欲しいと思うユーザーに対して、商売と成立しないと判断して出さないメーカーがいる。 これに対して、商売として成り立つと考えるメーカーがこのデカールを出している。 今回の場合、バンダイやサンライズはナイチンゲール用のデカールを準備すればいい。 コストが見合わないならば、自作デカール用にデカールの絵を売れば、いいのだ。 それがダメなら、サードパーティと共生するできる環境を作るべきだ。

次の

レーザープリンターで自作デカール

水 転写 デカール 自作

結論から言うと、無理です。 とりあえず作るだけなら、インクジェットプリンタとミラクルデカールのようなデカールシートがあれば作れます。 作り方については、ミラクルデカールの製品にリーフレットが入っていますので、それに従って作業すれば問題ないでしょう。 問題はここからで、どうしても既製品のデカールシールとは違うところが出てくるため、慣れないとうまくいかない、ということが多いんです。 デカールシートは白と透明のものがありますが、白は隠ぺい力がイマイチですし透明のものはシートがあからさまに分厚いうえに印刷が透けてしまうので、どうしても貼るところを白で塗っておく必要があります。 また、大判のデカールを作ると水につけたときに反るのですが、その時にコートしたクリアが割れてそこから印刷が溶けて流れてしまう事もあります。 MDプリンタを使うという手もありますが(MDプリンタ用のデカールシートもWAVEやファインモールドから出ています)、プリンタや消耗品の入手という時点で既に難易度が高いですから、ここで書くのはやめておきます。 ただ、あると格段に便利になります。 まぁ、いろいろと失敗して、対策を身につけてください。 自力でデカールを作れるようになれば、創作の幅がかなり広くなりますから。

次の

デカールを自作するなら ミラクルデカール ウェブショップ

水 転写 デカール 自作

結論から言うと、無理です。 とりあえず作るだけなら、インクジェットプリンタとミラクルデカールのようなデカールシートがあれば作れます。 作り方については、ミラクルデカールの製品にリーフレットが入っていますので、それに従って作業すれば問題ないでしょう。 問題はここからで、どうしても既製品のデカールシールとは違うところが出てくるため、慣れないとうまくいかない、ということが多いんです。 デカールシートは白と透明のものがありますが、白は隠ぺい力がイマイチですし透明のものはシートがあからさまに分厚いうえに印刷が透けてしまうので、どうしても貼るところを白で塗っておく必要があります。 また、大判のデカールを作ると水につけたときに反るのですが、その時にコートしたクリアが割れてそこから印刷が溶けて流れてしまう事もあります。 MDプリンタを使うという手もありますが(MDプリンタ用のデカールシートもWAVEやファインモールドから出ています)、プリンタや消耗品の入手という時点で既に難易度が高いですから、ここで書くのはやめておきます。 ただ、あると格段に便利になります。 まぁ、いろいろと失敗して、対策を身につけてください。 自力でデカールを作れるようになれば、創作の幅がかなり広くなりますから。

次の