牛久大仏 ランチ。 牛久の観光で訪れたいスポット8選!牛久大仏だけじゃない!

茨城県牛久市にある和食お寿司が自慢の

牛久大仏 ランチ

牛久大仏 牛久観光といったら大仏目当てに行く人も多いのでは?それもそのはず、「牛久大仏」はブロンズ製立像のなかでは世界最大の大きさ。 ギネスブックにものっているんです!120メートルの大仏様を目の前に、圧倒されること間違いなしです。 牛久大仏の魅力は外観だけではありません。 1992年完成したという、意外にも新しい大仏様の胎内はエレベーターが通り、1階から5階までの5層に分かれています。 中には、牛久大仏にまつわる展示や写経体験ができるスペースがあるんです!5階は展望エリアとなっていて、お天気の良い日にはスカイツリーや富士山が見えることも。 構造上、展望窓は小さいですが、大仏様の大きさを改めて実感できますよ。 また、観光で行くなら牛久を代表するイベントも必見!毎年お盆の季節と大みそかには、牛久大仏のライトアップと花火が行われます。 カラフルに彩られる大仏様の足元で花火を楽しんでみてください。 html 2. 牛久市観光アヤメ園 お花見といえば桜ですが、それ以外にも素敵なお花はたくさんありますね。 牛久のお花が見られる観光名所といえば、「牛久市観光アヤメ園」。 「いずれアヤメかカキツバタ」ということわざがあるぐらい、日本人にとってもなじみ深いのがアヤメの花です。 毎年6月初旬から下旬にかけて、約200品種のアヤメ、花菖蒲、カキツバタが一面に咲き乱れます。 早咲きの品種から遅咲きの品種、色も紫、黄色、白とさまざま。 見ているだけで心が安らぐような景色です! 市営の公園なので入場料が無料。 入場時間に規制がないのも嬉しいところ。 ゆっくりとお花を鑑賞してください。 アヤメ園の近くには牛久沼があり、お散歩にもちょうどいいですね。 牛久と縁の深い日本画家、小川芋銭の描くカッパをモデルにした像も園内にちょこんと座っているので探してみましょう。 (掲載情報は2016年10月24日現在のもの) 3. ヤマイチ味噌 みそ汁は日本人にとってのソウルフード。 日本人なら誰だって馴染みのある、味噌にまつわる観光スポットはいかがでしょう?創業1962年、牛久の地で半世紀あまり親しまれてきたお味噌屋さんが「ヤマイチ味噌」です。 昔ながらの製法でつくる味噌から、若者にも親しまれるような味噌をつかったスイーツまで取り扱うお店です。 商品のひとつである河童米みそは、茨城県の特別栽培農産物である牛久産の河童米をつかったお味噌。 まろやかで甘口なのが特徴です。 他にも、茨城県産の大豆をつかったお味噌など、地域愛を感じる商品が多数並びます。 気になる味噌スイーツは、甘酒ミルクアイスやみそシフォンケーキ、ラスクなど。 温めないから夏も飲みやすいひやし甘酒もあります。 栄養たっぷりで健康にも効果的なお味噌。 牛久観光のおみやげにしても喜ばれますよ。

次の

これぞ茨城県牛久市名物グルメ★地元民おすすめ10選

牛久大仏 ランチ

1:芸術的な味を堪能できる「季より」こだわりの石挽そば 牛久駅より歩いて約20分程度のところにある芸術的ともいえるようなおそばを食べさせてくれるお店があります。 おそばで季節を感じることができる他では類を見ないところ。 そばの産地を時期によって変え、違った味わいを楽しめるのがビックリする。 蕎麦って奥が深いんだと心から納得してしまう味。 すべて手挽きで蕎麦を作っているため、1日に限定15人前しか食べることができないというのも貴重なところ。 一度時間を合わせて、足を運んで見る価値ある手作りそばのお店です。 もちろん、寒い時期は素敵な店内でいただけます。 自分好みのカップを選び、紅茶やコーヒーとスイーツを堪能し、ランチタイムはパスタを楽しみましょう。 日本にいるのを忘れさせてくれるような場所で、素敵な時間を過ごしてください。 土日に車を使って、ドライブデートで行きたいお店。 きっと到着したら彼女の喜ぶ笑顔が見えるでしょう。 季節ごとに違った顔を見せてくれるため、一年かけて通い続けてみたい場所です。 マスター自らが焙煎し、香りを存分に楽しめるのがコーヒー好きにはたまらない。 スイーツや軽食もコーヒーにマッチしたものが楽しめ、「サイトウコーヒー」はコーヒーを中心に楽しめるお店といったところです。 ランチタイムでは、地元の食材を活かしたパスタを食すことができ、日替わりメニューとなっているため毎回違った味を楽しめるのがいいところ。 10種類あるドリンクとスープやサラダ、デザートがついて1,000円でいただけるのは十分に安い。 ランチタイムの活用も終わった後のアフタヌーンティーとして活用するのも素敵な時間になること間違いなし。 牛久駅より歩いて12分位いったところにある「活龍」というお店。 ここは、野菜やにんにくを増しで頼むことができる二郎系を彷彿とさせてくれるお店。 大盛・中盛が無料で選べ、手もみの中華そばが大盛りで650円で堪能できるのは十分に安い。 ラーメンとつけ麺があって、好みによりますが麺の味を楽しみたいのなら断然つけ麺。 こちらも量をコントロールできるため、存分に食べたい人向けのものです。 国道6号線沿いにあり、駅からはちょっと離れているためバスで行くことができますが、車を使うのが一番いい。 値段もかなりリーズナブルで、この味で500円〜900円程度なら何度でも足を運びたくなってしまうくらい安い。 太い白髪ネギのトッピングがおすすめで、口の中で暴れるような感じが最高に美味しい。 茨城の方に行く用事があったら、途中でこの「ラーメンショップ 牛久結束店」で小休憩とご飯とするのもいいでしょう。 途中にこんな美味しいお店があるのは幸せです。 一つの観光スポットとして多くの方に愛され、連日沢山の人が訪れます。 シャトーカミヤの中に幾つかのショップがあり、高級イタリアンを堪能できる場所や地ビールが楽しめる開放的な店内テラス。 バーベキューが楽しめるガーデンなど食に困ることはないです。 シャトーカミヤは、現在国の重要文化財指定されている場所で、100年以上もの歴史がある場所。 もともとはワインの貯蔵庫として活用されていたところから今では、楽しめる場所に。 ショップではシャトーカミヤのオリジナル商品も手に入るため、訪れたらお土産に買っていってもいいですね。 素敵な空間でコース料理をいただくことができる至福の時間を味わえます。 ランチ限定の2,000円のコースから5,000円のコースまで自分の好みに合ったものを選べます。 店名「ゴラッソ」の由来はサッカーのゴールから来ているとか。 店内の床には人工芝が敷いてあったり、サッカーファンにはたまらない場所。 そんなところでいただくランチは、5種類の中から選べるパスタセット。 サラダとガーリックトーストがついてくるためとっても満足行くもの。 地元の農家さんから仕入れた新鮮な食材を活用し、美味しいものに仕上げてくれる。 裏メニューもあるみたいなので興味ある方は聞いてみてはいかがでしょうか。 2人用と4人用の半個室もあるため、自分たちだけの時間を過ごしたかったら、ココがいい! デート使いに最適なお店で素敵な時間を過ごして下さい。 アットホームな雰囲気のお店と美味しい魚料理を食べさせてくれるメニューにとっても期待です。 ご飯が出てくるまでどんな物がやってくるか楽しみなのも、この店の魅力。 サービスも旺盛で普段ではつかないものもついたりするのも気まぐれ所以なのかもしれない。 ランチで足を運んでみると夜の居酒屋時間も楽しんみたくなりますね。 牛久へ観光にて足を運んだ時に一つの選択としてピックアップしてもいいでしょう。 一番高いものでも1080円(税込)のエビフライとヒレカツのセット。 それ以外の揚げ物は1,000円以下が多く、気軽に楽しめるのが嬉しいところ。 採用している豚は地元つくばのブランド豚。 ストレスフリーで育った肉質が柔らかくジューシーな味わいをフライにして閉じ込めたというのだから最高です。 ナン食べ放題も嬉しいサービス 牛久駅より歩いて2分のところにあるインド料理のお店。 スパイシーで本格的な味わいを楽しむことができ、値段もリーズナブルでいろんな味を堪能することができます。 カレーは6種類から選ぶことができ、サラダや飲み物もついて700円なのは安い! ナン食べ放題のプランもあって、800円で選べるのは有難いところ。 大盛り100円払ったら食べ放題になったという感覚でしょうか。 種類が豊富なカレーは、一人で行くよりグループで行くといろんな味が楽しめそうですね。 素敵な時間を一緒に来た人と過ごして下さい。 JR常磐線気軽に行ける場所で、東京からもそれほど離れていないためちょっとした小旅行気分で遊びにいける場所です。 駅から歩いていけるところもあれば、車が欲しいというところもあり、行きたい!って思ったら事前にプランを考える必要がありますね。 予約が可能なお店もいくつかあるので、行くことを決めたら予約してみてもいいでしょう。 雰囲気が素敵なお店から絶品料理まで多くのものが楽しめるのが牛久のランチ。 足を運ぶ機会あったら、今回紹介したところに行かれてみてはいかがですか?.

次の

牛久大仏周辺の【必見】の穴場、行きたいスポットはココ!

牛久大仏 ランチ

概要 [ ] 牛久大仏建設の事業構想は昭和58年度()に関係者によって着手された。 に工事が着工して、12月に完成した。 事業主体は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺。 の霊園であるのエリア内に造られた。 その姿は同派のである像の形状を拡大したものである。 全高120m(像高100m、台座20m)を誇り 、(像高 14. 98m)が掌に乗り、にある(全高93m、手を掲げた姿勢の像高46. 05m)の実質的な像高(足元から頭頂までの高さ33. 86m)の3倍近くの大きさである。 地上高世界最大の"ブロンズ製"人型建造物(仏像)であり、には「世界一の大きさの製仏像」として登録されている。 地上高世界最大の人型建造物は、郊外ので、全高約129. 5m(像高約116m、台座13. 5m)の釈迦立像(ギネス未登録)である。 台座を含めた地上高世界最大の人型建造物は、全高約208m、像高約106mのにあるである。 なお、以前に造営されたものでは、のであるの像高59. 98mが世界最大である。 また、大型の人型建造物を含む長さの比較資料としては「」、「」が詳しい。 構造 [ ] 施工はによる。 建築にあたっては主に高層ビルで用いられる工法が採用された。 まず中央に、大仏全体の重量を支える役割を果たすの主架構を組み上げる。 次に、主幹の役割を果たすこの鉄骨の周囲に、枝を生やすように、あらかじめ地上で作っておいたブロックを組み合わせていく。 高さ100mの仏像本体は20段の輪切り状に分割して設計されており、さらにそれぞれの輪切りが平均17個のブロックに分割されている。 加えて、各ブロックは平均1. 5m四方の製のを9枚程度並べてし、下地となる鉄骨と組み合わせることで作成された。 この下地鉄骨が、複雑な形状をとりながら主架構と青銅板との間を繋ぎ、樹木でいうところの「枝」に相当する役割を果たしている。 仏像表面の青銅板は葉のように浮いているだけであり、巨大なを支える必要がないため、6mm程度の厚みしかない。 これは、板で全体の重量を支える奈良の大仏などとの大きな違いである。 特に形状が複雑な両手部分についても、別に地上で組み上げ、巨大クレーンを用いて吊り上げられた。 像の表面には、これを覆い尽くすための青銅板、その数6,000枚以上が用いられている。 そのため、像の表面を注意深く見れば正方形のタイル状の継ぎ目を確かめることができる。 これらブロックの継ぎ目部分には隙間があり、台風や地震、気象変化による板金の伸び縮みに対して構造上の余裕を持たせる役目を果たしている。 大仏の胸部にあたる地上85mまではでのぼる事ができ、周囲の景色を展望することができる。 ただし、像自体の美観の問題から広々とした展望台は設けられておらず、胸部からの景色は状に設けられた小窓から見ることになる。 施設の詳細 [ ] 像の基本情報 [ ]• 構造:青銅板張立像• 全高(地上高):120メートル• 像高(立像の場合、本体の長さ):100メートル• 台座の高さ:20メートル(うち、基壇部は高さ10メートル、は高さ10メートル・直径20メートル)• 総重量:4,000トン(うち、本体重量:3,000トン、外被青銅版の総重量:1,000トン)• 顔の長さ:20. 0メートル• 目の長さ:2. 5メートル 口の長さ:4. 0メートル 鼻の長さ:1. 2メートル 耳の長さ:10. 0メートル• 左掌の長さ:18. 0メートル• 親指の直径:1. 7メートル 人さし指の長さ:7. 0メートル• 足の爪の長さ:1. 0メートル• (らほつ。 総数:480個。 1個の直径:1メートル、1個あたりの重量:200キログラム)• 造営期間:1989年 着工、1993年6月• 存続期間:1993年 - 現存 内部構造と情報 [ ] 内部にはパネル展示等があり、歴史やの世界について学ぶ事ができる。 1階:光の世界(Infinite Light and Infinite Life)• 観想の間:浄土の世界を観想する(思い描く)空間。 2階:知恩報徳の世界(World of Gratitude and Thanksfulness)• 念仏の間:毎週土曜日、ここで法話がある。 阿弥陀如来への報恩感謝の気持ちを籠めてを行う空間。 写経席は77席。 3階:蓮華蔵世界(World of the Lotus Sanctuary)• 約3,300体の胎内仏に囲まれた金色の世界。 「蓮華蔵世界」とはのこと。 4・5階:の間(Room of Mt. Grdhrakuta)• ここには(の遺骨)が安置されており、参拝できる。 また、四方に窓があり、東西南北を見渡せる。 交通アクセス [ ] 牛久駅東口 鉄道・バス• 自動車• (圏央道)、より約3分。 フィクション [ ] 牛久大仏は、小説『』( 原作)の映画版(製)と小説『』( 原作)の映画版(製)に登場している。 『けものがれ、俺らの猿と』の劇中では、主要登場人物の一人・田島の父親が造ったが、趣味の悪い着色が施されているとの設定になっている。 主人公である・佐志はそれに対して批判的に意見する。 のライトノベル『誉められて神軍』第2巻に茨城エルフの聖域に有史以前より鎮座する全高120mの神像として「牛久女神像」が登場している。 脚注・出典 [ ] []• 奈良の大仏のように坐像の場合、本体と蓮華座の数値を合わせたものを「像高」としている例が多い。 (中国語)• (中国語)• 編著『超高層大仏をつくる』鹿島出版会、• 青銅板はの仏像専門会社によってされた。 2作は・が担当という共通点がある。 関連項目 [ ]• 茨城県内で最も高いは(116m)であり、牛久大仏の全高(120m)よりも低い。 長さの比較資料• (、奈良の大仏、の釈迦横臥像、、など)• (牛久大仏)• 外部リンク [ ]•

次の