グルーガン 強度。 グルーガンによる接着の強度を決める2つの要素とは?

グルーガン使い方のコツを教えます!布や紙にも使えるの?接着強度は?100均のグルーガンは使えるの?

グルーガン 強度

このページの目次• グルーガンとは グルーガンとは、スティック状の樹脂を溶かして接着する道具で、ホットメルト接着剤と呼ばれています。 昔使った「はんだごて」と「はんだ」をイメージするとわかりやすいかもしれません。 グルーガンは、はんだごての樹脂版みたいな感じです。 グルーガンの接着時間30秒くらい グルーガンは、後ろから差し込んだグルースティック(樹脂)を温めて、一度溶かして、樹脂が冷えて固まることで接着される仕組みです。 なんと接着時間は数十秒!個人的には、この接着時間が絶妙だと思います。 接着しながら角度を微調整できるし、接着されるまで何時間も固定する必要がないですからね。 グルーガンは、プラスチック・金属・木・布なんでも使える 木工用ボンドとか、布用ボンドとか…用途別に接着剤が必要なんです。 グルーガン一つあれば、身の回りのものはほとんど接着できます。 手芸に使ったり、インテリアに使ったり、スマホケースとか、おもちゃの修理とか。 使用用途が幅広すぎです(笑)DIYで使う人が多いのも納得。。 グルーガンは維持費が安い 瞬間接着剤って便利なんですけど、いざ使おうとした時に固まってたりしませんか?頻繁にボンドとか使う人は気にならないかもしれないんですけど、たまーにしか接着剤を使わないぼくは、いざ使いたいときに固まってて接着剤が使い物にならないときってあるんですよね。 その点、グルーガンは使うときに使う分だけ熱して使うので、いざという時に使えないことがないから、結果的に維持費も安いんですよね。 買ったグルーガン セリアやダイソーでもグルーガンを売っているようですが、樹脂漏れがあったりするっていうレビューが多かったので、少し高めのグルーガンを買いました。 1280円也!高いと言っても1280円で小型のグルーガンと、グルースティング25本ついてきました。 参考: iPhone6の縦の長さと同じくらい。 ボンドとかちょっとしたときに使う接着剤の代わりに使うだけなので小型のグルーガンで問題なし。 RAGUの小型グルーガンを選んだのは、液漏れ防止機能付で電源スイッチとスタンドがあったから。 グルースティックって、硬いものだと思ってたけど、結構弾力性があって曲がる。 25本ついてきたから、使用頻度の低いぼくにとっては1年分以上使えるだけのグルースティックかな。 グルースティックをセットして電源スイッチON!で、3分後に使えるようになりました。 トリガーをひくと透明の樹脂がウニョ~ってでてきます。 接着剤を出し過ぎることもないから使いやすいですぞ。 グルーガンの使い方 というわけで、さっそくグルーガンを使ってみます。 まずは、ゴムホースとプラスチックの接続部分のプラスチックがポキッと折れてしまった、おもちゃの修理。 ホースの空洞を確保する必要もないので、ホースに溶けた樹脂をつけて、強引に接着しました。 むしろ瞬間接着剤で修理してたときは二度三度折れたりしたけど、グルーガンを使ったらバッチリ。 グルーガンの基礎的な使い方については、動画の方が分かりやすいかもしれません。 気になる方はぜひ動画をご覧ください。 手芸・アクセサリーにも使える 手芸・アクセサリーに使ったりしてる女性も多いみたいですね。 このタイプのクリップで販売したことないんだけど、普通にグルーガンでくっついた。 でもフンガーバリバリーってやったら剥がれると思うんだけど通常の使用になら耐えられる。 グルーガンを使わない手はないですもんね。 グルー(樹脂)が溶ける時の融点に違いですね。 基本的に高温タイプのグルーガンの方が強度が高いです。 ただし、用途によって使い分ける必要があるので、以下を参考にしてみてください。 高温タイプのグルーガンの特徴• ガラス面や鏡などにしっかりと接着できる。 融点が高いので低温よりもゆっくりと固まる。 従来、グルーガンは主に工業用として使われていたため、この高温型が一般的なタイプになります。 高温タイプは例えば、固まるのにやや時間があることを利用し、たっぷりグルー(樹脂)をつけたあと固ってしまう前までに微調整をしたりすることができますよ。 ぼくが買ったのは、この高温タイプです。 低温タイプのグルーガンの特徴• 素材へのダメージが少ない(素材の変色や変形がない)• 触れても火傷しにくい グルーガンの普及に伴って、主に家庭用に開発されました。 低温タイプは例えば、小さいものや軽いものや熱に弱い紙・布・リボンに使う時向けです。 変色や変形を避けたい、デコレーションをする方がよく使うタイプです。 低温と高温の注意点 高温タイプのグルーガンには高温用グルースティック、低温タイプのグルーガンには低温用グルースティックを使わないと接着強度が低下してしまします。 意識せずに買いがちですが、パッケージ等の表示に注意しましょう。 ただ前提として、 グルーガンはあくまでも接着剤だということです。 瞬間接着剤やボンド、グルーガンでも共通していえることですが、負荷や加重の掛かる場合は構造や噛み合せなど奥深く考慮しないと効果は期待できません。 結論、グルーガンは一家に一台あると便利! これまで接着剤を何種類も買ってきましたけど…グルーガンが一番万能だと思います。 金属と金属の接着など接着剤でも難しい接着をできるわけではありませんが、普段接着剤を使っているものだったらグルーガンですべて代用できる感じ。 グルーガンが家にあるとマジで便利なので、おすすめですよー。

次の

グルーガンの接着がすぐに外れてしまう!作業のコツとオススメのグルーガンは?

グルーガン 強度

Contents• ちょうど良いグルーの量はどれくらい? グルーガンは他の接着剤に比べると強度が低めなため、量が少ないとすぐに外れてしまいます。 逆に量が多過ぎると流れ落ちたり、染み出してしまったり、と見た目に美しくなくなるだけでなく、火傷の原因にもなります。 少な過ぎても多過ぎてもダメということです。 インテリアフラワーを制作する際も、ワイヤリングや、土台の接着、アレンジの固定などにグルーガンを使用します。 その際に最適な量はというと・・・ 垂れない、流れ落ちない程度にたっぷり がおすすめです。 みなさんが思っているよりも、きっと たっぷり付いています。 グルー芯は 「消耗品」と言えるでしょう。 グルーガンは消耗品?!故障の原因は? 教室をしていた頃は、芯だけでなく、グルーガン本体の方もよく買い換えていました。 多数の人が頻繁に使うような状況では壊れることもよくあります。 故障の原因として考えられるのは、 グルーが十分温まる前にトリガーをぎゅーぎゅー押してしまうこと。 力一杯押してるのに出てこない!! という時は、無理に出そうとしないで、温まるまで待ちましょう! 使い始めの時だけでなく、土台接着などで大量に出し続ける場合なども注意が必要。 グルーが押し出されるスピードに温度の上昇が追いつかない、ということがよく起こります。 そういう状態で無理に押し出してしまうと、故障の原因になるだけでなく、出てくるグルーの温度も低いため、すぐに冷めてしまい接着力が弱まります。 さらに、力一杯押さないと出ないので、手も疲れます・・。 この点、故障にも気をつけてくださね。 グルー芯は、一度ガンから押し出してしまうと、温度が下がって固まっていきます。 冷めていくにつれて、徐々に樹脂が硬くなり、密着力も弱まっていくんです。 グルーを押し出した後に、色々迷っていたり、道具を探していたり、やり直したり・・と、色々やっているうちに、どんどんくっつかなくなっていくので、冷めかけてから固定しようと思っても、難しいのです。 出したての、 ホカホカ、アツアツ、ドロドロの時に、ギュッとくっつける! 位置が決まったら、動かさないようにしてしっかり温度の低下とともに固める!というのがグルーガンを使うときのポイントです。 温度が下がり始めて硬化の途中で調整したり動かしたりしていると、隙間ができやすくなってしまい、接着力が落ちる原因になります。 出したら手早く、できるだけ一発でくっつけて、あとは触らない! と意識してみましょう。 グルーガンの接着力 グルーガンは、 瞬間接着剤や、 多用途接着剤(ウルトラ多用途やセメダインsuper)、 木工ボンド(乾燥後)といった接着剤に比べると、 接着力は弱いです。 強く引っ張ると外れる=やり直しがきく というのは、お花のアレンジを作る上に置いてはメリットでもあります。 お花を挿してグルーで固定した後で、 「あ、失敗した!」 「やっぱりお花の位置はもう少しこっちの方が綺麗?」 と思っても、全然外れない!やり直しができない!となっては作っている時に困りますよね。 ただし、あまりにも簡単に外れてしまうようなら、接着剤としての役割を果たしません。 日曜大工、子供の工作、クラフトとして使用する場合など・・用途や目的に合わせて接着剤はセレクトする必要があります。 グルーガンと相性の悪い素材もあります ・ガラス 表面がツルツルしていて冷たいので、グルーがすぐに硬化してしまい、密着しません。 ・ツルツルしたプラスチックや金属 樹脂製のツルツルしたものは、グルーが密着しにくく、くっつきにくいものがあります。 アイアンやブラスベースなどの金属も温度が低いのでくっつきにくいものがあります。 グルーガンには低温タイプと高温タイプがあります。 低温グルー・・・出したては熱くて触れないけど、数十秒で温度が下がるので、慣れてない人でも扱いやすい。 高温グルー・・・出したても、出してからしばらくも、かなり熱い!うっかり触ると火傷します。 ということで、高温グルーガンは作業に慣れてきた経験者さん向きです。 初心者さんは不注意で落としたり、グルーが垂れたり、グルーを触ってしまったり・・と火傷の可能性が高いので、最初のうちは低温グルーガンを使った方が良いですね。 教室などで用意するお道具も、低温のものがおすすめです。 生徒さんがお怪我をされては大変ですから。 に気をつけて、作業に慣れていくといいですね。 セットするグルー芯にも低温用、高温用があります。 ガンのタイプに合った芯を選びましょう。 どうして高温グルーガンがいいの? 固まるまでの時間が長く、接着力が高いからです。 低温グルーに比べると早く溶けてゆっくり固まってくれるので、 複数のワイヤリングを同時進行・・というようなこともできます。 硬化がゆっくり進むこともあって、強度も低温グルーガンに比べて高いです。 ショップやオーダー受注などで 作業効率をあげて、早くたくさん作りたい、という方には向いているでしょう。 私も教室をしていた時は、 サンプル作りの時は高温、レッスンの時は低温、と使い分けていましたが、ショップを始めてから 高温グルーしか使わなくなりました。 ただし・・ 本当に、触っちゃうと熱いので、火傷に気をつけて下さい! 私が商品制作に使っているグルーガンはコレ! Concertoのショップ商品を作る時、動画レッスンの作品を作るのに使っているグルーガンはこちらです。 リンク グルー芯は7ミリ、11ミリなど、サイズも温度(高温・低温)も違うので、間違えないように気をつけて選んでくださいね。 道具選びは大事! 100円ショップでも買えるグルーガンですが、機能&使い勝手としてはちょっと不十分。 アイテムによって、100均でも十分使える!というものもあれば、安さを優先してしまったがために非効率になってしまう、ということもあります。 ・・がこちらはほぼやり直しが不可能になってしまうので、インテリアフラワー作りには今回ご紹介したものがおすすめです。 まとめ グルーの接着力が弱い・・とお悩みの時は、• 垂れない程度にたっぷり付けてみる• グルーを出したら手早く一発作業!固まるまで触らない!• 作業に慣れてきたら、高温グルーにもチャレンジ! というお答えでした。 作品作りのお役に立てば幸いです。

次の

良くある質問

グルーガン 強度

工作や手芸、DIYに、一台あると大変便利なグルーガン。 ここでは、グルーガンによる強度を決める2つの要素について説明します。 グルーガンによる接着の強度を決める要素1:グルーガンのノズル温度 グルーガンは、ホットメルト接着材であるグルーステックを加熱するための道具です。 加熱するだけですから、グルーガンそのものが接着の強度を決めるわけではありません。 スポンサーリンク しかし、知っておかなければならない点は、グルースティックの方に2種類のタイプがあるという点です。 グルースティックには、グルー 糊 が溶ける温度 融点 によって2つのタイプがあるのです。 そのような場合、後者の低温タイプを使用することになります。 そして接着力という面では高温タイプの方が強いのです。 したがって、接着力を重視するならば、前者の高温タイプを使うことになりますし、その場合、グルーガンも必然的に高温タイプのグルーを溶かすことができるノズル温度のものを選ぶ必要があるのです。 ノズル温度は、スペックとして表示されていると思いますので、購入時に確認しましょう。 グルーガンによる接着の強度を決める要素2:グルースティックの素材 グルーガンには、2種類の融点があることを説明しました。 この他にも、グルースティックには接着の強度を決める要素があります。 それは、グルースティック自身の素材です。 グルースティックの素材は、メーカーによって当然異なりますし、それによって接着強度も変わってくるのです。 ただ、これは実際に使ってみないとわからないですね。 それに、使用する素材や接着表面の状況によって大きく変わってくるのは、一般的な接着剤と同じことです。 グルーガンには、使用できるグルースティックの直径が規格で2種類 7mmと11. 5mm と決まっています。 そして、使用するグルーガンが例えば7mmの直径のグルースティックに対応するモデルであれば、どのメーカーの7mm径のグルースティックでも使用できます。 同じ直径のグルースティックを入手して、いろいろ試してみるとよいでしょう。 ちなみに、グルースティックの直径自体は接着強度には影響しません。 1回のハンドルのプッシュでノズル先端からでてくるグルーの量が変わるということです。 グルーガンによる接着の強度を高めるには? ここまで述べたとおり、接着の強度を高くするならば、高温タイプのグルーガンを選びましょう。 グルースティックの方は、まずは純正 入手したグルーガンが推奨しているもの でよいでしょう。 高温タイプか低温タイプかがパッケージに明確に書いていないこともありますので、間違って購入しないように、最初は標準のものを使用するとよいと思います。 まずはそれで試してみて、次にグルースティックを別のメーカーのものと取り替えてみたらよいかと思います。 また接着時の注意ですが、グルーガンでくっつけたら、しばらく 30秒〜1分くらい は、部材をしっかり固定しておくことが大事です。 グルーガンを使うと、確かに素早く接着することができますが、やはり接着の基本は接着後しばらく部材を固定しておくことです。 30秒〜1分くらいあれば十分固まりますが、それまではしっかり固定しておきましょう。 ただし、大変熱いので、やけどにはくれぐれも注意してください。

次の