ご 了承 いただき ます よう お願い 申し上げ ます。 「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

「何卒よろしくお願い申し上げます」の意味とは? 由来と使い方

ご 了承 いただき ます よう お願い 申し上げ ます

お願いメールのマナー まず始めに、お願いメールの基本的なマナーと構成を説明します。 件名は短く分かりやすく 件名で重要なのは 「短い文で要件が相手に伝わること」です。 件名には用件、日付、自身の名前などを入れましょう。 同じ会社内でのやりとりでは必要ありませんが、外部とのやりとりの場合は自社の名前を入れておいた方が親切です。 早急に返信が欲しい場合は件名の最初に【至急】を使うのも1つですね。 このように、件名の最初に【〜のお願い】【〜依頼】【至急〜について】という言葉があれば、お願いメールであることが一目でわかり、良く目立ちます。 本文は遠回りな表現を避ける 本文も件名と同様に、わかりやすく簡潔に描きましょう。 お願いメールだからといって特別に気を使う必要はありません。 重要なのは 「丁寧な言葉」で「内容を簡潔に伝える」ことです。 長々と遠回しな表現でお願いされるよりは、用件、目的、返信期限などが一目で分かった方が相手も反応しやすいでしょう。 ただし、簡潔にとは言っても、必要な情報が抜けることが無いように注意が必要です。 例えば、アポイントメント依頼のメールを送る場合、日時、場所、面会時間は必須の情報です。 日時に関しては相手の予定も考え、いくつかの候補を提案することでメールのやり取りも少なくて済みます。 急ぎの案件の場合は、返答期限も記載しましょう。 必要な情報はお願いする要件によって異なるので、一概にまとめることはできませんが、二度手間にならないよう必要なものを洗い出すようにしましょう。 お願いメールでよく使われる表現 次に、お願いメールの文面でよく使われている表現をいくつか紹介します。 実際のビジネスシーンで頻繁に使われているものを集めたので是非参考にしてみてください。 お願いする時に使えるフレーズ• お願い申し上げます。 〜頂ければ幸いです。 〜頂ければ幸甚です。 〜頂ければと存じます。 大変恐縮ですが〜• お手数おかけしますが〜• 誠に勝手なお願いではありますが〜• ご多忙の中、恐縮ですが〜 メールの締めに使えるフレーズ• 引き続きよろしくお願いいたします。 ご連絡頂きますようお願い申し上げます。 早急にご対応頂きますようお願い申し上げます。 ご連絡頂けますとと幸いです。 ご協力頂けますよう、お願い申し上げます。 お手数ですがご返事頂ければ幸いです• ご検討くださいますようお願い申し上げます。 ご多忙の中、恐縮ですがご返答頂ければ幸いです。 お願いする時のNGフレーズ 次に紹介するような表現はお願いメールにおいてNGなので、以下のように言い換えましょう。 お願いします。 ご確認ください。 依頼させていただきます。 〜してください。 相手との関係性にもよりますが、以上のような言い換えが適切です。 また、催促のお願いメールを送る際も「締切厳守」など、高圧的に感じる言葉は極力使わないようにしましょう。 催促のお願いメールを書く際には、「恐れ入りますが」や「お手数おかけしますが」といった配慮の言葉をクッションとして使うことで、失礼のないメールにすることが可能です。 ワンランク上のお願い表現 日程の調整や、書類送付のお願いメールなどは比較的簡単ですが、難しいのが取引先に意見をもらったり、提示された内容についてもう一度相談し直したい時のメールです。 お願いしづらい状況では以下のようなフレーズがよく使われています。 ご相談させてください。 ご教示願えませんでしょうか。 〇〇様のご意見をお聞かせいただければ幸いです。 〇〇様のお知恵を拝借できれば幸甚です。 相手の名前を添えるのは、お願いメールで効果的なテクニックです。 人間は心理的に自分の名前を呼ばれることで、無意識に相手に好感を抱き、ポジティブな返事をしやすい傾向にあるのです。 メールとはいえ、お願いをする際には相手の名前を入れるのも1つのテクニックですね。 お願いメールの基本的なテンプレート では、実際の文面を見ながらいくつかポイントをおさらいしていきましょう。 書類送付依頼のメール 件名 請求書送付の依頼について 本文 いつも大変お世話になっております。 〇〇株式会社の鈴木です。 先日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 〇〇の件ですが、弊社で請求書の到着が確認できておりませんので、 念のため確認の連絡をさせていただきました。 お手数ではございますが、事務処理の関係で 〇月〇日 〇曜日 までにご送付いただけますでしょうか。 なお、本メールと行き違いになった場合は、何卒ご容赦ください。 ご協力いただけますよう、お願い申し上げます。 本文では、用件、期限、締めの一言が添えられています。 とにかく急ぎで返信が必要な場合は、件名のところに【至急】という一言を添えたり、自社の名前を件名に入れると良いでしょう。 ただし、そのような場合には先ほど説明した「クッションの役割」となる言葉を多めに使い、なるべく角が立たないような文章にするよう意識しましょう。 アポイント依頼のメール 件名 ご面会のお願い 〇〇株式会社 鈴木 本文 平素より大変お世話になっております。 株式会社〇〇の鈴木です。 本日は、面会のお願いがありご連絡させていただきました。 先日お話しした企画案について直接ご説明させていただきたいのですが、ご都合よろしい日はございますでしょうか。 [候補日時] ・〇月〇日(月)13:30〜17:00 ・〇月〇日(火)15:00〜16:30 ・〇月〇日(木)10:00〜15:00 ・〇月〇日(金)10:00〜17:00 以上の日程でしたらそちらに伺うことが可能です。 ご多忙の中恐縮ですが、ご検討よろしくお願いいたします。 これはアポイント依頼のメールの一例です。 事前に候補をいくつか出すことでスムーズにやり取りを進めることができます。 こちらに日程の余裕がある場合は、相手に候補の日時を3つから4つほど挙げてもらう形でも問題ないでしょう。 ちなみに、会社内での冒頭の挨拶は「お疲れ様です」で良いですが、他社へのメールの際には「お世話になっております」という言葉を使った方が無難です。 株式会社〇〇の鈴木と申します。 ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 こちらは少し特殊なケースですが、講演会への登壇をお願いするメールです。 先ほどまでのお願いメールとは違い、仕事を引き受けてくれるかどうかのメールなので、「依頼した動機」を明確にし、「最後は名前を出してお願い」というテクニックを使っています。 ビジネスにおいてお願いメールを書く場面は多いかと思いますが、今までに紹介したフレーズを使い、注意すべき点に気をつけていれば、相手を不快にさせないお願いメールを作成することは可能です。 まとめ お願いメールは、初めて書く時には戸惑ってしまうかもしれませんが、丁寧な言葉遣いや、相手を思いやる言葉を使うことができれば問題はありません。 ある程度のお決まりのフレーズを繋げていけば、失礼のないお願いメールを作成することができるでしょう。 また、基本中の基本ではありますが、「客観的な視点で書くこと」と「書いたメールの見直し」は必ず忘れないようにしましょう。

次の

相手を不快にさせないお願いメールの基本的な書き方

ご 了承 いただき ます よう お願い 申し上げ ます

意味は「ご了承くださいますよう」と一緒ですが、先程説明した通り「くださいますよう」の「ください」は「くれ」の敬語で「くれ」は命令形なのであまり好ましくはないです。 「いただけますよう」に言い換えるべきです。 「いただけますよう」は「いただく」と「ますよう」の組み合わせです。 「ますよう」は先程説明したので省略します。 「ください」は敬語ですが命令形。 「いただく」は「もらう」の謙譲語表現です。 「ご了承いただけますようお願いいたします」にすると、へりくだってお願いしています。 意味は一緒でも「わかってくれ」と「わかってもらう」では全く違います。 命令とへりくだりという大きな差があります。 ちょっとした言い換えで印象が大きく変わりますので注意しましょう。 人によっては「くださいますよう」とはどういうことだ。 「いただけますよう」の間違いだろう。 なんてこともあり得ますので注意が必要です。 クレームの場合、相手は怒っていますので、怒りを逆撫でしないように細心の注意をを払わなければ二次クレームに発展する恐れがありますので、言葉を慎重に選ぶ必要があります。 ここで注意しなければいけないことはクレームの内容です。 例えば飲食店での食中毒事故などの場合は、了承していただけるようなレヴェルではないので、使えませんというか絶対に使うべきではありません。 使えるのは、例えば納品の遅延、それも輸送中の事故による場合や、お客様の勘違いのような場合の軽度なクレームの場合に限り使えます。 判断が難しいので使い分けがとても重要です。 まずはお客様の話に同調しながら話を聞いて、「只今お調べしますので少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか」と言って確認をとり、納品の遅延の理由やお客様の勘違いであることを丁寧に説明し、納品日が分かる場合は告げて、もう少しお時間をいただけるように「何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます」と続け、お願いをします。 事の重大さ、つまりどの位のレヴェルの事案なのかで使い分けをします。 これ位なら「ご了承くださいますよう」でいいいだろう。 いや「ご了承いただけますよう」だろうと悩むこともあり得ますが、双方の意味を理解していればしっかりと使い分け出来ます。 欠品や販売中止、臨時休業といったお知らせや、同じ部課内への告知などの場合は「ご了承くださいますよう」で充分ですが、納品の遅延に対するクレームや、重要な会議の欠席、繁忙中の上司への休暇の取得のお願いなどの場合は「ご了承いただけますよう」を使います。 上手に使い分けるのもいいのですが、微妙な場合は「ご了承いただけますよう」を使っておいた方が無難です。 また、常に「ご了承いただけますよう」を使った方が良いとも言えます。 例えば通販で購入した商品がまだ届かないんだけど、どうなってるんだ。 というようなクレームで、HP上では1週間から10日お時間をいただきます。 となっているのに、実際には注文してからまだ5日しか経っていないというような、お客様の勘違いだというような場合の例文です。 悪い例は、お客様、この商品は大変人気の商品で1週間から10日はかかってしまう商品なんです。 まだ5日しか経ってないのでもうちょっと待ってください。 これはちょっと大げさな例です。 「ご了承いただけますよう」を使った推奨例は、「お客様大変お待たせして申し訳ございません。 こちらの商品なんですが、1週間から10日程お時間をいただいている商品となっております。 お調べしたところ、あと2日で到着することが確認出来ております。 お急ぎのところ大変恐縮ですが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。 」「くださいますよう」ではなく「いただけますよう」に言い換えましょう。 了承を英語にした場合、主たる英語は:understandingです。 同意と解釈する場合は:an agreement 、許可と解釈する場合は:permissiontoとなります。 ご了承くださいの英文は:We kindly ask for your understanding. 素直に訳せば「何とぞご理解くださいませ」という風になります。 I hope you will understand this. 「ご理解くださるよう願います」という意味合いの表現です。 Thank you for your understanding. こちらは「ご了承いただけますようお願い申し上げます」という意味合いの表現です。

次の

「ご了承ください」とは?正しい意味と使い方

ご 了承 いただき ます よう お願い 申し上げ ます

意味は「ご了承くださいますよう」と一緒ですが、先程説明した通り「くださいますよう」の「ください」は「くれ」の敬語で「くれ」は命令形なのであまり好ましくはないです。 「いただけますよう」に言い換えるべきです。 「いただけますよう」は「いただく」と「ますよう」の組み合わせです。 「ますよう」は先程説明したので省略します。 「ください」は敬語ですが命令形。 「いただく」は「もらう」の謙譲語表現です。 「ご了承いただけますようお願いいたします」にすると、へりくだってお願いしています。 意味は一緒でも「わかってくれ」と「わかってもらう」では全く違います。 命令とへりくだりという大きな差があります。 ちょっとした言い換えで印象が大きく変わりますので注意しましょう。 人によっては「くださいますよう」とはどういうことだ。 「いただけますよう」の間違いだろう。 なんてこともあり得ますので注意が必要です。 クレームの場合、相手は怒っていますので、怒りを逆撫でしないように細心の注意をを払わなければ二次クレームに発展する恐れがありますので、言葉を慎重に選ぶ必要があります。 ここで注意しなければいけないことはクレームの内容です。 例えば飲食店での食中毒事故などの場合は、了承していただけるようなレヴェルではないので、使えませんというか絶対に使うべきではありません。 使えるのは、例えば納品の遅延、それも輸送中の事故による場合や、お客様の勘違いのような場合の軽度なクレームの場合に限り使えます。 判断が難しいので使い分けがとても重要です。 まずはお客様の話に同調しながら話を聞いて、「只今お調べしますので少々お時間をいただいてもよろしいでしょうか」と言って確認をとり、納品の遅延の理由やお客様の勘違いであることを丁寧に説明し、納品日が分かる場合は告げて、もう少しお時間をいただけるように「何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます」と続け、お願いをします。 事の重大さ、つまりどの位のレヴェルの事案なのかで使い分けをします。 これ位なら「ご了承くださいますよう」でいいいだろう。 いや「ご了承いただけますよう」だろうと悩むこともあり得ますが、双方の意味を理解していればしっかりと使い分け出来ます。 欠品や販売中止、臨時休業といったお知らせや、同じ部課内への告知などの場合は「ご了承くださいますよう」で充分ですが、納品の遅延に対するクレームや、重要な会議の欠席、繁忙中の上司への休暇の取得のお願いなどの場合は「ご了承いただけますよう」を使います。 上手に使い分けるのもいいのですが、微妙な場合は「ご了承いただけますよう」を使っておいた方が無難です。 また、常に「ご了承いただけますよう」を使った方が良いとも言えます。 例えば通販で購入した商品がまだ届かないんだけど、どうなってるんだ。 というようなクレームで、HP上では1週間から10日お時間をいただきます。 となっているのに、実際には注文してからまだ5日しか経っていないというような、お客様の勘違いだというような場合の例文です。 悪い例は、お客様、この商品は大変人気の商品で1週間から10日はかかってしまう商品なんです。 まだ5日しか経ってないのでもうちょっと待ってください。 これはちょっと大げさな例です。 「ご了承いただけますよう」を使った推奨例は、「お客様大変お待たせして申し訳ございません。 こちらの商品なんですが、1週間から10日程お時間をいただいている商品となっております。 お調べしたところ、あと2日で到着することが確認出来ております。 お急ぎのところ大変恐縮ですが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。 」「くださいますよう」ではなく「いただけますよう」に言い換えましょう。 了承を英語にした場合、主たる英語は:understandingです。 同意と解釈する場合は:an agreement 、許可と解釈する場合は:permissiontoとなります。 ご了承くださいの英文は:We kindly ask for your understanding. 素直に訳せば「何とぞご理解くださいませ」という風になります。 I hope you will understand this. 「ご理解くださるよう願います」という意味合いの表現です。 Thank you for your understanding. こちらは「ご了承いただけますようお願い申し上げます」という意味合いの表現です。

次の