駿台模試 高1 過去問。 高1・高2生対象ラインナップ・申込|大学受験予備校 駿台予備学校

駿台模試の全国順位…結果・判定は!?悪い成績を挽回で志望校合格!

駿台模試 高1 過去問

すいません。 ベネッセ・駿台記述模試は50%駿台模試ではありません。 難関の方の駿台模試は100点満点で大体平均点が30点前後ですかね。 (もちろん受験層は進研とかにくらべて比較にならないくらい高いのにです) 浪人も加わる駿台模試は「駿台講師陣と灘のTOP5との戦い」と駿台有名講師が言ってました。 あいつら普通の模試だとサラッと100点取るので。 また、駿台模試の偏差値ですが実はあまり当てになりません。 笑 なんせ平均点が低いもので、まぐれで一問完答しただけでガラッと偏差値が変わってきます。 ですので駿台模試に限っては「何点取れたか」を重視した方がいいでしょうね。 問題のレベルは学校の先生に去年のヤツとかのを貰いましょう。 まともな学校だったら取り置きしてます。 Q こんにちは。 一浪で駿台に通っているものです。 今度の「第一回駿台全国模試」は、自分にはレベルがかなり高いと思うので受けるかどうか迷っています。 (この模試で平均点を取れば神戸大工学部でA判が出るとか・・・) 一応、私は国公立大の医学科志望なので普通に考えると受けるべきなのですが、今の偏差値では受けても殆ど白紙で提出になりそうです。 時間の無駄になるくらいなら受けずに、問題と回答だけ貰って自分で勉強しようと思うのですが、どうなのでしょう? そこら辺の見極めが頭の悪い私には難しいです。。。 大学受験に詳しいい方、アドバイス宜しくお願いいたします。 因みに欠席した場合、問題と回答はどうやって貰えばいいのでしょう? Q こんにちは。 高1駿台全国模試と全統高1模試についてなのですが、偏差値上ではこの2つの模試はかなりのレベル差があるように思えます。 その根拠としては、東大文IIIの合格可能ライン(B判定、60%以上)が、駿台では偏差値63となっているのに対し、全統では偏差値75と、12もの差があります。 京大文学部についても駿台61に対し、全統72. 5と、同程度の差があります。 私立を含めた他大学においても、総じて10前後の偏差値差があり、両者の偏差値を単純に絶対比較する事は到底出来ないものと思っています。 そこで、最初の質問ですが、受験界の共通認識として、駿台全国模試と全統模試との一般的な偏差値差がどの程度と考えられているのでしょうか? 次ですが、駿台全国模試では、受験者数が多い高校が冊子に掲載されています。 これは、恐らく学校受験が大半だと思いますが、学校名を見る限り、中学入試における日能研偏差値が50~60程度の高校が多く、60~65程度の進学校が5校程度、一校のみ偏差値70クラスの高校が学校受験していましたが、その他の最上位校は比較的少数(個人)参加でした。 個人的感想として、この程度の受験層が主体の模試での偏差値60程度で東大や京大が狙えるのかと疑問に思いました。 高3の駿台模試ならば上位校も多数参加してくるのでしょうが、そうでない層も新たに入ってくるので、平均レベルはそんなに変わらないのでしょうか? また、高1の時点では、中高一貫校がカリキュラム的に圧倒的優位と思われるので、中高一貫校の生徒が多数派のこの模試において、国公立高校の生徒は不利な状況であり、偏差値が出にくいのいう側面もあるのでしょうか? 前と重複する部分がありますが、駿台模試でその程度の受験層なのだから、全統模試の受験層はかなり低いと考えて良いでしょうか? 以上、かなり長くなってしまいましたが、宜しくお願いします。 こんにちは。 高1駿台全国模試と全統高1模試についてなのですが、偏差値上ではこの2つの模試はかなりのレベル差があるように思えます。 その根拠としては、東大文IIIの合格可能ライン(B判定、60%以上)が、駿台では偏差値63となっているのに対し、全統では偏差値75と、12もの差があります。 京大文学部についても駿台61に対し、全統72. 5と、同程度の差があります。 私立を含めた他大学においても、総じて10前後の偏差値差があり、両者の偏差値を単純に絶対比較する事は到底出来ないものと思っています。 そこで... A ベストアンサー もう少し時間がたてば偏差値に詳しい方々の、詳細な書き込みがあると思いますので その方々が回答されないようなことを補足で書き込みます。 ご存知のとおり受験者数が違いますが、どちらの模試も充分に信頼がおけるものです。 私は偏差値の違いなどは気にしなかったし、それぞれの模試でB判定以上がでることを 目標にしていました。 ただ私のように文系学部へ行った人間からすれば、理系学部における駿台の信頼性に比べれば 文系学部における駿台の評価は、時々?というところはありました。 (例えば関西における神戸大学文系学部の合格ラインが、駿台のほうが河合より低いなど 河合の神戸の合格ラインのほうが厳しいけれど、同級生の受験結果は河合のほうが信頼性が 高かった。 ) 私だけではなく、巷でもそういう意見はよく聞きます。 理系学部(特に医学部)は駿台のほうが優秀な生徒は多いと思いますし、毎年発表されている 難関大学合格者も駿台が河合を上回っています。 この数の違いが両校の優秀層の力の差を表していると思います。 といって河合の合格者も相当に立派な数字です。 私は関西の高校出身ですが(小さい頃からいろんな都市にすみましたが)、関西の進学高校でも 高3になると、ほとんど両方の模試を受けていましたよ。 学校指定は河合全統、個人で駿台模試をという感じです。 学校指定が全統のほうが多いのは受験者数が多く、それだけサンプル数が多いので、 いろんなレベルの学生の指標となるからです。 どちらの模試も信頼できるものだから、優秀層がどちらが多いなどの心配は、 あまりされないほうが良いかと思います。 あなたが東大や京大、国立大医学部を狙うならば駿台のほうが良いと思いますが。 最後に日能研の偏差値だけれど、前述したとおり私は関西の高校出身、 大学は東京にある大学だったので、家庭教師や塾のアルバイトなどをして、 関東の中学高校生を教えて感じたことは、日能研の偏差値は東京の私立中学のほうが 関西の私立中学よりも高めに偏差値が出ていると思いましたね。 これは国立大学志向の強い関西と、早慶を含めて私大人気のある関東との違いによるものが 大きいからだと思います。 また大阪などでは日能研の塾生が少なく、他の塾の合格者が圧倒的に多い私立中学などでは 日能研の偏差値は40台と、現実とはかけ離れた数字が出されています。 サンプル数が少ないのが理由ですが、地元地域の実情がわかっているのかなと疑問に思うことも あります。 大阪3学区や4学区のトップ進学高校の併願となっている私立高校(いわゆる高入組)の、 併設中学の入試(いわゆる内部進学組)の偏差値は、どこもかしこも日能研の偏差値は 40台、でもそういう私立一貫高校の進学実績は圧倒的に内部組が優秀だということです。 これらの中堅私立中学というのは日能研は対象外なんですよ。 あくまで灘中や東大寺学園中というところしか眼中にありません。 週刊誌などでは偏差値40台のお買い得の学校から東大へ、なんて興味を引くような 見出しが載っていますが、からくり、実態はこういうことです。 そもそも学区トップ高校の併願私立校、そしてその私立中学の偏差値が40台であるわけが ないのです。 はたまた偏差値40台の高校から、東大や京大に10名以上も合格できるわけがないのです。 こと大阪府内(関西地方)の中学受験の偏差値は、大阪で最も受験者数の多い 別の模試の偏差値のほうが信頼できます。 ただし、この模試は灘中志望の人間は受験しませんが。 要は何度も書き込みますが塾や模試のターゲットの層が違うということです。 何が言いたいかというと、偏差値の数字って、こういう面もあるということです。 中学受験に比べれば、地域差もないし疑問に思うことも少ないのが、 大学受験における駿台・河合の偏差値です。 もちろん東大理IIIや京大医学部受験層となると、鉄緑会といった最難関塾での試験も あるので、河合あたりの模試は受けない人も多いです。 でも心配されるような実力差は、河合と駿台ではありませんよ。 大事なことは自分の勉強計画や志望する学部(理系か文系か)で模試を選んでいけば 良いと思います。 もちろん予備校も自分に合うほうを選べばよいわけです。 駿台は理系を重視しすぎると思えば河合にいけばよいことです。 逆に理系に優秀層が多いからいいなと思えば駿台へいけばいいのです。 これだけの規模を誇る両校、及び両校の模試は、充分に信頼できるものですから。 もう少し時間がたてば偏差値に詳しい方々の、詳細な書き込みがあると思いますので その方々が回答されないようなことを補足で書き込みます。 ご存知のとおり受験者数が違いますが、どちらの模試も充分に信頼がおけるものです。 私は偏差値の違いなどは気にしなかったし、それぞれの模試でB判定以上がでることを 目標にしていました。 ただ私のように文系学部へ行った人間からすれば、理系学部における駿台の信頼性に比べれば 文系学部における駿台の評価は、時々?というところはありました。 (例えば関西にお... Q 進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか? どういう人が下げているのですか? 誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。 ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね? はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。 殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率の問題で当てたレベルの気がします。 実際、私も何一つ解らないテストは難易度にかかわらず、取り敢えず空欄を埋めますがだいたい30点台です。 そして、そんなテストを受けても満点と自分の間にレベルの差がありすぎて、見直したところで時間ばかりかかって効率も悪く、殆ど力になりません。 運と勘でもぎ取った30点の結果叩き出された合格判定などさらに無意味です。 半分も解く気がないのに、学校単位で、模試を受ける意味が解りません。 それなのにどうして、受けるんでしょうか。 3000円近くするんですよ? 進研模試の平均点を下げている人たちは、何者で、何を思って模試を受け、受けさせられているのですか? 進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか? どういう人が下げているのですか? 誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。 ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね? はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。 殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率... A ベストアンサー ベネッセは元は福武書店と言います。 福武書店は岡山県で創業されました。 高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。 岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。 問題は高校教師が作成しました。 この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。 つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。 学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。 高校生とは勉強するために学校に通っています。 大学受験を希望するかどうかは関係ありません。 難関校だろうが非進学校だろうが高校生は高校生です。 高校生が自身の達成度を知りたいと思うのは(本人が実際にどう思っているかはさておいて)、決して不可思議なことではありません。 ましてや高校教師にしてみれば自分の教育の是非を知る直接的機会と言っても良いでしょうし、カイゼンのきっかけにもなるでしょう。 確かに難関校の生徒にとっては低偏差値校生徒との比較は意義を感じないでしょう。 ですが、経緯からもお判りのように進研模試の主役はどちらかといえば低偏差値校生徒です。 質問者さんの質問内容はそっくりそのまま真逆の立場からも言えることだということです。 ベネッセは元は福武書店と言います。 福武書店は岡山県で創業されました。 高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。 岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。 問題は高校教師が作成しました。 この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。 つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。 学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。 A ベストアンサー 模試の対策をする必要はありません。 普段の勉強の成果を確認するための物ですから。 対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。 適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。 しかし模試は模試。 最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。 書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。 それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。 また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。 根性決めて書店に「通って」ください。 進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。 進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。 もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。 それはどの教材であってもそうです。 基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。 最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。 そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。 理解できるよう読んでいるのか。 なんて事が第一です。 その上で参考書、です。 物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。 何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。 しつこくしつこく。 天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。 単語帳は相性次第です。 前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。 当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。 現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。 これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。 古典は知りません。 理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。 あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。 最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。 模試の対策をする必要はありません。 普段の勉強の成果を確認するための物ですから。 対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。 適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。 しかし模試は模試。 最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。 書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。 それも判らなければ... A ベストアンサー 私の頃は代ゼミが9割5分でトップ5、河合が15~20位くらいだったとも思います。 駿台は9割でもトップ5に入れました。 記述であれば9割程度でも50位程度であれば十分入ることが出来ますよ。 偏差値は河合だとトップが80~84、駿台や代々木は75~78程度にとどまります。 一般模試は特別難しい問題は出ないので、普通に勉強してさえいれば上位にはいるのは特別困難なことではありません。 かといって東大・京大模試は8割とればトップになる 7割でも上位10位以内にはいることが出来ます のであまり参考になりませんが。 実際のセンターは古文最終問題を見落としてしまって-43点? 漢文の最後の問題が順不同なため 、結果的に93%前後でした。 上位常連に知り合いは何人かいましたが、91~96%で結構ばらつきはありました。 結論を言いますと、上位30であっても95%が余裕かと問われればそうでもないです。 90%であれば余裕と答えまいたが 受験生当時 Q こんにちは。 茨城大学理学部を目指す、高校三年生です。 先日、ベネッセ・駿台マーク模試を受けましたが、夏休みにそれなりに勉強していたにもかかわらず、ボロボロでした。 時間配分の間違いもありますが、私には結構難しく感じました……。 特に国語の現代文は夏休み中に結構勉強して、主観を交えずに読めるようになったと思っていたので時間がかかったことがかなりショックでした。 第一回ベネッセ・駿台マーク模試は、センター試験と比べて難易度はどれくらいなのでしょうか? 進研模試は簡単で駿台模試は難しいので、検討がつきません。 なお、今はまだ過去問を解くには(実力的に)早い時期だと思うので、「実際にセンターの過去問を解け」という回答は、なるべく控えてもらえるとありがたいです。 ちなみに、(かなり恥ずかしい点数ですが)自己採点の結果を載せておきます。 英語(筆記):89点 英語(リスニング):24点 数学(IA):60点 数学(IIB):13点 国語:106点 化学:52点 生物:73点 地理:82点 Q 私の学校では、習熟度別にクラス分けがされ、模試の結果によって、最上位のクラス、中間のクラス、一番下のクラスと振り分けられます。 私はテストはできても、模試はあまり得意ではありませんでした。 英語は得意で、いつも英語は90点以上を取っていたのですが、どうも模試となると、うまくアウトプットが出来なくて失敗してしまいます。 そのせいで、今年は最下位のクラスに振り分けられてしまいました。 とても悔しいです。 来年は最上位のクラスに行きたいです。 ちなみに自分の偏差値は、英語57、国語47です(河合)。 最終的には、どっちも偏差値65以上にはしたいです。 そこで、8月25日の河合模試に向けて、この夏休みに模試の対策をしようと思うのですが、模試で高得点をとれるような策はありますか? 英語は、やっておきたい英語長文、ネクステ、システム英単語、国語は入試現代文へのアクセス(河合)、現代文のトレーニング必修(Z会)、古文上達基礎編(Z会)、漢文道場(Z会)をやっています。 A ベストアンサー 来年は最上位クラスということで、高2ということでいいですか? 今取り組んでいる課題が、学校指定のものかどうかわかりませんが、あなたの偏差値からすると適切でないものが多いですね。 英語はたぶん長文を読む段階に全く達していないのでしょう。 模試や本番では初見の文章ですし、スピードも要求されますから、学校の試験とは違います。 入試で関係代名詞や先行詞など探しているヒマがないのはもちろんですが、それはそんなことを意識しなくなってからいえる話です。 ネクステ、システム英単語はよいとして(これに時間使いすぎないように)、 駿台文庫、飯田康夫の 英文法基本300選、英作文基本300選をそれぞれ一週間単位で徹底的にやることで(そういう使い方の本)、長文を読む基礎ができるはずです。 入試テクニックではなく英語の基礎です。 基本的な英文のストックがないと英語は読みも書きもできません。 またそういう点からいうと単語集はユメタンシリーズのほうがいいかもしれません。 進学校の受験生なら伊東和夫英文解釈教室の基礎編、入門編ぐらいは2年生のうちにやってもいいのですが、本編はoverworkかも。 やっておきたい英語長文は300ができないうちに、先を焦らないように。 国語では 入試現代文へのアクセスは最終段階で使う本です、あなたが東大、京大志望でも3年生になってからやれば充分です。 現代文のトレーニング必修編も偏差値47では無理でしょう。 たぶん素養がないからです。 現代文の教科書に書いてある文章の意味がちゃんととれていますか?模試の文章もちんぷんかんぷんでしょう。 まずは 田村のやさしく語る現代文、あたりがいいでしょうか。 ことばはちからダ! 古文、漢文もいまやっているあなたには難しすぎるでしょう。 いずれも3年生のいまごろマスターしておけば、現役生なら難関校の2次試験に間に合うレベルです。 古典の文法や句法さえ身に付けておけば文章自体はたいしたことがないことが多いので、まずは マドンナ古文のシリーズや 漢文句形ドリルと演習(河合)をしっかりやることをお勧めします。 他おすすめの本として、 河出文庫 橋本治 絵本 徒然草:癖のある本だが、徒然草が現代に通じることがわかる(かも)。 入試問題は徒然草とか枕草子とかはもう出題されなくて、つまらない文章が多いので、あきるでしょう? あさきゆめみし:大和和紀の描く源氏物語の漫画化。 桐壷だけ原文でよむよりこれを全巻読む方がよいくらい。 筑摩書房 ちくま評論入門 高校生のための現代思想ベーシック :たぶんあなたには難解だと思うけどゆっくり読むといい。 他、同じシリーズで小説入門とか、文章読本とかある。 英語も国語も3週間で急に学力が伸びることはありません。 長期休暇はじっくり実力をつけるチャンスです。 目先にとらわれないようにしましょう。 来年は最上位クラスということで、高2ということでいいですか? 今取り組んでいる課題が、学校指定のものかどうかわかりませんが、あなたの偏差値からすると適切でないものが多いですね。 英語はたぶん長文を読む段階に全く達していないのでしょう。 模試や本番では初見の文章ですし、スピードも要求されますから、学校の試験とは違います。 入試で関係代名詞や先行詞など探しているヒマがないのはもちろんですが、それはそんなことを意識しなくなってからいえる話です。 ネクステ、システム英単語はよいとして... 理学部はひとくくりにできませんよ。 物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。 2で示した集計表のとおりです。 細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。 ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには 2の集計表とにらめっこしてほしくありません。 u-tokyo. html や、 2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。 あくまで 2の集計表とかは参考までにね。 2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。 目標高く勉強のほうがんばってください。 理学部はひとくくりにできませんよ。 物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。 2で示した集計表のとおりです。 細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。 大まかなことを言えば、 2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、 理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部 理科二類 農学部・理学部・薬学部・... A ベストアンサー 初回答です。 この質問に回答には答えられそうなので登録させていただきました。 すこしもめているようですね・・・ 確かにこの質問だけですと分かりにくいですね・・・ しかし補足をよんでわかりました。 35 よって今回でいえば232点取れば偏差値75をとることができるというわけです。 逆に計算すると、300満点をとると偏差値90いくことになります。 驚 ちなみに数学、国語、英語の今年1月の基準偏差はそれぞれ、19. 8、14. 0、17. 3で数英、国英、の基準偏差は、34. 0、28. 6ですので同様にして求められます。 wikipedia. この質問に回答には答えられそうなので登録させていただきました。 すこしもめているようですね・・・ 確かにこの質問だけですと分かりにくいですね・・・ しかし補足をよんでわかりました。 A ベストアンサー 子供が大学生で、久しぶりに赤チャートを見直していました。 私たちのころは初級の緑チャートと応用の赤チャートだけ、緑を使っていた友人の多くが東工大クラス以上の大学に入学しました。 逆に、赤チャートを高校現役時代に使っていた友人の多くは浪人して東大などへ入学、ちゃんとマスターした人たちの実績といえば実績だと思います。 さて、最近の白、黄、青、赤のチャートは昔の緑クラスが今の青チャート、昔も呼び方は緑でも青チャートと呼んでいたみたいです。 さらに上級むけの大学への数学という別の出版社の通称黒チャートも存在していた、最近あるのかどうか未確認ですが、赤チャートよりも高度の問題を揃えていたものです。 手元にあるのは3年程度前に発売されていたものが残っている、今、中学の子が面白がって予習を兼ねて使っているのですが、基礎部分のものも充実している、応用の部分はかなり難しいものが多いのですが、赤チャートは最終目標に近いと子供は認識しているみたいです。 笑ってはいけないのですが、大学生の子、大学で某国立大学の理系なのですが、普遍教育の数学系の教科や専門教育の基礎物理などで数学の赤チャートを復習してどうにかやっと追試験を合格したみたいです。 大学の指定した教科書が難しい、それをマスターするのに赤チャートの基礎部分の問題の解き方が参考になる、忘れていたのか、細かく理解していなかったのか、それで追試験を受けることになったのです。 私の多くの友人は青で十分、青を繰り返しマスターすれば大学受験の2次試験もかなり合格できる、特に現役で合格した人は多くの後輩も同じことを話していました。 また、高校でも公立のトップレベルの進学校の数学科の指導でも、青で不足なら赤をいきなり解いてもいいと指導しているみたいです。 もっとも、現役での合格率がそれほど高くないトップ校では細かい指導はしない、基礎を確実に教える、解き方、数学なら公式を求める、自力で導き出すことを授業でマスターさせ、定期試験などでは高度な問題も多く出題しつつ基礎のセンター試験クラスの問題も半分程度出題しているところも多いみたいです。 余裕があれば、赤チャートでもいいのでしょうが、大部分の生徒には難しすぎる、やはり、青を先に購入し、全部完全に回答できるなら、もっと高度な問題へトライする、基礎はとても大事です。 いくつかチャート式のことをまとめたサイトというかネットで表示できそうなものを以下掲出します。 naver. chiebukuro. yahoo. 私は赤を高校現役で使っていた、でも、大学の同級生で赤をマスターしたのはほとんどいなかった、驚かれたものです。 大学の授業でも最初は高校の復習クラスから始まり、高度な数学を教える、他の科目でも似たようなものですし、教科書レベルを完全マスターするだけでほとんどの大学の受験はクリアーできると思います。 かなり多くの高校生の家庭教師をした経験上、赤は難しい、できたら偉いと誉めるレベル、でも、赤チャートを自分で解ける人は予備校も家庭教師も必要ない、誰かに教わって理解するというよりも自分で考えて解く、その高度な領域の部分も応用問題で多いと思います。 子供もそうですが、どうしても理解できない問題は学校の先生に聞いている、私には苦労して解けなかった問題を理解してから、どう解くか聞いてきます。 簡単に解くと悔しがる、わざと違う方法や苦労している様子を見せると喜びます。 自力で解けるようになると、他の人にも教えることができるようになる、解説してあげると、余計に身に着く、赤チャートには解けた楽しみと教えたい楽しみ、それが沢山あると思います。 難問題とはいっても良問題も多い、テクニックだけ必要なものは最近は大幅に減っているみたいですし、余裕が無ければ赤チャートは無駄な時間だけ取られます。 どんどん簡単な問題をマスターして繰り返し間違った部分を攻略する、それがチャート式の使い方だと考えます。 子供に与えるなら、私は青のつもりですが、勝手に買ったり解いているのを邪魔することはしませんし、私も赤を使っていたので、他の子にすすめるのは青でも別に赤を否定することはしません。 子供が大学生で、久しぶりに赤チャートを見直していました。 私たちのころは初級の緑チャートと応用の赤チャートだけ、緑を使っていた友人の多くが東工大クラス以上の大学に入学しました。 逆に、赤チャートを高校現役時代に使っていた友人の多くは浪人して東大などへ入学、ちゃんとマスターした人たちの実績といえば実績だと思います。 さて、最近の白、黄、青、赤のチャートは昔の緑クラスが今の青チャート、昔も呼び方は緑でも青チャートと呼んでいたみたいです。 さらに上級むけの大学への数学という別の出版...

次の

駿台中学生テスト

駿台模試 高1 過去問

さて、今回は 『進研模試』の対策方法について解説していきたいと思います。 進研模試とは、ベネッセコーポレーションが実施している模擬試験であり、一回の受験者数は数十万人にも及びます。 すごいですよね。 『定期テストでは点数がとれるのに模試になるととれない。 』『模試の偏差値が上がらなくて困っている。 』 そういう方、多いんじゃないでしょうか。 しかし、きちんと対策すれば、進研模試でも点数をとることができます。 ここでは、僕が実際に 偏差値80まで到達できた方法を赤裸々に語っていきたいと思います。 なお、この記事は高校1年生、高校2年生向けの進研模試を参考に執筆していますので、あらかじめそれを踏まえた上でお読みください。 まず前提として言っておきたいことは、 『進研模試は毎年同じような内容が出ている』ということです。 それはなぜか。 進研模試のような大手模試は、毎回同じぐらいの難易度にしなければなりません。 そうでなくては、受験者の成績の推移を正しく表したり、正確な大学の合格判定が出せないからです。 そこで模試制作側はどうするか。 ずばり、毎年同じ形式で似た問題を出します。 そうすれば、難易度や平均点を一定に保つことが出来ます。 つまり、模試の一番の対策方法は、『過去問を解く』ということです。 『過去問と同じ問題なんか出ないんだから、意味ないじゃ~ん。 』という方もいるかもしれません。 しかし、模試本番の前に、そっくり同じ形式で似た問題で解ける、ということを考えれば、十分にやってみる価値はあるのではないでしょうか。 過去問の手に入れ方としては、 ・ 学校の先生に尋ねる。 ・ 学校の資料室を探す。 などがあります。 メルカリなどでも販売している人はいますが、比較的割高ですし、あまりおすすめしません。 しかし、過去問に頼りすぎてしまうと、偏った結果、すなわち進研模試に特化した結果が出てしまい、本来の自分の実力が正しく結果に現れなくなってしまうかもしれません。 あくまで、 過去問は解くにしても1~2年分にしておきましょう。 あまり解きすぎてしまうと、かえって模試を受ける意味がなくなってしまいます。 過去問は成績を上げるためのものではなく、自分の勉強した成果を模試本番で十分に発揮できるようにするためのもの、ととらえましょう。 平均点は高く、問題も明らかな難問はないため、ある程度の点数はとりやすい。 しかし、必ずしも難易度が低いとは言い切れず、高得点はとりにくいのが進研模試の国語です。 【対策】 はっきり言って、進研模試の国語だけに通じるような対策はないので、基本的な国語の学習と同じようにやるのが一番です。 以下に、最も早く点数に繋がる対策を記しますが、国語の学習はそれだけでないことを踏まえて読んでいただけたらなと思います。 ・ 現代文は、 本文に根拠を持って解答することが大事です。 本文に書かれていないことは出題できません。 (もしそんなことをしたら後からクレームが来ますよね。 『こんなこと文章のどこにも書かれていないじゃないか!』と。 ) だから、解答に迷ったときは、まず本文の中からヒントはないか探してみましょう。 ・ 古典は、 授業でやった単語、文法、句法などをしっかり復習しておくのがポイントです。 授業でやったことが模試では出やすいです。 模試は定着度を確認するためのテストでもあるので、当然、出題者側も、『既にどの学校でも教えたであろう事項』をある程度問題にするのです。 最も点数が安定しやすい科目です。 先に挙げた通り、進研模試の数学は 一旦対策を行ってしまえば、点数を安定させることができます。 ちなみに各種模試の数学の中では最も難易度が低いです。 【対策】 まずは教科書を完璧にしましょう。 これだけで偏差値60は簡単にとれます。 いくら模試といえども、基本的な問題は数多く出題されます。 そこを取りこぼさないようにするのが大切です。 分からないところは先生や友達に聞くなりして、しっかりと内容を定着させましょう。 次に、応用問題を解けるようにしましょう。 進研模試のレベルに限っては、 学校で使用している問題集+過去問で満点が狙えます。 応用問題も所詮はパターンです。 ある程度決まった形で出題されることが多く、難問に見えてもそのパターンをちょっと捻っただけにすぎないことばかりです。 (最も、難関大になると話は少し変わるのですが。。。 ) ですので、色んな問題に触れ、『解き方』をたくさん覚えていきましょう。 進研模試頻出の内容として、 『2次関数の最大・最小』『正弦定理と余弦定理』などがあります。 これらは基礎から応用まで出題されますので、『時間がないよ~。 』という方も、模試前に問題集などで優先的に復習しておくことをおすすめします。 それ単体では出題されなくとも、他の分野に繋がっていることも多いです(特に二次関数)。 また、2年生では『 式と証明』のところなどは確実に点数を取りたいですね。 どちらかというと計算力が要求されるため、計算ミスによる取りこぼしは避けたいところです。 変わった問題は少なく、難易度も標準的です。 極端な難問はありませんが、易しい問題は少ないような印象を受けます。 英文和訳の難易度が低いですが、文法や英作文の難易度がやや高いといった感じがありますね。 【対策】 過去問を解きましょう! 進研模試の英語は制限時間が意外にタイトです。 少なくとも1回は過去問に取り組んでおかないと、本番で時間切れになることはざらにあります。 ですから、あらかじめ大まかな時間配分をイメージした上で、試験に臨むようにしましょう。 また、英語は積み重ねの教科です。 出やすい問題があるとはいえ、やはり日々の学習の積み重ねが点数となって出てきます。 普段の授業や小テストを確実にこなしていくことが、一番の対策ではないでしょうか。 筆者が心がけていることとしては、 『英語を英語のまま理解する』ということがあります。 たとえば、『I have a pen. 』という文章を見て、いちいち『私は一本のペンを持っています。 』と訳しながら読んだりはしません。 英語を見てそれがどんな状況かイメージしながら読んでいます。 こうすることで、読解のスピードも上がるはずです。

次の

進研 模試 過去 問 pdf 高 1

駿台模試 高1 過去問

こんにちは。 きんこです。 今回は、高1、高2の・で問われる古文文法についてお伝えします。 では新着記事や役立つ情報をお知らせしているのでぜひフォローしてください。 これは過去問から明らかなんですね。 それを目安に学習を進めたり模試前に集中的に学習したりすることで、模試で高得点がとれ、かつ、高2終了時点で受験に必要な事項を学び終えることができます。 高3模試では、それらの内容が繰り返し問われるため定期的に復習することになります。 受験本番では、それらの知識をフルに発揮して高得点を目指すわけです。 「模試を受ける意味」についても、ぜひ読んでみてください。 ということで、古文文法は各模試までにどのような事項を学習して臨むべきかをまとめました。 これを知ることで、いつまでに何をすべきかが明らかになり、学習をスムーズに進めることができるはずです。 まず、ベネッセの(総合学力テスト)とのが設定されている時期の目安の確認です。 高1 5月 第1回全統高1模試 7月 総合学力テスト7月 8月 第2回全統高1模試 10月 第3回全統高1模試 11月 総合学力テスト11月 1月 総合学力テスト1月 2月 第4回全統高1模試 高2 5月 第1回全統高2模試 7月 総合学力テスト7月 8月 第2回全統高2模試 10月 第3回全統高2模試 11月 総合学力テスト11月(5教科) 1月 総合学力テスト1月(5教科) 全統共通テスト高2模試(5教科) 2月 全統記述高2模試(5教科) 大学入学共通テスト早期対策模試2月(5教科) 在籍している学校によって日程が前後していたり設定されている模試に違いがあるかもしれませんが、大体このようなスケジュールになっています。 についてもほぼ同様の時期に実施されていますが、私が勤務する学校ではを採用したことがないため「問われる文法」を判断できません。 たぶん同じような出題範囲となっている気がしますが…確証はありません。 このブログでは、5~8月の模試を夏の模試、10~11月の模試を秋の模試、1~2月の模試を冬の模試とします。 なお、よりもの方が難易度が高めな傾向があり、これから示す目安の1つ先までやるといいかもしれません(1年秋の模試に向けては1年冬の内容まで学習するなどのように)。 1年冬の模試に必要な文法事項はそれまでのすべてのものを含むという意味になりますので注意してください。 どんどん必要となる文法事項が増えるイメージです。 ですから、 2年を終えると「すべての文法事項を学んだ状態」になります。 「なり」「たり」は断定の助動詞です。 確述用法とは「完了+推量」の場合に、完了ではなく強意になる用法です。 現代語訳にも絡んできますから、 これらの助動詞を正確に訳せるようにします。 動詞や形容詞、形容動詞、助動詞の区別をつけることができるようにします。 訳すことができるようにします。 「なり」は伝聞・推定の助動詞です。 適切に訳すことができるようにします。 「す」「さす」は「使役」「尊敬」の どちらの意味かを判断できるようにします。 訳すことができるようにします。 係助詞の特殊用法とは、反語の「やは」「かは」、仮定の「くは」「ずは」、訳を覚える「もぞ」「もこそ」、逆接を訳出する「こそ」です。 特に反実仮想については要確認です。 覚えるべき敬語は30語程度です。 訳すことができるようにします。 以上を学ぶことで、受験に必要な文法事項をほぼ網羅できます。 まずは、この流れで学習を進めてみましょう。 後半になるにつれて、新たな内容が少なくなっていることが分かります。 大変なのは高1の範囲です。 ここを乗り切ることが古文文法マスターになれるかどうかの鍵となります。 ここに示した文法がある程度完璧になったら、入試過去問題などで演習あるのみです。 そうすることで「復習」ができます。 また、ここで示されていない文法事項が出てきても、その都度覚えることが容易になっているはずです。 せっかく模試を受けるのですから、自分にとってプラスになるように受験しましょう。 頑張ってくださいね。 では、終わります。 「国語(評論)の勉強法」についての記事はこちらです。 「古文の学習」についての記事はこちらです。 「模試の復習方法」についての記事はこちらです。 では新着記事や役立つ情報をお知らせしているのでぜひフォローしてください。

次の