哺乳 瓶 乳首 サイズ。 哺乳瓶の乳首サイズの替え時がわかりません!現在 生後3ヶ月半の双子を...

新生児からのピジョン『母乳実感』の使い方~乳首サイズ、消毒方法など~

哺乳 瓶 乳首 サイズ

哺乳瓶のちくび 赤ちゃんの成長に合わせてサイズチェンジ 赤ちゃんは本能的にミルクの飲み方を知っていて、生まれたときから舌、あご、そして口の動きでミルクを吸います。 赤ちゃんのミルクを飲む力は成長と共に変化していくので、一般的に哺乳瓶のちくびも赤ちゃんの成長に合わせてサイズチェンジするもの。 順調に哺乳が出来て安心安心と思ったのもつかの間、赤ちゃんの口腔内の筋肉の発達に哺乳瓶のちくびが合わないと、赤ちゃんが 哺乳瓶のちくびを嫌がってミルクが進まない…ということも時々あるようです。 赤ちゃんの成長に合わせてママは哺乳瓶のちくびを選ぶことになるわけですが、市販される哺乳瓶のちくびは様々なものがあり選ぶのは一苦労!なかには哺乳瓶とセットで購入しなければいけないちくびも…。 ここでは赤ちゃんが哺乳瓶のちくびを嫌がる理由とちくびの選び方についてご紹介します。 哺乳瓶のちくび交換サイン 新生児のうちはミルクを飲む腔内の運動がバランスよく出来なかったり、吸てつ力が少し弱かったりするため、哺乳瓶のちくびも新生児用のものを使っています。 しかし、少し月齢が増し吸綴(きゅうてつ)力もつき、哺乳もスムーズにできるようになってきたら、哺乳量がどんどん増してくるので、哺乳瓶のちくびもそれに合わせてサイズを変更していく必要があります。 その他にも、いつもと同じようにミルクを作った、そして哺乳瓶・ちくびもいつもと同じものなのにもかかわらず、赤ちゃんがミルクを飲みながら文句を言うようなしぐさをしたりミルクを飲む時間に著しい変化が出てきたら、哺乳瓶のちくびが赤ちゃんの成長に見合っていないことが考えられるので、このようなときはちくびを交換してみましょう。 1月齢に応じたサイズをチェック 哺乳瓶のちくびの穴は主に3種類、丸穴とクロスカット、スリーカットがあります。 丸穴タイプの哺乳瓶のちくびは月齢に応じたサイズ変更が必要ですが、クロスカットとスリーカットは赤ちゃん自身の吸綴(きゅうてつ)力によって出る量が変化するので、サイズは変更する必要がありません。 月齢と哺乳瓶のちくびのサイズ(丸穴) 新生児期(生後7日以降)…SSサイズ(哺乳量目安80~120ml) 生後1ヶ月…Sサイズ(哺乳量目安120~160ml) 生後3カ月…Mサイズ(哺乳量目安160~200ml) 生後6か月…Lサイズ(哺乳量目安200~220ml) あくまでも目安です。 哺乳瓶のちくびは哺乳の度に使用するもの。 いわゆる消耗品ですので、 劣化の有無は常にチェックし1ヶ月程度を目安に交換してあげましょう。 2哺乳を嫌がっていないかチェック 赤ちゃんがミルクを飲みながら泣いたり文句を言うようなしぐさをしたりして、なかなかミルクが進まない状態は、哺乳瓶のちくびを嫌がっているサインである可能性も考えられます。 3哺乳時間をチェック 赤ちゃんの哺乳時間は目安として大体15分から20分くらい。 これよりも早く飲み終わってしまうなら、赤ちゃんが満足出来ない可能性も。 赤ちゃんが哺乳瓶のちくびを嫌がる理由 赤ちゃんが哺乳を嫌がる原因が哺乳瓶のちくびである場合、主に3つの理由その原因として考えられます。 1ミルクが出ない 赤ちゃんが吸てつしたときに出てくるミルクの量が、吸っても出てこない、またはミルクがあふれて上手く飲めない状態になり、当然赤ちゃんは不機嫌に…。 特に吸っても出てこないという場合には、疲労感のみが蓄積するので満足できず嫌がってしまう傾向があります。 ミルクの出が悪いかな?と思ったら• 哺乳瓶のふたを一度緩めてみましょう 赤ちゃんの吸てつ力が強いと哺乳瓶の中が密閉状態になりミルクの出が悪くなることがあります。 このような場合は哺乳瓶のふたを緩め、一度空気を入れてあげましょう。 哺乳瓶のふたはぎゅっときつく閉めるのではなく、ミルクを飲むときにこぼれない程度の力加減でふたをしましょう。 ちくびの穴はきちんと開いていますか? 哺乳瓶のちくび専用の洗浄ブラシなどを使って、ちくびが詰まってミルクの出が悪くなっていないか確かめましょう。 ちくびを洗うときやすすぎのときは、ちくびをおさえて水を出し、穴がしっかり貫通しているかも確かめましょう。 2ミルクが出過ぎる 赤ちゃんの吸てつ力とミルクの出のバランスが悪く、赤ちゃん自身が対応できるミルクの量に見合っていない場合も、赤ちゃん自身が思いがけない量のミルクにおぼれてむせてしまうだけで上手く飲めませんね…。 ミルクがあふれてしまうときは ちくびのサイズアップの結果赤ちゃんの口からミルクがあふれるようなときは、サイズを戻してみる、穴やちくびの形状を変えてみる等の対応をしてみてはいかがでしょう。 3形や材質が気に入らない 突然ちくびの材質や形状を変えた場合、これも赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由となってしまうと考えられています 哺乳瓶のちくびの材質と特徴 ちくびの材質は、ゴム製、イソプレンゴム製、シリコン製があります。 シリコン製は透明で弾力があり、やや硬いちくびです。 またにおいがないのが特徴です。 硬さがあるために吸綴力の弱い赤ちゃんは口腔内でフィットせず嫌がることもあります。 ゴム製とイソプレンゴム製は、黄色で柔らかく、シリコン製よりも柔らかくお母さんのちくびに感触が似ています。 しかしゴム臭があるために嫌がる赤ちゃんもいます。 ちくびの形状 ちくびの形はメーカーによって様々。 通常の哺乳瓶では、丸型でお母さんのちくびに似たをしていますが、メーカー独自に開発され、より口腔内にフィットする独特の形をしたものもあります。 最も一般的なシリコン製・通常の丸型のちくびの場合、見た目はお母さんのおっぱいに似ていても、口腔内ではフィットしない状態であることも。 哺乳するときに ちくびが口腔内にフィットしないと赤ちゃんにとって吸てつしづらく、空気をたくさん飲んだり、こぼしたりする原因にもなります。 赤ちゃんがちくびのサイズを変えても哺乳を嫌がった場合、ちくびの形を変えることで意外にも哺乳がスムーズにできたということもあります。 哺乳瓶のちくび選びのポイント 哺乳瓶用のちくびの選び方にはいくつかのポイントがあります。 赤ちゃんの授乳時の様子や月齢等も考えて選んであげましょう。 1ちくびの材質を変える 同じ形状のちくびでも ゴム製のちくびは柔らかくシリコン製は固め。 ちくびの材質の違いは赤ちゃんの口腔内のフィット感にも関係します。 ちくびの材質を変えるするだけで赤ちゃんの哺乳力が増すということもあります。 しかし、 ゴム製のちくびは若干ゴム臭が気になる他、熱に弱く劣化しやすいのが難点。 使用しているうちにゴムの弾力性がなくなり哺乳時にちくびがペタンコになってしまうと逆に飲みにくくなるためこまめに劣化チェックをしましょう。 2ちくびの穴のサイズを変更する 穴の形状が丸穴のちくび使用の場合、赤ちゃんの月齢に応じたサイズ変更をしていきます。 新生児はSSサイズ、1か月~3ヶ月の赤ちゃんはSサイズ、3ヶ月から6カ月はMサイズ、6カ月以降に使用するLサイズがあります。 サイズは目安にすぎないので、赤ちゃんの発育に合わせて一番飲みやすいものを選択するようにしましょう。 穴の形状がクロスカットとスリーカットの場合、ちくびのサイズは一種類です。 ただ月齢が小さいと吸綴できないこともあるため、嫌がる場合があります。 クロスカット・スリーカットのちくびは、ミルクが上手に飲めるようになった赤ちゃんにおすすめです。 スリーカットはクロスカットよりもミルクの出方をコントロールしやすくむせにくく、クロスカットはお茶や果汁を飲むときにに適しているとされます。 生後2ヶ月頃からの使用を目安に。 3ちくびの形を変える 丸型のちくびで嫌がるという場合、ちくびの形を思い切って変えるという方法もあります。 丸型以外にもちくびはメーカーによって様々な形状があり、より口腔内でフィットするように設計されているものも多く、赤ちゃんが飲みやすくできています。 赤ちゃんに使用するものだから…洗浄&交換が大切 毎日使用する哺乳瓶と乳首。 使用したら基本的にすぐに洗浄をすることが大切です。 時間がたつと乾燥したミルクが穴をふさぎ、さらにばい菌の温床となり不衛生になりがちです。 哺乳瓶とちくびは、哺乳が終わったらちくび専用のブラシと洗剤を使用して細部までしっかり洗浄し、電子レンジ消毒、煮沸消毒、薬剤消毒などで衛生を保つようにしましょう。 哺乳瓶のちくびは、赤ちゃんが噛んだり、洗浄・消毒を繰り返したりすることで、劣化していきやすい物ですので、使用の度にちくびの亀裂がないか、ゴムのへたりはないか等も気を付けてチェックして、ミルクが飲めなくなる前に早めに交換してあげましょう。

次の

乳首の種類・サイズは重要!赤ちゃんの授乳タイムのストレスに影響

哺乳 瓶 乳首 サイズ

生後 2 か月に入ってすぐゲップが出なくて泣き叫ぶことがまた増えたので解決策はないかと、「」を読み返していると、トラブルシューティングのゲップの項に哺乳瓶の乳首が小さすぎるか大きすぎることが原因のこともあると書いてあったので、乳首を SS から S に変更してみました。 飲む速さは変わらず 100 ml を 8 分で飲んだので変えた意味があったのかと思いましたが、白湯を飲ませるときだけ乳首が足りず SS を使ったらゲップをさせるときにものすごく泣き叫んだので、乳首が合ってないのだとわかりました。 息子は SS の乳首でもっとミルクが出てきてほしいと力いっぱい吸って空気まで大量に吸い込んでしまっていたようです。 もっと早く SS から S にサイズアップしてあげればよかったです。 ネットの情報だと乳首のサイズアップをしなくても支障はないとかかれていますが、支障があったので書き残しておきます。 しかし乳首の M に変えてからむせる時とそうではない時があって、なんでだろうと思って乳首 S に戻してみたりしたのだけれど、結局は新しくおろした乳首が原因でした。 通気バルブからうまく空気が入らなくて、吸ってもミルクが出てこないから空気をたくさん吸ってしまっていたようです。 しかもこのむせる乳首は調乳の際、熱いお湯を入れたときに空気が少しも抜けないので哺乳瓶とキャップの境からミルクが漏れてくるのです。 このミルクが漏れてくる現象は S サイズのときにもあり、原因を特定するために乳首とキャップの組み合わせを変えて熱いお湯をいれて振って漏れてくるか確かめてみたところ、原因は 1 つの乳首だったのでそれだけ使わないようにしたのです。 S から M に変えたときも漏れる乳首があり 4 個中 2 個使いものになりませんでした。 なんだか乳首に振り回されてここらへんからピジョンの母乳実感の乳首に不信感を抱き始めます。 母乳実感の乳首に愛想がつきビーンスタークの乳首を試してみる あまりにもピジョンの母乳実感の乳首に振り回されているので、生後 3 か月半で乳首を他のメーカーに変更することを検討しました。 調べてみると母乳実感のボトルにビーンスタークの広口の乳首がつくようなので、ビーンスタークの乳首を買ってきて試してみました。 ビーンスタークの乳首は新生児から卒乳まで 1 種類だけです。 しかしビーンスタークの乳首の先端には弁がついており、乳首の先を洗うのに専用の洗浄棒を使う必要があるため夫が面倒だというので、結局母乳実感の M を使うことにしました。 母乳実感の空気が入りにくいハズレ乳首の通気バルブをビーンスタークについてきた洗浄棒の針でグリグリしたら、空気が入るようになりいくらかマシになりました。 母乳実感 M サイズを新調したらまた飲みにくい乳首が多い 母乳実感の M サイズの乳首を使っていた 4 か月のある日、上ではなく横を向いてミルクを飲むようになりました。 遊び飲みかな、と思っていたのですが、 M サイズの乳首が古くなってスリットが裂けミルクがたくさん口に入ってしまうことが原因だったようです。 裂けた M 乳首を使っていたときは吐き戻しも多かったです。 これで新しいビーンスタークの乳首も空気の入りがよくなります。 また乳首がシリコンゴムなので冬になるとシリコンが硬くなりより空気が入りにくくなるようです。 注意してほしいのはビーンスタークの哺乳瓶の消毒は煮沸と薬液のみで電子レンジは対象外です。 ニプルはシリコンゴムなので電子レンジにかけても大丈夫だろうと自己責任でやりました。 母乳実感とビーンスタークの哺乳瓶の互換性の検証 せっかくビーンスタークの広口哺乳瓶の本体も買ったので、母乳実感の哺乳瓶との違いを比べてみることにしました。 まず母乳実感のキャップの上にビーンスタークのキャップを重ねておいてみました。 吸う力が強くて裂けてしまうのですね。 頻繁に交換となると地味に痛い出費になりますね。 母乳実感の 3L でも裂けてしまうのでしょうか? 卒哺乳瓶の記事も読んでくださったようでありがとうございます! 朝のミルクを飲まなかったときはびっくりしました。 そして記事に追記しましたが、栄養士さんによると離乳食の量を増やして飲めるミルクの量を減らしていくといいみたいですよ。 ジーナ式の朝寝がなくなる話を書こうと思っていますが、息子の昼寝の時間も少なくなってきてなかなか時間が取れなくなってきました。 1 歳前後でジーナ式のブログの更新が途絶える理由がわかりました。 コメントを書く.

次の

哺乳瓶の乳首の正しい選び方!飲まない・嫌がるのは乳首のせい?

哺乳 瓶 乳首 サイズ

ベビーフードコンサルタント 1985年11月18日生まれ。 アスリートの夫と、食物アレルギーのある娘を育てる一児の母。 子育てを機に幼児食の知識を身につけ『ベビーフードコンサルタント』、アスリートの食事の大切さやメニューの組み方を学び『スポーツフードスペシャリスト』の資格を取得した。 子育てをしながらタレントとしても活躍中。 1985年11月18日生まれ。 アスリートの夫と、食物アレルギーのある娘を育てる一児の母。 子育てを機に幼児食の知識を身につけ『ベビーフードコンサルタント』、アスリートの食事の大切さやメニューの組み方を学び『スポーツフードスペシャリスト』の資格を取得した。 子育てをしながらタレントとしても活躍中。 哺乳瓶おすすめ一覧 この4サイズに分かれています。 最初から大きいサイズを購入すると、小さいサイズが無駄にならないというメリットもありますが、その哺乳瓶が赤ちゃんに合わなかった場合にもったいないです。 新生児から2ヶ月くらいまでは120〜150ml入る小さい哺乳瓶 Sサイズ を使うのがおすすめです。 SSサイズだと次のサイズにあげる時に購入するという手間があるので、赤ちゃんのお世話で大忙しのママやパパが大変。 そんな面でもSサイズからスタートするのはおすすめです。 赤ちゃんが問題なく飲んでくれるようなら、月齢が上がってきた時に同じモデルの大きいサイズを購入すると安心して飲んでもらえます。 では、小さい哺乳瓶は2ヶ月までしか使わないのか?というと、そうではありません。 お水や麦茶を飲ませる時に使ってもいいですし、 果汁を飲ませる時に使ってもいいのです。 哺乳瓶の長さも色々とありますが、長いサイズのものだと消毒ケースで消毒する時に、サイズが合うものを見つけずらいなんていうこともあるので、注意が必要です。 ただ、大きな箱型の消毒ケースならそんな心配もいらないかもしれません。 免疫力の低い赤ちゃんは、病原菌やウイルスに感染しやすいので、哺乳瓶の消毒はマスト。 ただ、すみずみまで消毒ができているのかという部分では疑問が残るので、やはりおすすめはできません。 どうしても食器洗い乾燥機で消毒を行いたいという場合には、すすぎの温度が高くなるコースを選択するのがいいかもしれませんね。 ワークアウトが趣味で、家には筋トレグッズやストレッチグッズがゴロゴロ。 気分によってグッズを使い分けてます。 基本的には"まごわやさしい"食生活を送っていますが、珈琲とパンが大好き。 好きな映画は「The Godfather Part II 」と「ラストエンペラー」。 世の中にあふれるモノや情報にアンテナを張り巡らせ、心も生活も豊かになりたい、美容も健康も手に入れたいと欲張りな願望を抱いている不届き者。 ワークアウトが趣味で、家には筋トレグッズやストレッチグッズがゴロゴロ。 気分によってグッズを使い分けてます。 基本的には"まごわやさしい"食生活を送っていますが、珈琲とパンが大好き。 好きな映画は「The Godfather Part II 」と「ラストエンペラー」。

次の