アキラ ミヤコ。 「AKIRA」って映画見たことある?「何気にすごいよな」「アニメにも実写にもあらゆる映画に影響を与えてる」

AKIRA : 作品情報

アキラ ミヤコ

3「アキラ」』 4,080円 消費税込:4,488円 <ラインナップ 全4種> ・アキラ 物語の核心。 28号。 超能力の暴走で東京を崩壊させ、永久に冷凍封印されていた少年。 ・AKIRAと鉄雄 体を組織別にバラバラされ冷凍封印されていた「AKIRA」と対峙する鉄雄。 ・ミヤコ 新興宗教の教祖。 元ナンバーズ19号。 アキラの厄災を予言。 他人と視覚を共有できる能力をもつ。 ・金田とバイク(Ver. 2) 本作の発表当時、モチーフやモデルが全く存在しない斬新かつ画期的デザインであった。 予めご了承ください。 詳細は以下のURLのページでご覧になれます。

次の

大友克洋さんの「AKIRA」について質問です。最後はどうなってしまうのか教え...

アキラ ミヤコ

1988年7月16日。 東京はある巨大なパワーによって完全崩壊します。 それをきっかけとして第3次世界大戦が勃発。 その31年後の2019年、旧東京湾内に構築された人工都市、ネオ東京。 荒れ果てた旧市街の一角にある安酒場春木屋はチンピラや暴走族の溜まり場で、スキンヘッドの店長をしり目に暴走族山形が、金田を迎えに来ます。 裏手の路地では仲間の鉄雄が金田の大型改造バイクを弄っていましたが、金田は「乗りたいか!鉄雄!欲しけりゃおまえもでかいのブン捕りな!」とどかし、2輪駆動電気エンジンを派手にスパークさせ発進、山形、鉄雄のバイクが続き、敵の暴走族クラウンを追い込んだ環状5号へと向かいます。 彼らは立体ホログラフが瞬く大都市ネオ東京を暴走しクラウンを追撃、甲斐も合流します。 一方、中心部の路地では鳥打帽の男が小柄な少年を連れ逃走中で、大規模なデモ隊と交通封鎖に挟まれ追い詰められます。 男は胸から大量に出血し、少年の顔が老人だったことに野次馬や機動隊は一瞬たじろぎ、その中にいた大柄な男、竜とケイも手出しができません。 やがて鳥打帽の男は一斉射撃を受け息絶えますが、少年が悲鳴をあげた瞬間、周囲の窓が破壊されガラス片が降り注ぎ、巨大なオブジェが崩れ落ち、少年は竜とケイが見つめる中、掻き消えます。 アーミーの大型ジェットヘリの中では、フライングチェアに乗った老人の顔の少年マサルがその場所を教え、モヒカン刈りの大男大佐はヘリを旧市街へと向かわせます。 その頃、クラウンを追って先頭を走っていた鉄雄は突然現れた少年に驚き、ぶつかる寸前、バイクと共に弾き飛ばされます。 追いついた金田たちが負傷した鉄雄に駆け寄りますが、数機のアーミーの大型ジェットヘリが来てマサルが現れ少年を説得、大佐と3人でヘリに乗り、鉄雄も別のヘリで連れ去られます。 金田たちはデモや反政府運動の連中と共に臨時警察署となった体育館に連行されますが、金田は反政府軍の指名手配ファイルでケイを知り、捕まっていた彼女を脱走させますが逃げられます。 一方、第8区職業校では金田たちが鉄拳制裁を受けムカつきながらも鉄雄を案じていましたが、鉄雄はその夜、病院から脱走、翌日、金田のバイクを盗みカオリと共に逃げ出します。 が、クラウン一味に捕まり暴行されるうち、追ってきた金田たちに救われます。 数日後の夜、仲間たちと遊んでいた金田は、革命軍のテロの現場で竜とケイを見て後を追います。 2人は地下街に逃げ込み、竜はケイに拳銃を渡して逃げ、下水道に逃げた彼女はアーミーに追いつめられやむなく射殺、金田は立ちすくむケイを連れ逃げ出します。 一方、病院に戻された鉄雄は、幼い頃、施設で金田と遊ぶ夢を見てうなされ、目覚めた途端激しい頭痛に襲われ、病室の明かりが破裂します。 彼女は「夢を見たの」「都市が崩壊し大勢人が死に、もう一度アキラ君に会った」「あの子を行かせてはだめ…」と言い再び眠りに落ちます。 大佐とドクターはオリンピック予定地の地下深くにある極秘施設に行き、何重もの巨大なデュワー壁の中心部にある0. 0005K -273. それは青く無数のパイプに囲まれた巨大なドームで入口には「AKIRA 28」とあります。 大佐は「見てみろ、この慌てぶりを」「怖いのだ、怖くてたまらずに覆い隠したのだ」「恥も尊厳も忘れ、築き上げてきた文明も科学もかなぐり捨て、自ら開けた恐怖の穴をあわてて塞いだのだ」と一人語ちます。

次の

AKIRA(漫画)とは (アキラとは) [単語記事]

アキラ ミヤコ

コメント: 3. ヤケ・スレ・破れ・折れ・経年保管によるニオイなど、中古本の性質を十分ご理解の上ご購入ください 実は映画は何回も見たが、原作は通しで読んだ事がなかった。 案外、そんな人は多いんじゃないかな。 そんな件で今回、全巻大人買いで読んみた。 改めて読んでみると、映画とは全く異なる印象を受ける。 端的に云うなら、映画は「金田のための物語」であり、原作は「鉄雄の物語」である思う。 とにかく全編に渡り鉄雄が格好良く描かれ、且つ鉄雄目線でストーリーが展開されていく。 劇中で、 「さんを付けろよデコ助野郎 That's Mr. Kaneda to you punk !」 などと金田に罵られていた惨めな鉄雄の姿は微塵も無い。 荒廃したネオ東京で、少年達のジリジリとした焦燥感と本能剥き出しの殺し合いは、青年誌連載ならではの緊張感と刹那主義感を醸成している。 映画も素晴らしいが、原作はもっと素晴らしい。 未読の方は是非読んでみてください。

次の